ハムスターの繁殖は楽しいプロジェクトです。ハムスターを購入してさっそく始めてみませんか?

パート 1 の 3:
繁殖用ハムスターを買う

  1. 1
    欲しいハムスターの種類を決めます。単独行動をするゴールデンハムスターはペットとしては最適ですが、繁殖させるには苦労を要することもあります。オスとメスを間違った時期にお見合いさせると、喧嘩をすることがあります。ドワーフハムスターは人間に慣れにくいと考えられていますが、ハムスター同士での複数飼いを好むため、容易に繁殖させることができます。
    • ジャンガリアンハムスター、ウィンターホワイトハムスターなどの種類もあります。ブリーダーから購入する場合は、ハムスターの種類やハムスター同士の相性について相談し、繁殖に必要な知識を得ましょう。
  2. 2
    オスとメスを入手します。繁殖用ハムスターはブリーダーから購入すると、様々な毛色や種類の中から選択することができます。ハムスターの過去の繁殖記録がわかるということも、大事なポイントです。
    • ペットショップでは、繁殖用に適さない兄弟同士や交配種のハムスターが多く売られています。また、ペットショップの店員がオスとメスを見分けられないこともあります。
  3. 3
    健康なハムスターを選びます。目は明るく濁りが無く、毛は滑らかでつやつやしていて、活動的で周囲に興味を示していることを確認します。
  4. 4
    ハムスターのための大きなケージを2つ購入します。プラスチック製の衣装ケースや水槽はハムスターの繁殖用にとても適しています。ケージの底にかんなくずや木材パルプからできた吸収性床材、紙材などを敷き詰めてハムスターを一匹ずつ入れます。おがくずはハムスターの目に入ったり呼吸器に影響を及ぼしたりするため、使用を避けましょう。
    • 金網のケージは避けましょう。特に赤ちゃんハムスターは、網の間から逃げ出してしまうことがあります。
    • 隠れ家用に小型でプラスチック製かできれば木製の「ハムスター小屋」を入れます。この小屋の中にもケージ内に使用した同様の床材を入れます。
    • ハムスター用回し車はハムスターの住まいに欠かせません。ドワーフハムスターには適切に使用できる回し車ならばどのサイズでも構いませんが、ゴールデンハムスターの回し車には20cm以上のものが必要です。金網の回し車は隙間でハムスターが怪我をする危険があるため、プラスチック製のものを使いましょう。また、ハムスターが走っている時に少しでも背中が曲がってしまう回し車は、ハムスターの健康に悪影響をもたらすので、絶対に使用させないようにしましょう。
    • 他に、給水ボトル、エサ入れ、ハムスターのえさ、おやつなどが必要になります。
  5. 5
    ハムスターを家に迎えた後は、最低一日はそっとしておきます。触ったりケージから出したりせずに、住まいを十分に整えてやり、ハムスターが新しい環境に慣れるようにしてあげましょう。ハムスターに触れるのは家に迎えてから一日経った後が好ましいでしょう。新しいハムスターが人に扱われることに慣れていない場合は、しつけの準備をしましょう。
    広告

パート 2 の 3:
ハムスターを繁殖させる

  1. 1
    メスが発情期に入るのを待ちます。ハムスターは生後28日で成熟します。メスは約4日ごとに発情期に入ります。メスが発情期の間は、猫の発情期と同様に、地面に低くかがんで尾を立てます。フェロモンを発するため、臭いが強くなることもあります。[1]
    • メスの発情期でない時に繁殖させようとするのは、逆効果な上に危険です。メスはしばしばオスを攻撃して殺してしまいます。
    • 繁殖させる前に2つのケージを数日間並べて置き、お互いを見せて慣れさせ、フェロモンが出易い環境を作ります。
  2. 2
    メスをオスのケージに入れます。ハムスターは夜行性動物であるため、早朝に始めることが好ましいでしょう。メスのケージを使用するとメスがオスを攻撃する危険性があるため、まだテリトリーができていない余分なケージに2匹を入れます。喧嘩を始めた場合は1匹をケージから出し、後日改めて試します。 
    • 2匹が交尾するまで上記のステップに従います。発情期を逃した時は、数日後また発情期に戻るまで待ちましょう。
  3. 3
    交尾が終わったら、メスのハムスターを隔離します。赤ちゃんの面倒をよく見るオスのハムスターもいますが、攻撃して食べてしまうオスもいます。オスのハムスターが穏やかで優しかったとしても、大事をとって妊娠・出産期間の2週間は離しておきましょう。 
    • ドワーフハムスターを繁殖させる場合、成熟するまでの時間と妊娠期間が少し長くなります。ドワーフハムスターは成熟するのに1ヶ月から5週間かかり、妊娠期間は約3週間です。しかしながら、5カ月以下のオスと6カ月以下のメスは高いリスクに晒されるため、どの種類のハムスターであっても繁殖させてはいけません。
    広告

