ハグを上手にする方法

この記事には:ハグをする家族や友達にハグをする恋の相手やパートナーにハグをする5 出典

上手なハグをするために最初に注意したいのはタイミンングです。相手にハグすることが常に適切な行為だとは限りません。ただし「ハグして欲しい」と思っている人に絶妙のタイミングでハグをすれば、相手を最高の気分にさせることができるでしょう。相手が喜ぶ上手なハグをするには、まず相手との間に温かく心地良い雰囲気を作ることが肝心です。相手が癒され、愛され、守られていると実感できるようなハグをしましょう。

1
ハグをする

  1. 1
    ハグのタイミングを計る ハグを交わすことが適切な場合もあれば、しない方が良い場合もあります。事前にハグをする理由を自分で分かっていなければなりません。親しい友達への挨拶としてのハグでしょうか。泣いている友人を慰めたいからでしょうか。あるいは恋した相手や恋人に自分の気持ちを伝えたいからでしょうか。どのような理由または状況であれ自然に交わされるハグが理想的です。自然なハグをするには適切なタイミングで行うのが一番です。例えば会話の切れ目で、1つの行動から次の行動に移る瞬間に、または感動的な瞬間を共有した時にハグをすると自然にできるかもしれません。次のようなシナリオを検討してみましょう。
    • 会話の切れ目とは時間が止まったように感じられる瞬間です。ある人にハグをしようと思っていてもなかなかタイミングが見つからない場合には、会話の途切れ目を利用すると良いでしょう。ハグをするのに必ずしも理由が必要というわけではありませんが、それなりの流れの中でするものです。会話が切れた時にハグをすればスムーズな流れを崩さず自然にできるでしょう。
    • ある行動から次の行動への移行の瞬間も良いタイミングです。つまり何らかのアクティビティーの開始時か終了時です。友達に会った時に、または彼女が去る時にハグするというものです。事の始まりまたは終わりを印す意味合いがあり自然なハグです。
    • 感動的な瞬間とは、あなたと相手(または複数の人々)が強い感情を共有する時です。友人から感動的な深い話を聞いたら、その後で友人にハグしましょう。妹が彼氏または仲良しの女友達と別れたことを知ったら、妹にハグをしましょう。別れが大きな痛手であったこと、そして彼氏や女友達との関係に終止符を打つことを相互に認識するハグです。
  2. 2
    歓迎する 安心できて居心地の良い安全な雰囲気を作りましょう。両手を大きく広げ、心温まる笑顔を見せましょう。ボディーランゲージ、顔の表情、態度の全てでハグの意思をはっきりと示し、相手を両腕で抱きしめましょう。相手に「自分が大切に思われている、自分だけに相手の意識が向けられている」という印象を与えるようにしましょう。[1]
  3. 3
    両腕を広げてハグのサインを送る 相手を包み込みたいというボディーランゲージでその意図を伝えましょう。相手に一歩か二歩近づいて、更にその意図を明確にしましょう。相手の目を見つめながら顔の表情を伺って、相手にもハグをする気持ちがあるかどうかを確認しましょう。相手が一歩前に出てあなたからのハグを受け入れる様子を見せたら、ハグをしたいというサインです。実際にハグをしましょう。[2]
