PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

人懐っこくて愛情深いパグは、注目されることが大好きで、愛嬌のあるしわくちゃな顔が人々に愛されています。パグが幸福で健康な生活を送るには、特別なケアが必要です。食事、遊び、休息の一貫したスケジュールを守ること、そして定期的なクリーニング、爪の手入れ、お風呂も重要です。多少手間はかかりますが、下記の方法でパグに必要な独特なケアをすることができます。

方法 1
方法 1 の 4:
パグのグルーミング

  1. 1
    毎週、顔のしわの手入れをしましょう。パグの顔のしわには、食べ物、唾液、ホコリやゴミが溜まりやすいため、臭いの原因になったり、パグに不快感を与えます。ぬるま湯で湿らせた綿棒を使い、汚れを掃除しましょう。綿棒が目、鼻孔、口に触れないように注意しながら、鼻や目の周りのしわにそって綿棒で汚れを拭き取ります。[1]
    • しわの間が湿っていると、細菌の繁殖などのさらなる問題を引き起こすため、常に乾燥した状態にしておきましょう。乾いたタオルや綿棒で水分を拭き取って乾かします。
    • 週に1度は掃除が必要ですが、臭いが気になりだしたら、その都度掃除しましょう。
  2. 2
    週に1~2度、ブラシをかけましょう。パグは抜け毛が多いことで知られています。週に1~2度、スリッカーブラシや特別なシェディングブラシを使ってブラッシングすると、健康な被毛を保つことができます。[2]
    • 定期的なブラッシングはまた、衣類や家具に毛が付着するのを防ぎます。
  3. 3
    耳掃除用の洗浄液を使い、パグの耳を週に1度掃除しましょう。パグの可愛らしい小さな耳は、ゴミやホコリが溜まりやすい形をしています。そのため、犬専用の耳洗浄液で、定期的に掃除をする必要があります。耳に洗浄液を流し入れ、その後コットンボールで耳の中を拭き取りましょう。[3]
    • コットンボールを外耳道に押し込んだり、綿棒を使ってはいけません。耳に損傷を与える危険性があります。
    • 外耳が耳垢で塞がれている場合は、獣医師の診察を受けましょう。
  4. 4
    月に1度、パグを洗いましょう。パグに汚れや臭いがなくても、月に1度お風呂に入れるのが理想的です。パグを湯船に入れる際、お湯が深すぎないように注意しましょう。一般的なペットショップで購入できる、犬専用のシャンプーを使いましょう。[4]
    • 洗った後、シャンプーを完全に流します。しわの間にシャンプーが入り込むため、しっかりとすすぎます。すすぎの際は、パグの敏感な目を覆いましょう。
  5. 5
    必要に応じて爪を切りましょう。パグの爪は、他の活動的な犬のように擦り減ることはありません。そのため、定期的に爪の手入れをすることが重要です。トリマーや動物病院に爪切りを依頼してもよいでしょう。自宅で爪を切る場合は、犬専用の爪切りを使い、爪が割れたり、裂けたりするのを防ぎましょう。常に、クイックと呼ばれる中央の柔らかい部分(血管と神経)の下を切りましょう。
    • クイックを傷つけると、激しい痛みを伴います。パグの爪の色が濃かったり、不透明で、クイックが見えない場合は、爪の手入れを専門家に任せることが賢明です。[5]
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
パグの食事

