PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ハエは一般家庭でよく見られる厄介な害虫で、食べ物などにたかって病原菌を拡散します。中には、メクラアブやウマバエのように噛みつくハエもいます。様々なハエトラップやハエ除け、殺虫剤などを使って迷惑なハエを退治しましょう。退治した後は、ゴミなどハエの餌になるものを片付けてハエの侵入を防ぎます。このような対策を続ければ、餌と水を求めてハエが家に侵入する可能性が少なくなるでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
ハエを捕まえる

  1. 1
    室内を飛び回るハエを手っ取り早く捕まえるには、掃除機が便利です。普通のハエたたきでハエを捕らえるのは容易ではありませんが、掃除機を使えば簡単です。掃除機のヘッドを外し、ホースでハエを吸い込みましょう。こうすれば、動きが素早いハエを追いかけ回す必要もなく、簡単に捕まえられます。[1]
    • 吸引力の強い掃除機がなければ、代わりに電気ハエたたきを使っても良いでしょう。近付いてきたハエを電気ショックで撃退します。普通のハエたたきより効果的で屋外でも使えます。
  2. 2
    洗剤のハエトラップでハエをおびき寄せましょう。厄介なハエが餌に群がりやすいように、小皿やコップなど、浅くて口が広い容器を使います。リンゴ酢大さじ1杯以上を注ぎ、液体食器用洗剤を3滴ほど加えましょう。洗剤を加えると表面張力が働かなくなるので、捕まえたハエが逃げられなくなります。酢は餌の役割を果たします。リンゴ酢の甘いにおいにつられてたくさんのハエが集まってくるでしょう。[2]
    • リンゴ酢が家になければ代わりに同量の水を使い、フルーツのにおいの食器用洗剤を加えましょう。
  3. 3
    小さなハエを逃がさないように、漏斗型のハエトラップを作りましょう。イエバエやミバエは甘いものを好みます。メイソンジャーや背の高いグラスに80ml以上の水と砂糖大さじ1杯(4g)を入れ、プラスチック製の漏斗を載せましょう。おびき寄せられたハエは、このトラップに入ると逃げ出すことができません。[3]
    • 砂糖がなければ甘い飲食物が格好の餌になります。蜂蜜やワイン、腐りかけの果物などを餌として使いましょう。イーストでハエをおびき寄せることもできます。
    • 漏斗を手作りするには紙を円形に切り、1か所を扇形に切り抜きます。端と端を合わせ、先端を1㎝ほど開けて円錐を作りましょう。端をテープで止めて固定します。
    • 炭酸飲料などのペットボトルを半分に切って使うこともできます。下半分に餌を入れ、キャップを外した上半分を逆さまに重ねましょう。
  4. 4
    様々なものにハエがとまるのを防ぐために、ハエ取り紙を吊るしましょう。シーリングファンやドア枠など、ハエがとまりやすい場所にハエ取り紙を吊るします。ハエは飛び疲れると目についた場所にとまる習性があります。貼り付いたハエに引き寄せられて他のハエも集まってくるので、そのまま放置してたくさん捕えましょう。[4]
    • ハエ取り紙は粘着力が強いので、髪がくっつかないように気を付けましょう。できるだけ目立つ場所に吊るします。
    • ハエがたくさん貼り付いたハエ取り紙を捨てましょう。少し気持ちが悪いかもしれませんが、これでハエがいなくなると思えば楽なものです。新しいハエ取り紙を吊るして、さらに多くのハエを捕まえても良いでしょう。
  5. 5
    再利用可能なハエ取り器として電撃殺虫器を設置しましょう。電撃殺虫器のコードをコンセントに差し込んで使います。電撃殺虫器を屋内に吊るし、近付いたハエを電気で撃退しましょう。ハエの死骸は下部の受け皿に落ちるので、それを取り外して捨てることができます。殺虫するたびにバチッという音がするので退治している実感があり、放っておいてもハエがいなくなります。[5]
    • 電撃殺虫器がハエを殺虫すると大きな音がします。覚悟しておかないとうるさく感じるかもしれません。
    • 屋外で使用できる電撃殺虫器もあります。屋外で使用できるかは製品の箱に記載されているでしょう。電撃殺虫器は、ハエ退治の必要がある時に使いましょう。電撃殺虫器をつけておくとハエが集まるので、退治する必要がない時にはスイッチを切っておきましょう。
    • UV光源誘引式捕虫器を設置しても良いでしょう。UV光源誘引式捕虫器は電撃殺虫器よりも静かです。捕獲したハエは底部のかごにたまるので、必要に応じてかごを外して捨てましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
ハエ除けや殺虫剤を使う

