ノーコンタクトルール(一定期間、別れた恋人との連絡を絶つ)の目的は、相手に対する複雑な感情と向き合い、乗り越えるための時間を持つことです。基本的に、ソーシャルメディアや電話番号をブロックし、連絡を完全に断ちます。その間に、傷ついた心を癒し、前に進むことができます。しかし、気持ちが落ち着くまで、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?気軽に別れた相手と話ができるまで、どのくらいの時間が必要なのでしょうか?ここでは、様々な場面に応じた対処法について説明しています。

方法 1
方法 1 の 8:
円満な別れの場合:約30日

  1. 1
    互いに納得して別れた場合は、前に進むために必要な時間は1か月ほどです。その間、自分の気持ちを整理し、心の傷を癒し、自分と向き合い、そして前に進みましょう。4週間ほどひとりで過ごすと、恋人のいないひとりの生活のリズムを取り戻せるはずです。最初は感情が入り乱れたり、落ち着かない気持ちになるかもしれませんが、ひと月もすると、気持ちがはるかに明るくなっていることに気づくでしょう。[1]
    • 30日は一般的な目安で、適切な日数は人それぞれです。別れた後すぐに立ち直る人もいれば、長い時間を要する人もいます。30日経っても前に進む準備ができていない場合、ノーコンタクトの期間を延長しても全く問題ありません。
  2. 2
    波風を立てないように、しばらく連絡を絶つことを相手に知らせましょう。円満に別れ、将来は友達として付き合いたいと思っているなら、しばらく連絡しないことを知らせてもよいでしょう。相手にメッセージを送り、連絡を絶つ理由を伝えても問題はありません。[2]
    • 「前もって知らせておきたいんだけど、あなたをしばらくソーシャルメディアからブロックして、電話にも出ないようにしようと思っているの。あなたは何も悪くないけど、自分と向き合う時間が必要なの。わかってね」などと言うとよいでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 8:
交際期間が長い場合:最低60日

  1. 1
    付き合っていた期間が6か月以上の場合は、2か月間待ちましょう。ノーコンタクトルールに必要な時間は、交際期間の長さによって変わります。恋愛関係が6~12か月(もしくはそれ以上)続いていたら、連絡を再開するまで少なくとも60日は必要です。長い間交際していた人との別れは、とてもつらい経験でしょう。気持ちが落ち着くまで、それ以上の時間がかかっても構いません。[3]
  2. 2
    連絡を絶っている間、楽しめることをして気持ちを他に向けましょう。友人に会う、興味のあることに没頭する、または趣味を楽しむのもよいでしょう。数日別れを悲しんだら、普段のルーティンに戻る努力をしましょう。ワークアウトを始め、健康的な食事を心がけ、そして十分な睡眠をとりましょう。この間に様々な感情が湧いてくるでしょう。それでも、時間と共に気持ちが楽になるはずです。[4]
    • 数週間ほどで効果が確認できると、ノーコンタクトルールは成功している証拠です。「ノーコンタクトルール」は「相手との連絡を1週間絶つこと」と思っている人もいますが、必要なだけ十分な時間を取ることが大切です。
    広告

方法 3
方法 3 の 8:
険悪な状況で別れた場合:約90日

  1. 1
    波乱の末に別れを迎えた場合は、急がないことが得策です。連絡をするのは、3か月ほどかけて気持ちが落ち着いてからにしましょう。怒鳴り合ったり、罵り合ったりして別れたのであれば、怒りやフラストレーションを鎮めるために、さらに長い時間が必要な場合もあります。怒りが鎮まると、その他の感情に向き合う余裕が生まれるでしょう。[5]
    • 別れが劇的で突然なものであったのなら、1、2週間で連絡したくなるかもしれません。そうすることもできますが、冷静になるまで数か月待つのが最善策と言えるでしょう。[6]
    • 90日経たないうちに、相手から関係を改善するための連絡があり、あなたもそれを望んでいる場合は、「私も、あなたと話し合いたいと思っているけど、冷静になる時間も必要なの。また連絡を取り合う前に、自分の気持ちに向き合う時間をもらえない?」などと言うことができます。