  1. 1
    パグのサイズに応じた量の食事を与えましょう。パグは食欲が旺盛なため、肥満になりがちです。餌の量を調整して、しっかりと食事管理をする必要があります。日に1度か2度の食事回数を守り、餌の袋に記載された量を与えましょう。[6]
    • 餌の袋に記載されている量は、1日に与える最大量です。パグの食事回数が日に2度の場合は、記載量の半分が1回分の適量です。
    • パグの肋骨を触ってみましょう。肋骨は見えていなくても、パグの胸に軽く触れると感じられるのが理想的です。肋骨が容易に感じられない場合は、飼い犬は肥満かもしれません。
  2. 2
    年齢に合った食事を与えましょう。年齢に見合った、小粒で高品質のドライフードを選びましょう。パグが子犬の場合は子犬用、成犬には成犬用の餌を与えましょう。犬が高齢の場合は、シニア用のドッグフードを与えましょう。
    • 腎臓疾患用の低たんぱく・低リン食のような、特定の健康上の問題に合わせたドッグフードも市販されています。飼い犬が特別療法食を必要とするかを、獣医師に問い合わせましょう。[7]
  3. 3
    パグの食事を見直しましょう。袋の記載通りにドッグフードを与えていても、パグの体重が不健康に増加している場合は、獣医師に問い合わせましょう。獣医師は、食事量の調整や、犬に適したドッグフードを提案してくれます。[8]
    • 食事の適量は、犬の身体的な特徴、運動量や活動量によって大きく異なります。
  4. 4
    トリートを制限しましょう。トリートはトレーニングや、良い行いへのご褒美には大切です。しかし、トリートも1日の食事摂取量に含まれることを覚えておく必要があります。トリートの与えすぎで体重が不健康に増加し、呼吸器や関節の疾患を引き起こしたり、悪化させる場合があります。[9]
    • トレーニング用のトリートのような、小粒のトリートを与えましょう。大型犬用のトリートは、細かく砕くか、切って与えましょう。
    • 散歩の後や用を足した後など、ひとつかふたつの行いに対して、一貫してトリートを与えましょう。決められた行為以外のトリートを控えると、カロリーの摂取量を抑えることができます。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
アクティブな生活をさせる

  1. 1
    1日を通して数回、パグに運動をさせましょう。パグは活動的な犬種ですが、運動が長続きしないことがあります。走ったり、遊んだりする際、パグの平たい鼻では、体温を下げることが難しいからです。日中1~2度散歩をさせ、フェッチ(取ってこい遊び)や綱引きなどのプレイタイムを何度か設けたり、家の中や庭で追いかけっこをして遊びましょう。[10]
    • 健康な成犬のパグは、日に2度、15~20分の散歩をし、1日を通しておもちゃを使った短いプレイタイムを持つことが理想的です。パグに健康上の問題がある場合は、散歩の時間を短くする必要があるかもしれません。
  2. 2
    極端な気候を避けましょう。パグは温暖で穏やかな天候を好みます。暑さが厳しい季節や地域では、一番気温が高い時間帯の散歩は避けましょう。寒冷地や寒さが厳しい季節は、散歩時のコートの着用を検討しましょう。
    • 強風や激しい雨の日の散歩は避けましょう。パグの目に問題が生じる場合があります。
    • パグは高温時に熱中症になりやすい犬種です。気温が高い日、特に天気が良い日には、屋外で過ごさせてはいけません。また、運動時には十分な水分の補給を心掛けましょう。
  3. 3
    パグにハーネスを使いましょう。短頭種のパグは、時に呼吸をするのが困難になることがあります。首輪は呼吸を制限する場合があるため、散歩時の首輪の使用を避けましょう。首輪の代わりに、リードとハーネスを使いましょう。[11]
    • 犬用のハーネスは、ペットショップやインターネットで購入できます。
  4. 4
    パグのトレーニングをしましょう。一般的にパグは賢く、基本的なしつけは早く覚えます。飼い主を喜ばすことが好きな性格を利用して、トリートを与えたり、褒めることで、基本のコマンドを教えると効果的です。毎日パグをしつける時間を作り、トレーニングのスケジュールを守りましょう。しつけをすることで、後々の世話が楽になるとともに、飼い犬との関係を深めることができます。
    • パグに「おすわり」、「待て」、「ふせ」、「来い」のコマンドを教えると、毎日の飼い犬との意思の疎通に便利です。特に、噛み癖や攻撃行動などの悪い行いのしつけの際に役立ちます。
    • フェッチなどの遊びを教えてみましょう。パグがコマンドにうまく反応するようであれば、小さな障害物を通り抜ける遊びを教えてもよいでしょう。
  5. 5
    服従訓練のクラスに申し込みましょう。家に迎えるパグが子犬か成犬かに関わらず、トレーニングクラスに参加することは、犬との絆を強めるために大切です。クラスに参加して共通のコマンドを習い、毎週決められた時間を共有することで、飼い犬との絆を強めることができます。[12]
    • 特に若いパグはエネルギッシュで、一生懸命に飼い主を喜ばせようとします。トレーニングを受けると、そのエネルギーを前向きな行動に向かせ、悪い行いをコントロールすることができます。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
快適な居場所を作る