  1. 1
    カイエンペッパーと水をスプレーボトルに入れ、天然成分のハエ除けを作りましょう。他の昆虫と同じようにハエは熱が苦手で、スパイスを避ける習性があります。霧吹きに水240mlを入れ、小さじ1杯(1.8g)のカイエンペッパーを加えましょう。玄関や窓枠にスプレーして、迷惑なハエの侵入を防ぎます。[6]
    • 乾燥させた粉末カイエンペッパーの他、生のカイエンペッパーをみじん切りするかすり潰してハエ除けを作ることができます。乾燥させたもののほうが強くて効果的ですが、効力を失うのも早いでしょう。空気中のにおいがなくなったら再度スプレーします。
    • ショウガもにおいが強く、ハエ除けに効果的なスパイスです。カイエンペッパーがなければショウガを使いましょう。
  2. 2
    バジルなど、においが強い植物を玄関先に植えましょう。ハーブは天然のハエ除けとして作用し、料理に使うこともできるので一石二鳥です。ラベンダー、レモングラス、ミントをはじめ、様々なハーブを植えることができます。ドアや窓、果物を植えた場所、水が溜まる場所など、ハエが集まりやすい場所に植えましょう。さらに、天気が良い日に屋外でくつろぐ場所の近くにも植えておくと良いでしょう。[7]
    • ハーブを植えるには中性土壌か培養土を使いましょう。小さなプランターや植木鉢に植えても、地植えしても良いでしょう。水はけが良く、日光が6時間くらい当たる場所を選びましょう。
    • これらの植物には毒性がないので、安心して植えることができます。ハーブを植えた小さなプランターを窓枠に置いて、ハエの侵入を防ぐこともできます。
  3. 3
    食品庫を守るためにハーブを詰めたにおい袋を置きましょう。小さな袋や香水用の袋に好みのハーブを詰めます。クローブが適していますが、バジルやレモングラスのようなハーブを使ってもかまいません。菓子を保存する棚など、ハエを寄せ付けたくない場所にハーブのにおい袋を置きましょう。風にあたるとにおいが弱くなるので、閉め切った場所に置くほうが効果が続きます。[8]
    • 効果がなくなったらハーブを取り換えましょう。ハーブのにおいがなくなったら中身を捨て、新しいハーブを詰めます。
  4. 4
    強力な扇風機で屋外のハエを吹き飛ばしましょう。うっとうしい小さなハエも、扇風機の強い風力にはかないません。たとえば庭でパーティーをする場合は、食べ物を置いたテーブルや参加者に扇風機を向けましょう。扇風機の風でハエがバランスを崩し、近付けなくなります。[9]
    • これは、屋内でも効果的な方法です。ハエが集まる場所の近くでシーリングファンを回してみましょう。ただし、この方法の唯一の欠点は、ハエを追い払うだけで駆除できないことです。ハエトラップや掃除機を併用して追い払ったハエを退治しましょう。
  5. 5
    ハエの害が深刻な場合は、化学成分のハエ用殺虫剤を使いましょう。化学成分の殺虫剤は効果的で、手っ取り早くハエを退治できますが、人間やペットにとってもかなりの毒性があります。できればシロバナムシヨナギク(除虫菊)を主成分とする殺虫剤を用意して、ハエが集まりやすい場所にスプレーしましょう。殺虫剤をスプレーする際は、安全のためマスクを着けましょう。ハエを完全に駆除するには、最長2週間にわたってスプレーを繰り返す必要があるかもしれません。[10]
    • 市販の殺虫剤は刺激が強いので、ものをどかしてからスプレーしましょう。空気の入れ替えが終わるまで数時間は、人やペットをその場所に近づけないようにします。
    • ハエの数が少ない、または駆除しやすいハエの場合は、殺虫剤を使う前にハエトラップを使ってみましょう。ミバエは比較的駆除しやすいハエです。砂糖を加えた液体でハエトラップを作り、根気強く続けば退治できるでしょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
ハエを寄せ付けない環境を作る