    • 相手からの合図を待ちましょう。相手の気持ちが不確かな場合には相手が両手を広げるまで待つと良いでしょう。これは確かに失敗しない手法ですが、同時に、相手に臆せずハグすることで相手の気持ちをどれくらい上向きにできるかと前向きに考えてみるのも大切です。
  4. 4
    ハグの意思を口頭で伝えてみる 「ハグしていい?」「ハグしたい気持ちなんだ」などと相手に伝えてみましょう。ハグするのに躊躇いがある時や、相手が突然のハグに驚くのではないかと危惧する場合に、相手に自分の気持ちを先に伝えればスムーズにハグができるでしょう。自分の意思を明確にすることで、相互に誤解がなくなり快適な雰囲気を作ることができます。
    • 尋ねる必要がない時があることも知っておきましょう。ほとんどの場合、ハグは言葉なく交わすものです。良く知っている相手や以前にもハグをしたことのある相手なら特にそうです。明言せずにハグをする方が自然に感じられることを覚えておきましょう。
  5. 5
    純粋な気持ちからハグする ハグを交わすことで、その瞬間に温かい気持ちを2人で共有することができます。[3]ハグは単にハグだけで終わらない場合もあり得ます。しかしそうではないと分かるまでハグでしかありません。相手を元気付けたいという純粋さと温かい気持ちでハグをすれば、優しくて親しみやすく常に歓迎してくれる友人だという印象を与えることができるでしょう。ハグを利用して何かを得ようとすれば、相手は不快感を抱くかもしれません。
  6. 6
    自分のハグのスタイルを決める どんなハグをするかは本人の性格やハグの相手によって異なります。大胆に相手を強く抱きしめるベアハグが得意な人がいます。彼らは大きく両手を広げ会う人全員をしっかりと強く抱きしめます。自分がハグされるとは思っていない人にさえもハグをすることがあります。一方で、相手の様子を見ながらハグの意思をはっきりと示さない人もいます。彼らは「横並びのハグ」や、片方の手で握手をしつつもう片方の手で相手の肩をハグするという、いわゆる「男同士あるいは友達同士のハグ」を自分のスタイルとして定着させています。様々なハグのスタイルを観察して、どのスタイルが自分に合ったものかを見つけましょう。
    • 相手を強く抱きしめるベアハグ:全身を使って強くしっかりとハグをします。相手をしっかりと抱きしめて愛情をたっぷりと表します。頭を相手の胸や肩に預け、臆面もなく大胆に愛情を表現します。
    • 横並びのハグ:このスタイルはハグの意思があるのかどうかが捉えにくく、最後まで分からないのが特徴です。相手ににじり寄って片腕を相手に伸ばすスタイルですが、本人の背が相手よりも高ければ相手の肩か首に腕を回し、相手よりも低ければ相手の脇あたりに回します。顔はハグする相手と同じ方向を向き、相手の肩を優しく抱きしめ、十分だなと思ったら腕を解きます。
    • 男同士または友人間のハグ:これは友人同士で交わされるさりげないハグです。素早さと接触部分が少ないことが特徴です。お尻を遠ざけたまま相手に身を寄せて背中を1〜3回軽く叩きます。握手をしながら体を相手に傾け、もう片方の腕で相手の背中を軽く叩いてみましょう。

