パイナップルの一番甘い部位は表面に近いので、皮は無駄なく切りたいものです。まず、パイナップルを洗います。次に、よく研いだ包丁で上端と下端を切り落とします。そして、平らになった面でパイナップルを立たせ、皮を丁寧に薄く切り落とします。このとき、茶色い斑点が残っても気にせず、果肉はなるべく切り落とさないようにしましょう。パイナップルの両端と皮を落とし終えたら、あとは輪切りまたはぶつ切りにして食べましょう。

パート 1 の 3:
パイナップルを選ぶ

  1. 1
    まず、パイナップルのにおいを嗅ぎましょう。においが最も強いのはパイナップルの下部です。甘く新鮮そうな香りのものを選びましょう。腐った臭いがする、あるいは甘い匂いが全くしない場合は、別のパイナップルを選びましょう。[1]
  2. 2
    次に、パイナップルをじっくりと見ましょう。少し緑がかっているものは問題ありませんが、全体的に緑色のパイナップルはまだ苦いことがあります。甘く熟したパイナップルは、底の部分が黄色いものです。表面に傷があるものはやめましょう。
  3. 3
    パイナップルを指で少し押してみましょう。食べごろのパイナップルは表面が硬いので、指で押したくらいでは凹みません。パイナップルが柔らかいと感じたら、それは熟し過ぎています。見た目よりも重いと感じるものを選びましょう。
  4. 4
    冠芽(かんが)を確認しましょう。中心付近の葉を一枚引っ張ってみて、簡単に抜けるようであれば、それは食べごろのパイナップルです。
    広告

パート 2 の 3:
パイナップルの皮をむく

  1. 1
    まな板の上に、パイナップルを横向きに倒しましょう。
  2. 2
    パイナップルの冠芽と下部を切り落としましょう。包丁を使って果肉を1cmほど切り落とします。
  3. 3
    平らになった面で、パイナップルを立たせましょう。上から下に向かって、表面の皮を切り落としていきます。このとき、なるべく薄く切りましょう。パイナップルで最も甘い部位は表面に近いので、果肉はなるべく残しましょう。[2]
    • パイナップルの表面は丸みを帯びているので、その輪郭に沿って切ると皮を薄く切ることができます。
    • 果肉に茶色い斑点があっても、この段階では気にせずに残しましょう。皮を切っているときにここも切り落とそうとすると、甘い果肉がどんどんと減ってしまいます。
  4. 4
    茶色い斑点の列を切り落としましょう。よく見ると、斑点は斜めに一列に並んでいます。したがって、この斜めの線に沿ってV字型に切れ込みを入れていき、茶色い斑点を取り除きましょう。次のステップで、いよいよ果肉を切っていきます。
    • 茶色い斑点の列を切ると、甘い果肉も多少は切り落としてしまいますが、斑点を一つひとつ切り落とすより時間と労力の節約になります。
    広告

パート 3 の 3:
パイナップルの果肉を切る

  1. 1
    パイナップルを輪切りにしましょう。パイナップルを横に倒したまま、2cmくらいの厚みで切っていきます。パイナップルの中心は少し硬いので、そこにフォークを刺せば食べやすくなります。
    • 芯の部分は少し硬めですが、栄養価が高く、食べても問題はありません。
    • パイナップルを輪っか状にしたい場合は、中心をくり抜きましょう。クッキーの型などを使うと、簡単にくり抜けます。
  2. 2
    パイナップルをぶつ切りにしてみましょう。斑点を取り除いたパイナップルを縦に四等分に切ります。硬い芯の部分を切り落とした後に、さらに縦半分に切ります。あとは、ざくざくと切っていきましょう。
    • 1つのパイナップルで、約4人分の量になります。
  3. 3
    パイナップルを料理やデザートに使いましょう。そのままでも美味しく食べられますが、ヨーグルト、生クリーム、ナッツなどとも相性抜群の果物です。あるいは、パイナップルケーキを作ってみるのもよいでしょう。肉料理にも合い、デザートのトッピングとしても活用できます。
    広告

ポイント

  • パイナップルは脂質が少なく、コレステロールを含みません。ビタミンCや食物繊維が豊富で、人間に必要な栄養分を多く含みます。
  • パイナップルには、ブロメラインが含まれています。これは、タンパク質を分解する酵素の一つです。したがって、肉料理を作るとき、パイナップルジュースに肉を漬け込むと、肉が柔らかくなります。しかし、あまり長時間漬け込むと、柔らかくなり過ぎてしまうので気を付けましょう。また、ブロメラインはゼラチンも分解するので、パイナップルゼリーを作る際には、パイナップルを先に加熱処理するか、缶詰のものを使いましょう。どちらの方法も、ブロメラインの活性を抑制できます。
  • パイナップルの芯にある白い繊維は少し苦味がありますが、これを好んで食べる人もいます。食べても問題はなく、むしろ抗酸化物質を含むので体には良い部位です。少し硬さがありますが、味は薄いので一度食べてみましょう。

広告

注意事項

  • 包丁を使うときは、細心の注意を払いましょう。パイナップルの皮を切るときは、必ずパイナップルを安定させてから切りましょう。
広告

必要なもの

  • まな板
  • 包丁
  • 丸いクッキーの型(パイナップルの芯をくり抜く場合)

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。



関連記事

How to

クーラーボックスに詰めたアイスクリームが溶けないようにする

How to

フロスティングを作る

How to

アイスクリームを作る

How to

焼き石こうを作る

How to

コンデンスミルク缶でキャラメルを作る

How to

チョコレートをテンパリングする

How to

キングダムハーツのシーソルトアイスを作る

How to

茶色の食用色素を作る

How to

ゼリーを作る

How to

チョコレートを薄める

How to

ケーキを作る

How to

Jello(ゼリー)にフルーツを入れてデザートを作る

How to

ブルーハワイジェロショットを作る

How to

チョコレートケーキを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,176回アクセスされました。
記事のサマリーX

パイナップルを切るには、まず横にして置き、鋭い包丁で上下を切り落とします。次に、片方を下にしてパイナップルを立たせ、皮を切り落としながら回していきます。皮が取れたら、包丁でV字型の切り込みを入れて、茶色い斑点を取り除きます。最後に、パイナップルをもう一度横向きにして置き、好みに合わせて薄い輪切りか、ぶつ切りにしましょう。

このページは 3,176 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告