バレーボールのプレー方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

上半身を鍛えながら、コミュニケーション能力を磨くこともでき、チームメイトと良い絆を築くことのできる最高に楽しいスポーツをやってみたいですか?この記事では、バレーボールの基本のプレー方法を紹介します。この記事を読み終えたら、トス、サーブ、アタックの準備は完了です!

パート 1 の 4:
ゲームを行う

  1. 1
    プレイヤーを選びましょう。真剣なゲームには、最低でも6人以上のプレイヤーが理想的です。[1] 友達同士で遊びの一環でプレーするならば、それぞれのチームのプレイヤー人数が同じになるようにしましょう。
    • 前後2列にプレーヤーを配置しましょう。前衛(前列)はネットに近く、後衛(後列)はコート後方のエンドライン近くに配置します。
    • 後衛の右端のプレイヤーがサーブをします。プレイヤーはコート内をローテンションしながら移動し、サーブ権が移動するたびサーバーが変わります。
      • ローテーションしながら、プレイヤーを交代する場合は、時計回りにローテンションするようにしましょう。ネットを正面に見て、前衛の右端のプレーヤーがローテーションの度に外にでるようにすれば、プレイヤー人数が多い時でも、平等にプレーすることができます。
  2. 2
    どちらのチームからサーブをするか決めましょう。コイントスでもいいし、何か取り決めをしてどちらのチームからサーブをするか決めましょう。[2]
  3. 3
    コートのエンドラインの外側からサーブしましょう。エンドラインの内側からサーブをすると、相手側のポイントになってしまいます。これをフットフォルトと呼びます。サーブが有効になるには、ボールがネットを超えて(ネットに触れるのは可)、相手側のコート内に落ちなければいけません。[3]
    • 後衛の右端のプレイヤーがサーブをします。サーバーは1回のローテーションにつき一度しかサーブすることができませんが、ボールが相手チームのコートに落ちた場合は、サーブ権が移動するまで再度サーブすることができます。
    • ボールがライン上に落ちた場合もサーブは有効です。
  4. 4
    サーブを受ける側のチームは、ボールを相手チームに返しましょう。ラリーの始まりです!相手側にボールを返すための典型的なプレーは、レシーブ、トス、スパイクですが、どのような形でも3回以内にボールを相手側に返すことができれば有効です。
    • ルール上、ボールが止まる(コートに落ちる)ことがなければ、体のどの部分に当たっても有効です。[4]
    • プレイヤーはラインを跨いでも大丈夫ですが、ボールはラインを超えてしまうと無効になってしまう場合があります。自分の仲間がボールをラインの外に飛ばしてしまった場合でも、ボールを追いかけて地面に落ちさえしなければ大丈夫です。
  5. 5
    反則を取られるまでボールがネットを行き来するようにラリーを続けましょう。反則には以下の動作が含まれます。[5]
    • ボールが地面に落ちた時:サーブ権があるチームが相手コートにボールを落とした場合は1点入ります。
      • サーブ権のあるチームのコート内にボールが落ちた場合は、相手チームにサーブ権が移動します。