  1. 1
    ゴミ袋を密封し、ゴミ箱に蓋をしましょう。ハエにとって1番の餌となるのがゴミですが、家にゴミを置かないのは意外に難しいものです。できるだけ早くゴミをまとめてゴミ袋を密封し、ゴミ箱に蓋をしましょう。こうすればハエがゴミにたかる心配がありません。[11]
    • ハエが何を好むのかを知りましょう。ハエの種類によって好みが異なります。たとえば、キノコバエは水をやりすぎた植物、ミバエは熟しすぎた果物や野菜、ノミバエはゴミや有機物に集まります。イエバエはごみが溜まった場所や屋外で発生します。[12]
    • ゴミ箱が汚れないように、内側にゴミ袋をセットしましょう。ゴミ箱がいっぱいになったら中身を処分し、汚れに気付いたらすぐに洗い流します。
    • ゴミ箱を掃除する際は、その周りに食べ物がこぼれていないか確認しましょう。ゴミ箱の周囲に食品がこぼれていても、気付かないことがあります。密封したきれいなゴミ箱の周りにハエが飛んでいる場合は、見えないところにゴミがこぼれているのかもしれません。
  2. 2
    食べ物を密封し、傷んだら捨てましょう。人間の食べるものがハエの餌にならないように注意します。食品は密封容器に入れ、食品の種類に応じて冷蔵庫や食器棚で保存しましょう。傷み始めたらすぐに捨て、ハエがたからないようにします。[13]
    • 食べ残しや飲み残しにも気を付けましょう。ハエは甘い飲み物や腐りかけた食べ物に群がります。これらはハエトラップの餌としても適しているので、残り物があればトラップを作りましょう。
  3. 3
    こぼしたものがあればその都度きれいにしましょう。こぼれた液体は見つけやすく、ペーパータオルで簡単に拭き取ることができますが、固形物も忘れずに取り除きましょう。手が届きにくい場所に食べ物のカスがこぼれ落ちることもよくあります。たとえば、コンロの下などを覗いて、昨晩の食事のカスが落ちていないか確認しましょう。こぼしたものをすぐに掃除すると、ハエに見つかる前に餌をなくすことができます。[14]
    • ハエは、腐った食べ物がある湿った場所を好みます。排水口や食器洗浄機の中、電化製品の下などに食べ物や水がこぼれていないか確認しましょう。できるだけ頻繁にこぼれたものを掃除して、ハエの繁殖を防ぎましょう。
  4. 4
    網戸や壁の隙間を修理して侵入口をなくしましょう。侵入を防ぐために、ハエがどこから入ってくるのかを調べます。家の外観がどんなにきれいでも、壁や断熱材にひびが入っている場合もあります。家の周りを確認して隙間を見つけたら、コーキング材、隙間テープ、ネットなどでふさぎましょう。[15]
    • 網戸や窓を定期的に確認し、破れや穴があればすぐに修理しましょう。[16]
    • 壁の継ぎ目に特に注意しましょう。このような部分は隙間ができやすいので、問題があれば修理する必要があります。コーキング材を充填して隙間を埋めましょう。
  5. 5
    溜まった水を排水してハエの飲み水をなくしましょう。大雨の後は、水が溜まっている場所がないか確認します。また、バケツやバードバス、その他の水が溜まりやすい場所にも注意しましょう。このような場所を排水して乾かし、ハエが飲む水をなくします。[17]
    • 土壌の排水を促すには、傾斜を変える、空気にさらす、砂を混ぜるなどします。根元に水が溜まらないように、芝生を短く刈っておきましょう。
    • 排水口やパイプの水漏れなど、屋内の湿った場所にも注意しましょう。きれいに掃除をして必要に応じて修理を行い、屋内を乾いた状態に保ちます。
  6. 6
    家の周りの枯葉やごみを掃除しましょう。思いもよらないかもしれませんが、枯葉などのありふれたものからハエが発生することがあります。枯れ葉や動物の糞など、ハエの餌になりそうなものをできるだけ早く取り除きましょう。ハエを寄せ付けないためには、庭をきれいに維持することが大切です。[18]
    • ハエを家に寄せ付けないために、たい肥置き場は家から少なくとも6m離しましょう。
    広告

