パスワードを忘れてしまった時にパソコンにログインする方法

7 方法:Windows 8または10のパスワードをインターネットで変更するWindows 8または10のパスワードをセーフモードで変更するパスワードリセットディスクでWindowsのパスワードをリセットするシステム修復ディスクを使ってWindows 7やVistaのパスワードをリセットする別の管理アカウントを使ってMacのパスワードを変更するApple IDを使ってMacのパスワードをリセットする「パスワードをリセット」アシスタントを使ってMacのパスワードをリセットする

パスワードを忘れてしまい、パソコンにログインできなくなってしまいましたか?特に、重要なファイルにアクセスしなければならない時、パソコンにログインできないのは、もどかしいものです。幸い、MacやWindowsパソコンにパスワードなしでログインできる簡単な方法がたくさんあります。

1
Windows 8または10のパスワードをインターネットで変更する

  1. 1
    別のパソコンを使って、Live.comのパスワードリセット用ウェブサイトにアクセスしましょう。[1]ウェブブラウザで、https://account.live.com/resetpassword.aspx にアクセスします。サイトが読み込まれたら、「パスワードを忘れた」を選択して、「次へ」をクリックしましょう。
    • この方法は、パソコンのセットアップ時にMicrosoftアカウント登録を行い、パソコンへのログイン時にMicrosoftアカウントを使用している場合のみ有効です。Microsoftアカウントの設定はデフォルトの設定なので、別のオプションを手動で選択していない限り、アカウントの設定を行なっているはずです。
  2. 2
    Microsoftアカウントのメールアドレスを空欄に入力しましょう。Microsoftアカウントは、ほとんどの場合、live.comやhotmail.com、outlook.comで終わるアドレスです。入力したアカウントがウェブサイトで認識されない場合は、ユーザー名の最後にこのドメインが付いているか確認しましょう(例えば、yamada_taroではなく、yamada_taro@live.comでログインしてみましょう)。メールアドレスの欄の下にある画像の中の文字を入力して、「次へ」をクリックします。
  3. 3
    本人確認の方法を選択しましょう。パスワードのリセットコードを受け取る方法を選択します。
    • Microsoftアカウント作成時に電話番号とMicrosoftのアカウントではない復元用メールアドレスを登録していれば、メールアドレスまたは電話番号を選択して、「コードの送信」をクリックします。
    • 電話番号や復元用のメールアドレスが使用できない場合は、「すべての情報が不明」を選択しましょう。「回復しようとしているメール アドレスとは別のアドレスを入力してください。」という文言の下に、使用可能なメールアドレス(Microsoftアカウントではないもの)を入力します。「次へ」をクリックして、入力したメールアドレスにコードを送信しましょう。
  4. 4
    Microsoftから受け取ったコードを入力しましょう。「セキュリティコードの入力」の下にある入力欄に受け取ったコードを入力し、「次へ」をクリックしてパスワードをリセットします。
    • SMSやメールでコードを受け取った場合、ここで新しいパスワードを入力できます。新しいパスワードの確認を行ったら、MicrosoftアカウントでWindowsにログインできるようになります。
    • 電話や復旧用のメールアカウントが使用できない場合、フォームが表示され、可能な限り本人確認情報を入力をするよう求められます。基本的な連絡先情報の他に、請求先情報や以前のパスワードなども確認できます。入力したデータはMicrosoftの従業員に送信され、Microsoftの従業員は、情報を調査し、連絡先として登録したメールアドレス宛にパスワードリセットリンクを連絡します。