      • サーブ権があるチームが、相手側のコートにボールを落とした場合、サーブ権のあるチームはもう一度サーブすることができます。
      • ボールを地面に落とさなかったチームの方にポイントが加算されます。
    • ボールがコートの外に出た時:ボールをコートの外に出したチームはポイントを得ることができません(相手側のポイントになるか、サーブ権が移動します)。
    • プレイヤーがネットに触れた時:タッチネットがあった場合、相手側チームにポイントが加算されます。
    • プレイヤーの足がセンターラインを超えた時:相手側チームにポイントが加算されます。
    • 同じプレイヤーが2回続けてボールを触った時:ブロック時以外は、同じプレイヤーが2度続けてボールを触ることはできません。ブロックはタッチネットにカウントされません
    • 相手チームにボールを返す前に4回以上ボールを触った時:1プレー内に触ってよいのは、最高3回までです。
    • ボールをレシーブなどで弾かずに受け止めたり手で取ってしまった時
    • 腕か手以外でサーブを受けた時:サーブ側のチームに点が加算されます。
    • ボールを返す際に、ボールがネットを超えなかった時:サーブ側の得点となります。
  6. 6
    再度サーブします。最後のプレーで点を得たチームが次のプレーでサーブをします。ローテーションをする方式を取っているなら、サーブ権が移動したときにローテーションしましょう。
    • 自分のチームにボールがある時には、全体的に少し後ろに下がりましょう。アタックを打つ準備をするためです。ボールが相手チームにあるときは少し前に上がりましょう。「アタックを打つ」かどうかというのがポイントです。
    • 反則やミスをしたり、ボールを場外に出したりしたチームは相手チームにサーブ権を譲ることになります。その場合、サーブ権を「新たに」取得した方のチームには加点されることはありません。
    • ボールがネットに触れた後に相手チームのコートに入った場合は、反則にはなりません。その場合のボールは有効なのでプレーを続けましょう(ネットに触れてボールが跳ね返って自分のチームに落ちた場合以外)。
  7. 7
    ある得点に至るまでプレーしましょう。ゲーム毎に何点取得するか決めましょう。[6]例えば、どちらかのチームが15点先取した時点で、新規ゲームを始めると決めてみるのも良いでしょう。
    • 最新のルールでは、1ゲーム25点先取制で、3セット制の3セット目は15点までとなっています。[7]時間制限を設ける場合もありますが、その場合は最初に同意の上、時間制限を設けましょう。通常、8分と設定する事が多いですが、それよりも長くても短くても良いので、そのゲームの状況に合わせて時間制限を決めましょう。
    • 通常3セット制でゲームを行います。各セット毎に、それぞれのチームのコートが変わります。
      • 直前のセットを落とした方のチームに、次のセットではサーブ権が与えられるべきでしょう。
    • 1セット取得するには、セットポイントが「2点以上」離れていなければなりません。つまり、25対26ではゲームセットとならず、25対27でなければなりません。このルールのため、接戦の場合、ゲームが長引くことがあります。
    広告