  1. 1
    家の中にパグのための特別な場所を作りましょう。パグは注目を集めるのが好きですが、飼い主が留守か否かに関わらず、安心できる自分の居場所を持たせることが大切です。ベッド、毛布、おもちゃを置き、ドッグフードや新鮮な水に近い場所を与えましょう。[13]
    • 家の中でよく使う部屋の隅に、居場所を作ってもよいでしょう。少しの間パグに注意を払えなくても、パグは寂しい思いをしないでしょう。
    • パグは、高い気温と急激な温度の変化に敏感です。パグの居場所を選ぶ際、常に直射日光の当たる場所や、冷暖房の吹き出し口の近くは避けましょう。
  2. 2
    日々のスケジュールを守りましょう。パグは神経質になったり、不安を感じやすい犬種です。毎日のルーティンを守ることで、落ち着いた生活を送ることができます。食事、散歩、遊び、休息の時間を、毎日できるだけ同じにするように心掛けましょう。[14]
    • 個人的な予定が変更になった場合でも、パグの生活スケジュールを守ることは大切です。帰宅時間が遅くなる日は、友人や隣人に餌やりや散歩を依頼しましょう。
  3. 3
    パグを新しく迎えたら、獣医師の診察を受けましょう。パグの独特な身体構造のために、呼吸器系や関節の病気など、起こりやすい健康上の問題がいくつかあります。そのため、新しく迎えるパグをできるだけ早く動物病院に連れて行き、検査を受けることが重要です。[15]
    • 獣医師は、パグが罹りやすい一般的な病気の有無をチェックし、適切な餌など、パグの世話に関する提案をします。
  4. 4
    年に2度、獣医師の検診を受けましょう。予防医療を目的とする、定期的な検診を受けることが大切です。年に2度の検診で、予防接種や予防薬の投与をきちんと予定通りに行うことができます。また、健康上の問題があれば、迅速に対応することができます。[16]
    • 適切な検診スケジュールについて、獣医師に問い合わせましょう。
    • 若いパグであれば、避妊手術と最初の一連の予防接種を受けるまでは、さらに頻繁な通院が必要かもしれません。
    • 獣医師は、パグを健康に保つために必要な毎年の予防接種、フィラリア予防、寄生虫予防、ワクチン接種、マイクロチップ、歯のクリーニングなどの、予防医療の計画を立てる手助けをしてくれます。
  5. 5
    パグと効果的なコミュニケーションをとりましょう。パグが快適な生活を送るために、パグと適切にコミュニケーションをとる方法を学ぶ必要があります。犬を飼った経験があまりない場合は、犬の感情表現の方法を学ぶことで、ボディーランゲージを理解し、それに対応できるようになります。
    • これは家庭内に子供がいる場合は特に重要です。犬が不安や恐怖を感じている時の見分け方を子供に教えることで、子供が犬に近づいてはいけない場面を学ぶことができます。
    • 訪問者がパグを撫でている際、パグが尻尾を脚の間に入れていたら、おそらくパグは怯えているか、不安を感じています。パグが安心して近づけるように、訪問者がパグから2~3歩離れ、パグの高さまでしゃがんで手を差し伸べるように、丁寧にお願いしましょう。
    広告

ポイント

  • 子犬をひとりきりにしてはいけません。パグは好奇心が旺盛なため、予想がつかないことをしてしまう場合があります。
  • 不適切な繁殖は、健康上の問題を容易に引き起こします。パグを迎える際はリサーチをし、悪質なブリーダーを奨励しないためにも、保護犬を引き取ったり、パグのミックス犬を迎えましょう。
広告

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
体温計を使わずに犬の体温を測る体温計を使わずに犬の体温を測る
犬の軟便を治す犬の軟便を治す
犬用に鶏肉を茹でる犬用に鶏肉を茹でる
犬のイボを除去する犬のイボを除去する
犬の無駄吠えを止めさせる犬の無駄吠えを止めさせる
犬が妊娠しているか調べる犬が妊娠しているか調べる
犬に吐かせる犬に吐かせる
犬のうつ病を見分ける犬のうつ病を見分ける
犬が土を食べるのを止めさせる犬が土を食べるのを止めさせる
下痢の犬用に食事を手作りする
犬の下痢を治す犬の下痢を治す
犬を飼うために親を説得する犬を飼うために親を説得する
犬の脱水症状を見分ける犬の脱水症状を見分ける
広告

このwikiHow記事について

Pippa Elliott, MRCVS
共著者 ::
獣医、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)
この記事の共著者 : Pippa Elliott, MRCVS. Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるピッパ・エリオット獣医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医師、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得し、生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。 この記事は3,648回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 3,648 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告