2
Windows 8または10のパスワードをセーフモードで変更する

  1. 1
    ログイン画面でパソコンを再起動しましょう。[2]ここで行う再起動は、普段行うものとは少し違います。ログイン画面を開き、電源アイコンをクリックしましょう。キーボードの Shiftキーを押しながら「再起動」をクリックします。これが、パソコンをセーフモードで起動するために行う2回の再起動のうち、1回目の再起動です。
  2. 2
    再起動オプションを選択しましょう。パソコンが再起動すると、「オプションの選択」という画面が開きます。「トラブルシューティング」、「詳細オプション」、そして「スタートアップ設定」をクリックしましょう。「再起動」をクリックし、新しいオプション画面でパソコンを起動します。
  3. 3
    4またはF4を押して、セーフモードを起動しましょう。セーフモードを起動するキーは、パソコンによって異なります。これで、セーフモードのログイン画面が開きます。
  4. 4
    組み込みのAdministratorアカウントでログインしましょう。矢印アイコンをクリックして、「Administrator」(管理者)と呼ばれるアカウントを選択します。パスワードを入力する必要はありません。
  5. 5
    「コントロールパネル」の「ユーザーアカウント」を開きましょう。 Win+Xを押し、「コントロールパネル」、そして「ユーザーアカウント」をクリックします。
  6. 6
    「アカウントの管理」をクリックしましょう。アカウント一覧の中から、パスワードをリセットする必要があるアカウントを選択します。
  7. 7
    「パスワードの変更」をクリックしましょう。これで、普段使用しているアカウントのパスワードをリセットできます。確認のため、パスワードを2回入力しなくてはなりません。入力したら、「パスワードの変更」をクリックしましょう。
  8. 8
    パソコンを再起動しましょう。^ Ctrl+ Alt+ Delを押し、電源アイコン、そして「再起動」をクリックします。パソコンが正常に再起動したら、普段使用しているユーザー名と先ほど設定した新しいパスワードでログインできます。

3
パスワードリセットディスクでWindowsのパスワードをリセットする

  1. 1
    以前作成したパスワードリセットディスクを見つけましょう。[3]この方法は、以前パスワードリセットディスクやUSBメモリを作成していた場合のみ有効です。Windows 7以降のすべてのバージョンに適用できます。
  2. 2
    Windowsへのログインを試みましょう。間違ったパスワードを入力すると、「ユーザー名またはパスワードが正しくありません」というメッセージが表示されます。「OK」をクリックしましょう。
  3. 3
    パスワードリセットディスクを挿入し、「パスワードのリセット」をクリックしましょう。「パスワードのリセット」をクリックすると、パスワードのリセットウィザードが表示されます。「次へ」をクリックして、ウィザードを開始しましょう。
  4. 4
    パスワードキーの場所を選択しましょう。メニュー上に、パソコンのドライブ一覧が表示されます。パスワードリセットディスクの場所を選択して、「次へ」をクリックしましょう。
  5. 5
    新しいパスワードを入力します。覚えやすいパスワードを選びましょう。確認のため、もう一度パスワードを入力して、「次へ」をクリックし、先に進みます。「新しいパスワードのヒントを入力してください」という文言の下の入力欄にパスワードのヒントを入力することもできます。ヒントは、今後パスワードを忘れてしまった場合に、思い出す手助けとなるような内容にしましょう。ヒントの入力は任意ですが、入力しておくと役に立つかもしれません。
  6. 6
    「完了」をクリックして、パスワードのリセットウィザードを終了しましょう。ログイン画面が表示され、ユーザー名と新しいパスワードでパソコンにログインできます。