パート 2 の 4:
ボールの打ち方を学ぶ

  1. 1
    基本のスタンスを学びましょう。サーブをするとき以外は、基本のバレーボールスタンスで待機しましょう。足は肩よりもやや広めに開き、重心はつま先よりで膝を曲げましょう。腕は体の前に保ち、自由に動かせるようにしておきましょう。[8]
    • 色々な意見がありますが、実際のところバレーボールは激しいスポーツです。試合中はプレーヤーは数キロ走るのと同じくらいの体力を使います。[7]
  2. 2
    サーブの練習をしましょう。基本のサーブの目的は、ボールがネットを越して、相手側のコートに入り、ラリーを始めることです。サービスライン(エンドライン)の後ろであればどこから打っても構いません。サーブが直接得点に繋がることを(サーバーが打ったサーブに誰も触れず得点に繋がった場合)「サービスエース」と呼びます。通常、サーブは手のひら、握りこぶし、腕を使って打ちます。[9]
    • 経験者はオーバーハンドサーブを試してみてもよいでしょう。[10]
      • 頭上にボールを投げます。
      • 空中で利き手を伸ばします。肘を曲げて肩側に引きます。
      • 肘を伸ばして、手のひらの外側でボールを打ちます。
    • 自信がなければアンダーハンドで打つとよいでしょう。[11]
      • ボールを掴んだ状態で体の前に持ってきます。
      • 利き手で握りこぶしを作り、腕は下ろして横に引きます。肘は若干曲げて、親指は他の指と平行に握ります。
      • 握りこぶしの前側を使って、腰の位置でボールを打ちます。ボールは握りこぶしで曲げた親指と人差し指のあたりに当たるようにしましょう。
  3. 3
    「レシーブ」しましょう。レシーブはサーブを受けるための基本動作です。レシーブしながら、セッターに「返す(パスする)」ことができるのが理想です。レシーブは、3回で相手に返すというバレーボールの基本のルールのうちの1回目のプレイになります。[12]
    • 左手で握りこぶしを作り、右手で包み込みます。両方の親指は曲げずに伸ばした状態で手の見える位置に出し、親指の爪が上に来るようにします。
    • 腕の内側の平らな部位が上を向くように肘を内側に回しましょう。腕は体に対してまっすぐ伸ばし、若干下に向けます。肘はその位置で固定します。
    • その手の形のまま移動しボールを体の正面で受けます。足は肩幅に広げ、ボールが腰の位置来るまで待ちます。
    • ボールが手首よりも5~15cm上に来たら腕に当てましょう。ボールを前腕に受けたら、膝を使って押し出し、「腕の台地(水平な部分)」をボールを上げたい方向に角度をつけて向けます。
  4. 4
    トスの練習をしましょう。[13] 大抵の場合、サーブを受けた1回目のボールがトスになることはありません。その代わり、セッターを使って一度空中にボールを上げて、他のプレイヤーがアタックするかレシーブで返すかするように繋ぎます。[14]
    • 両手を合わせて親指と人差し指の間に三角形を作り、向こうが見えるようにします。足は肩幅に、膝を少し曲げます。
    • ボールが目の高さに来たら指先でボールを捉えましょう。ボールを弾くように、足を使って空中に押し出します。
    • 手のひらでパチンとボールを受けてしまうと、実際のゲームでは「ホールディング」 という反則を取られます。ホールディングとは、ボールを一度受け取ってもう一度投げる動作の事です。
  5. 5
    スパイクの打ち方を学びましょう。スパイクは「アタック」とも呼ばれています。[15]
    • ボールに近づき、利き手を上げましょう。指先はボールの形のように丸めて、肘は曲げます。
    • ジャンプして手のひらでボールを捉えます。力一杯打つためにも、できるだけ高い位置でボールを捉えましょう。ボールはネットを超えなければいけませんが、同時に下方に鋭角に飛ばし、相手チームがボールを返しづらくなるようにします。
  6. 6
    ブロックの準備をしましょう。ネットの近くの前衛にいるプレイヤー(最大3人)は、アタックやスパイクを止めるためにブロックをすることができます。[16] ブロックは2種類あります。
    • 攻撃的なブロックとは、相手チームのコートにボールが落ちるように狙う事です。ジャンプするタイミングが完璧でなければなりませんが、ボールの軌道を読み、手でボールを叩きつけるように相手チームのコートに落とします。相手のコートの地面に直接落とせると理想的です。
    • 防御的またはソフトブロックとは、ボールの勢いを抑えて、ボールを繋ぎやすくするためのブロックです。ブロッカーの手のひらにボールを当て、ボールが指先に沿うようにし(ボールの勢いを落とすため)、味方のプレーヤーにレシーブで受け取ってもらうようにします。
    • ブロックは3回で相手チームにボールを返すというルールの回数にはカウントされません。
  7. 7
    アタックカットをしましょう。[17]アタックカットとはダイビングまたはフライングレシーブのことを指す場合が多く、ボールが地面に落ちないように素早く動くプレーの事を指します。この動きには、かなりのレベルの反射神経と機敏さが要求されます。[18]
    • ダイビングをする時は、プレイヤーは腕を伸ばしきって胸で地面に着地しながらボールを拾います。間違った方法で行うと怪我に繋がるので、安全に行うことがとても大切です。経験豊富なプレイヤーは怪我のリスクを最小限に抑えるために、ローリングという動作を取り入れていることもあります。
    広告

