バレないように家の中でタバコを吸う方法

この記事には:臭いを隠す目立たないように煙草を吸う証拠を隠す

室内での喫煙は決して良いことではありませんが、外へ出るのが望ましい状況なのに室内で喫煙したくなるものです。煙を完全に外に出す事だけでも難しく、特にこっそりと喫煙している場合は簡単ではありません。結果的に、室内での喫煙の利点をそれほど感じられなくなるかもしれませんが、人に知られるリスクを最小限に抑えるためにできることはたくさんあります。室内で喫煙していることが見つからないという保証はできませんが、確率を上げることは可能です。臭い対策をして、煙を外へ出し、適切に証拠を処分することで、見つかる可能性を最小限にすることができます。

パート 1
臭いを隠す

  1. 1
    窓や暖炉のダクトを開ける 煙草を吸い始める前に、必ず煙の逃げ道を確保しましょう。窓やダクトを開けずに喫煙すると、煙が部屋に残り健康にも良くありません。[1]煙草を吸う部屋にもよりますが、ほとんどの部屋に窓が付いているはずです。
    • 暖炉は煙を外に逃がすように特別に設計されているため、暖炉のダクトの方が好都合です。[2]
    • 外に繋がる窓や通気口がない部屋では煙草を吸わない方が良いでしょう。
  2. 2
    ドアと床の隙間に濡らしたタオルを挟む 次に、煙草を吸っている部屋から逃げた煙が建物内の他の部屋へ行かないようにしましょう。一番良いのは、タオル(できれば濡れたタオル)をドアの下部に置くことです。こうすると、煙が一番漏れやすい場所をブロックすることがきでます。
    • タオルを濡らすと防煙に一層の効果がありますが、喫煙後に見つかったときのことが心配なら止めておいた方が良いでしょう。ドアステップが濡れているのを誰かが見つけたら、その訳を問いただしてくる可能性があります。
  3. 3
    扇風機や換気扇をつける [3]室内で煙草を吸う前に一番大切な準備は、部屋の空気循環を良くすることです。扇風機を回して、出た煙をすぐにかき消しましょう。煙草を吸う部屋のタイプによって異なりますが、扇風機の種類は卓上扇風機で十分機能します。開いた窓やダクトの方向を向けて使用しましょう。 
    • 余分な湿気や粒子を吸い取って、空気をきれいにする特別な換気扇が備わっているパスルームもあります。こういった機能や類似の機能が付いている場合、電源を入れて煙を換気扇に向かって吐くようにすると、臭いと目に見える煙両方を素早く消すことができます。
  4. 4
    事前に別の香りを満たしておく 煙草の臭いを完全に消すことが一番良いのですが、家に誰かがいるときの臭い対策として、何か強い香りでごまかすのも良いでしょう。選択肢はたくさんありますが、自分の環境に一番適したものを選びましょう。
    • 臭いを消す一番簡単な方法は、芳香剤を使用することです。[4]「部屋用香水」はマイルドで主張しすぎない香りを放ち、空気中の悪臭を消すようにできています。芳香剤は手に入れやすい価格で、どこでも購入できます。家に芳香剤がないときは、近くの店で購入しましょう。使用する時は部屋中にスプレーし、天井、コーナー、煙が残りやすい場所に注意しましょう。
    • バスルームで煙草を吸うときは、シンクに少量のシャンプーとお湯を入れて混ぜると効果的でしょう。シャンプーの香りがすぐに部屋に充満し、後から来る煙草の臭いが分かりにくくなります。
    • 煙草の臭いを隠すには、お香を使用するのも効果的でしょう。ただし、環境によってはお香を焚くことに対して眉をひそめたり、煙草の臭いと同じくらい不快な臭いに感じる人もいます。
  5. 5
    屋内で誰かが煙草を吸った後に煙草を吸う
    • 家の中の誰かが喫煙者で、自分が煙草を吸っていることを知られたくない場合、その喫煙者の後に煙草を吸いましょう。あなたから煙草の臭いがしてもそれほど目立たないはずです。

