バッチファイルの作成方法

2 パート:バッチファイル作成の基本を学ぶバッチファイルを保存する

バッチファイルは、連続する複数のDOSコマンド(Windows言語)を含み、一般的に、ファイルの移動などの頻繁に行われる作業を自動化するために作成されます。この記事では、Windowsパソコンで基本的なバッチファイルを作成して保存する方法を紹介します。バッチファイルの作成には、高機能のテキストエディタをダウンロードして使う必要はなく、Windowsに標準搭載されているメモ帳で十分です。

パート 1
バッチファイル作成の基本を学ぶ

  1. 1
    メモ帳を開く メモ帳を使えば、コードをテキストとして記述し、完成したらバッチファイルとして保存することができます。メモ帳を開くには、[スタート] を開いてメモ帳と入力し、メニューの一番上に表示されるメモ帳アプリの青いアイコンをクリックします。
    • 一般的に、テキストファイルをバッチファイルに変換するためにメモ帳が使用されていますが、他のテキストエディタを使用してもバッチファイルのコードを記述することができます。
  2. 2
    基本的なバッチコマンドを習得する バッチファイルは連続する複数のDOSコマンドを実行するため、ファイルに使用可能なコマンドはDOSコマンドに似ています。以下のコマンドは重要度の高いコマンドです。
    • ECHO:画面にテキストを表示する
    • @ECHO OFF:通常画面に表示されるテキストを表示しなくする
    • START:ファイルを既定のプログラムで実行する
    • REM:プログラム中にコメントを挿入する
    • MKDIR/RMDIR:ディレクトリを作成/削除する
    • DEL:ひとつまたは複数のファイルを削除する
    • COPY:ひとつまたは複数のファイルをコピーする
    • XCOPY:オプションをつけてファイルをコピーする
    • FOR/IN/DO:処理の対象とするファイルを指定する
    • TITLE:ウィンドウに表示されるタイトルを編集する [1]
  3. 3
    ディレクトリを作成するプログラムを記述する バッチファイルの作成を習得するには、まずは基本的な作業を行うバッチファイルの作成から始めてみるのがよいでしょう。例えば、以下のようなバッチファイルを使えば、瞬時に複数のディレクトリを作成することができます。[2]
    MKDIR c:\example1
    MKDIR c:\example2
    
  4. 4
    基本的なバックアッププログラムを記述する バッチファイルは複数のコマンドを実行するのに便利であり、特に、それを複数回実行するように設定する場合は非常に効果的です。以下の例のように、XCOPYコマンドを使えば、指定したフォルダからバックアップ用のフォルダにファイルをコピーして、かつ前回のコピーから更新されたファイルのみを上書きするバッチバッチファイルを作成することができます。
    @ECHO OFF 
    XCOPY c:\original c:\backupfolder /m /e /y
    
    • このコマンドは、「original」フォルダのファイルを「backupfolder」フォルダにコピーします。コマンド内のフォルダパスは任意のフォルダに変更することができます。「/m」オプションにより、更新されたファイルのみがコピーされます。「/e」オプションにより、指定したディレクトリ下の全てのサブディレクトリがコピーされます。「/y」オプションにより、ファイルが上書きされる場合に毎回確認メッセージが表示されます。
  5. 5
    高度なバックアッププログラムを記述する あるフォルダから別のフォルダにファイルをコピーできるのは便利ですが、コピーをしながらさらにファイルの仕分けもしたい場合には、FOR/IN/DOコマンドを利用します。このコマンドを使えば、拡張子に応じて、ファイルのコピー先を指定することができます。以下の例を確認してみましょう。
    @ECHO OFF 
    cd c:\source
    REM これは仕分けたいファイルがある場所です。
    FOR %%f IN (*.doc *.txt) DO XCOPY c:\source\"%%f" c:\text /m /y
    REM このコマンドは、拡張子が「.doc」または、 
    REM 「.txt」のファイルを全てc:\sourceからc:\textに移動します。
    REM %%f は変数です。
    FOR %%f IN (*.jpg *.png *.bmp) DO XCOPY C:\source\"%%f" c:\images /m /y
    REM このコマンドは、拡張子が「.jpg」、「.png」または、
    REM 「.bmp」のファイルを全てc:\sourceからc:\imagesに移動します。
    