パート 3 の 4:
戦略を練る

  1. 1
    セッターを決めましょう。トスをあげるという技術はプレーに際して必ず必要で、攻撃体制を作るために欠かせません。セッターはアタッカーと一緒に動き、アタッカーが効果的なスパイクを打てるように、確かな位置にトスをあげるという役割があります。
    • トスをあげるという正確な技術に加えて、すばしっこさや機敏さも要求されます。セッターが悪いと、ボールが正しい位置に上がりません。
    • セッターには様々な制限があるので注意が必要です。セッターが前衛にいる時は、自由にボールをアタックしたり打ったりすることができますが、後衛にいるときには、「ネット上」にあるボールを打ってはいけません。
  2. 2
    「リベロ」を使いましょう。技術が伴ってきたなら、リベロを使う戦略を立ててみてもよいでしょう。リベロは交代選手としては数えられません。リベロは異なる色のユニフォームを着用しています。
    • リベロはアタックやサーブをレシーブする専門の選手で、猫のような反射神経を求められます。リベロは「守備専門」です。[19] リベロは前衛時に真ん中のブロッカー(センター)の選手が後衛に来た時に交代することがよくあります。アタックをレシーブするのが得意な選手がいるならば、リベロになってもらうとよいでしょう。
    • リベロは文字通り「自由」で、自由に好きなだけ出入りすることができます。しかし、前衛でプレーすることはできません。
  3. 3
    ミドル(センター)、オポジット、アウトサイドヒッターを決めましょう。それぞれの役割にはそれぞれの強みがあります。自分のチームをみて、誰がどこに適しているか考えてみましょう。
    • ミドルヒッターは速攻と強力なブロックが得意でなければなりません。このポジションのプレイヤーは攻撃も守備も両方担当します。[20]
    • オポジットヒッター(ライトサイド)はセッターのバックアップまたは主に守備を担当します。このポジションのプレイヤーは、相手チームのエースからの強いアタックを受ける位置にあるので、常にブロックが得意でなければなりません。[21]
    • アウトサイドヒッターは、チームの攻撃の要で、常にアタックを打つポジションです。また一般的に「ほぼ全ての」サーブを受けるポジションでもあります。最初のパスがセンターからずれてしまった場合にも、アウトサイドヒッターにボールが回りスパイクを打つ役割として配置されます。[22]
  4. 4
    選手交代しましょう。選手交代に制限を設けないというリーグもありますが、国際ルールでは最高6回まで選手交代してよい(リベロは除く)ことになっています。[7]
    • サーブまたは守備が弱い時には、サーブ専門または守備専門(リベロ以外)の選手を投入することができます。
  5. 5
    様々なフォーメーションを取り入れてみましょう。[23] ここでは6人制のバレーボールをプレーしていると仮定します。6人以外の場合は、プレイヤーの数と技術に応じてフォーメーションを調整しましょう。6人制の場合は、フォーメーションは主に3種類あります(数字はプレイヤーの人数ではなく、ポジションを表しています)。
    • 「4-2」フォーメーション:このフォーメションは4人がアタッカーで2人がセッターというフォーメーションです。一般的に、セッターはライト(右端のポジション)に位置し、前衛の2人がアタッカーになります。これは初心者向けのフォーメーションです。
    • 「6-2」フォーメーション:このフォーメーションは、後衛のプレイヤーがセッターとなり、前衛の3人がアタッカーになるというフォーメーションです。プレイヤー全員が何らかの場面でアタッカーの役割を果たします。
    • 「5-1」フォーメーション:このフォーメーションではセッターはローテーションに関係なく常に1人です。つまり、前衛のアタッカーはローテーションによって2人か3人と流動的に変わります。 ローテーションの度にセッターが指示を出し、時には軽くフェイントやツーアタック(トスをする振りをして相手チームにボールを落としたりアタックしたりすること)をすることもあります。セッター中心のフォーメーションです。
  6. 6
    「常に集中」しましょう。いつ何時ボールが自分に飛んでくるかわかりません。
    広告

