バイオオイルを使う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

バイオオイル(Bio-Oil)は、2000年代初頭から人気が急上昇した、オイルが主成分のスキンケア製品ブランドです。当初は妊娠線や傷あとを目立たなくするための製品として売り出されていましたが、バイオオイルのファンによると、髪の毛を丈夫にしたりメイクを落としたりとその使い方は多岐にわたるようです。これらのほとんどは科学的な根拠に基づいたものではありませんが、バイオオイルはかなり安価で大抵の人が日常的に使用できる安全なものなので、試してみる価値はあるでしょう!

方法 1 の 2:
傷あとを目立たなくして肌をなめらかにする

  1. 1
    新しくできた妊娠線やつい最近できた傷あとにバイオオイルを使いましょう。バイオオイルには肌の弾力を取り戻す成分が配合されているので、できはじめた傷あとや妊娠線に最適です。とは言え、時間が経った妊娠線や傷あとにも効果があると主張する利用者がいるのも事実です。[1]
    • 妊娠中の女性の中には、妊娠線の予防にバイオオイルを積極的に使う人々もいます。しかし、使わなくてもできなかったかもしれないのに、バイオオイルのおかげでできなかったと証明するのは無理があります!
  2. 2
    少量を手に取って円を描くように患部に塗ります。塗りたい箇所が小さい場合は、2~3滴を指先に出します。大きい場合は、6滴ほど手のひらに出しましょう。次に、馴染んでベタつきがなくなるまで優しく円を描くようにマッサージして塗りましょう。[2]
    • バイオオイルの主成分はミネラルオイルなので、油のような粘度があります。つまり、数滴だけでかなり広い範囲に塗ることができますが、完全に浸透させるには円を描きながらマッサージして馴染ませなければなりません。
  3. 3
    1日に2回、少なくとも3か月は使い続けましょう。バイオオイルは肌の傷を手っ取り早く治せる妙薬として売られているわけではありません。効果が現れるまで、製品を1日2回、3か月以上使うことが推奨されています。[3]
    • たとえば、朝のシャワーの後に塗り、寝る前のケアの一部として夕方にもう1回塗りましょう。
  4. 4
    乾燥した肌、老化が進んでいる肌や色ムラがある肌のケアに使ったり、古い傷あとのケアに使ってみましょう。バイオオイルは、主に新しめの妊娠線や傷あとに使う製品として売り出されていますが、それ以外に効果が期待できる可能性も宣伝されています。これには、古い傷あとや妊娠線を目立たなくする効能(効果が表れにくいかもしれないという注意書きあり)、乾燥した肌を保湿する効能や老化した肌を柔らかくなめらかにする効能などがあります。[4]
    • どんな場合でも、1日2回、少なくとも3か月は気になるところへ塗り続けましょう。
    • 基本的に、バイオオイルのメーカーが「正式に」効果があるとするのは特定のいくつかの領域のみで、美容の万能薬として広がったのは利用者の声によるものです。
  5. 5
    敏感肌なら吹き出物や肌の異常に注意しましょう。吹き出物を減らす効能があると主張する利用者もいますが、オイルが主成分なので、毛穴を詰まらせて吹き出物ができる場合があります。また、エッセンシャルオイルや植物由来の成分が配合されているため、敏感肌の場合は肌の異常や不快感が生じることがあります。[5]
    • 製品を使うのを中止すれば、吹き出物、刺激、あるいは肌の不快感が数日で治まるでしょう。何らかの理由で治まらない場合は、皮膚科医に相談します。
    広告

