PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

タラばかり調理するのに飽きてしまっても、口当たりのよい白身魚を食べたい時にはバサ(白身の淡水魚)を購入しましょう。繊細なバサの切り身は味付けが簡単で、様々な調理法があります。上品な一品に仕上げるにはグリルを熱し、切り身にレモンと新鮮なハーブをのせてアルミホイルで包みます。バサをオーブンなどで加熱して調理するには、スパイシーなソースをかけて身が軽くほぐれる状態になるまで焼きます。カリッと仕上げたい場合は、切り身にコーンミールの衣をつけて調理コンロ上でフライパン焼きにして黄金色に仕上げましょう。    

材料

バサのレモンとハーブのグリル焼き

4人分

  • バサの切り身、4切れ
  • オリーブオイル、小さじ4杯(20mL)
  • 新鮮なハーブの小枝、4本(パセリ、タイム、バジルなど)
  • 薄切りレモン1個分
  • お好みで塩と挽きたての胡椒

スパイシーなバサのオーブン焼き

4人分

  • バサの切り身、4切れ 
  • 挽きたての黒胡椒、小さじ1杯(2g) 
  • 塩、小さじ1杯(約5g)
  • レモン1個を絞ったレモン汁、大さじ2杯(30mL)
  • 植物油、大さじ4杯(約60mL)
  • 赤唐辛子ペースト、大さじ2杯(約30g) 
  • 生のすりおろし生姜、小さじ2杯(約5g) 
  • ニンニクのみじん切り、4片分
  • トマトピューレ、大さじ4杯(約60g)

バサのカリカリフライパン焼き

4人分

  • バサの切り身、4切れ
  • コーンミール、約120g   
  • 中力粉、約80g
  • 塩、小さじ1と1/2杯(約10g)   
  • ガーリックパウダー、小さじ1杯(2g) 
  • カイエンペッパー、小さじ1/2杯(1g)   
  • 水大さじ1杯(15mL)を混ぜた溶き卵1個
  • 植物油、350mL

方法 1 の 3:
バサのレモンとハーブのグリル焼き

  1. 1
    アルミホイルにバサの切り身を置く 45〜50cm程度のアルミホイルを4枚用意します。各アルミホイルの長い幅の中央に切り身を1切れずつのせましょう。[1]
  2. 2
    塩、胡椒、油、レモン、ハーブで味付けをする オリーブオイル小さじ1杯(約5mL)を各切り身にかけます。次に、塩と胡椒をそれぞれの両面に振りかけます。薄切りレモンを均等に分けて切り身にのせ、その上に新鮮なハーブの小枝をのせましょう。[2]
    • パセリ、ローズマリー、オレガノなど、お気に入りの新鮮なハーブを使用しましょう。
  3. 3
    アルミホイルを包んで密閉する アルミホイルの全ての縁を中央に向けて集めます。長いほうの縁を折りたたみ、短いほうの縁を折り上げて切り身をアルミホイルで完全に包んで密閉しましょう。[3]
    • アルミホイルで包むことで、切り身が焼ける際に蒸気を中に閉じ込めます。
  4. 4
    グリルの半分を高温で温める(グリルの機種による) ガスグリルを使用する場合はグリルの片側を強火に設定し、もう片側の火はつけません(機種によって異なる)。炭火焼グリルを使用する場合は、煙突部分にブリケット(成形された炭)を入れて火をつけます(機種により煙突がないものもあります)。グリルの片側に熱い炭を入れ、もう片方には何も入れません。[4]
    • 加熱中、グリルの蓋は閉めたままにします。

    専門家からひと言 グリルを2つのゾーンに分けると、繊細なバサの切り身をグリルする際に細かい温度調整が可能になります。この方法により、乾燥や焼き過ぎを防げるでしょう。