パート 4 の 4:
試合の準備をする

  1. 1
    バレーボールを購入しましょう。天然革製もしくは人工皮革製のバレーボールが最適です。また、表皮の下にゴム製のチューブが入っているものを選びましょう。
    • 室内用のバレーボールは空気がパンパンに入っているものを選びましょう。色が薄めのボールがよいでしょう。
    • 外用またはビーチバレー用のバレーボールは、日光の下でも見やすいように明るい色のボールを選ぶとよいでしょう。
  2. 2
    ネットを購入しましょう。ネットの支柱は亜鉛めっき加工された鉄製の物か、加工処理された木製の物を選びましょう。プレイヤーを怪我から守るためにも、支柱の周りにパッドを付けた方がよいでしょう。
    • ネットの公式サイズは、長さ9.75m、幅1mです。ネットの高さは男子が2.43mで女子が2.24mです。[4]
    • 外でプレーする際には、支柱を立てるために最低1mの穴を掘りましょう。備え付けのコートにする場合には、穴にコンクリートを注いで支柱を固定しましょう。
  3. 3
    コートを測りましょう。公式のバレーボールコートのサイズは幅9mの長さ18mです。[24]
    • スプレー缶や明るい色のナイロンテープでコートのラインを引きましょう。ラインは約5cm幅にします。または、ネットを購入すると付属で付いてくるラインマーカーを使うとよいでしょう。
    • コートは東西向きではなく、南北向きに設計しましょう。この向きにすると、どちらのチームもプレー中に直射日光を受けなくて済みます。
    • 遊びでゲームをする時には、靴や地面に落ちているものを使ってラインを引きましょう。サイズは正確でなくてかまいません。大事なことは楽しくプレーすることです。
  4. 4
    友達を集めましょう。必要な道具が揃ったら、友達を集めて集合しましょう!バレーボールは2人からプレーすることができますが、12人位いた方が楽しめます。自分のチームに何人いるか分かったら、どのようにローテーションするのか(もしくはしないのか)人数に合わせたフォーメーションを組み、各人のレベルに合わせてポジションを配置しましょう。
    • 人数が奇数の時には、ローテーションごとに奇数の人を外すか、弱い方のチームに入れるか、レフェリーか得点係になってもらうとよいでしょう。または、リベロ要員にして、好きな時に入ってもらってもよいでしょう。
    広告

ポイント

  • ボールを呼ぶ時または受ける時に、「こっち!」「取ります」などと声を出しましょう。声を出すことで、チームのコミュニケーション力の向上にも繋がります。
  • 常に集中しましょう。いつボールが自分の所に飛んでくるかわかりません。
  • 膝パッドを着用することで、地面に膝をついた時に膝を痛めずに済むでしょう。
  • ゲームがある時はゲームに向けて練習しましょう。
  • ポニーテイルか編み込みなどで髪の毛をきちんとまとめます。ゲーム中に髪が乱れたり、顔に当たることのないようにきつく縛るようにしましょう。
  • プレイヤーの活力となるようにチームの応援をしましょう。声援が大きければ大きいほど、プレイヤーの自信に繋がります。
  • 水分補給できるように近くに水を用意しておきましょう。
  • プレー中は無駄話をせず、自分の技術力とボールに集中しましょう。
  • 動きやすい格好をしましょう。チーム用のユニフォームがあれば着用しましょう。短パンか伸縮性のあるズボンがありますが、短パンの方が素早く動きやすいため好まれています。しかし、ヨガパンツや他のズボンがよければそちらでもよいでしょう。 膝を守るための膝パッドや、履きなれたランニングシューズを用意しましょう。
  • サーブをする時は、小歌を口ずさみましょう。例えば、サーブの際に、4ステップアプローチを取る場合は、リズムを取るためにマルーン5の「Sugar」の一節を口ずさむとよいでしょう。

広告

注意事項

  • 化粧は控えめにしましょう。化粧崩れしてしまう可能性があります。
  • 勝ち負けにこだわらず、今まで練習してきたことに集中しましょう。
  • 怪我を防ぐためにもしっかり準備運動しましょう。プレー前に足と腕のストレッチをしましょう。[25]
広告

必要なもの

  • バレーボール
  • ネット
  • ラインテープ、スプレー缶などコートのラインを引くための道具
  • 2人以上のプレイヤー(4人以上いるとなお良し)
  • 勇気

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: チームスポーツ
このページは 264 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告