ポイント

  • ハエは一般的に腐った食べ物やゴミを餌にします。ハエの餌になるものをなくせば、ハエが寄り付かなくなるでしょう。
  • 機会があれば、ハエを近くで観察して種類を確認しましょう。体の形や色で種類が分かれば、最も効率的な方法で退治できるでしょう。
  • ハエが集まっている場所を確認して、発生源を特定します。たとえば、ミバエは台所のシンクの上でよく見られ、ニクバエは動物の死骸や糞の近くの壁に集まります。
広告

注意事項

  • 殺虫剤には毒性があるので慎重に使いましょう。化学成分の殺虫剤を使う場合は、空気を入れ替えるまで人間やペットをその場所に近付けないようにします。
広告

必要なもの

ハエを捕まえる

  • 掃除機
  • 食器用洗剤
  • ガラス瓶
  • ハエ取り紙
  • 電気ハエたたき(任意)
  • リンゴ酢(任意)
  • 果物または甘い液体(任意)
  • 紙製の漏斗(任意)

ハエ除けや殺虫剤を使う

  • 霧吹き
  • 培養土
  • プランターまたは植木鉢
  • 殺虫剤(任意)
  • カイエンペッパー(任意)
  • ラベンダー、バジル、ミントなどのハーブ類(任意)
  • シロバナムシヨナギク(除虫菊)などの花(任意)

ハエを寄せ付けない環境を作る

  • 石鹸
  • 雑巾
  • 掃除機
  • 蓋つきのゴミ箱
  • ゴミ袋
  • コーキング材

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


関連記事

プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
リベットを外すリベットを外す
ヘアピンで錠を開ける
ドライバーを使わずにネジを外す
アリを殺虫剤なしで殺傷するアリを殺虫剤なしで殺傷する
プラスチックのひび割れを補修する
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
大きすぎるセーターを縮める大きすぎるセーターを縮める
コオロギを駆除するコオロギを駆除する
戦争を生き延びる戦争を生き延びる
カエルを駆除するカエルを駆除する
広告

このwikiHow記事について

Joshua Bloom
共著者 ::
害虫獣駆除専門家
この記事の共著者 : Joshua Bloom. ジョシュア・ブルームはニューヨーク市を拠点に害虫獣駆除サービスを提供している会社「Standard Pest Management」の事業部長を務めています。害虫獣駆除サービス業界にて20年以上の経験があり、商業店舗やオフィスなど大規模施設を対象とした害虫獣駆除を中心に、アリ、トコジラミ、ゴキブリ、ハエ、そして齧歯動物の駆除業務を専門に請け負っています。ニューヨーク州環境保全局よりシロアリ駆除業者の認定を受けています。 この記事は4,028回アクセスされました。
記事のサマリーX

簡単にハエを退治するには、自家製のハエ取りを使います。まず、口の広い瓶に、水と食器用液体洗剤を同じ割合で入れます。果物の香りのする食器用洗剤を使うと、さらにハエを引きつけることができます。また、リンゴ酢を少量加えると、さらにハエが寄ってくるでしょう。準備ができたら、瓶を台所などのハエを捕まえたい場所に置きます。洗剤液のにおいがハエを引きつけ、洗剤の成分が足と羽に絡みついてハエは逃げられません。毎日瓶を確認し、捕らえたハエは全て廃棄しましょう。必要に応じて、洗剤液を入れ替えましょう。ハエが家に入ってくるのを阻止するには、粉末唐辛子を大さじ1杯と水で防虫スプレーを作ります。ハエが侵入しそうな戸口、窓枠、隙間に防虫スプレーをかけましょう。家にハエが寄り付かないようにするには、ごみ箱に蓋をして密閉し、果物や野菜は悪くなる前に消費するか廃棄して、網戸に穴が開いていないかを確認しましょう。 市販のハエ取りの使い方を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 4,028 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告