バケットハットは流行りのバケツ型の帽子で、どんな服装にも合わせやすく、日差しから髪を守るのにも便利です。店で購入する代わりに、自分で作ってみませんか?作り方は簡単で、すぐにでき上ります。作り方を覚えたら、雰囲気の違う帽子をいくつか作っても良いでしょう。

パート 1 の 4:
生地を裁断する

  1. 1
    生地を選びましょう。帽子の表地と裏地に使うので、2種類の生地が必要です。片面にコットン、もう片面にキャンバスかデニムを使ってみましょう。
  2. 2
    生地を直径20㎝の円に切ります。2種類の生地から1枚ずつ切りましょう。これが帽子のトップクラウン(上の部分)になります。[1] この大きさには、縫い代1.3㎝が含まれています。頭が非常に小さい場合は少し小さめの円に、大きい場合は大きめの円に切りましょう。
  3. 3
    サイドクラウンの生地を切ります。2種類の生地から、幅7.5㎝、長さ30.5㎝の長方形を2枚ずつ切りましょう。長方形の生地は合計4枚になります。[2]
    • 帽子を深くしたければ、長方形の幅を10㎝に変えましょう。
    • 円を小さめ、または大きめに直した場合は、長方形の長さが円周の半分になるように調整しましょう。
  4. 4
    つばの生地を切ります。全く同じ形で、2種類の生地から2枚ずつ切りましょう。幅9㎝、内周30.5㎝、外周46㎝に切ります。[3]
    • つばを広くしたければ、幅を11.5㎝に変えましょう。
    • 円を小さめ、または大きめに直した場合は、つばの内周が長方形の長さと同じになるように調整しましょう。
  5. 5
    必要に応じて接着芯を使います。生地が薄い場合は、接着芯を貼ったほうが良いでしょう。接着芯を各生地より1.3㎝小さく切り、生地の裏面にアイロンで貼り付けます。帽子の表地と裏地の両方ではなく、どちらかに貼れば十分です。
    広告

パート 2 の 4:
生地を縫う

  1. 1
    長方形を待ち針で留めて縫いましょう。生地の表と表を内側にして合わせ、表地の長方形2つを待ち針で留めます。長方形の短い辺(幅)を縫い代1.3㎝で縫いましょう。[4]
    • 裏地の長方形も同じように縫いましょう。
  2. 2
    つばを待ち針で留めて縫いましょう。表地のつば2枚の表を内側にして合わせ、待ち針で留めます。縫い代1.3㎝で、まっすぐな部分(幅)を縫いましょう。[5]
    • 裏地のつばも同じように縫いましょう 。
  3. 3
    アイロンでサイドクラウンとつばの縫い代を割ります。縫い代が目の前にくるようにして、アイロン台にサイドクラウンの1つを載せましょう。アイロンで縫い代を割り、押さえて平らにします。サイドクラウンとつばの縫い代すべてを同じように割りましょう。
  4. 4
    サイドクラウンとトップクラウンを待ち針で留めて縫います。表地のサイドクラウンの上端と表地のトップクラウンを合わせ、待ち針で留めます。生地の裏と裏が外側に出るように合わせましょう。縫い代1.3㎝で端を縫います。[6]
    • 裏地2枚も同じように縫いましょう。
  5. 5
    つばとサイドクラウンを待ち針で留めて縫います。表地のつばの内周と表地のサイドクラウンの下端を合わせ、待ち針で留めましょう。生地の裏と裏が外側に出るように合わせます。縫い代1.3㎝で縫いましょう。[7]
    • 裏地のつばとサイドクラウンも同じように縫いましょう。
    広告

パート 3 の 4:
表地と裏地を縫う

  1. 1
    帽子の表地と裏地を重ねましょう。片方を表に返し、もう1方はそのままにします。表に返した方の上にもう1方を重ねましょう。生地の表が内側に、裏が外側になるように重ねます。
  2. 2
    つばの外端を待ち針で留めて縫いましょう。縫い代1.3㎝で縫います。後で表に返せるように、10㎝は縫わずに返し口として残しましょう。待ち針を外しながら縫います。
  3. 3
    縫い代がかさばらないように、切込みを入れましょう。トップクラウンの縫い代に、2㎝間隔で切込みを入れます。つばの外周の縫い代には、2.5㎝間隔で切込みを入れましょう。縫い目まで切らないように、切込みの長さは1.2㎝以下に抑えます。
    • サイドクラウンとつばを縫い合わせた部分の縫い代には、切込みを入れる必要はありません。
  4. 4
    縫わずに空けておいた返し口で、帽子を表に返します。表地と裏地が重なるように、帽子の形を整えましょう。必要に応じて串や編み針で縫い目を押し、つばに沿って生地をきれいに出します。
    広告

パート 4 の 4:
帽子を仕上げる

  1. 1
    返し口の生地を折りたたんで縫いましょう。つばの他の部分と揃うように、返し口の端1.3㎝を内側に折りたたみます。折りたたんだ部分にアイロンをかけて平らにしましょう。
  2. 2
    つばの外端に端ミシンをかけます。つばの外端から0.6~1.3㎝のところを縫いましょう。
  3. 3
    つばにステッチを入れましょう。必ずしも必要ではありませんが、ステッチを入れたほうがつばの形がしっかりします。ステッチの間隔を0.6~1.3㎝にして、つばの周囲をもう4~5周縫いましょう。[8]
  4. 4
    好みに応じて、サイドクラウンの上下にもステッチを入れます。これも必要ではありませんが、かぶり心地が良くなるでしょう。サイドクラウンの上端の縫い目から0.6㎝のところを縫い、サイドクラウンの下端も縫い目から0.6㎝のところを縫います。[9]
    広告

ポイント

  • 縫い始めと縫い終わりは、返し縫いをしましょう。
  • 余分な糸を切りましょう。
  • ステッチには、生地と同じ色の糸か対照的な色の糸を使いましょう。
  • この帽子はリバーシブルです!
  • リボン、ボタン、造花などの飾りやトリミングを付けて、帽子を飾りましょう。
  • でき上がった帽子を洗い、乾かしてアイロンをかけましょう。
  • 裁断する前に生地を洗い、乾かしてアイロンをかけましょう。 こうすると、でき上った帽子が縮む心配がありません。

広告

必要なもの

  • 2種類の生地
  • 接着芯(任意)
  • ミシン
  • 待ち針
  • 裁ちばさみ

関連記事

How to

ブラジャーを外す

How to

Tバックショーツを履く

How to

翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける

How to

バンダナを巻く

How to

テープを使って胸を大きく見せる

How to

重曹とアルミ箔でシルバーを磨く

How to

香水を旅行用ボトルに詰め替える

How to

時計のベルトのコマを外す

How to

絡まったネックレスをほどく

How to

リンゴ体型をカバーする

How to

Ray Banの偽物を見分ける

How to

ヒップを大きくする

How to

男子を女装させる

How to

偏光サングラスを見分ける
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ファッション
このページは 221 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告