  5. 5
    アルミホイルの包みをグリルの網に置き、関節加熱の状態にして蓋をする アルミホイルの包み4つを熱しているグリルに置きます。重要な点は、火がついていない側、または熱い炭を置いていない側の熱くない部分に置くことです。その後はグリルの蓋を戻しましょう。[5]
  6. 6
    10~15分間グリルする 薄い切り身の場合は、グリルで焼き始めて10分が経過したら確認するようにしましょう。焼き具合を確認するには、鍋つかみを着用してトングで包みを慎重に開けます。次に、フォークの先で切り身の中央を軽くこすります。色が透明ではなく楽に身がほぐれる状態であれば、完成しています。[6]
    • まだ火が通っていなければ、包みを閉めてグリルに戻します。追加で2~3分熱してから再度確認しましょう。
    • 熱くなっている包みを開ける際には蒸気が出るため、注意しましょう。
  7. 7
    バサのグリル焼きを盛り付ける 焼き上がったら、アルミホイルの包みを皿に移します。各包みを開けてグリルした魚を皿にのせて盛り付けます。グリルしたピーマンやポテトサラダ、色鮮やかな野菜サラダを添えて食卓に出すとよいでしょう。[7]
    • 残った魚は密閉容器に入れると、冷蔵庫内で最長3~4日間保管できます。
    広告

方法 2 の 3:
スパイシーなバサのオーブン焼き

  1. 1
    オーブンを約180℃に予熱し、切り身を天板に置く 切り身4切れ分を重ならないように天板に並べます。オーブンラックは中段に移動しましょう。[8]
  2. 2
    塩、胡椒、レモン汁で味付けをする 挽きたての黒胡椒小さじ1杯(2g)、塩小さじ1杯(約5g)、レモン1個分を絞ったレモン汁大さじ2杯(30mL)を切り身の両面に振りかけます。[9]
    • 搾りたてのレモン汁を使用すると最も強い風味を味わえますが、市販の瓶入りレモン汁も使用可能です。
  3. 3
    切り身を15分間マリネする スパイスの材料を混ぜ合わせる間、切り身を脇に置いておきます。マリネすると、塩、胡椒、レモン汁の風味が切り身に浸透するでしょう。[10]
    • マリネする時間は短いため、室温に置いたままにしても構いません。
  4. 4
    油、赤唐辛子ペースト、生姜、ニンニク、トマトピューレを合わせる 小さいボウルに植物油大さじ4杯(約60mL)を入れ、赤唐辛子ペースト大さじ2杯(約30g)を加えます。生のすりおろし生姜小さじ2杯(約5g)、ニンニクのみじん切り4片分、トマトピューレ大さじ4杯(約60g)を入れてかき混ぜましょう。[11]

    代用調味料:
    溶かしバター大さじ3杯(約40g)
    醤油大さじ3杯(約45g)
    レモン汁大さじ2杯(30mL)
    唐辛子パウダー小さじ1と1/4杯(約3g)
    砂糖小さじ1/2杯(2g)
    乾燥バジル小さじ1杯(2g)
    乾燥オレガノ小さじ2杯(4g)

  5. 5
    用意したスパイシーなタレを切り身に塗る スプーンを使用してスパイシーなタレを天板にのせた各切り身に均等にのせます。スプーンの背を使ってタレを伸ばして完全に切り身を覆いましょう。
  6. 6
    20〜25分間オーブンで焼く 予熱したオーブンに天板を入れ、フォークで切り身の中央を軽くこすった時に少しほぐれる状態になるまで調理します。他の方法としては、すぐに測定できる温度計を切り身の中央に刺し、63℃に達しているかを確認してもよいでしょう。
  7. 7
    オーブンから取り出して盛り付ける オーブンの電源を切り、天板を取り出します。魚が温かいうちに炊きたてのご飯とローストした野菜を添えましょう。
    • 残った魚を保管する場合は密閉容器に入れ、最長3日間冷蔵庫で保管しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
バサのカリカリフライパン焼き