  6. 6
    さまざまなバッチファイルを試してみる バッチファイルとはどのようなものかを体験したい場合は、「https://www.wikihow.com/Sample/Batch-File (※英語)」にあるサンプルバッチファイルを試してみるとよいでしょう。

パート 2
バッチファイルを保存する

  1. 1
    バッチファイルの記述を完了する バッチファイルの記述を終えて、間違いがないかを確認したら、実行可能なファイルとして保存する作業に取り掛かることができます。
  2. 2
    ファイルをクリックする [ファイル]はメモ帳画面の左上隅にあります。これをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    名前を付けて保存…をクリックする [ファイル]のドロップダウンメニューにある[名前を付けて保存…]をクリックすると、[名前を付けて保存]画面が開きます。
  4. 4
    ファイル名と拡張子「.bat」を入力する [ファイル名]のテキスト入力ボックスに任意のファイル名を入力して、最後に.batを付けましょう。
    • 例えば、プログラム名を「Backup」とする場合は、Backup.batと入力します。
  5. 5
    [ファイルの種類]のドロップダウンボックスをクリックする [ファイルの種類]のドロップダウンボックスは、[名前を付けて保存]画面の一番下の方にあります。これをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  6. 6
    すべてのファイルをクリックする  ドロップダウンメニューで[すべてのファイル]を選択すると、任意の拡張子(この場合は「.bat」)でファイルを保存することができます。
  7. 7
    保存場所を選択する 画面左側からファイルを保存したいフォルダ(例:デスクトップ)を選択します。
  8. 8
    保存をクリックする [名前を付けて保存]画面の右下隅にある[保存]をクリックして画面を閉じます。
  9. 9
    メモ帳のファイルを閉じる メモ帳で作成したファイルが、選択した場所にあるフォルダにバッチファイルとして保存されます。
  10. 10
    バッチファイルの中身を編集する バッチファイルを右クリックすると表示されるドロップダウンメニューの中から[編集]を選択すれば、いつでもファイルをメモ帳で開いて編集することができます。編集が完了したらCtrl+Sを押して保存しましょう。
    • バッチファイルを実行すると、編集内容は即座に反映されます。

ポイント

  • 名前にスペースが入っているディレクトリやファイルを開く場合は、引用符("")を使用する必要があります (例:start "C:\Documents and Settings\")。
  • Notepad++などのメモ帳以外エディタを使用してバッチファイルを編集することは可能ですが、ほとんどの場合、簡単なバッチファイルを記述するために、わざわざサードパーティーエディタを利用する必要はありません。
  • コマンドによっては、管理者権限がなければ実行できません(ipconfigなど)。管理者権限のあるアカウントを利用している場合は、ファイルを右クリックして[管理者として実行]を選択し、ファイルの実行を許可しましょう。

注意事項

  • 実行されるコマンドによっては、バッチファイルはシステムにとって脅威となる場合があります。バッチファイルに望まない作業(例:ファイルの消去、パソコンをクラッシュさせる)を行うコードがないことを確認しましょう。

記事の情報

カテゴリ: ソフトウェア

他言語版:

English: Write a Batch File, Español: crear un archivo por lotes, Português: Escrever um Arquivo em Lote, Italiano: Creare un File Batch, Français: écrire un fichier batch, Deutsch: Eine Batch Datei schreiben, Русский: написать батник, Nederlands: Een batchbestand maken, Bahasa Indonesia: Menulis Berkas Batch, 中文: 编写批处理文件, हिन्दी: बैच फाइल (Batch File) लिखें, العربية: كتابة ملفات Batch, Čeština: Jak vytvořit dávkový soubor, 한국어: 배치파일 만드는 법, ไทย: เขียน Batch File, Tiếng Việt: Viết tập tin batch

このページは 180 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?