パソコンのBIOSをアップデートする方法

パソコンのBIOS(Basic Input-Output System、ベーシック インプット-アウトプット システム)は、マザーボードに埋め込まれたソフトウェアです。電源を入れたとほぼ同時に、パソコンがCDドライブやマウス、キーボードを使えるように、最初に読み込むソフトウェアです。 この記事では、BIOSのアップデートがスムーズに行えるように、適切な事前対策を講じ、順を追って各ステップを説明します。パソコンによって処理が異なるのはもちろん、全てのパソコンが同じBIOSのメーカーを使用しているわけではありませんが、どのパソコンも手順や注意事項は同じようなものです。

ステップ

  1. 1
    現在のBIOSバージョンを見つける メーカーのウェブサイトにアクセスする際に、この情報が必要になります。
    • Windowsで「システム情報」アプリを開きます。Windows VistaやWindows 7では、検索バー(Windows XPでは、「ファイル名を指定して実行」)「msinfo32」と入力し、「システムの概要」をクリックします。
    • BIOSバージョンは、パソコンのプロセッサ速度の下に表示されます。バージョン番号と日付(表示されている場合)を書き留めましょう。
  2. 2
    システムの出どころを確認する 適切なBIOSアップデートバージョンをダウンロードする場所を特定するための重要な第一歩です。
    • 組み立て済みのシステムとして、パソコンを購入しましたか?または購入した部品からパソコンを組み立てましたか?例えば、Dellなどのバンドルシステムであれば、ウェブサイトを確認しましょう。独自に組み立てられたパソコンであれば、マザーボードのメーカーのウェブサイトにアクセスします。「ドライバーとダウンロード」のようなメニューを探しましょう。
    • 必ず、所有しているモデル向けのBIOSアップデートをダウンロードしましょう。アップデータが適切に記述されていなければ、BIOSが他のモデルのBIOSで上書きされてしまい、パソコンがただの置物になりかねません!
    • また、Read Meファイル(リードミーファイル、配布物の一般的な情報を記載したファイル)やその他の文書もダウンロードしましょう。そして、ファイルを読みましょう!BIOSのアップデートは、準備なしでとりあえずやってみるようなものではありません。ファイルの中には、アップデートの前に知っておくべき重要な注意事項が記載されている可能性があります。そのような情報を無視すると、1日を台無しにしてしまうかもしれません。
  3. 3
    最初に既存のBIOSをバックアップする Windowsやその他のOSで実行されるBIOSアップデートソフトウェアを使用する場合、まず既存のBIOSイメージをバックアップしましょう。ほとんどのBIOSアップデータには、バックアップ機能が備わっており(例えば、「保存」や「バックアップ」など)、まずバックアップを実行するように勧められます。メーカーのウェブサイトで推奨されているBIOSバックアップ方法に関する情報を確認しましょう。
  4. 4
    システムの準備を整える BIOSのアップデート処理中に停電が起きると、アップデートが危険な状態に陥ります。電力会社をコントロールすることはできませんが、停電の影響をコントロールすることはできます
    • ノートパソコンで更新を行う場合、まず、バッテリーが完全に充電されていることを確認します。そして、電源をコンセントに繋いで、バッテリーが切れないようにします。停電が発生しても、バッテリーによってパソコンは動作し続けます。
    • デスクトップパソコンで更新を行う場合、無停電電源装置(UPS)に電源を接続するのが最も良い方法です。ノートパソコンのバッテリーのように、真っ暗闇のなかでもUPSによってパソコンは動作し続けます。
  5. 5
    アップデートを実施する ダウンロードしたインストーラ、またはBIOSアップデートソフトウェアの.exeファイルを実行します。
