ハムスターが眠っている間、眼球が乾かないように液体が分泌されます。このが目からこぼれ落ちてまぶたの周りで乾くと、ハムスターの目が開かなくなることがあります。ハムスターにはよくあることで、特に歳を取ったハムスターに起こりがちですが、医療措置を必要とする緊急事態ではなく、家で自分で対処できます。

パート 1 の 2:
他の健康状態を除外する

  1. 1
    目に異物がついていないか確認する ハムスターの目が涙ぐんでいたり、閉じていたりする理由のひとつに、目に異物がついていることが挙げられます。目やにで目が開かないのでなければ、優しくハムスターの目を開けて様子を見てみましょう。ほこりや砂がついていれば、綿棒などをぬるま湯で湿らせ、優しく取り除きます。目に突き刺さっているものがあれば、自分で取り除くのは控えましょう。さらに目を傷つける可能性があります。ハムスターをできるだけ早く獣医師に診せに行きましょう。[1][2]
  2. 2
    結膜炎か観察する 人間と同様に動物も結膜炎(ピンクアイ)になることがあります。一般的にこの症状はハムスターにとって有害ではありませんが、動物病院に連れて行き、きちんと治るか確認してもらった方がよいでしょう。以下のような症状が見られる場合は、動物病院を受診させましょう。[3]
    • 涙のような分泌物が出ている(時間が経つにつれて、膿のようになるかもしれません)
    • まぶたがくっついている
    • 目が腫れている
    • まぶたの端周辺が赤くなっている
  3. 3
    眼球が眼窩から飛び出していないか確認する 感染症や外傷によって、ハムスターの頭から眼球が飛び出すことがあります。これは直ちに獣医師の処置が必要な重篤な症状なので、すぐに受診させましょう。獣医師に診せるのが早いほど、ハムスターの眼球を守れる可能性が高くなります。[4]
    広告

パート 2 の 2:
開かない目の対処をする

  1. 1
    ハムスターを優しく掴む ハムスターの目を洗う時には、怪我をさせないように気を付けましょう。ハムスターを手荒に扱うと、怪我をさせて獣医師の診察が必要になるかもしれません。優しく持ち上げ、落ち着くまで目を洗い始めるのはやめましょう。目を洗う前に、ハムスターが心地良く感じ、もがいていないか確認しましょう。
  2. 2
    綿棒やタオルをぬるま湯で濡らす ぬるま湯を使用する限り、綿棒でもタオルでもどちらでも使用できます。お湯が熱すぎないか確認しましょう。火傷させ、目を傷つける可能性があります。
  3. 3
    ハムスターの目にタオルや綿棒を当てる ハムスターの目を突然開けないようにしましょう。目やにが原因で目が閉じているので、無理やり開けると目を傷つける可能性があります。まずは、くっついた目やにを分解し柔らかくしましょう。ハムスターの目元に濡れタオルを数分間当てると、目やにが柔らかくなり、くっついているまぶたが緩むでしょう。この処置後、ハムスターは自分で目を開けることができるかもしれません。これを2分試してみて、次の処置を行います。[5]
  4. 4
    まぶたから目やにを拭き取る 数分間ハムスターの目元にタオルを当てた後、目やには柔らかくなり緩んでいるはずです。ハムスターを傷つけないように、まぶたから目やにを優しく払い取りましょう。
    • 目やにが簡単に取れない場合は、無理やり取ろうとしてはいけません。ハムスターを傷つける可能性があります。再度タオルを目やにに当てて、さらに緩めましょう。
  5. 5
    優しく目を開ける 数分待ってもハムスターが自分で目を開けることができなければ、手でハムスターの目を開けてあげましょう。目やにを取った後なら簡単に開けられるはずです。ハムスターが自分で目を開けられるまで、ゆっくりとまぶたを引き離します。
    • 目を開けるのが難しければ、すぐに開けるのをやめましょう。再びハムスターの目元にタオルを当て、目やにを拭き取り、その後もう一度目を開けてみましょう。
  6. 6
    問題があれば、獣医師に診察してもらう ハムスターの目を開けられなかったり、他に何か問題があるようなら、ためらわずに獣医師の診察を受けましょう。病気があった場合、早期発見がハムスターの健康にとって重要になります。
  7. 7
    定期的にハムスターの目の周りを拭く ハムスターがヤニ目になりがちであれば、定期的に清拭してこれを予防しましょう。濡れタオルで目の周りを優しく拭き、溜まった液体を取り除きます。これで目やにが固まりにくくなり、目がくっつくのを防ぐことができます。ハムスターが歳を取ってくると、この症状が起こりやすくなるので、特に歳を取ったハムスターは定期的に拭いてあげましょう。[6]
    広告

ポイント

  • ケージ周辺を清潔に保ちましょう。埃によってハムスターの目が痒くなったり、埃が目の中に入ったりすることがあります。
  • この処置を手荒に行うと、ハムスターを傷つける可能性があるため注意しましょう!
  • 目やにを拭き取っている間、誰かにハムスターを握っていてもらいましょう。
  • ハムスターの目を洗うのに暖かい生理食塩水を使用してみましょう。
  • 噛まれないように手袋を着用しましょう。
  • 手から落とさないように、しっかりとハムスターを掴まえておきましょう。

広告

注意事項

  • ハムスターを軽く握り、握り締めないようにしましょう。そうしないと、ハムスターを傷つけたり、噛まれたりする可能性があります。
広告

関連記事

How to

脱走したハムスターを捕まえる

How to

カメの性別を見分ける

How to

金魚の性別を見分ける

How to

犬の軟便を治す

How to

カメを幸せにする

How to

家庭でのノミ駆除

How to

ハムスターに噛んではいけないことを教える

How to

キャットフードに蟻を寄せ付けない

How to

ハムスターの繁殖

How to

犬の傷を洗浄する

How to

ペットのウサギとの絆を深める

How to

ウサギをきれいにする

How to

ペットのセキセイインコに好かれているか知る

How to

ウサギの妊娠を見分ける
広告

このwikiHow記事について

Pippa Elliott, MRCVS
共著者 by
獣医
この記事の共著者 by Pippa Elliott, MRCVS. 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。
カテゴリ: ペット
このページは 8 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告