調理にバーベキューグリルを使っているのであれば、材料のかすなどが蓄積しないよう網の掃除が欠かせません。年に1度の大掃除に加え、毎回の使用後に掃除をすることで出来上がる料理の質が上がり、有害なバクテリアの付着を防ぐことができるだけでなく、火事を起こす恐れも低くなります。磁器製の焼き網は鋳鉄やステンレス製のものとはお手入れ方法が異なります。ただし、大掃除は同じ方法で行うことができます。

方法 1 の 3:
磁器製の焼き網を掃除する

  1. 1
    取り扱い説明書を読む 磁器製のコーティングはとても脆く、汚れをこすり落としたり剥がそうとすると簡単に破損してしまうこともあるので注意が必要です。付属の取扱説明書をよく読みましょう。指示の内容を無視して破損させると、品質保証の対象にはならないかもしれません。[1]
  2. 2
    ナイロン製のブラシで網が熱いうちに汚れを落とす 真ちゅうブラシは網のコーティングまで落としてしまう恐れがあるので使用は控えましょう。網の目の間にもブラシが届くよう、曲線状の形状のものを選びましょう。斜めの方向に優しくこすります。手前から開始し、上(自分から遠い方)へブラシを動かしましょう。コーティングが剥がれてしまわないよう、常に同じ方向に動かしましょう。
    • バーベキューソースなどがこびりついている時は、事前にブラシを濡らしてからこすってみましょう。[2]
  3. 3
    グリルの裏側も掃除する グリルが冷めたら裏表逆にしましょう。ブラシを斜め方向に動かしながら食べ物のかすや、こびりついた汚れを落としましょう。裏面には調理中の汚れが蓄積するため、表側よりも時間がかかるかもしれません。完全にきれいになるまで作業を続けましょう。
    • 複数の網でグリルが構成されている場合は、1枚1枚裏返し、それぞれ別々に掃除をしましょう。[3]
    広告

方法 2 の 3:
ステンレス、鋳鉄製の焼き網を掃除する

  1. 1
    グリル用ワイヤーブラシを選ぶ 充分な柔らかさがあるため、網の表面を破損させることはありません。円筒状や直線状のものの中から選びましょう。どちらでも効果的に汚れを落とすことができますが、網の側面の汚れを落とす時は円筒の形状をしたブラシの方が便利かもしれまえん。[4]
  2. 2
    グリルは熱したままにする こうしておくことで残った油が柔らかくなり落としやすくなります。強火に設定しましょう。10~15分間あるいは260~316度に到達するまで熱を加えましょう。そして火を止めます。[5]
  3. 3
    網をこする ブラシを使って、網の目1を1本ずつ前後にこすっていきます。油や食べ物のかすが完全に落ちたら次の目に進みます。全体がきれいになるまでこの作業を続けましょう。[6]
  4. 4
    植物性油を塗る 油が入った容器にタオルを浸し小さじ1程の量を吸わせましょう。トングでタオルをつかみ、網の目1本1本に油を塗っていきましょう。こうすることで錆びを防ぎます。
    • 小さじ1で油は充分です。塗る量が多すぎると、網の下に落ちて燃えている食べ物のかすに油が滴り落ち、炎が立ち上る恐れがあります。[7]
    広告

方法 3 の 3:
グリルの大掃除をする

  1. 1
    焼き網を酢の混合液に浸す 240ミリリットルの酢を480ミリリットル分の重曹と混ぜ合わせましょう。混ぜ合わせたものを焼き網が入る大きさのゴミ袋や容器に入れます。その中に焼き網を置き、一晩浸透させましょう。容器にはフタをしましょう。ゴミ袋を使う場合は輪ゴムで口を閉じましょう。[8]
  2. 2
    焼き網を取り出し洗い流す 輪ゴムやフタを外します。焼き網を取り出しましょう。次に、庭先のホースなどを使って洗い流しましょう。こうすることで、こびりついていた汚れのほとんどが落ちているでしょう。[9]
  3. 3
    必要に応じて残っている汚れをこすり落とす 磁器製の網の場合はナイロン製のブラシを使いましょう。斜めの方向に優しく動かします。鋳鉄あるいはステンレス製の網の場合は、ステンレス製ワイヤーブラシを使うことができます。上下に優しく動かしましょう。[10]
  4. 4
    汚れを洗い流し乾かす ホースを使ってもう一度汚れを洗い流しましょう。マイクロファイバーの布でポンポンと軽く叩くように水気を拭き取りましょう。さいごに網を再びグリルに設置して完了です。[11]
    広告

ポイント

  • お酢、レモン果汁、あるいは醤油ベースのソースで下味を付けてから調理すると、あとの掃除が楽になります。
  • バーベキューグリルのすぐ近くに掃除用具を常備し、グリルを使うたびに汚れを落とすことを習慣づけましょう。
  • トマトベースのソースを調理が完了する2~3分前に塗ると、掃除が楽になります。
  • グリル用ブラシがない場合は、アルミホイルで代用しましょう。直径2.5センチほどの大きさに丸めます。トングで挟み、グリルの網の目を1本ずつこすり汚れを落としましょう。[12]
  • 少なくとも年1回は大掃除をしましょう。
  • グリルの製造メーカーによって異なるお手入れ方法を推奨していることもあります。取扱説明書を確認しましょう。取扱説明書がない場合は、メーカーのウェブサイトに掲載されているかもしれません。

広告

注意事項

  • 火傷の恐れがあるので、熱くなった炭が置かれている状態で掃除をしないようにしましょう。
  • グリルの網に食べ物が残っていると、有害なバクテリアの温床となり料理が汚染される恐れがあります。
  • ブラシの毛が緩んできたり折れ始めた時は取り替えましょう。抜け落ちた毛がグリルの中に残り食べ物と混ざることで、命の危険を及ぼす事態になる恐れがあります。[13]
広告

必要なもの

  • ナイロン製のグリル用ブラシあるいはアルミホイル(磁器製の網の場合)
  • ステンレス製のワイヤーブラシ(ステンレス製および鋳鉄製の網の場合)
  • 大掃除に必要なもの
    • 重曹
    • ホース
    • マイクロファイバーの布

関連記事

How to

ステーキをバーベキューグリルで焼く

How to

バーベキューでピザを焼く

How to

ハムの塩を抜く

How to

サーロインステーキをグリルで焼く

How to

スペアリブをいぶす

How to

バーベキューする

How to

液体着火剤を使わずに炭火を起こす

How to

グリルで串焼きケバブをつくる

How to

炭焼きグリルを使う

How to

イタリア風ソーセージを作る

How to

バーベキューソースを作る

How to

木炭を作る

How to

さつま芋を焼く

How to

肉をローストする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: バーベキュー
このページは 400 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告