ハイライトを入れる方法

共同執筆者 Camille Sanghera

ハイライトを入れると肌の色がきれいに見えるだけでなく、骨格を際立たせる効果があります。ハイライトは顔の1部に少しだけ使うのでそれほど時間はかかりませんが、少しの手間で顔全体が明るくなります。ハイライトを入れる方法は簡単なので、メイク初心者でも覚えられるでしょう。

方法 1 の 2:
頬、鼻、額を強調する

  1. 1
    まずコンシーラーとファンデーションを塗りましょう。コンシーラーとファンデーションを塗ると、肌が滑らかに整ってハイライトや他のメイクが引き立ちます。コンシーラーで肌の気になる部分を隠し顔色を明るくします。ハイライトや必要に応じてコンシーラーを使う前に、普段使っているファンデーション を丁寧に塗りましょう。[1]
    • スポンジやメイクブラシでファンデーションを顔全体になじませます。
    • シミや気になる部分があれば、コンシーラーで隠しましょう。こうすると、ハイライトを入れた部分が引き立ちます。
    • ハイライトを入れる部分にコンシーラーでしるしをつけることができます。鼻梁、頬骨、額の中心、目の下、唇の下部にコンシーラーをつけてなじませましょう。[2]
  2. 2
    頬骨の上部にハイライトを入れます。チークブラシやカブキブラシを使って、こめかみから頬骨の上部にCの字を描くようにハイライトを少量入れます。ひと塗りしてさりげない効果を出したり、重ねてより強調したり、好みに応じてハイライトを入れましょう。[3]
  3. 3
    鼻の先端に少量のハイライトを使います。指先にハイライトを少量取って、鼻の先端につけましょう。指を前後に動かしてハイライトをなじませます。この部分には、ごく少量のハイライトを使いましょう。[4]
  4. 4
    額の中央にハイライトを入れます。ハイライトで額の中央を強調しましょう。少量を額の中央から鼻梁に向かって入れます。[5] 髪の生え際の中央から、まっすぐ下に引きましょう。
    • 好みに応じて、額から鼻梁までハイライトを入れるとより効果的です。
    広告

方法 2 の 2:
目、唇、あごを強調する

  1. 1
    目頭にハイライトを入れます。アイブロウブラシの端にハイライトを少量つけて、そのブラシを目頭に押し付けます。[6]
    • ハイライトを2回入れるとより効果がありますが、1回だけ薄く入れるとナチュラルに仕上がります。
  2. 2
    眉下にハイライトを入れます。眉のすぐ下の部分は光が多く当たるので、ハイライトの効果を活かせる部分です。眉骨の上、つまり眉のすぐ下の部分にハイライトを入れましょう。[7]
    • 眉骨外側の端を中心にハイライトを入れます。眉骨全体に入れる必要はありません。
    • 眉のすぐ下から目尻にかけてハイライトを入れると、目元をより明るく引き立てる効果があります。[8]
  3. 3
    上唇のすぐ上にハイライトを入れます。上唇中央のすぐ上の部分は「人中」と呼ばれ、ここにハイライトを入れると唇が引き立ちます。指先にハイライトを少量取って、この部分につけましょう。[9]
    • 唇ではなく、上唇のすぐ上の部分にハイライトを入れます。
  4. 4
    あごの中央にハイライトをブラシで入れます。あごの中央にハイライトを入れて唇を強調します。ハイライトをつけたブラシであごの中央のくぼみをさっと撫でましょう。[10]
    • この部分にハイライトをつけすぎないように気を付けましょう。ごく薄く入れるだけで十分です。
    • 額に入れたハイライトとあごのハイライトの位置が一直線上になるように揃えましょう。
    広告

ポイント

  • 学校用メイクにハイライトを使う場合は、ラメの多いものではなく光沢を抑えたハイライトを使いましょう。
  • 肌色に合うハイライトを選びます。顔の色になじむハイライトを使うと、肌に滑らかなつやが出ます。ハイライトが肌色に合わないと白浮きしたり、キラキラ感が出すぎたりします。様々なトーンのハイライトを試して、自分の肌色に合ったものを選びましょう。[11]

広告

注意事項

  • 顔全体にハイライトを入れると、ギラギラしてしまいます。光が当たる部分数か所だけに使いましょう。
広告

このwikiHow記事について

美容専門家
この記事はCamille Sangheraが共著しています。 カミール・サンゲーラはブリティッシュコロンビア州バンクーバーにて「Lash Envy Cosmetics」と「Esvee Beauty」を経営しています。マイクロブレーディング、ヘアタトゥー、まつ毛エクステ、ヘアメイク、ラッシュリフトの施術資格を有しています。カナダのMicrobrading Map Canadaにその名を連ね、TuneIn RadioやBridal Fashion Week Magazineでも紹介されました。
カテゴリ: メイク
このページは 219 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告