定期的に掃除をしないと、時間が経つにつれてノートパソコンのキーボードは非常に汚くなってしまいます。指先の皮脂がキーの表面に残留し、かすやほこり、ペットの毛などがキーボードのすき間に溜まります。自分のキーボードの汚れが心配になってきたあなたも、心配はいりません。キーボードは自分で簡単に掃除することができます。キーボードに飲み物をこぼしてしまった場合でも、損傷を最小限にできる方法も紹介します。

方法 1 の 3:
基本的なキーボード掃除

  1. 1
    掃除をする前に、ノートパソコンの電源を切ってコードを抜きます。掃除のために液体を直接かける場面はありませんが、万が一水分が少量でも内部に入ったときに損傷が起きないよう、電源は完全に落としておきます。電源オプションメニューからノートパソコンの電源を落とし、電源コードを抜きます。[1]
    • 電源を切るのは自分が感電しないようにするだけでなく、上司に意味の分からないメールを誤送信するというようなことも防ぎます。
  2. 2
    ノートパソコンを逆さにして、優しくポンポンと叩くか振るかします。キーボードのすき間に隠れている大きめのほこり、かす、ちりを落とします。大きなものを除去すると、後に細かい掃除がしやすくなります。[2]

    メモ:下にタオルを広げてからノートパソコンを振ると、掃除が簡単になるでしょう。

  3. 3
    キーとキーの間にエアダスターを吹きかけましょう。エアダスターの使用前に、ストローが付いていることを確認します。キーボードを片側に傾け、キーボードの端から端までキーとキーの間に短く噴射していきます。空気の力でキーの間にはさまったちりや表面の汚れを落とします。[3]
    • エアダスターはホームセンターやオフィス用品店などで入手できます。
    • エアダスターを逆さにして使用してはいけません。高圧ガスがキーボードの内部に入って部品の損傷につながる恐れがあります。
    専門家情報
    Filip Boksa

    Filip Boksa

    ハウスクリーニング業者
    フィリップ・ボスカはアメリカに本拠地をおくハウスクリーニングサービス会社「King of Maids」の設立者、そして最高経理責任者です。同社はハウスクリーニングと整理収納のサービスを提供しています。
    Filip Boksa
    Filip Boksa
    ハウスクリーニング業者

    専門家からも一言:ノートパソコンの電源を落とした後、エアダスターで隙間にたまったほこりを取り除きます。そして、糸くずの出ない布を少し湿らせ、キーの表面を軽く拭き取ります。

  4. 4
    湿らせたマイクロファイバークロスでキーを拭きます。マイクロファイバーは効率よく埃をひきつけるので、素早くひと拭きしてキーボードに蓄積した汚れを除去することができます。必要に応じてマイクロファイバークロスを少量の水で軽く湿らせてもよいですが、ノートパソコン内部に湿気が入り込まないように表面の掃除のみに使用し、水気は完全に拭き取りましょう。[4]

    メモ: マイクロファイバークロスが手元に無ければ、リントフリーの布で代用することができます。

  5. 5
    頑固な汚れは、イソプロパノールに浸したコットンボールを使って除去しましょう。アルコールは素早く蒸発するため、ノートパソコンに水を使用するよりも安全な代替案となります。さらに、アルコールは脂っこい手垢を落とすのに特に適しています。アルコールは必ず初めにコットンボールに付け、キーボードには決して直接かけないようにしましょう。[5]

    キーとキーの間の汚れを落としたい場合は、アルコールにコットンボールを浸して、キーの側面を拭きましょう。

  6. 6
    除菌用ウェットティッシュでキーを拭き、殺菌します。コンピュータを共有している場合や、風邪から回復した後など、細菌が気になるときには除菌用ウェットティッシュでキーの表面を拭き取りましょう。しかし、漂白剤入りのウェットティッシュはキーの保護コーティングを壊してしまう可能性があるため、使用を避けましょう。[6]

    注意: 除菌スプレーは水分が多すぎるため、ノートパソコンへの使用はやめましょう。

    広告

方法 2 の 3:
キーを取り外す

  1. 1
    自分のノートパソコンのモデルを検索し、キーの取り外しが可能かどうか調べます。モデルによってはキーキャップをそっと外すことができるのでキーの下側の掃除が可能です。しかし、キーキャップが完全に取り付けられているノートパソコンもあります。オンライン検索をして、キーの取り外しが可能かどうか、そしてその方法を調べましょう。
  2. 2
    どうしてもキーの下を掃除したい場合のみ、キーを取り外します。付け外しが可能なものでも、キーキャップは壊れやすい小さなプラスチックの取っ手に装着されています。損傷防止のためにも、キーボートが著しく汚れている場合以外はキーを取り外すのはやめましょう。[7]

    注意: べたべたするものをこぼしたときや、振るってもエアダスターを吹きかけてもキーの下に挟まって取れないくらい大きいものがあるときなどは、キーの下まで掃除をする必要があるでしょう。

