パイプカッターの使い方を習得すると、作業時間を大幅に短縮できます。銅菅や塩ビ管(PVC)など、パイプのサイズや素材に合うように作られた様々な形態のパイプカッターがあります。間違った工具を使って無駄な労力を使わないように、パイプの種類を確認しましょう。ここでは、パイプカッターについての一般的な質問と、その答えを紹介します。

Question 1
Question 1 の 6:
口幅が調節可能なパイプカッターはどのように使いますか?

  1. 1
    パイプカッターの口でパイプを締めつけます。パイプカッターのローラーにパイプを押し当て、パイプの反対側に刃が当たるまで、ノブを時計回りに回して締めつけます。[1]
    • 口幅が調節可能なパイプカッターは、レンチのような形状をしており、主に金属パイプの切断に使います。カッターの口の片側には、パイプを固定するローラーが付いており、もう一方には回転刃が付いています。パイプカッターの側面に付いているネジ、または持ち手の端にあるノブで口幅を調節します。
    • パイプを横にして切断する場合は、パイプカッターの開口部を上に向けます。パイプをバイスやクランプなどで作業台に固定してから、切断しましょう。
  2. 2
    カッターを回して切り込み線をつけます。パイプを固定したら、ノブを1/4回転させます。パイプカッターのハンドルを持ち、パイプの周りを360度回転させましょう。こうすると、パイプにまっすぐな浅い切り込み線がつきます。[2]
    • 切り込み線が歪んでいたら、工具に問題がある証拠です。パイプカッターがパイプの素材に適しているかを確認し、ワイヤーブラシと工具クリーナーを使って、刃やローラーを掃除しましょう。それでもまっすぐに切れない場合は、カッターの刃を交換する必要があるかもしれません。[3]
  3. 3
    カッターを締めつけて、繰り返し回転させます。ノブを回してパイプがぐらつかない程度にパイプカッターを締めつけ、360度回転させます。刃がパイプに食い込んでパイプが切断されるまで、カッターを回し続けましょう。[4]
    • 一度に締めつけると工具を傷めることがあるため、無理をせずに少しずつ締めつけていきましょう。[5] 1周または2周ごとにノブを1/4回転ずつ回しましょう。
    • 口に沿って複数の刃が付いている高性能なパイプカッターもあり、異なる方向からパイプを切断します。このタイプのカッターは、1周させずに小さい幅で往復させて使うため、狭い場所での作業に適しています。[6]
    広告

Question 2
Question 2 の 6:
塩ビ管用のパイプカッターはどのように使いますか?

  1. 1
    ラチェット式の場合は、カッターの口を開けます。塩ビ管用のパイプカッターは、1枚の刃が付いたハサミのような形状をしています。持ち手を開いて、どのようなタイプのカッターかを確認しましょう。
    • 最もシンプルなタイプには1枚の刃が付いており、持ち手を握ってパイプを締めつけます。ガイドとなる線に刃を合わせ、持ち手を握りながらパイプカッターを回してパイプを切断します。[7] このタイプのカッターは、配菅や細い塩ビ管の切断に使います。
    • ラチェット式のカッターは一般的なカッターより大きく、持ち手の間にヒンジのついた金属アームがあり、パイプを切断する刃の角度を調節するラチェットを固定します。[8] このタイプはかなり頑丈で大きなカッターですが、太い塩ビ管を切断するには、調節可能なパイプカッターが必要な場合があります。切断可能なパイプの太さについては、パイプカッターの説明書を参照しましょう。
  2. 2
    持ち手を繰り返し握り、刃をパイプに食い込ませて切断します。刃をパイプのガイド線に合わせ、持ち手を握ったり離したりしながら刃を少しずつパイプに食い込ませます。[9]
    • パイプを切断する前に、バイスやクランプを使ってパイプを作業台に固定し、刃が横にしたパイプの上部に当たるように、パイプカッターを取りつけましょう。
    • 大きなパイプカッターは、重くて扱いにくい場合があります。カッターの下部を作業台や床に置くと、カッターが安定して作業がしやすくなります。[10]
    広告

Question 3
Question 3 の 6:
小型パイプカッターはどのように使いますか?

  1. 1
    小型パイプカッターをパイプに押し当てます。円形の小型パイプカッターは、片側に開口部があり、内側のカーブした部分にパイプを固定するローラーと、パイプを切断する刃が付いています。このタイプのカッターは狭い場所での作業に便利ですが、切断するパイプの太さが限定されます。パイプがカッターにぴったりと合わない場合は、他の種類のパイプカッターを使う必要があります。[11]
    • 開口部に小さなカバーが付いているものもあります。その場合はカバーを開け、カッターをパイプに取りつけたら、カバーを戻しましょう。[12]
  2. 2
    カッターをパイプの周囲に回転させます。一般的に、カッター内部のバネが刃を押し出し、パイプに刃を食い込ませながらパイプを切断します。銅管を切断するには、少なくともカッターを10回転させる必要があります。[13]
    • パイプカッターの側面の矢印が、回転させる方向を示しています。
    • 柔軟性のあるプラスチックパイプ切断用のパイプカッターもあります。カッターを軽く握りながら、回転させましょう。
    広告

Question 4
Question 4 の 6:
パイプカッターはどの方向に回しますか?