    • ソフトウェアがフロッピーディスクの使用を要求した場合、フォーマット済み1.44MBの3.5インチフロッピーディスクを使用しましょう。ドライブに挿入し、システムを再起動して、フロッピーディスクからシステムを起動します。一部のフロッピーディスクのイメージには、「autoexec.bat」ファイルが含まれており、自動的にBIOSアップデートが実行されます。その他のフロッピーディスクには、アップデートソフトウェア、アップデート済みのBIOSイメージ、場合によっては、作業指示を含んだ「readme」テキストファイルが含まれています。作業指示ではなく、2つ以上のファイルが含まれている場合は、次の例に従います。例えば「A06_123.bin」と「awflash.exe」というファイルが含まれていれば、「awflash A06_123.bin」というコマンドを入力して、Enterキーを押します。このコマンドで、アップデートソフトウェアが実行され、A06_123.binファイルを使ってBIOSをフラッシュします。
    • 2つのバージョンを比較しましょう。ほとんどのBIOSアップデートソフトウェアは、既存のBIOSイメージを読み取って、バージョンを特定し、ダウンロードしたBIOSイメージと比較します。そして、システムの既存のBIOSが古ければ、アップデートを行います。BIOSソフトウェアのユーザーインターフェースは大きく異なる場合がありますが、通常はメニューボタンや「書き込み」、「更新」、「確認」などの選択肢でBIOSのアップデートを実行します。
  6. 6
    パソコンを再起動する アップデートが完了すると、多くのアップデートプログラムは、自動的にパソコンを再起動します。アップデータの中には、再起動する許可を求めるものや、アップデートの開始前に、再起動の警告を表示するものもあります。一部のアップデータでは、システムの電源のオンオフを自分で行う必要があります。システムの電源を切って、再び電源を入れる処理を手動で行う方法は次の通りです。
    • 電源ボタンを押すか、OSからの電源を落とす一連の処理を行い、パソコンの電源を完全に落とします。
    • 必要に応じて、パソコンの背面のマスター電源スイッチをオフにします。
    • 数分待ちます。
    • 必要に応じて、パソコンの背面のマスター電源スイッチをオンにします。
    • パソコンの電源を入れます。
  7. 7
    推奨される場合、既存のBIOS設定をクリアする この手順は必須ではなく、既存のバージョンとアップデートされたバージョン間で変更された機能によって必要な場合があります。クリアする方法は次のとおりです。
    • パソコンの電源が入った直後に、BIOSユーティリティの実行を開始します。ほとんどのシステムでは、電源を入れて2〜10秒以内にキーボードのDeleteキーを押すとユーティリティが開きます。システムによっては、F2、F10、CTRL、Enterなどの別のキーを使用する場合があります。
    • BIOSユーティリティーを開くキーの組み合わせがわからない場合は、画面にキーの組み合わせが表示されていないか確認しましょう。
    • BIOS設定をクリアするには、「Restore Defaults(初期設定に戻す)」や「Load Fail-Safe Defaults(フェールセーフなデフォルトを読み込む)」などのオプションを探しましょう。BIOSユーティリティのメインページやタブメニューの一番最後のページにあるかもしれません。矢印キーを使って移動し、画面上の指示に従いましょう。完了したら、設定を保存して、BIOSユーティリティを終了します。
  8. 8
    BIOSの設定を行う お好みの設定がある場合は、ここで変更しましょう。今までBIOS設定を全く変更したことがなければ、変更する必要はありません。ほとんどのパソコンは、デフォルトのBIOS設定で問題なく動作します。