4
システム修復ディスクを使ってWindows 7やVistaのパスワードをリセットする

  1. 1
    システム修復ディスクをCDドライブに挿入しましょう。[4]作成済みのシステム修復ディスクを持っていない場合は、Windows 7を使用している人にディスクを作成してもらいましょう。
  2. 2
    パソコンをシステム修復ディスクから起動しましょう。「Press any key to boot from CD or DVD」のようなメッセージが表示され、処理を続けるためにキーを押すよう求められたら、任意のキーを押します。
  3. 3
    オペレーティングシステムとディスクを選択しましょう。複数のOSやハードドライブを使用していなければ、オプションは1つしか表示されません。「Windows」と表示されたものを選び、ドライブ文字(おそらく「C:」または「D:」)をメモしておきましょう。「Windowsの起動に伴う問題の修復用の回復ツールを使用します。」の横のラジオボタンが選択されていることを確認して、「次へ」をクリックします。
  4. 4
    メニューの中から「コマンドプロンプト」を選択しましょう。「コマンドプロンプト」を選択すると、「>」が表示された黒い画面が表示されます。ここで、次に挙げるコマンドを入力して、一部のファイルの名前を変更します。
    • C: または D: (先ほどメモに取ったドライブ文字)を入力して、 Enterを押します。
    • windows\system32 と入力して、 Enterを押します。
    • ren utilman.exe utilhold.exe と入力して、 Enterを押します。
    • copy cmd.exe utilman.exe と入力して、 Enterを押します。
    • exit と入力して、 Enterを押します。
  5. 5
    CDドライブの取り出しボタンを押して、パソコンを再起動します。ログイン画面が表示されたら、画面の左下にある「コンピューターの簡単操作」ボタンを押しましょう。通常、このボタンを押すと「コンピューターの簡単操作センター」が開きますが、ここでは、コマンドプロンプトが開きます(すぐに設定を元に戻します)。
  6. 6
    新しいパスワードを設定しましょう。net user yourusername yournewpassword と入力します。コマンド中の「yourusername」を自分のユーザー名、「yournewpassword」を新しいパスワードで置き換えて入力しましょう。exit と入力して、コマンドプロンプトを終了します。
  7. 7
    ユーザー名と新しいパスワードでログインしましょう。先ほど設定した新しいパスワードを使ってログインします。
  8. 8
    Win+Sを押して、検索ボックスを開きましょう。テキストフィールドに command と入力して、検索結果に「コマンドプロンプト」が表示されるのを待ちます。「コマンドプロンプト」が表示されたら、右クリックして「管理者として実行」を選択しましょう。
  9. 9
    コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力しましょう。前のステップで変更したファイル名を元に戻します。
    • C:(または、メモに取ったドライブ文字)を入力して、 Enterを押します。
    • cd windows\system32 と入力して、 Enterを押します。
    • copy utilhold.exe utilman.exe と入力して、 Enterを押します。
    • exit と入力して、 Enterを押します。

5
別の管理アカウントを使ってMacのパスワードを変更する

  1. 1
    管理アカウントでログインしましょう。お使いのMacに、個人用のアカウントとは別の管理アカウントがある場合、管理アカウントから自分のアカウント設定にアクセスできます。
  2. 2
    システム環境設定を開きましょう。鍵のマークが表示された場合、クリックして、管理アカウントのパスワードを再び入力します。そして、「ユーザとグループ」アイコンをクリックしましょう。
  3. 3
    パスワードを忘れてしまったアカウントを選択しましょう。「パスワードを変更」ボタンをクリックし、画面上の指示に従って新しいパスワードを入力します。パスワード変更後、パスワードを変更したユーザーでログインした時に、ユーザー自身がパスワードを更新またはリセットする必要があります。

6
Apple IDを使ってMacのパスワードをリセットする

  1. 1
    3回以上ログインを試みましょう。[5]ログインを3回試すと、Apple IDを使ってパスワードをリセットできるというメッセージが表示されます。メッセージが表示されない場合、お使いのアカウントは、この方法に対応していません。
  2. 2
    Apple IDでのパスワードリセットに関するメッセージの横にボタンが表示される矢印ボタンをクリックしましょう。
  3. 3
    指示に従って新しいパスワードを作成しましょう。覚えやすいパスワードを選び、画面上の指示に従ってパソコンを再起動します。
  4. 4
    ログインキーチェーンを作成しましょうパソコンが再起動したら、新しいパスワードでログインします。操作が円滑にできるように、新しいログインキーチェーンを作成しなくてはなりません。
    • 「新しいキーチェーンを作成する」というメッセージが表示されたら、クリックして画面上の指示に従いましょう。
    • メッセージが表示されなかった場合は、「アプリケーション」フォルダ、そして「ユーティリティ」フォルダを開きましょう。「キーチェーンアクセス」を開き、メニューから「環境設定」を選択します。「自分のデフォルトキーチェーンをリセット」をクリックして画面上の指示に従いましょう。

