重要なデータがたくさん入っていたのに、アクセスできなくなるなどして、ガラクタになってしまったハードディスクはありませんか。また、その重要なデータが漏洩してしまわないように、ハードディスクを確実に処分したくはありませんか。ハードディスクのデータが消去できたら、次のいずれかの手順で、データ保護を強化しましょう。この記事では、データサルベージでデータが漏洩してしまわないように、ハードディスクからデータを消去して、ハードディスク自体を破壊してしまう方法を解説します。

方法 1 の 2:
データを消去する

  1. 1
    データをバックアップする 90年代にリッピングしたMP3や愛する家族の写真であれば、簡単に恥ずかしい思い出を消し去ったり、刑務所に入れられないように証拠を隠滅したりすることができます。しかし、重要かつ正当なデータの場合は、すべて必ずバックアップを取っておく必要があります。なぜなら、そうしたデータは、何しろ消えてしまうことがあるからです。
  2. 2
    ハードディスクのデータをソフトウェアですべて消去する ハードディスクを破壊するもっと良い方法に、データを復元不可能な状態にするというものがありますが、かなり効果的なものの、必ずしも復元できないということはありません(政府機関が大量の資金を投じ、数ヶ月かけてデータの復元を行った場合など)。なお、この方法は、余計なソフトウェアをダウンロードしたり購入したりする必要がなく、Windows環境またはmacOS環境で実施することが可能です。データを消去してから、ハードディスクを粉々になるまで叩き壊してしまえば、データが戻ってくることはありません。
    • パソコンのデータ消去ソフトを使えば、おそらくうまくいくはずです。こうしたデータの復元は、デジタルフォレンジック用の機材を持っている場合のみ可能です。
  3. 3
    PCケースを開いて、ハードディスクを取り外す ハードディスクは、PCケースの種類によって異なる場所に取り付けられている可能性があります。なかなか見つからない場合は、ハードディスクがどこに取り付けられているかネットで調べるようにしましょう。[1]
  4. 4
    ハードディスクからケースを取り外す ケースを取り外すには、ハードディスクのメーカーや型番に応じて、様々な種類のねじを緩める必要があります。もしかすると、その前にテープをカットしなければならないかもしれません。また、ラベルの下には、よくネジが隠れていることがあります。その場合は、つついて見つけなければならないので、注意しましょう。
  5. 5
    磁石を取り外す 下のプラッタを取り外す(=今回の目的)ためには、アームと磁石を取り外す必要があります。アームと磁石にはネジがついていますが、すぐに見つけられるはずです。磁石は非常に強力で、怪我をしてしまう可能性が高いので、慎重に取り外しましょう。[2]
    • 磁石をハードディスクからなかなか取り外せないことがあります。また、この作業で指を怪我してしまう可能性もあります。あと、磁石は絶対に口に入れたり、子供やペットに食べさせたりしないようにしましょう。
  6. 6
    プラッタを取り外して処分する プラッタは、きれいな鏡のようになっています。おそらく、まずは、プラッタを中央で固定している円形の部品を回して取り外す必要があります。プラッタにはデータの大部分が保存されているので、このプラッタを破壊しなくてはなりません。たまに、プラッタが2枚以上内蔵されている場合もあるので注意しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
ハードディスクを物理的に破壊する

  1. 1
    ハードディスクを焼却する ハードディスクを焼却してしまえば、データを数分以内に完全に破壊することができます。ただし、ハードディスクを破壊するためだけに、火を起こすのは賢明な判断ではありません。ハードディスクを安全に焼却するために、信頼できるデータ消去サービスに連絡をして、出張で焼却処分をしてもらいましょう。
  2. 2
    ハードディスクをハンマーで叩き壊す まずは、ハードディスクを布袋に入れて、破片があちこちに飛び散らないようにしましょう。それから、ハンマーを使って(家にあるものを使うかホームセンターで購入する)、ハードディスクを粉々になるまで叩き壊します。ハードディスクが粉々になったら、つなぎ合わせることができないように、破片を複数の袋に分けて、別々に処分しましょう。
  3. 3
    ハードディスクに穴を開ける 鋭利な刃物や金属ピンを持っている場合は、ハードディスクの両側に差し込んで穴を開け、ハードディスクを使い物にならなくするという手もあります。
    広告

注意事項

  • どのような手順でデータを完全に消去しても、必ずしも復元できないということはありません。上記の手順を行う際は、注意して行うようにしましょう。
  • 大怪我をしないように、最大限安全を確保した上で、ハードディスクを破壊するようにしましょう。
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

ファンクションキーを解除する

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

CPU温度を確認する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

パソコンのBIOS設定を変更する

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

HPでスクリーンショットを撮る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,401回アクセスされました。
このページは 1,401 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告