ポイント

  • BIOSアップデートは、既知のバグの修復、新しいハードウェアや規格への対応、そして、機能の追加のためにリリースされる場合があります。BIOSアップデートに関するリリースノートやその他の文書を読み、アップデートすることでお使いのパソコンにメリットがあるかどうかを確認しましょう。
  • BIOSは、OSにハードウェアに関する情報を提供し、特定の範囲のコンポーネントをサポートするように設計されています。BIOS自体は、一般的に、「ファームウェア」でプログラムされた、EEPROM(データ内容を電気的に消去し、再度書き込みが可能なROM)で、ユーザの設定構成特有の僅かな情報を保存する機能があります。BIOSコンポーネントは、マザーボードにはんだ付けされていることが多く、ユーザーが交換などの修理を行うことはできません。他の部品はソケットに挿入することができ、新しい部品と簡単に交換することができます。
  • BIOSのファームウェアが破損し、同じCPUソケットと種類が同じBIOSチップを持つ類似のマザーボードを所有している場合、片方のBIOSチップを失っても構わなければ、破損したBIOSを復旧することができる可能性があります。
  • 現在、システムが正常に動作しているのであれば、重大な障害が発生し、(長期間におよび)アップデートが必要な場合のみ、BIOSアップデートを実行しましょう。多くの場合、システム・ビルダーやマザーボードのメーカーは、BIOSのアップデートに失敗したシステムやマザーボードを、保証期間内であれば修理してくれます。しかし、修理には時間がかかり、たいていの場合、次のような流れになります。
    • 技術サポートに連絡して、問題がBIOSアップデートに関連したものであることを確かめます。
    • RMA(返品保証)番号や類似の追跡番号を取得します。
    • 製品をビルダーまたはメーカーに発送します。
    • 承認(テスト)や修理、または交換を待ちます。
    • 送り返された製品の受け取りを待ちます。
  • 場合によってはBIOSをアップデートすると、一部のOS(Linuxディストリビューションの一部またはWindows 7以下)を起動不可能にしてしまうセキュアブートが有効になることがあります。自分でBIOSでセキュアブートを有効化したい場合があるかもしれません。また、ハードウェアの互換性の問題を引き起こす可能性があるUEFIを有効化するかもしれません。アップデートをする前に、ハードウェアとOSがBIOSアップデートしても問題なく動作することを必ず確認しましょう。

注意事項

  • 作業内容を100%理解していない限り、BIOSのアップデートは避けましょう。メーカーの指示と注意事項に従わないとBIOSも破損してしまう可能性があります。
  • 更新中の電力の変動がファームウェアに取り返しのつかないほど損傷を与える可能性があるため、更新処理は繊細なプロセスです。安全に更新を完了するためには、十分な注意を払う必要があります。
  • BIOSアップデートソフトウェアは、信頼できる提供元から取得しましょう。メーカーのウェブサイト以外からのBIOSダウンロードには、危険が伴います。例えば、同じBIOSソフトウェアデベロッパーでも、あるメーカーのマザーボード向けのバージョンは、別のメーカーのマザーボードでは動作しない可能性があります。間違ったBIOSやバージョンの使用で、マザーボードがブロックされる場合があり、それによって、メーカーによるBIOSの交換やBIOSの再プログラミングが必要になり、作業が完了するまでパソコンが起動できなくなってしまいます。
  • BIOSをアップデートする際は、電源供給が安定していることを確認しましょう。アップデート処理中に大きな変動や電力損失が発生すると、BIOSが破損する可能性があります。したがって、BIOSをアップデートするときは、絶対にPCをリセットしたり、電源を切ったりしてはいけません。起動済みのOSからBIOSをアップデートする場合は、まず不要なアプリケーションとバックグラウンドプロセスをすべて無効にします。

出典と引用

記事の情報

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Update Your Computer's BIOS, Italiano: Aggiornare il BIOS del Tuo Computer, Español: actualizar la bios, Deutsch: Das BIOS des Computers aktualisieren, Português: Atualizar a BIOS do Computador, Français: mettre à jour le BIOS de votre ordinateur, 中文: 更新计算机的BIOS, Русский: обновить BIOS на своем компьютере, Bahasa Indonesia: Melakukan Update BIOS Komputer, हिन्दी: बायोस को अपडेट करें, العربية: تحديث إعدادات BIOS الخاصة بجهاز الكمبيوتر, Nederlands: Het BIOS van je computer updaten, Čeština: Jak aktualizovat BIOS počítače, Tiếng Việt: Cập nhật BIOS Máy tính, ไทย: อัพเดท BIOS ของคอมพิวเตอร์

このページは 601 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?