パート 3 の 3:
ハムスターの出産

  1. 1
    この時期になったら、あとは辛抱強く待つだけです。メスが妊娠している場合は数日以内にお腹が膨れ始め、出産する頃にはお腹の両側がはっきりと膨れ上がります。何も特別なことをする必要はありませんが、ハムスターを雑に持ち上げたりすることは避け、そっとしておきましょう。 
    • メスが落ち着かない様子を見せ始めたら、出産の時期です。メスはケージを歩き回り、巣作りのための床材や食べ物を集めます。出産が始まると、腹部が動き、小さなピンク色の子どもが見え始めます。メスがケージを動き回る間に子どもは一匹ずつ生まれ続け、メスは子どもを一匹ずつ口に含んで巣に戻します。
    • ハムスターの出産中は決して邪魔をしたり手伝ったりしてはいけません。出産、特に初産はハムスターにとって大変なことですが、ここで手伝ってやれることは何もありません。干渉せずに自然に任せましょう。
  2. 2
    子どもを確認しましょう。この時から数日間はメスを刺激しないように特に注意する必要があります。メスがケージに子どもを置き去りにしていても、子どもに触れてはいけません。もしどうしてもという場合はスプーンを床材にこすりつけてから、子どもをすくって巣に戻してやります。 
  3. 3
    3週間は干渉せず、ケージの掃除もしないで、母親に子育てをさせます。エサと水を足す以外は、母親、ケージ、そして特に子どもに干渉しないようにしましょう。これは特に初産の母親にとっては大切なことで、あまりストレスを溜めると子どもを殺したり、しまいには食べてしまうことが知られています。 
    • 母親が子どもを口に含んだからといって、子どもを食べていると早とちりしないようにしましょう。母親は子どもが危険に晒されていると思って驚いた時にこの行動をとります。
  4. 4
    3週間半待ちます。この時期になると、新しいハムスターの性別を判別して、親から離すことができるようになります。ハムスターの子どもは5、6週間で繁殖できるまでに成長します。兄弟同士で繁殖すると、遺伝障害のもとになります。ハムスターの貰い手が決まるまでの2、3週間はオスとメスを別々のケージに分けて飼いましょう。  
    広告

ポイント

  • 母親の出産中は静かにしている必要があり、生まれた子どもの目に刺激を与えないためにも、フラッシュを使用した写真撮影はやめましょう。
  • 最初の数日間は、噛まれたり子どもが食べられてしまうことを避けるため、母親に干渉しないようにしましょう。
  • メスのハムスターが発情期かどうか知るために、頭からしっぽに向けて背中を撫でる方法があります。ハムスターが伏せるか、背中を少し曲げたら、交尾の準備ができている可能性があります。
  • 大音量の音楽は、ハムスターにストレスを与えます。
  • 繁殖させる前に、ハムスターの準備が整っていることを確認しましょう。
  • 母親が最初の数週間で子どもを何匹か殺したり食べてしまっても、過度な心配は不要です。野生で生きられないような弱い子どもを取り除いてしまうことは、母親ハムスターにとって普通のことなのです。
  • ハムスターを繁殖させたい理由をよく考えましょう。ハムスターの世話自体にお金がかかるため、繁殖でお金を稼ぐことは無理です。
  • ハムスターを引き取る人からは2000円~4000円を徴収しましょう。これで、ハムスターの世話に真剣でない人を避けることができるでしょう。地元のペットショップよりも安い値段をつけてはいけません。

広告

注意事項

  • 発情期ではないメスのハムスターを繁殖させようとしてはいけません。
  • 引き取り先が見つからない時のために備えて、20匹かそれ以上の数のハムスターを飼う準備を整えておきましょう。
  • 母親にストレスを与えてはいけません。これは、子どもを殺してしまう可能性を高めます。
  • 良いブリーダーからアドバイスと指導を受けましょう。たった1つの誤りが、お腹のすべての子どもを死なせてしまうことにもなり得るのです。
  • ペットショップにハムスターを売ったり譲ったりしてはいけません。ペットショップに行ったハムスターは、その一生を小さな檻の中で過ごすことになる可能性があります。
  • インターネット上で得られる情報には、誤った情報が多く含まれていることを覚えておきましょう。読んだ情報については、ブリーダーに確認しましょう。
  • ウィンターホワイトとキャンベルハムスターを交配させてはいけません。これはペットショップでは「ジャンガリアンハムスター」として売られている交配種を作ることになります。子どもの大きさの違いにより母親が死んでしまったり、子どもの健康に支障を来たすことがあります。
  • ペットショップで入手したハムスターを繁殖させてはいけません。ペットショップのハムスターは養殖所から来ており、遺伝や同系交配の記録が残されていないためです。
広告

関連記事

How to

脱走したハムスターを捕まえる

How to

犬の軟便を治す

How to

ハムスターに噛んではいけないことを教える

How to

カメを幸せにする

How to

金魚の性別を見分ける

How to

カメの性別を見分ける

How to

ペットのセキセイインコに好かれているか知る

How to

ハムスターの目が開かない時の対処

How to

犬の傷を洗浄する

How to

ペットのウサギとの絆を深める

How to

ウサギの妊娠を見分ける

How to

ウサギをきれいにする

How to

モルモットを飼育する

How to

カーペットについたペットの嘔吐物を掃除する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む105人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は26,442回アクセスされました。
カテゴリ: ペット
このページは 26,442 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告