この記事では、WindowsまたはMacで文字の大きさを変更する方法、および各ウェブブラウザで文字の大きさを変更する方法を解説します。

方法 1 の 6:
「Windows」の場合

  1. 1
    「スタート」
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左下にある「Windows」のロゴをクリックします。
  2. 2
    「設定」
    Windowssettings.pngというタイトルの画像
    を開く 
    「スタート」ウィンドウの左下にある歯車のアイコンをクリックします。
  3. 3
    システムをクリックする 「設定」ウィンドウの左上にある画面の形をしたアイコンのことです。
  4. 4
    ディスプレイをクリックする ウィンドウの左上にあります。
  5. 5
    「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」のドロップダウンボックスをクリックする 「設定」ウィンドウの中央付近にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  6. 6
    任意のテキストサイズを選択する ドロップダウンメニューが表示されたら、任意のテキストサイズに合わせたパーセンテージを選択します。
    • 選択可能な最小サイズは100%になります。
    • 一部のテキストは、パソコンを再起動するまで反映されないことがあります。
  7. 7
    「拡大鏡」を使用する(任意) 「拡大鏡」は、他の設定を変更することなく、画面に表示されている文字や画像を拡大して見えやすくする機能になります。
    • Win++を押して、「拡大鏡」を起動します(「スタート」にmagnifierと入力し、拡大鏡をクリックして、「拡大鏡」を開くこともできます)。
    • -をクリックすれば、最小「100%」まで縮小することができます。
    • +をクリックすれば、最大「1600%」まで拡大することができます。
    • 画面の端にカーソルを合わせて、画面を上下左右に動かします。
    広告

方法 2 の 6:
「Mac」の場合

  1. 1
    「Finder」
    Macfinder2.pngというタイトルの画像
    を開く 
    「Finder」アプリのアイコンをクリックします。このアイコンとは、「Dock」にある青い顔のようなアイコンのことです。
  2. 2
    表示メニューをクリックする 画面の左上にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    表示オプションを表示をクリックする ドロップダウンメニューにあります。クリックすると、ポップアップウィンドウが開きます。
  4. 4
    「テキストサイズ」のドロップダウンボックスをクリックする 「表示オプション」のポップアップウィンドウの上部付近にあります。
  5. 5
    任意のテキストサイズを選択する ドロップダウンメニューが表示されたら、任意のテキストサイズを選択します。
    • 「Finder」の表示形式を切り替える場合は、上記の手順をやり直す必要があります。
  6. 6
    サイドバーのアイコンサイズを変更する 「Finder」のサイドバーのアイコンサイズを変更する場合は、次の操作を行います。
  7. 7
    「ズーム機能」を使用する(任意) Macには、システム設定を変更せずに画面を拡大できる「アクセシビリティ」という機能があります。
    広告

方法 3 の 6:
「Google Chrome」の場合

  1. 1
    「Google Chrome」
    Android7chrome.pngというタイトルの画像
    を開く 
    「Google Chrome」アプリのアイコンをクリックまたはダブルクリックします。このアイコンとは、赤、黄、緑、青の4色からなる球体のようなアイコンのことです。
    • ウェブブラウザのメニューサイズを変更する場合は、「拡大鏡」(Windows)または「ズーム機能」(Mac)を使用する必要があるので注意しましょう。
  2. 2
    任意のウェブページのフォントサイズを変更してみる 任意のウェブページを拡大または縮小する必要がある場合は、キーボードショートカットを使って拡大または縮小しましょう。ただし、これは任意のウェブページにのみ適用されるため、ウェブブラウザのCookieを削除したら、サイズの再調整が必要になる場合があります。
    • 任意のウェブページに移動します。
    • Ctrl(Windows)または Command(Mac)を長押しします。
    • Ctrlまたは Commandを長押ししたまま、+を押せば拡大することができます。
    • Ctrlまたは Commandを長押ししたまま、-を押せば縮小することができます。
  3. 3
    をクリックする ウィンドウの右上にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  4. 4
    設定をクリックする ドロップダウンメニューの中央付近にあります。クリックすると、「設定」ページが開きます。
  5. 5
    画面を下にスクロールして、「フォントサイズ」のドロップダウンボックスをクリックする ページ上部の「デザイン」セクションにあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  6. 6
    任意のフォントサイズを選択する 任意のフォントサイズに合わせたオプション(例:)をドロップダウンメニューから選択します。
  7. 7
    「Google Chrome」を再起動する ウィンドウを閉じてから再度開いて、「Google Chrome」を再起動します。今後すべてのページに任意のフォントサイズが反映されます。
    広告

