PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

体に悪くて脂肪分満載の市販のハンバーガーには、もうさようなら!もっと健康的なハンバーガーは家庭でも簡単に作れます。お気に入りの精肉店で新鮮な牛ひき肉を購入して、ひと手間加えるだけで出来あがりです。そのハンバーガーの作り方はこちらのステップをご参照ください。

材料

バーガーの材料

  • 脂肪分15%程度の牛ひき肉 約450g
  • バンズパン 6個
  • 卵の黄身 1個分

調味料 (オプション)

  • 玉ねぎ(赤または白) 小半個分 
  • ケチャップ 適宜
  • ウスターソース 大さじ1
  • マスタード 大さじ1
  • 白コショウ 大さじ1
  • ニンニク 1カケ
  • 荒く刻んだ新鮮なハーブ 1つかみ分
  • 塩、コショウ 少々

トッピング

  • トマト(薄切り) 2個分
  • スライスチーズ 6枚
  • レタスの葉
  • ケチャップ 適宜
  • マヨネーズ 適宜

パート 1 の 3:
ハンバーグのたねを作る

  1. 1
    上質の肉を買う 精肉店で脂肪分15%の牛肉を挽いてもらいます。それ以上の脂肪を含んだ挽肉を使うと、脂がにじみ出て引火の原因になります。また、それより脂肪分が少ないとパサパサな食感になってしまいます。ひき肉はなるべく調理する当日に購入しましょう。
    • 精肉店では二度挽きにしてもらいましょう。1回目は粗挽き、2回目は細かく挽いてもらいます。
  2. 2
    挽肉をボウルに入れる 後ほど他の材料も加えていきます。
  3. 3
    玉ねぎとニンニクを粗く刻む ボウルに加えてよく混ぜます。
  4. 4
    肉に好みの調味料を加える ウスターソースやケチャップ、マスタード、ハーブ等を加えます。これはすべてオプションですが、加えると風味がよくなります。
  5. 5
    卵の黄身を加える 卵の黄身に塩、コショウで味付けしてから、ボウルに加えてよく混ぜます。最初はスプーンを使うとよく混ざりますが、材料をしっかりと混ぜるためにはきれいに洗った手で混ぜます。
  6. 6
    ハンバーガーの形を作っていく あまり触りすぎると肉汁が外に出てしまうので注意が必要です。
    • 均等なサイズのボールを手で6個作ります。
    • ボールを平らにして1.5cmほどの厚さにします。中央を親指で押してへこませると、ハンバーガーが膨張することなく、均等に火が通ります。
    広告

パート 2 の 3:
ハンバーガーの調理

  1. 1
    ハンバーガーをお皿に並べる ラップをして、30分から数時間、調理しやすい硬さになるまで冷蔵庫で冷やします。ハンバーガー用のお肉は冷えたまま調理すると上手に焼けます。
  2. 2
    調理方法を選ぶ 家庭で作るハンバーガーはブロイラーやグリル、フライパン、バーベキュー用グリルなどで焼くことができます。また、オーブンでも焼けます。お好みの食感や味、お持ちの器具などから調理方法を選びましょう。どの方法を選んでも、調理前に冷蔵庫から取り出したハンバーガーに、油か溶かしバターを塗ります。以下はそれぞれの調理方法です。
    • ブロイラー・グリル:ブロイラーを中火であらかじめ熱しておきます。ブロイラーのプレートにホイルを敷いておくと、後片付けが楽です。プレートにハンバーガーを乗せ、両面を6、7分、もしくはしっかりと火が通るまで焼きます。
    • フライパン:バターまたは油をフライパンで熱し、ハンバーガーをよく焼きます。弱火でじっくりと中まで火を通しましょう。
    • バーベキューグリル:バーベキューグリルにハンバーガーを載せ、いつも通りに焼きあげます。
    • オーブン:180℃に熱したオーブンで、ハンバーガーの厚さにより15分から30分焼きます。ハンバーガーの焼き具合を見ながら、半分ぐらい焼けたところで裏返すとよいでしょう。
  3. 3
    ハンバーガーを調理してる間にトッピングの用意をする お好みの材料を用意しましょう。ここでは定番のトッピングを紹介します。
    • レタスとトマトをよく洗う 
    • バンズパンを半分に切り、トマトを薄切りにする
    • お好みで使用するケチャップとマヨネーズをテーブルに置く
  4. 4
    完成 お好きな焼き具合に焼けたら、バンズパンにのせてトッピングを盛り、いただきます。
    • その他に、ハンバーグとしてお皿に載せ、ご飯やマッシュポテト、サラダ等と一緒に盛り付けても良いでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
その他の種類のハンバーガーを作る