方法 2 の 2:
効能の可能性に期待する

  1. 1
    肌の保湿剤として塗りましょう。普通の保湿剤の代わりにバイオオイルを使っている利用者によると、肘や足のひび割れに特によく効くようです。普通の保湿剤の代わりに1日に1~2回、少なくとも1か月(いっそのこと3か月)は塗ってみましょう。[6]
    • 主成分がオイルなので、バイオオイルは数滴で広範囲に塗ることができます。塗りすぎないように気を付けましょう!また、普通の保湿剤より馴染ませるのに時間がかかるでしょう。
  2. 2
    日焼けした後や毛を抜いたり剃ったりした後に使って肌を落ち着かせましょう。バイオオイルを優しく塗ると日焼けした肌を落ち着かせ、肌がむけるのを防ぐことができるとする利用者もいるようです。また、眉毛を抜いた後に1~2滴塗りこむと痛みと赤みが消える、脚の毛を剃った後にバイオオイルを塗ると良い、などとという声もあります。[7]
    • 実際、脚の毛を剃る際にシェービングジェルの代わりにバイオオイルを塗るファンもいます!
    • バイオオイルのメーカーによってこれらの主張がはっきりと支持されているわけではなく、信用できる研究によって証明されているわけでもありません。これが、ファンが褒め称えるバイオオイルの「非公式的な」使い方の真実です。
  3. 3
    シャンプーに少し混ぜて頭皮の乾燥やかゆみを軽減しましょう。普段使うシャンプーの量を手のひらに出して、バイオオイルを1~2滴出し指で混ぜます。それを使って髪の毛と頭皮を洗っていつものように流します。[8]
    • バイオオイルは肌の弾力を取り戻す作用があるので、シャンプーに混ぜて使うと頭皮の乾燥やかゆみ、フケを減らすことができるかもしれません。
    • ただし、バイオオイルを3か月以上の長期間使い続けない限り、効果は出ないでしょう。
  4. 4
    髪に数滴を手ぐしで馴染ませて乾燥した毛先を保湿しましょう。バイオオイルを使うと髪の毛を柔らかくして乾燥によるアホ毛を減らすことができるとする声もあります。単純に手のひらに2~3滴出して手をこすり合わせてから、指と手を使って髪に馴染ませます。[9]
    • これを少なくとも1日に1回、特にシャワー後に行いましょう。効果が出るまで数週間から最大3か月はかかるかもしれません。
  5. 5
    それぞれの指の爪に1滴ずつ馴染ませて柔らかくしましょう。少量のバイオオイルを毎日塗ると爪の乾燥や爪が割れたり裂けたりするのを防ぐことができます。各指に少量垂らして、反対の手の指を使って優しくしっかりと塗りこみましょう。[10]
    • 毎日入浴やシャワーの後に行うともっとも効果が出やすいでしょう。
  6. 6
    目の下に塗ってクマを目立たなくしましょう。バイオオイルは肌の色ムラを目立たなくする効果があると宣伝されているので、目の下のクマを薄くすることができるかもしれません。それぞれの目の下に1日に2回、1~2滴馴染ませます。[11]
    • バイオオイルを使って手っ取り早く効果を出そうとしてはいけません。目に見えて効果が出てくるまで最大3か月はかかります。
  7. 7
    唇に少し塗って口紅を長持ちさせましょう。バイオオイルを1滴唇に塗ると、うるおいを閉じ込めることができます。また、口紅が乾燥して落ちるのを防いで長持ちさせるでしょう。[12]
    • バイオオイルは主に自然由来の成分で作られていますが、それでもかなりの量を口に入れるのは避けましょう。1滴、あるいは最大2滴あるなら、唇に塗る量としては十分でしょう。
  8. 8
    ファンデーションに少量混ぜて肌をナチュラルに仕上げましょう。ファンデーションで透けるようなナチュラルな肌を作りたいなら、手の甲にファンデーションを乗せて、そこにバイオオイルを1滴混ぜましょう。指で混ぜ合わせて、いつものように顔に塗ります。[13]
    • バイオオイルを使ってすぐに効果が出ることは滅多にありませんが、この例のようにすぐに効果が見られる使い方もあります。
  9. 9
    メイク落としとして使ってみましょう。バイオオイルがメイク落としとして素晴らしいと言うファンもいます。手のひらに3~4滴出し手のひらをこすり合わせてから、オイルを顔に馴染ませましょう。その後、お湯で顔を洗い流し、清潔なタオルで軽く押さえて水気を取ります。[14]
    • 濃いメイクをしている場合は、まず普段のメイク落としを使用してからバイオオイルを使って仕上げると良いでしょう。
    広告

ポイント

  • バイオオイルについてもっと情報がほしい医療専門家なら、毎年メーカーが主要な会議に情報ブースを出展しているので確認してみましょう。[15]

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 216 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告