折り紙は、紙を折って作品を作る楽しい工作です。折り紙で作るハート型はシンプルですが印象的な形で、バレンタインデーのプレゼントや飾りつけに最適です。ペーパークラフトで作った作品の飾りつけや好きな人への手紙に利用するのも良いでしょう。

パート 1 の 3:
ピラミッド型を作る

  1. 1
    レターサイズかA4サイズの紙を用意します。15㎝×15㎝の正方形の折り紙を使うこともできます。厚手の紙は折りづらく、折り目が開いてしまうので薄い紙のほうが適しています。[1]
    • 小さな紙を折るのは難しいものです。初めて折る場合はいらいらしてしまうので、小さな紙は避けましょう。大きなハート型を作るには、大きめの紙を使いましょう。
    • 模様を描き込む場合は、紙の左右に半分ずつ描きましょう。ハート型が完成すると、その中心に模様が現れます。ハート型に折ってから模様を描き込んでもかまいません。
  2. 2
    紙の白い面を表にして縦長に置きます。紙の右上の角を左端に合わせるように折り下げ、元に戻します。紙の左上の角も同じように折り下げ、今度は開かずにおきましょう。
    • 折り紙を使う場合は白い面(裏面)を表にして折りますが、A4サイズの紙などの表裏がない紙を使う場合は、どちらを表にしてもかまいません。
  3. 3
    紙の下側を半分に折ります。こうすると紙の白い面(紙の内側)が隠れます。
    • 折るたびに爪でこすり、折り目をしっかりとつけましょう。丁寧に折って折り目をきっちりとつければ、きれいに仕上がります。
  4. 4
    紙の上部を開きます。紙に斜めの折り目が2本ついているはずです。[2]
  5. 5
    紙の上部を折り下げます。斜めの2本の線が交差する点に折り山がくるようにして、まっすぐに折り下げましょう。折り目をつけたら元に戻します。
  6. 6
    再び紙を裏返します。紙の左右(横線の折り目がついた部分)を持ち、紙の中心に向かって引っ張ります。こうすると、2本の斜めの折り目が折りたたまれます。内側に引っ張って、紙の左右を合わせましょう。
    • 特に初心者の場合は、ピラミッド型を作れるようになるまで何回か挑戦する必要があるかもしれません。ここまで折ると、横長の長方形の上に三角形が載ったような形になります。
    広告

パート 2 の 3:
ひし形を作る

  1. 1
    三角形の左下の角を頂点に合わせるように折り上げます。全部を折るのではなく、上の層だけを折り上げましょう。反対側も同じように折り上げるとひし形ができあがります。
  2. 2
    ひし形に合わせて左右を折りたたみます。紙の左側を持ち、前の手順で作ったひし形に含まれていない部分すべてを中心線に向けて折りたたみます。右側も同じように折りたたみましょう。
  3. 3
    縦に折り目をつけます。全体を左右半分に折り、折り目をつけてから元に戻して裏返します。
  4. 4
    下の角を折り上げます。下の2つの角が中心線で合うように折り上げます。底辺だった部分が中央を通る縦線に沿うように折り上げましょう。
  5. 5
    上部を折り下げます。上部にある大きな三角形のひらひらを折り下げましょう。下の横線の手前まで、できるだけ深く折り下げます。上部には3つのひらひらした部分があり、1つは大きく、残りの2つは小さな三角形です。この大きな三角形を折り下げましょう。
    広告

パート 3 の 3:
ハート型メモを仕上げる

  1. 1
    角を挟み込みます。下の左右の角を折り上げて、三角形の内側に挟み込みましょう。
  2. 2
    上の頂点を折り下げます。上部に残った2つの三角形を斜めに折り下げましょう。
  3. 3
    再び角を挟み込みます。折り下げた三角形の頂点を大きな三角形の内側に挟み込みましょう。
  4. 4
    完成したハート型を確認します。これでハート型メモのできあがりです。
    広告

ポイント

  • 練習しましょう。折り紙の初心者にはハート型は少し難しく、1回では上手に折れないかもしれません。
  • 紙に不必要な折り目を付けないために、折る前に画像をよく見て確認しましょう。
  • 最初は、いらない紙で折ってみましょう。折り方を間違える可能性もあるので、不要な紙で練習したほうが良いでしょう。
  • 折り紙で作った箱にハート型メモを入れてプレゼントしましょう。
  • 練習を重ねれば、最終的にきれいなハート型に折ることができます。
  • 紙の内側にメッセージを書き、上記の説明に従って折ればメッセージが隠れます。

広告

注意事項

  • 紙で手を切らないように気を付けましょう。
広告

必要なもの

  • レターサイズ(21.5cm×28cm)かA4サイズ(21㎝×30㎝)の紙、または折り紙(15㎝×15㎝)
  • マーカーペン、クレヨン、色鉛筆などの筆記具(任意)

関連記事

How to

自分で身長を測定する

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

プラスチックに塗装する

How to

風船ガムを膨らませる

How to

革を染める

How to

息を長く止める

How to

六角形を描く

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

硬貨を洗う

How to

シャンプーと歯磨き粉だけでスライムを作る

How to

はさみを研ぐ

How to

重曹でスライムを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む92人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,062回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 4,062 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告