  1. 1
    バーガーキングのワッパー アメリカンチーズとピクルスの乗ったハンバーガーは誰もが大好きな一品です。
  2. 2
    マクドナルドのダブルチーズバーガー 2つのバーガーを挟んで2倍楽しいハンバーガーです。
  3. 3
    ビールバーガー ビールとオニオンスープの粉末ミックス、少量のタバスコが入った美味しいハンバーガーです。
  4. 4
    ピザバーガー モッツァレラチーズとトマトソースを加えたイタリア風の美味しいハンバーガーです。
  5. 5
    ピーナッツバターベーコンバーガー ベーコンとピーナッツバターが大好きな人は、ハンバーガーに両方足しちゃいましょう。
  6. 6
    完成
    広告

ポイント

  • フライ返し等でハンバーガーを押し付けてはいけません。肉汁が外に出てしまってパサパサな食感のハンバーガーになってしまいます。
  • フライパンで焼く場合は、フタをすると肉汁たっぷりでジューシーなハンバーガーになります。
  • チーズバーガーを作るときは、出来上がり直前にスライスチーズをハンバーガーに載せましょう。
  • 牛肉の代わりにお好みでラムのひき肉を使ってもよいでしょう。
  • 糖分(高果糖コーンシロップ)の少ない調味料を使いましょう。
  • テキサス州アセンズ、ウィスコンシン州シーモア、コネチカット州ニューヘブンは、それぞれがハンバーガー発祥の地と言い張っています。ご存知でしたか? 
  • トッピングを乗せたハンバーガーの横にケチャップやマヨネーズを添えましょう。
広告

注意事項

  • 細菌等の伝染を防ぐために、牛肉にはしっかり火を通して下さい。 大腸菌の感染を防ぐためにも、中身が半生のハンバーガーは絶対に食べてはいけません。
  • グリルやブロイラーは大変熱くなっています。オーブンミット等を使って手を守り、安全に調理を行いましょう。
広告

必要なもの

  • まな板
  • 切れる包丁
  • 木の大型スプーン
  • 大皿
  • ボウル
  • ラップまたはパラフィン紙 (ハンバーガー用に1枚ずつ切っておく)
  • ホイルをかぶせたブロイラー用のプレートとラック、フライパン、バーベキューグリルとオーブン用ベーキングシート (パラフィン紙または油を敷く)
  • ハンバーガー用のフライ返し

関連記事

牛乳からクリームを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
塩気の強いスープの味を調整する
生アーモンドをローストする
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
ご飯を温め直すご飯を温め直す
オートミールを作る
オーブンでステーキを調理するオーブンでステーキを調理する
クルミを乾燥させるクルミを乾燥させる
牛乳からバターミルクを作る
固ゆで卵をひびを入れずに茹でる固ゆで卵をひびを入れずに茹でる
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
フロスティングを作る
ソースにとろみをつけるソースにとろみをつける
広告

出典

  1. Howcastから承諾を得たうえで記事の一部を引用しています。http://www.howcast.com/videos/12800-How-To-Grill-a-Perfect-Burger.

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,739回アクセスされました。
このページは 3,739 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告