  1. 1
    コーンミール、小麦粉大さじ3杯(20g強)、スパイスを合わせる コーンミール約120gをパイ皿や浅いボウルに入れます。小麦粉大さじ3杯(20g強)、塩小さじ1と1/2杯(約10g)、ガーリックパウダー小さじ1杯(2g)、カイエンペッパー小さじ1/2杯(1g)を加えます。スパイスをよくかき混ぜましょう。
  2. 2
    卵と残りの小麦粉を別々の容器に入れ、切り身をまぶす場所を用意する 浅めのパイ皿かボウルを追加で2つ用意します。小麦粉の残り50g強を片方の容器に入れ、もう片方に卵を割り入れます。卵を入れた容器に水大さじ1杯(15mL)を加え、卵と混ぜ合わせましょう。
    • 卵を水で薄めると切り身にからめやすくなります。
  3. 3
    植物油を4分間熱する 大きいフライパンか鍋に植物油(350mL)を入れ、火を強めの中火にします。油が少々泡が立つまで4分間油を熱しましょう。[12]
    • 好みに合わせてピーナッツオイルやキャノーラ油などの発煙点が高い別の油を使用してもよいでしょう。
  4. 4
    切り身を小麦粉、卵、コーンミールにまぶす 小麦粉を入れた容器に切り身4切れを入れて裏返し、粉をまぶします。次に、小麦粉をまぶした切り身を溶き卵の容器に移し、裏返して卵を全体につけます。その後は各切り身を持ち上げて余分な卵液を落とします。最後にコーンミールに浸して裏返し、全体にまぶしましょう。
    • 小麦粉と卵の衣をつけたことにより、揚げる際に衣から水分が蒸発してカリカリに仕上がります。

    専門家から一言 コーンミールを使うことで、バサの切り身を油で揚げる際にカリカリになります。衣がないと、魚はカリッと仕上がりません。

  5. 5
    まず最初に2切れを4〜5分間揚げ焼きにする 油を熱して切り身に衣をつけたら、ゆっくりとフライパンに入れます。2分間揚げ焼きにし、その後慎重に裏返して追加で2分間焼きます。切り身は黄金色になり、カリカリに仕上がっているでしょう。フォークの先で切り身の表面をこすると楽にほぐれます。[13]
    • 再び油を熱してから残りの切り身を入れましょう。
    • 身が崩れないようにヘラを2つ使用して裏返しましょう。
  6. 6
    フライパンで揚げ焼きした切り身を盛り付ける 全て焼き終えたら火をを消します。揚げ焼きした魚はキッチンタオルを敷いた皿に移し、熱いうちに食卓に出します。レモンのくし切りを添えて塩を振りかけましょう。
    • カリカリに焼いたバサは、ポテトサラダや色鮮やかな野菜サラダとよく合います。
    • フライパンで揚げ焼きしたバサは時間が経つとふやけてしまうため、残りを保管するのは控えましょう。
    広告

ポイント

  • バサは、「パンガシウス」という名称で販売されていることもあります。
広告

必要なもの

バサのレモンとハーブのグリル焼き

  • 計量カップおよび計量スプーン
  • アルミホイル
  • ガスグリルまたは炭火焼グリル
  • フォーク
  • 盛り付け皿

スパイシーなバサのオーブン焼き

  • 計量カップおよび計量スプーン
  • 天板
  • 小さいボウル
  • スプーン
  • フォーク

バサのカリカリフライパン焼き

  • 計量カップおよび計量スプーン
  • 大きいフライパンまたは鍋
  • ヘラ
  • 浅いボウルまたは皿
  • キッチンタオル

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
クリームチーズを柔らかくする
たくさん食べるたくさん食べる
生卵とゆで卵を見分ける
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
生アーモンドをローストする
スパゲティーソースにとろみをつける
ロックキャンディを作る
牛乳からバターミルクを作る
シチューにとろみをつける
バーベキューでピザを焼く
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
パパイヤの種を食べるパパイヤの種を食べる
ハーブ漬けオリーブオイルを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 189 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告