2
家族や友達にハグをする

  1. 1
    温かい気持ちでハグする 純粋な気持ちでハグをするなら、「積極的すぎないか、誤解を招かないか」などと心配したり遠慮したりする必要はありません。目的は、あなたが相手にどれだけ感謝しているかを示すことです。心地良く感じられるハグをしましょう。タイミングを見計らって両腕でしっかりと相手を抱きしめましょう。
    • 純粋で心地よいハグはほとんどの人が高く評価します。相手を元気付けようという純粋な気持ちからのハグは相手にも通じます。恥ずかしがらずに愛情を伝えましょう。
    • 人を元気付ける純粋なハグは、誰かを慰めようとする時に特に重要です。温かい気持ちで包み込むようにハグをすれば、相手は愛情をたっぷりと感じ安心できるでしょう。
  2. 2
    相手を不快な気持ちにさせない 純粋な気持ちでハグをする時には度を越してはいけません。相手が痛みを感じる程、あるいは息ができない程強く抱きしめてはいけません。また、相手のプライベートな部位や繊細な場所には許可がない限り触れてはいけません。更に、顔を相手に近づけすぎたり、耳元で激しく呼吸したり、つま先を踏んだりしてもいけません。常識の範囲内で行いましょう。相手が不快感を示したら、ハグを軽めにしたり身を引いたりするなど態度を変えて明るい雰囲気を作りましょう。
  3. 3
    家族にハグをする 必要以上に考え過ぎる必要はありません。家族へのハグは、あまり好きではない家族であっても、純粋に思いやりや愛情を示すことが目的です。 強く抱きしめる必要はありませんが、ある程度強く長くしっかりとハグを交わせば、より深い愛情を示すことができます。相手の背中を素早く上下にさすり、相手から離れる時には笑顔を向けましょう。
    • 女性の家族や親戚にハグする時もやり方ほとんど同じです。祖母や姉、妹にハグするように母親にハグをしましょう。男性の家族や親戚へのハグは状況によって異なります。ハグではなく握手だけを好む人もいます。
    • 家族のハグの習慣を理解しましょう。頻繁にハグをする家族もいれば、身体的な接触を最小限に抑える家族もいます。自分の家族がどのようにハグをしているかを観察し、家族のハーモニーを壊さないようにそれに倣って実践しましょう。
  4. 4
    恐れずにハグを続ける 遊び心を持った軽いハグをするだけなら数秒間に抑えましょう。状況によっては長いハグになる時もあるでしょうが、その場合には自意識過剰にならないように注意しましょう。相手の目をずっと見つめる行為と同様に、長く交わすハグは相手との親密さを味わえるインパクトの強いものです。また長く抱きしめ合うことで相手との絆を築くこともできます。相手との間に特別なものを感じたら、自然の流れに身を任せてハグをして抱きしめられる感覚を楽しみましょう。[4]
  5. 5
    友達にハグをする ハグの強度と長さは状況によって異なります。相手との親密度、ハグの理由や自分と相手のその時の精神状態などが大きく影響します。また、ハグの相手が男性か女性かによってもハグに期待するものが異なりますが、重要なのは、純粋な気持ちで心温まるハグをすることです。相手の存在を有り難く思い感謝していることを示すためのハグをしましょう。
    • 女性にハグする場合:目を閉じて女友達の存在の有難さを考えましょう。躊躇なく強くハグしましょう。ただし、相手の体を潰すほど強く抱きしめてはいけません。また、肩を軽く叩くのは避けましょう。しっかりとハグせずに肩を叩くのは自分をあまり好きではないからだと解釈する女性もいます。
    • 男性にハグをする場合:互いにしっかりと抱き合い上背部や肩を平手で軽く叩きましょう。感動的な瞬間を共有した時には長めのハグをし、背中や肩を叩くのは避けましょう。ただし、ハグをする相手に注意しましょう。ハグに対して何の不安もない男性もいれば、男性同士のハグに違和感を感じる男性もいます

