PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

花の香りの香水をつけると、夏の庭のような華やかな香りが漂います。花の香りの香水をわざわざ購入しなくても手作りする方法があります。ほんの少しの材料で作れるので、自分で使うだけでなくプレゼントにも最適です。

材料

アルコールベースの香水

  • 新鮮なバラの花びら180ml
  • ウォッカ(アルコール度数40~50%)120ml
  • 蒸留水590ml

香り付きのローズウォーター

  • 新鮮なバラの花びら120ml
  • 蒸留水120ml

方法 1
方法 1 の 2:
アルコールベースの香水

  1. 1
    バラを冷水でやさしくすすぎます。温水を使うと花に含まれる香りの良い油が流れ出し、集めることができなくなるので控えましょう。香水に余計なものが混ざらないように、花をすすいで化学肥料や汚れ、虫、その他の汚染物質を取り除きます。花びらの間まできちんとすすぐ必要はありません。すすいだ後は、花びらを乾かす必要はありません。[1]

    バラの種類や花びらの大きさにもよりますが、1~3本のバラの花が必要になるでしょう。

  2. 2
    バラから180ml分の花びらを集めましょう。バラの種類や花びらの色に指定はありません。片手でバラの茎を持ち、反対の手で花びらをちぎります。バラのとげで怪我をしないように注意しましょう。[2]
    • バラのとげで怪我をするのが心配な場合は、バラのとげ取りを使いましょう。
  3. 3
    蓋つきの大きなガラス瓶に花びらを入れます。蓋がついていれば、ガラス瓶の代わりにボウルを使ってもかまいません。何を使うにしても、1,200ml以上の容量で密封できる容器を選びましょう。ねじ蓋がついたメイソンジャーが適しています。
  4. 4
    ガラス瓶にウォッカ120mlを入れ、24時間浸します。アルコール度数40~50%のウォッカが最適です。ウォッカと花びらを入れたガラス瓶は、食器棚や戸棚などの冷暗所で保管します。湿気を帯びてしまうので冷蔵庫に入れるのはやめましょう。[3]
  5. 5
    スプーンを使って、花びらを45秒間潰します。ガラス瓶の中で花びらを潰すには、木製の大きな調理用スプーンが最適です。乳鉢と乳棒を使うと花びらをガラス瓶から取り出すことになるので、バラの油の一部が失われてしまいます。また、金属製のスプーンを使うと香水に不要な金属成分が混入する可能性があります。
  6. 6
    蒸留水590mlをガラス瓶に加えましょう。蒸留水は、ほとんどのスーパーマーケットやドラッグストアで扱っています。加える蒸留水が多くなるほど、香水の香りが薄くなります。
  7. 7
    ガラス瓶に蓋をして、4~7日間冷暗所に置きます。木製のスプーンを使って、1日1回花びらを潰しましょう。蒸留水を足すのは控え、潰し終わったらすぐに蓋を閉めましょう。
  8. 8
    香水を濾して、清潔なガラス製の香水瓶に入れます。目の細かいこし器で香水を濾して花びらを取り除き、蓋がきつく閉まるガラス瓶に入れましょう。冷蔵庫で保存し、毎回使う前によく振りましょう。1か月まで保存できます。手首や首など、体温が高い部分につけると香りが強く出ます。[4]
    • 香水を濾す際に、目の粗い綿のガーゼやふるいを使ってもかまいません。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
香り付きのローズウォーター

  1. 1
    中くらいの大きさのボウルにバラの花びら120mlを入れます。どんな種類のバラを使ってもかまいません。必要に応じてあらかじめ花びらをすすぎ、付着している汚染物質を取り除いておきます。バラのとげで怪我をしないように気を付けましょう。[5]
  2. 2
    花びらを入れたボウルに温めた蒸留水120mlを注ぎます。温めた蒸留水を使うことで、バラの油がより多く流れ出します。そのまま5分間花びらを浸しておきましょう。花びらを長く浸すほど香りは強くなります。[6]
  3. 3
    別のボウルにこし器を載せ、水を濾しましょう。調理用の普通のこし器がなければ、目の粗い綿のガーゼを使います。濾した水は後の手順で使用するのでとっておきましょう。[7]
    • バラの花びらはこし器に残り、水だけが2番目のボウルに入った状態になります。
  4. 4
    乳鉢と乳棒を使って花びらをすり潰します。こし器に残った花びらをスプーンですくうか指で集めて乳鉢に移しましょう。花びらをすり潰したくなければ前の手順で濾すのはやめて、花びらを蒸留水に浸けたまま5~7時間日光にあてます。[8]
    • 花びらをすり潰さずに蒸留水に浸けたまま日光にあてると、できあがるローズウォーターの香りはかなり薄くなります。
  5. 5
    2番目のボウルにとっておいた水を花びらに加えます。花びらに水が浸み込むまで、少なくとも5分間浸しましょう。この時点で、すり潰した花びらと水は最初のボウルに戻った状態です。
  6. 6
    水が茶色っぽいオレンジ色になるまで、濾して潰すという手順を繰り返します。深紅などの濃い色のバラの花びらを使った場合は、水が茶色っぽい赤色になります。すり潰す際に水がこぼれるとできあがる量が減ってしまうので、丁寧に作業しましょう。[9]
  7. 7
    花びらを濾し、花びらに残った水を押し出します。こし器に残った花びらをスプーンで押しましょう。できあがったローズウォーターを小さな漏斗で空の香水瓶に入れ、花の香りを楽しみましょう。冷蔵庫で保存すると長く持ちます。[10]
    広告

注意事項

  • 肌のデリケートな部分や目、鼻、口に香水がつかないように気を付けましょう。
広告

必要なもの

アルコールベースの香水

  • 密封できる大きなガラス瓶かボウル
  • 木製の大きな調理用スプーン
  • ガラス製の小さな香水瓶1~2個
  • こし器または目の粗い綿のガーゼ

香り付きのローズウォーター

  • 中くらいの大きさのボウル2個
  • 乳鉢と乳棒
  • こし器または目の粗い綿のガーゼ
  • ガラス製の小さな香水瓶1~2個
  • 注ぎ口が0.3㎝の小さな漏斗
  • スプーン(任意)

関連記事

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
風船ガムを膨らませる
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
風船を膨らませる
(初心者用)かぎ針編みで帽子を編む
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
革を染める
六角形を描く六角形を描く
紙でじょうごや円錐を作る
アルミ風船を膨らませる
プラスチックに塗装する
数独の問題を解く数独の問題を解く
剥がれた合成皮革を修復する剥がれた合成皮革を修復する
プラスチックを溶かすプラスチックを溶かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は15,954回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 15,954 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告