方法 4 の 6:
「Firefox」の場合

  1. 1
    「Firefox」を開く 「Firefox」アプリのアイコンをクリックまたはダブルクリックします。このアイコンとは、オレンジ色のきつねが巻き付いた青い地球のようなアイコンのことです。
    • ウェブブラウザのメニューサイズを変更する場合は、「拡大鏡」(Windows)または「ズーム機能」(Mac)を使用する必要があるので注意しましょう。
  2. 2
    任意のウェブページのフォントサイズを変更してみる 任意のウェブページを拡大または縮小する必要がある場合は、キーボードショートカットを使って拡大または縮小しましょう。ただし、これは任意のウェブページにのみ適用されるため、ウェブブラウザのCookieを削除したら、サイズの再調整が必要になる場合があります。
    • 任意のウェブページに移動します。
    • Ctrl(Windows)または Command(Mac)を長押しします。
    • Ctrlまたは Commandを長押ししたまま、+を押せば拡大することができます。
    • Ctrlまたは Commandを長押ししたまま、-を押せば縮小することができます。
  3. 3
    をクリックする ウィンドウの右上にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  4. 4
    オプションをクリックする ドロップダウンメニューにあります。クリックすると、「オプション」ページが開きます。
    • Macの場合は、ドロップダウンメニューから設定を選択しましょう。
  5. 5
    「言語と外観」セクションまでスクロールする 「オプション」ページの上部付近にあります。
  6. 6
    詳細設定...をクリックする 「言語と外観」セクションの右下にあります。クリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。
  7. 7
    「ウェブページが指定したフォントを優先する」のチェックボックスのチェックを外す ポップアップウィンドウの下部付近にあります。
  8. 8
    「最小フォントサイズ」のドロップダウンボックスをクリックする ポップアップウィンドウの中央にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  9. 9
    任意のフォントサイズを選択する 任意の最小フォントサイズをドロップダウンメニューから選択します。
  10. 10
    OKをクリックする ウィンドウの下部にあります。
    • 「24」より大きいサイズを選択すると、一部のページが表示できない場合があるという警告メッセージが表示されます。
  11. 11
    「Firefox」を再起動する ウィンドウを閉じてから再度開いて、「Firefox」を再起動します。これで、今後すべてのページに設定が反映されます。
    広告

方法 5 の 6:
「Microsoft Edge」の場合

  1. 1
    「Microsoft Edge」を開く 「Microsoft Edge」アプリのアイコンをクリックまたはダブルクリックします。このアイコンとは、「e」のような青色(または白色)のアイコンのことです。
    • ウェブブラウザのメニューサイズを変更する場合は、Windowsの「拡大鏡」を使用する必要があるので注意しましょう。
  2. 2
    をクリックする ウィンドウの右上にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    ページを拡大/縮小する ドロップダウンメニューの「拡大」セクションで、-アイコンをクリックして縮小するか、+アイコンをクリックして拡大します。
    • 「Microsoft Edge」は通常のウェブブラウザとは異なり、このメニューでウェブページのサイズを調整すると、当該ブラウザで訪問した他のウェブページにも反映されます。
    広告

方法 6 の 6:
「Safari」の場合

  1. 1
    「Safari」を開く 「Safari」アプリのアイコンをクリックまたはダブルクリックします。このアイコンとは、「Dock」にある青いコンパスのようなアイコンのことです。
    • ウェブブラウザのメニューサイズを変更する場合は、Macの「ズーム機能」を使用する必要があるので注意しましょう。
  2. 2
    任意のウェブページのフォントサイズを変更してみる 任意のウェブページを拡大または縮小する必要がある場合は、キーボードショートカットを使って拡大または縮小しましょう。ただし、これは任意のウェブページにのみ適用されるため、ウェブブラウザのCookieを削除したら、サイズの再調整が必要になる場合があります。
    • 任意のウェブページに移動します。
    • Ctrl(Windows)または Command(Mac)を長押しします。
    • Ctrlまたは Commandを長押ししたまま、+を押せば拡大することができます。
    • Ctrlまたは Commandを長押ししたまま、-を押せば縮小することができます。
    • 表示をクリックして、ドロップダウンメニューから実際のサイズを選択すれば、ウェブページが元のサイズに戻ります。
  3. 3
    Safariをクリックする 画面の左上にあるメニューのことです。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  4. 4
    環境設定...をクリックする Safariのドロップダウンメニューにあります。
  5. 5
    詳細タブをクリックする 「環境設定」ウィンドウの右上にあります。
  6. 6
    「これより小さいフォントサイズを使わない」のチェックボックスにチェックを入れる 「アクセシビリティ」セクションにあります。
  7. 7
    「9」と表示されたドロップダウンボックスをクリックする 「これより小さいフォントサイズを使わない」という文字列の右側にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  8. 8
    任意のフォントサイズを選択する ドロップダウンメニューから数字を選択して、既定のフォントサイズに設定します。
  9. 9
    「Safari」を再起動する ウィンドウを閉じてから再度開いて、「Safari」を再起動します。これで、フォントサイズの設定はブラウザ全体に反映されます。
    広告

ポイント

  • 「拡大鏡」(Windows)または「ズーム機能」(Mac)を使用すれば、各機能の設定をリセットすることなく、画面に表示されている文字や画像をすばやく拡大することができます。

広告

注意事項

  • 残念ながら、Windowsの「設定」メニューでは、画面に表示されている文字や画像を縮小することはできません。なお、「設定」メニューで選択可能な最小サイズは100%になります。
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

ファンクションキーを解除する

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

CPU温度を確認する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

パソコンのBIOS設定を変更する

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する

How to

HPでスクリーンショットを撮る

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: コンピューター
このページは 470 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告