パート 2
目立たないように煙草を吸う

  1. 1
    窓に向かって煙を吐く [5]室内で喫煙する際の最も一般的な方法は、窓を見つけて煙を外に向かって吐くことです。こうすると、煙の逃げ道を作るだけではなく、臭い残りを最小限にとどめることができます。窓の傍に立ち、よりかかかって、煙を外に向かって吐きましょう。窓の形や位置、サイズによってはそうはいかない場合もありますが、できるだけ早く煙を外に出すことができれば窓の種類は何でも構いません。
    • 携帯用扇風機を持っている場合、窓の近くに置いて外を向けましょう。煙を吐くときは、扇風機の背後から扇風機に向かって吐きましょう。扇風機の羽で煙は外に吐き出されます。
    • 窓の近くにいる所を見られたくないときは、外をよく監視しましょう。外にいる人は、窓に寄りかかっていると怪しむかもしれません。油断しないように注意しましょう。
  2. 2
    煙草の臭いが付くリスクを最小限にする 煙の通り道に、髪の毛を近づけないようにしましょう。長い髪の毛は後ろでくくると、髪の毛に臭いが付きにくくなります。
    • 煙草を吸うときは、重ね着している何枚か服を脱ぐと良いでしょう。煙草の臭いは着ているものについてしまうため、煙草を吸い始める前に服を脱いで臭い移りを最小限に抑えましょう。
  3. 3
    煙草を吸う 準備が終わったら煙草を吸いましょう。ただし、煙草を吸っている間に誰かが部屋に入ってきたり、煙草を吸っている所を見られたりしないように注意しましょう。煙草を手にしている時間が長ければ長いほど、人に見つかるリスクが高くなるため、手短に済ませましょう。
    • 誰がが部屋に入ってきた時のために、煙草を素早く捨てられる場所を用意しておきましょう。素早く上手に煙草を処理すれば、そもそも煙草を吸っていた事に気付かれずに済むかもしれません。
  4. 4
    喫煙中は人の気配を警戒する 近くの部屋から聞こえる音や、煙草を吸っている部屋に近づいてくる足音にも注意しましょう。本当に見つかりたくない状況では、神経を張り詰めて警戒しておくと数秒早く気付くことができ、その数秒が見つかるかどうかの分かれ道になります。
  5. 5
    吸い終わったら芳香剤をスプレーする [6]吸い始める前にスプレーしていたとしても、もう一度スプレーして悪いことはありません。部屋に芳香剤の香りを残して、煙草の臭いが見つかるのを防ぎましょう。

