バタースライムを手作りする方法

この記事には:ホウ砂を使用しないバタースライムホウ砂を使用したバタースライム粘土を使用しないバタースライム記事のサマリー

バタースライムとは、バターのように滑らかで光沢のある質感が特徴的なスライムです。材料が簡単にそろうレシピを選び、分量を計測してボウルにいれ、スライムらしい手触りになるまで混ぜていきましょう。黄色の食用着色料を使えば基本のバタースライムが出来上がります。異なる色を使っても良いでしょう。ここで紹介するレシピはどれも手早く簡単に完成させることができます。柔らかく伸縮性のあるスライムをぜひお試しください。

材料

ホウ砂を使用しないバタースライム

  • 白色の工作用のり:44ml
  • 泡状シェービング用クリーム:44ml
  • 重曹:0.5g
  • コンタクトレンズの洗浄・保存液:大さじ2
  • 空気乾燥する軽量の粘土:100g
  • 黄色の食用着色料:小さじ1/4

ホウ砂を使用したバタースライム

  • ポリビニルアルコール(PVA)のり:120ml
  • ホウ砂:91g
  • モデリングクレイ(油粘土):100g

粘土を使用しないバタースライム

  • コーンスターチ:95g
  • シャンプー:180ml
  • ベビーオイル:小さじ1
  • 黄色の食用着色料:小さじ1/4

1
ホウ砂を使用しないバタースライム

  1. 1
    全ての材料をボウルに入れる 44mlの白色工作用のり、44mlの泡状シェービングクリーム、0.5gの重曹、大さじ2のコンタクトレンズソリューションをボウルの中で合わせましょう。スパチュラを使い、全部がボールの様に一つにまとまるまで混ぜ合わせます。[1]
    • シェービングクリームはジェルタイプのものではなく、泡が出てくるタイプの製品を使用しましょう。こうすることでフワフワとした質感のスライムが出来上がります。
    • コンタクトレンズソリューションはドラッグストアや薬局で購入できます。
  2. 2
    粘土と食用着色料を加える 100gの粘土(空気乾燥する軽量タイプのもの)をボウルの中のスライムの上に置きましょう。さらに小さじ1/4の黄色の食用着色料をを上から足しましょう。[2]
    • 黄色の食用着色料が無い場合は、黄色の染料を使用しても良いでしょう。
    • 空気乾燥する粘土は画材や工作用品を取り扱う専門店などで購入することができます。
  3. 3
    手で材料を練る ボウルの中で全ての材料を強く押しつけ平らに伸ばしましょう。平らになった材料を次は二つ折りにして、再び平らに伸ばします。材料がすべて混ぜ合わさり、スライム全体が均等に黄色になるまで、この練る作業を数回繰り返します。[3]
    • スライムを混ぜ合わせた後は手にも着色料が一時的に付着しているので、しっかりと手を洗いましょう。
    • スライムの色を変えたいときは、着色料の色を変えてみましょう。
    • 作ったばかりのスライムは密閉式の容器で保管し、伸縮性を保ちましょう。

2
ホウ砂を使用したバタースライム

  1. 1
    ポリビニルアルコール(PVA)のりとホウ砂をボウルの中で混ぜる 120mlの白色PVAのりと91gのホウ砂をボウルに入れましょう。滑らかなペーストになるまで混ぜ合わせます。[4]
    • ホウ砂は工具店、クリーニング店、あるいはホームセンターなどで購入可能です。
    • PVAのりは国によっては液体クラフト用のりと呼ばれていることもあります。
  2. 2
    モデリングクレイ(油粘土)をボウルに加える 100gのモデリングクレイを混ぜ合わせた材料の上に置きましょう。このモデリングクレイの色がスライムの色となるので、お好みの色を選ぶようにしましょう。[5]
    • 複数の色がセットになった粘土は、全て混ぜ合わさった時の色に満足ができる場合を除き、使用は控えましょう。
    • モデリングクレイはオンラインショップや工作用品を取り扱っている店舗で購入可能です。
  3. 3
    材料が一つにまとまるまで手で練る 手を使って材料を強く押し、すべてがスライムの中に均等に混ぜ合わさった状態になるまで練りましょう。上手く混ざらない場合はベンチ等の物が置かれていない平面で練ってみましょう。より広いスペースを使用することで混ぜ合わせやすくなります。[6]
    • 出来上がったスライムは密閉式の容器に保管し長持ちさせましょう。

3
粘土を使用しないバタースライム

  1. 1
    コーンスターチとシャンプーを計量しボウルに入れる 95gのコーンスターチと180mlのシャンプーをボウルに入れましょう。この分量で一掴みできるような大きさのスライムが1つ出来上がります。さらに大きなスライムを作りたい場合は、材料の分量をすべて2倍にしましょう。[7]
    • コーンスターチは、国によってはコーンフラワーと呼ばれている場合もあります。
    • スライムが水っぽく感じられる場合は、お好みの質感になるまでコーンスターチを足しましょう。
  2. 2
    ペースト状になるまで材料を混ぜ合わせる スプーン又はスパチュラを使ってコーンスターチとシャンプーを混ぜ合わせましょう。勢いよく混ぜ合わせると、シャンプーが泡立ち、スライムのフワフワ感が損なわれてしまうこともあるので気をつけましょう。[8]
  3. 3
    ベビーオイルと黄色の食用着色料ををスライムに加える ベビーオイルを加えることでスライムに光沢が生まれ、黄色の食用着色料によってバターのような見た目になります。小さじ1のベビーオイルと小さじ1/4の着色料をボウルの中に加え、色と質感が均一になるまでよく混ぜ合わせましょう。[9]
    • ベビーオイルが無い場合は、ベビーローションで代用することができます。
    • 出来上がったスライムは、使用していない間は密閉式の容器で保管しましょう。こうすることで柔らかく伸縮性のある質感を保つことができます。

記事のサマリーX

バタースライムを作るには、まずお湯240mLにホウ砂小さじ1杯を入れて溶かします。別のボウルに、のり110g、泡石けん8~9プッシュ、ローション2~4プッシュ、シェービングクリーム120mLを全て入れ、混ぜ合わせます。混ぜたものに、先ほどのホウ砂の液を一度に小さじ1杯ずつ加え、好みの濃度にします。出来たスライムの量を確認してから、同量のコーンスターチをスライムに練り込みます。最後に、スライムにモデリングクレイを大さじ2杯練り込むと完成です。スライムを楽しみましょう!

記事の情報

カテゴリ: 趣味・DIY

他言語版:

English: Make Butter Slime, Nederlands: Boterslijm maken, Tiếng Việt: Làm slime bơ, العربية: صنع سلايم الزبدة, Italiano: Fare il Butter Slime, Français: fabriquer du slime qui ressemble à du beurre, ไทย: ทำบัตเตอร์สไลม์ (Butter Slime), 中文: 制作黄油史莱姆软泥, Español: hacer slime de mantequilla, Português: Fazer uma Geleca de Manteiga, Bahasa Indonesia: Membuat Slime Mentega, Русский: изготовить масляного лизуна, Deutsch: Butterschleim herstellen

このページは 33 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?