  1. 1
    パイプカッターに矢印が記されている場合は、その方向に回します。円形の小型パイプカッターには、側面に回転方向を示す矢印が記されていることがあります。[14]
  2. 2
    矢印がない場合は、パイプカッターの先端から回るように回転させます。持ち手が付いた大きめのパイプカッターの場合は、カッターの前部が持ち手より先になるように回転させましょう。[15] どちらの方向に回転させてもパイプを切ることはできますが、正しい方向に回すと、カッターがまっすぐ安定して回転します。
    広告

Question 5
Question 5 の 6:
パイプカッターはどのような素材にも使えますか?

  1. 1
    柔らかい素材のパイプには、調節可能なパイプカッターが使えます。口幅を調節できるカッターであれば、大抵の場合は銅、真鍮、アルミニウムのパイプに適しています。鋼や鉄を切断する場合は、強化された刃が付いたパイプカッターを使いましょう。また、さらに強固な素材であれば、長い柄のカッターを使うと作業が楽になります。[16]
    • 頑丈なパイプカッターが好みであれば、このタイプのカッターでプラスチックパイプも切断できます。しかし、すぐに刃が鈍くなるため、頻繁に使用するのは避けたほうがよいでしょう。[17]
  2. 2
    塩ビ管用のパイプカッターの性能は、製品によって異なります。大抵の塩ビ管カッターは、性硬質塩化ビニール(CPVC)、ポリプロピレン( PP)、架橋ポリエチレン(PEX)、結晶性ポリエチレン(PE)などのプラスチックパイプの切断に使用できます。手持ちのパイプカッターが、ABS樹脂(ABS)、ポリブチレン(PB)、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)にも使えるかを確認しましょう。[18]
    • パイプの種類が分からない場合、住宅に使用されている硬く色が薄いパイプは、ほとんどが塩ビ管です。また、ABS樹脂は黒色、ポリフッ化ビニリデンは主に工業用、そしてポリブチレンは柔軟性があるのが特徴です。[19]
    • 古いプラスチックパイプはもろくなっていることがあるため、ハサミのように挟むタイプやラチェット式のパイプカッターを使うと、ひび割れが発生する場合があります。調節可能なカッター、またはハックソーを使うほうが安全かもしれません。[20] また、気温が低い時はパイプが割れやすく、刃も鈍くなります。[21]
  3. 3
    小型のパイプカッターは、1種類の素材と太さのパイプしか切断できません。大抵の円形の小型カッターは、特定の太さの銅管の切断に使われます。銅管用とプラスチックパイプ用のカッターは、同じような形状をしていることがあります。しかし、このタイプのカッターは特定のパイプ専用に作られているため、適したパイプ以外はカッターにぴったりと合わない場合もあります。[22]
    広告

Question 6
Question 6 の 6:
どのような場合に、ハックソーではなくパイプカッターを使いますか?

  1. 1
    なめらかな切り口にしたい場合は、パイプカッターを使います。パイプカッターを使うと、切り口がなめらかになり、切粉がほとんど発生しません。そのため、配管に使うパイプを切断する際に便利です。また、はんだ付けする金属管や、溶剤接着するプラスチックパイプの切断に特に役立ちます。ハックソーを使う場合は切り口が荒くなるため、接着する際のバリ取りまたはやすりがけなどの手間がかかります。[23]
    • パイプカッターを使う場合でも、カッターナイフでパイプの縁の内側をなぞるなどして、パイプの内側をきれいにするとよいでしょう。
  2. 2
    パイプをまっすぐに切る必要がある場合は、調節可能なパイプカッターを使います。最初にガイド線に合わせてカッターを取りつけると、きれいな円で切断できます。このタイプのカッターは、多くのプロジェクトに役立ちますが、パイプにネジ切りをする場合は特に便利です。[24]
    • 調節可能なパイプカッターを使ってパイプをまっすぐ切断するには、パイプカッターをパイプにぴったりと合わせ、締めつけずに回してパイプに切り込みを入れます。切り込みがまっすぐにならずに歪む場合は、カッターを掃除してから再び試しましょう。
    広告

関連記事

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
風船ガムを膨らませる
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
風船を膨らませる
(初心者用)かぎ針編みで帽子を編む
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
革を染める
六角形を描く六角形を描く
紙でじょうごや円錐を作る
アルミ風船を膨らませる
プラスチックに塗装する
プラスチックを溶かすプラスチックを溶かす
数独の問題を解く数独の問題を解く
剥がれた合成皮革を修復する剥がれた合成皮革を修復する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 170 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告