3
恋の相手やパートナーにハグをする

  1. 1
    互いの合意の基に自然にハグする 家族や友人同士で交わす純粋なハグ以上のハグを交わす時には、相手があなたとの身体的な接触を快く思っていることを確認しましょう。相手もハグをしたい意思があり、ロナンチックでセクシーなハグを交わす心の準備ができていなければなりません。相手の気持ちが察せず不安な場合には、遠慮せずに相手に同意を求めましょう。パートナーとの時間が快適になればなる程、相手の気持ちも読めるようになるでしょう。
  2. 2
    良いタイミングを狙う 恋の相手やパートナーにも、他の人達と同じ理由でハグすることができますが、色々な感情が入り乱れる場合があるでしょう。少なくとも性的緊張感を持つ確率は高いかもしれません。相手への愛情で胸がいっぱいになったらハグをしましょう。挨拶を交わすだけでも良いでしょう。情熱を更に強めたい時にもハグしてみましょう。
    • ハグは、2人がある瞬間を共有でき通じ合えたことを確認できる素晴らしい方法です。たとえば、自分の気持ちを相手に伝えた時、互いに互いを見つめ合っているのが分かった時、相手への愛情を特に感じている時など感動的な瞬間にハグをして気持ちを確かめ合うことができます。
  3. 3
    親密なハグにする パートナーが心地良く楽しんでいる様子ならハグの強度を高めましょう。相手の女性を少し強く抱きしめたり背中を優しくさすったりしましょう。また、首や頭の天辺にキスをしたり、ちょっとからかってお尻を強く握ったりしましょう。相手の男性には、うなじに垂れている髪を指で絡めて遊んだり胸に頭をこすりつけたりしましょう。相手との時間に慣れ心地良く感じれば感じる程、愛情表現が簡単にできるようになり、ハグの仕方も上手になるでしょう。
  4. 4
    従来の性役割を認識する 従来の性別を基にした役割に忠実になる必要はありませんが、どんなハグの仕方が男性的、または女性的であるかを知っておくと便利です。性役割を理解した上で、相手に対してどんなハグをしたいかを決めましょう。ハグに正しいやり方はありません。次にいくつか例を示しますが、自分の判断で取り入れる取り入れないを決めましょう。
    • 従来の男性的なハグの仕方:相手の腰のくびれ部分に両手を回しパートナーを抱きしめます。数秒間そのポジションを保った後で体を離します。体を離す時には相手の目を見ながら会話を自然に続けます。
    • 従来の女性的なハグの仕方:パートナーの首や肩の辺りに両腕を回し相手の胸に自分の胸を軽く押し付けます。相手も同じよう押し付けた後で体を離します。相手の上腹部に両手を回しても全く支障ありません。[5]
  5. 5
    嬉しい驚きのサプライズハグを試す 相手と一緒にいて全く緊張感がなく常に寛げているなら、サプライズハグを試してみましょう。女性が何気なく立っている時や作業をしている時に後ろからハグをしてみましょう。男性が遠くをボーッと見ている時にハグしてみるのも良いでしょう。サプライズハグは相手に攻撃を加えたり不意打ちを狙ったりするものではありません。相手を愛おしく思う気持ちや、側にいる心地良さを示すための素晴らしい方法です。
    • 遊び心で、相手の目を覆いながら「だーれだ?」 などと問いかけましょう。ただし、全員が驚かされることを好むとは限りません。特に目を覆うという行為に関しては注意しましょう。最善の判断をしましょう。

ポイント

  • 良い香りを漂わせましょう。
  • 相手が身を引いたら背中を軽く叩き、素敵な言葉を考えてすぐに謝りましょう。
  • 相手がハグを欲しているかどうかを注意深く確かめましょう。相手をよく知らない場合には、ハグをする理由を明確にしましょう。相手がハグされたいと思っているかどうかを判断するには、相手のボディーランゲージに注意すると良いでしょう。
  • 相手が背中や肩が痛いと言ったら、マッサージをするのは避けましょう。
  • 男性は女性が背後からするハグが好きです。またサプライズハグも好きですので、工夫を凝らしてみましょう。毎回同じハグでは飽きてしまうでしょう。

注意事項

  • ハグはタイミングが鍵です。双方が必要な時に交わすハグが最高のものです。
  • 相手に心地良さと守られているという感覚を与えましょう。ただし、しつこい態度や張り詰めた表情などは避けましょう。
  • 相手が強く抱きしめるベアハグが好きではないと思うなら、ハグは軽くしましょう。
  • 手は暖かく保ちましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む24人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 家族

他言語版:

English: Give Good Hugs, Español: dar buenos abrazos, Русский: правильно обниматься, Português: Dar Bons Abraços, Deutsch: Jemanden richtig umarmen, Français: donner de bons câlins, Bahasa Indonesia: Memberi Pelukan yang Nyaman, Italiano: Abbracciare Bene, Nederlands: Iemand een knuffel geven, العربية: إعطاء عناقات جيدة, 中文: 给人温暖的拥抱, Tiếng Việt: Trao cái ôm ấm áp

このページは 192 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?