方法 4
方法 4 の 8:
有害な関係性の場合:無期限

  1. 1
    虐待を受けていたり、関係が常に悪い状態だった場合は、永久的に連絡を絶ちましょう。相手との関係が有害であった場合、連絡を絶つのは特に大切です。有害な相手から離れた生活が、どれほど素晴らしいものであるか認識できるでしょう。あなたはもっと良い人生を送れるはずです。どうしてもよりを戻したいと確信するまで、振り向いてはいけません。[7]
    • 虐待を受けていたり、何事もあなたが悪いと思うように仕向けられていた場合は、混乱してしまうかもしれません。それでも、自分を愛し、傷ついた心を癒すための、十分な時間を取ることが大切です。[8]
  2. 2
    連絡を再開する前に、相手が大きく変わる必要があります。あなたを害する相手であれば、最善の選択肢は別れて前に進むことです。それでも後になって(ずっと後に)連絡したくなったら、その前に相手が変わっているかを確かめましょう。アルコール依存症だった場合、治療を受けていることが重要です。また、暴言を吐かれていたのなら、アンガーマネジメントのカウンセリングを受けている必要があります。相手に変わるつもりがないのであれば、有害な人のもとに戻ってはいけません。[9]
    • 相手が変わるには、何年もかかる場合があります。どれほど話をしたいと思っても、あなたを害する人にすぐに連絡をしてはいけません。
    広告

方法 5
方法 5 の 8:
別れた相手とよりを戻す場合:1~2週間

  1. 1
    別れた恋人とよりを戻したい場合は、1、2週間後に連絡してみましょう。別れた相手と復縁するために、ノーコンタクトルールを使う人もいます。この方法は、相手が別れを迷っていると思われる場合、特に効果的です。あなたのいない生活がどれほど寂しいかに気づくまで、1~2週間待ちましょう。そして、メッセージを送るか電話をして、近況を尋ねましょう。[10]
    • この間に相手から連絡があった場合は、自分の気持ちを整理する時間が必要だと伝えましょう。そうすると、あなたがまだ思案していることが伝わり、よりを戻したい気持ちが強まるはずです!
  2. 2
    連絡を再開する時は、冷静さを装いましょう。焦らずに気楽に連絡しましょう。友人と楽しく過ごしていたことを強調するとよいでしょう。相手を失望させる必要はありませんが、有利な立場にあると思わせてはいけません。相手から別れを切り出し、それを後悔していれば、この方法は効果的です。しかし、自分から会えない寂しさを伝えてしまうと、相手はあなたほど未練を感じなくなるかもしれません。[11]
    広告

方法 6
方法 6 の 8:
気持ちの整理がつかない場合:必要なだけ時間をかける

  1. 1
    連絡を絶つ期間は、一般的には30~90日ですが、その長さは人によって様々です。つらい別れから立ち直るための、確実で簡単な方法はありません。30~60日経って前に進む準備ができていなくても、無理をする必要はありません。どれほど時間がかかっても構わないのです。
    • ノーコンタクトルールが「終了した」と判断するには、「もし、彼(彼女)に新しい恋人ができたら、私(僕)は傷つく?」と自分に問いかけてみましょう。答えが「何も感じない」だとしたら、それは終了したということです。[12]

方法 7
方法 7 の 8:
ノーコンタクトルールが成功しているかを確かめる方法

  1. 1
    時が経つにつれ、別れた恋人に興味がなくなってきたら、うまくいっている証拠です。一切の連絡を絶つのは、初めの頃はつらいでしょう。すぐに連絡をして、喪失感を埋めたくなるかもしれません。それでも、我慢してその衝動を乗り超えると、やがて気持ちが楽になってきます。そうなると、ノーコンタクトルールが成功しているということです。相手のことを考える時間が次第に減っていくことに気づくはずです。やがて心の傷も癒え、あなたはさらに強くなれるのです。[13]
    • 連絡を絶って数週間、または数か月して、別れた恋人のことを増々考えるようであれば、セラピーを受けることも検討しましょう。自分の感情と向き合う助けとなります。
    広告

方法 8
方法 8 の 8:
ノーコンタクトルールを実行する理由

  1. 1
    ノーコンタクトルールの目的は、自分と向き合い、心の傷を癒すことです。そもそも今の状況を作り出した人物と常に接していれば、「通常の状態に戻る」のは困難です。別れた相手と距離をおくことで、心を癒し、感情を整理し、経験を振り返る環境を、自分自身で作ることができます。これは、前に進むための健全で重要なプロセスです。

関連記事

このwikiHow記事について

Kate Dreyfus
共著者 ::
ホリスティック・ラブ・コーチ、直感ヒーラー
この記事の共著者 : Kate Dreyfus. ホリスティック・ラブ・コーチで直感ヒーラーのケイト・ドレフュスは、「Evolve and Empower」を経営しています。国境を超えたマッチメイキング、ハート・センタード・ヒーリング、ラブコーチング、エンパワーメントコーチングを専門とし、経験は10年以上。アリゾナ大学にて心理学の学士号を取得。バイオフィールド・インスティチュート、ヒーリング・タッチ・プロフェッショナル協会、エナジー・メディスンプロフェッショナル協会会員。
カテゴリ: 人間関係
このページは 400 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告