7
「パスワードをリセット」アシスタントを使ってMacのパスワードをリセットする

  1. 1
    復元用OSでパソコンを再起動しましょう。[6]FileVaultを使用している場合(この方法を行うには、FileVaultが有効になっている必要があります)、ログイン画面で「Macの電源ボタンを長押ししてシステム終了し、もう一度、復元用OSで起動できる」というようなメッセージが表示されるまで待ちます。電源ボタンを長押しし、数秒待ってから再び電源を入れましょう。
  2. 2
    復元用OSでインターネットに接続しましょう。LANケーブルを使ってインターネットに接続していれば、すでにインターネットに接続されるはずです。Wi-Fiで接続するには、マウスのポインタを画面の上部に移動して、Wi-Fiアイコンを表示させてクリックし、インターネットに接続しましょう。
  3. 3
    「パスワードをリセット」画面でオプションを選択しましょう。復元用OSからパソコンを起動すると、「パスワードをリセット」という文言の下に3つのオプションがある画面が表示されます。「パスワードを忘れた」を選択して、「次へ」をクリックしましょう。
  4. 4
    Apple IDとパスワードを入力して、iCloudにログインしましょう。ここで入力するのは、パソコンのログインに使用しているユーザー名とパスワードではなく、iCloud/Appleアカウントのパスワードです。ログインすると、復旧用OSがiCloudサーバーからパスワード復旧キーを取得します。
  5. 5
    パスワードをリセットしましょう。復旧キーをダウンロードできたら、パソコンのアカウントの新しいパスワードを入力します。パスワードを変更したら、「再起動」をクリックしてパソコンを再起動しましょう。パソコンが再起動すると、新しいパスワードでログインできるようになります。
  6. 6
    新しいログインキーチェーンを作成しましょう。「ログインキーチェーンのロックを解除できませんでした」というようなメッセージ(OS Xのバージョンによって、文言が異なる可能性があります)が表示された場合、「新しいキーチェーンを作成」をクリックします。指示に従い作業を行うと、メッセージが表示されなくなるはずです。キーチェーンのメッセージが表示されなかった場合は、ログインキーチェーンを手動で作成しなくてはなりません。「アプリケーション」フォルダに移動し、「ユーティリティー」、そして「キーチェーンアクセスを開く」を選択します。「環境設定」をクリックして、「自分のデフォルトキーチェーンをリセット」をクリックしましょう。

ポイント

  • パスワードのヒントを必ず設定し、機会があれば、パスワードリセットディスクを作成しておきましょう

記事の情報

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Access Your Computer if You Have Forgotten the Password, Русский: получить доступ к компьютеру, если вы забыли пароль, Español: acceder fácilmente a una computadora si has olvidado la contraseña, Português: Acessar um Computador Se Tiver Esquecido a Senha, Deutsch: Auf deinen Computer zugreifen wenn du das Passwort vergessen hast, Italiano: Accedere a un Computer se Hai Dimenticato la Password, Français: accéder à son ordinateur si on a oublié le mot de passe, Bahasa Indonesia: Mengakses Komputer saat Anda Lupa Kata Sandinya, Nederlands: Inloggen op je computer als je je wachtwoord niet meer weet, ไทย: ใช้คอมได้แม้ลืมรหัสผ่าน, Tiếng Việt: Truy cập máy tính khi quên mật khẩu, العربية: الوصول إلى جهاز الكمبيوتر عند نسيان كلمة المرور, 中文: 在忘记密码的情况下打开电脑

このページは 180 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?