ここではメール内にハイパーリンクを挿入する方法を紹介します。1つのメールからクリックして別のウェブサイトへ移動できるようにすることが出来ます。

方法 1 の 4:
Gメールの場合

  1. 1
    Gメールを開きます。パソコンのウェブブラウザで https://mail.google.com を開きましょう。すでにGメールにログインしている場合は受信ボックスが開きます。
    • ログインしていない場合は、次に進む前に、自分のメールアドレスとパスワードを表示に従い入力しましょう。
  2. 2
    画面左上に表示されている作成をクリックします。クリックすると画面の右側に新規メール作成画面が表示されます。
  3. 3
    メールの内容を入力します。「To」(宛先)に送信先のメールアドレスを入力し、必要であれば「件名」にメールのタイトルを入力しましょう。そして本文を「件名」の下にある欄に入力します。
  4. 4
    ハイパーリンクとして表示する箇所を選択します。リンクとして使用したい箇所をクリックし、その文字列に添ってカーソルをドラッグして選択できます。選択範囲がハイライトで表示されます。
  5. 5
    「リンクを挿入」のアイコンをクリックします。新規メール作成画面下の鎖の輪の形をしているアイコンです。「リンクを編集」の画面が表示されます。
    • Ctrl+K (Windows) または Command+K (Mac) を押す方法でも画面を開くことができます。
  6. 6
    URLを入力します。ハイライト選択された文字列が入っている欄の下側にある「URL」の欄に入力します。
  7. 7
    画面左下に表示されたOKをクリックします。そうすると、選択した本文とURLが繋がります。メールを送信して受信者がメールを開くと、ウェブサイトが開くリンクが設定された文字をクリックできるようになります。
    • 新版のGメールを使っている場合、OK は画面右下に表示されます。
    広告

方法 2 の 4:
Yahooメールの場合

  1. 1
    Yahoo.comを開きます。パソコンのウェブブラウザで https://www.yahoo.com/ (英語)を開きましょう。Yahooのホームページが開きます。
    • ログインしていない場合は、画面右上にある ログイン をクリックし、自分のメールアドレスとパスワードを入力して、ログインをクリックしましょう。
  2. 2

    メールをクリックします。Yahooホームページの画面右上に表示されています。

  3. 3

    メールの作成をクリックします。画面左上に表示されています。

  4. 4
    メールの内容を入力します。「To」(宛先)に送信先のメールアドレスを入力し、必要であれば「件名」にメールのタイトルを入力しましょう。そして本文を「件名」の下にある欄に入力しましょう。
  5. 5
    ハイパーリンクとして表示する箇所を選択します。リンクとして使用したい箇所をクリックし、その文字列に添ってカーソルをドラッグして選択できます。選択範囲がハイライトで表示されます。
  6. 6
    「リンクを挿入」のアイコンをクリックします。新規メール作成画面下の鎖の輪の形をしているアイコンです。
    • Ctrl+K (Windows) または Command+K (Mac) を押す方法でも画面を開くことができます。
  7. 7
    URLを入力します。ハイライト選択された文字列が入っている欄の下側にある「URL」の欄に入力します。
  8. 8
    画面左下に表示されているOK をクリックします。選択した本文とURLが繋がり、メールを受け取った相手は、リンクが設定された文字をクリックしてウェブサイトを開くことができるようになります。
    広告

方法 3 の 4:
Outlookの場合

  1. 1
    Outlookを開きます。パソコンのブラウザで https://www.outlook.com/ を開きましょう。すでにOutlookにログインしている場合は受信ボックスが開きます。
    • ログインしていない場合はサインインをクリックし、自分のメールアドレス(または電話番号)とパスワードを入力して からサインインをクリックしましょう。
  2. 2

    新しいメールをクリックします。このボタンは受信ボックス内のメールの項目の上部に表示されています。クリックすると画面右側に新規メール作成画面が表示されます。

  3. 3
    メールの内容を入力します。「To」(宛先)に送信先のメールアドレスを入力して、必要であれば「件名」にメールのタイトルを入力しましょう。そして本文を「件名」の下にある欄に入力しましょう。
  4. 4
    ハイパーリンクとして表示する箇所を選択します。リンクとして使用したい箇所をクリックし、その文字列に添ってカーソルをドラッグして選択できます。選択範囲がハイライトで表示されます。
  5. 5
    「ハイパーリンク」のアイコンをクリックします。二つの輪が重なっている形をしたアイコンです。
    • Ctrl+K (Windows) や Command+K (Mac) を押す方法でも画面を開くことができます。
  6. 6
    URLを入力します。「アドレス」の表示の右側にある入力欄に入力しましょう。
  7. 7
    URL入力画面の下側にあるOKをクリックします。選択した本文とURLが繋がり、メールを受け取った相手は、リンクが設定された文字をクリックしてウェブサイトを開くことができるようになります。
    広告

方法 4 の 4:
Appleメールの場合

  1. 1
    Appleメールを開きます。パソコンのブラウザで https://www.icloud.com/#mail を開きましょう。Apple IDのアカウントにログインしている場合は受信ボックスが開きます。
    • iPhoneのメールアプリではメールにハイパーリンクを挿入できませんが、パソコンのiCloudメールでは挿入することができます。
    • iCloudにログインしていない場合は、Apple IDとパスワードを入力して をクリックしましょう。
  2. 2
    「新規メッセージ」
    Iphonenewnote.pngというタイトルの画像
    のアイコンをクリックします。
    iCloudメール画面の上部にあります。クリックすると新規メール作成画面が表示されます。
  3. 3
    メールの内容を入力します。「To」(宛先)に送信先のメールアドレスを入力し、必要であれば「件名」にメールのタイトルを入力しましょう。そして本文を「件名」の下にある欄に入力しましょう。
  4. 4

    Aのアイコンをクリックします。 画面上部右側に表示されています。

  5. 5
    ハイパーリンクとして表示する箇所を選択します。リンクとして使用したい箇所をクリックし、その文字列に添ってカーソルをドラッグして選択できます。選択範囲がハイライトで表示されます。
  6. 6
    画面上部右側付近にアルコールwww のボタンをクリックします。先ほど範囲選択をしてハイライトになった文字列と「URL」の欄がある画面が開きます。
  7. 7
    URLを入力します。ハイライト選択された文字列が入っている欄の下側にある「URL」の欄に入力します。
  8. 8

    OKをクリックします。ハイパーリンクが保存され、ウェブサイトとハイライトで選択された部分が繋がります。メールを受け取った相手は、リンクが設定された文字をクリックしてウェブサイトを開くことができるようになります。

    広告

ポイント

  • ハイパーリンクを使いたくない場合は、直接メールの本文にコピーして貼付けることができます。

広告

注意事項

  • ハイパーリンクをメールに挿入すると、迷惑メールと判定されてしまうことがあります。
広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

2台のルーターを接続する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

YouTubeでチャンネル登録者を削除する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

Youtube チャンネルの動画を全てダウンロードする

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

Outlookで投票ボタンを使う
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は2,527回アクセスされました。
カテゴリ: インターネット
このページは 2,527 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告