  3. 3
    キーは取り外す前に写真を撮っておきましょう。キーを元の場所に戻すときに、取り付ける位置を忘れるのを防ぐことができます。数字と文字を覚えるのは比較的簡単でも、特別な記号やファンクションキーなどは混乱しやすいでしょう。[8]
  4. 4
    キーは小さく平らな道具を使って取り外しましょう。キーの下に道具を差し込み、上方向にそっと持ち上げます。この方法で簡単にキーキャップを取り外すことができます。もしなかなか外れなくても、無理やり力を加えてキーボードに大きい損傷を加えることがないよう気を付けましょう。[9]
    • キーキャップは浅いボウルや別の容器に入れ、うっかり失くさないように気を付けましょう。
    • ノートパソコンのキーの下に差し込めむのに最適なプラスチックまたは金属の小さな道具を含むツールキットは、電器店で購入できます。持っていない場合は、マイナスドライバー、バターナイフ、指先の爪が使えるでしょう。
  5. 5
    キーの下はマイクロファイバークロスかアルコールに浸したコットンボールで拭きます。キーキャップを外すとノートパソコンの内部構造の露出が多くなるため、キーの下の掃除には液体の使用は控えましょう。べたべたした汚れを落とさなければいけない場合は、綿棒に少量の消毒用アルコールを付け、注意しながら汚れを拭き取りましょう。[10]
  6. 6
    キーキャップを戻します。側面がそろっていることを確認しながら、それぞれのキーキャップを元の場所に戻します。先にキーの下端から差し込み、しっかりとはまるまで優しくキーを押し込みます。

    注意: 押し込むだけではキーをはめられない場合は、ノートパソコンの取扱説明書にキーの設置方法の手順が載っているか確認してみましょう。

    広告

方法 3 の 3:
液体をこぼした場合の掃除

  1. 1
    ノートパソコンの電源を落とし、すぐにバッテリーを取り外します。即座に電源コードを抜き、電源が落ちるまで電源ボタンを長押ししましょう。液体がコンピュータ内部の電子部品に触れてしまうと、修復不能になる可能性があります。すばやく行動することで電気損傷のリスクを最小限に抑えられるでしょう。[11]
    • ノートパソコンが煙や蒸気を上げ始めたり、泡立ちや膨張が見られたら、触れないようにしましょう。重度の火傷を負ったり感電したりする可能性があります。[12]
    • 甘い飲料または酸味のある飲料やアルコール飲料をこぼした場合は、ノートパソコンが乾いても成分が残留している可能性があり、後にその残留物がキーボードの動作に影響を与えることがあります。
  2. 2
    タオルの上にノートパソコンを逆さにして置きます。ノートパソコンは可能な限り開き、内側を下にして、タオルまたは吸収性のある素材の上に置きます。ノートパソコンをひっくり返すことで、重力の力を借りて本体と電子部品から水分を取り除くことができます。[13]
  3. 3
    すぐに、可能な限り乾燥させます。マイクロファイバークロスかリントフリーの布があれば、それで拭き取って乾燥させます。しかし時間との戦いであるため、もし手元にそれらの布が無ければ、食器ふきん、キッチンペーパー、古いTシャツなど近くにある使えるもので拭きましょう。ノートパソコン表面に見える液体をしっかりと拭き取ります。[14]

    メモ: 通常のタオルやキッチンペーパーは小さな繊維がノートパソコンの内部に入ってしまう可能性があるため、マイクロファイバークロスやリントフリーの布が適しています。

  4. 4
    ノートパソコンを1~2日間立てかけておきます。この期間を早めることはできません。外見上は乾いているように見えても、ノートパソコンの内部に水分が付いている可能性もあります。念のため、最低でもキーボードを24時間乾かしてから再度電源を入れましょう。[15]

    キーボードはヘアドライヤーで乾かしてはいけません。埃がノートパソコン内部の液体に付着してしまう可能性があります。内部に埃がたまると、正常な動作を妨げてしまいます。

  5. 5
    糖分を含んだ飲み物をこぼした場合は、ノートパソコンをクリーニング専門店に持っていきましょう。キーボードに少量の水をかけてしまった場合はおそらく問題ありませんが、高価なノートパソコンに甘い飲み物を大量にこぼしてしまった場合は、プロに分解と内部の掃除をしてもらうことを検討しましょう。プロによるクリーニングは5万円を超えることもありますが、高額な出費をしてノートパソコンを買ったのであれば、クリーニングをしてもらう価値があるでしょう。[16]
    • 電子機器に詳しい人なら、自分で分解して内部を掃除することも可能かもしれませんが、ノートパソコンによっては普通素人は持っていないような特別な道具を使わないと分解できないこともあります。
  6. 6
    完全に乾燥したらバッテリーを戻し、ノートパソコンの電源を入れます。これが決定的瞬間になります。ノートパソコンが全く作動しない場合、さらに24時間乾燥させましょう。オペレーティングシステムが起動してもキーボードが動かないという場合は、キーボードを取り替えるかUSBのキーボードを使用しましょう。[17]
    広告

ポイント

  • キーとキーの間で付箋紙を動かして、ちりやほこりの除去を試みましょう。

広告

注意事項

  • コーティング剤が剥がれてキーの文字が見えづらくなるため、強い化学物質や研磨剤の使用はやめましょう。
  • 掃除に水を使用する場合は、布など掃除に使う用具に水を付け、キーボードには決して直接かけないようにしましょう。
  • 安全面に気を付けましょう。ノートパソコンに液体をこぼしてしまい、何かが燃えたり、焦げくさい臭いや熱を感じたりしたら、ノートパソコンから離れましょう。[18]
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

ファンクションキーを解除する

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

CPU温度を確認する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

パソコンのBIOS設定を変更する

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する

How to

HPでスクリーンショットを撮る

How to

パソコンで低音を調整する
広告

このwikiHow記事について

Filip Boksa
共著者
ハウスクリーニング業者
この記事の共著者 Filip Boksa. フィリップ・ボスカはアメリカに本拠地をおくハウスクリーニングサービス会社「King of Maids」の設立者、そして最高経理責任者です。同社はハウスクリーニングと整理収納のサービスを提供しています。 この記事は4,206回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 4,206 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告