パート 3
証拠を隠す

  1. 1
    煙草を水の中に入れる [7]煙草から出る煙の量を最小限に抑えるためには、水に入れて消すのが一番良いでしょう。煙草を手に持って、静かに蛇口の水で消しましょう。排水口に灰がたくさん落ちると詰まる可能性があるため、煙草はしっかりと手に持っていましょう。
  2. 2
    使用した灰皿を洗う 「灰皿」とは喫煙中に灰を落とすために使用したものを指します。小さな皿やカップで十分代用可能です。洗剤を少し付けて灰が落ちるまで水で洗いましょう。
    • 窓辺で外に向かって吸う場合、灰は窓の外に捨てることが多いですが、これはとても良い方法です。ただ、建物の外壁に灰が当たらないように注意しましょう。灰が当たると、窓から下に黒い線が付いて、そこで煙草を吸った証拠になり、またこの証拠をこっそりと掃除するのはとても難しいでしょう。
  3. 3
    煙草を処分する こっそりと煙草を捨てる一番良い方法は、トイレに流す事です。[8]流すときは、煙草をトイレットペーパーで包みましょう。そうすると、煙草の一部が浮き上がってくるのを防ぐことができます。
    • 捨てた煙草が見つかってしまうのが心配なときは、チャック付きポリ袋に煙草を入れて密封し、外出した際に外のゴミ箱に捨てましょう。
  4. 4
    手を洗う 煙草を処分した後も、喫煙の事実を知られないように、行うことはまだあります。まずは、せっけんを十分使用して手をしっかりと洗いましょう。お湯のみで洗っても、臭いは残ります。
  5. 5
    歯を磨く 手と同様に、煙草を吸った後には歯に臭いが残ります。舌と歯茎に注意して、2分以上歯を磨きましょう。
    • 歯を磨いても臭いが消えないようなら、スペアミントキャンディやガムを噛んで残った臭いを消しましょう。
  6. 6
    シャワーを浴びる 煙草の煙の臭いは、触れたもの全てに残るため、喫煙後はシャワーを浴びるのが一番重要です。せっけんやシャンプーをたっぷりと使用して体をしっかりと洗いましょう。髪の毛には臭いが付きやすいため、特に注意して洗うと良いでしょう。普段シャワーを浴びるときに髪の毛を洗う事に集中する人は、喫煙時に服でおおわれていない腕や足、その他のパーツも忘れずに洗いましょう。適量のせっけんやシャンプーを使用した場合、3分シャワーを浴びれば嫌な臭いは落ちるはずです。
  7. 7
    新しい服を着る シャワーから出た後は、洗濯した新しい服を着ましょう。煙が外に行くように細心の注意を払っていても、臭いは服に残ってしまうものです。新しいズボンとシャツに着替えるだけで十分です。
    • 自分で自分の服を洗う方が良いでしょう。喫煙後数日経っても服に臭いが残っている場合があるため、洗濯をしてくれる人に見つかる可能性があります。
  8. 8
    平静を保つ 室内で煙草を吸うこと自体はストレスではありませんが、何かを隠すという行為は精神的負担になります。隠している相手との関係性が近ければ尚更です。神経質で心配性の人は、煙草を吸った後、家の中の誰かと接触するときに、隠し事をしているという事実が変な行動になって現れる場合があります。喫煙後に心配になったり、罪の意識を持ったなら、そこを乗り越えれば後は楽になると自分に言い聞かせましょう。適切な手順を踏めば、誰もあなたが煙草を吸っているとは疑わないはずです。

ポイント

  • 頻繁に室内で煙草を吸うようなら、水たばこの購入を検討してみましょう。水たばことは蒸気をベースにした仕組みになっていて、普通の煙草とは臭いや喫煙のリスクが異なります。喫煙に関する条例が厳しくなる中、多くの人が水たばこへと切り替えています。[9]

注意事項

  • 室内で煙草が吸えるからと言って、室内での喫煙を推奨する訳ではありません。室内で煙草を吸っていることを見つけて憤慨する人もいるでしょう。また、閉め切った空間での喫煙は、健康へのリスクを伴います。見つからずに喫煙しようとする前に、起こりえる結果を推測して、それでも試す価値があるか自分自身で決めましょう。
  • また、室内の喫煙が人に与える影響も考慮しましょう。嫌な臭いに加えて、残った煙は他の人の肺を傷つけたり、壁の変色を招いたりと、家や同居している人に悪影響を及ぼします。時々室内で喫煙をするのは理解できますが、それが習慣になってしまった時は礼儀や思いやりの心を思い出しましょう。[10]

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む53人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 全般的健康

他言語版:

English: Smoke in Your House without People Knowing, Español: fumar en casa sin que se den cuenta, Italiano: Fumare in Casa Senza che le Persone Ti Scoprano, Deutsch: In deinem Haus rauchen ohne dass es jemand mitbekommt, Français: fumer dans la maison sans se faire prendre, Bahasa Indonesia: Merokok di Dalam Rumah Tanpa Sepengetahuan Orang Lain, Nederlands: In huis roken zonder dat je betrapt wordt, العربية: التدخين في منزلك بدون معرفة الآخرين, 한국어: 남에게 들키지 않고 실내에서 흡연하는 방법, 中文: 在家里吸烟却不被发现, Tiếng Việt: Hút thuốc trong nhà mà không ai biết, ไทย: สูบบุหรี่ในบ้านโดยไม่มีใครรู้

このページは 240 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?