PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、パソコン、スマートフォンあるいはタブレットで、画面内の選択可能なテキストや画像などを一度に全て選択する方法を紹介します。選択できる物の数は画面の表示内容や使用している端末がパソコンなのかモバイル端末であるのかなどによって異なりますが、多くの場合、全選択の方法は比較的単純です。

方法 1
方法 1 の 4:
Windows

  1. 1
    キーボードのショートカットキーを利用する パソコンの任意の画面やページ上で、いくつかのキーを同時に押せば、選択可能な物を全選択することができます。
    • 全選択したい画面やページをクリックします。
    • CtrlAを同時に押します。
  2. 2
    Windowsエクスプローラーを利用する ファイルエクスプローラー画面(例:[ドキュメント]、[PC])を開いている場合は、画面左上にあるメニューから全選択を行うことができます。
    • 画面左側から全選択を行いたいファイルなどが入っているフォルダを選択します。
    • 画面左上にある[ホーム]をクリックします。
    • 画面一番上のツールバーの[選択]の項目内にある[すべて選択]をクリックします。
  3. 3
    右クリックのドロップダウンメニューを利用する 右クリックボタンが付いているマウスを使っている場合は、ほとんどのテキストファイルやウェブページで、右クリックをしてドロップダウンメニューを表示し、[すべて選択]をクリックすれば全選択することができます。
    • マウスに右クリックボタンが付いていない場合は、マウスのトラックパッドボタンやパソコンのトラックパッドを二本の指でタップして、ドロップダウンメニューを表示しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
Mac

  1. 1
    キーボードのショートカットキーを利用する パソコンの任意の画面やページ上で、いくつかのキーを同時に押せば、選択可能な物を全選択することができます。
    • 全選択したい画面やページをクリックします。
    • CommandAを同時に押します。
  2. 2
    編集 メニューを利用する 全選択したい物があるページを開き、画面左上にある[編集]をクリックしたら、ドロップダウンメニュー内の[すべてを選択]をクリックします。
    • [すべてを選択]がグレー表示になっている場合は、そのページにある物を全選択することはできません。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
iPhone

  1. 1
    テキストを入力するアプリを開く 通常のiPhoneの画面(例:設定アプリ内、ホーム画面上)では、全選択することはできませんが、メモやWordアプリの画面上では全選択をすることができます。
    • この方法はメッセージアプリに入力したテキストにも有効です。
  2. 2
    ページをタップする タップしたページにカーソルが合います。
  3. 3
    テキストの一部を長押しする テキストの一部をしばらく押したままにすると、拡大鏡が表示されます。
  4. 4
    画面から指を離す 拡大鏡が表示されたら、画面から指を離すことができます。このとき、テキストの上にポップアップバーが表示されます。
  5. 5
    全選択をタップする ポップアップバー内にある[全選択]をタップすると、ページ内のテキストを全選択することができます。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
Android

  1. 1
    テキスト入力欄があるアプリを開く [すべて選択]機能が使えるのは、自分で入力したテキストのみです。
    • 例えば、Word文書であればこの機能を利用できます。
  2. 2
    テキスト入力欄をタップする テキスト入力欄にカーソルが合います。
  3. 3
    選択したいテキストを長押しする 選択したいテキストをしばらく押し続けると、画面上部(またはテキストの上)にメニューが表示されます。
  4. 4
    すべて選択をタップする [すべて選択]は画面一番上にあります。これをタップすると、ページ内のテキストが全て選択されます。
    • [すべて選択]ボタンは、大きな四角形の中に小さな四角形が4つ配置された形をしている場合もあります。
    • アプリによっては、[すべて選択]機能の表記が異なる場合もあります。
    広告

ポイント

  • 「全選択」と「コピー&ペースト」を併用することで、 テキスト、ファイル、フォルダなどを扱う際に、効率よく作業することができるようになります。
広告

注意事項

  • 大量のコンテンツを全選択すると(とりわけ、選択直後にコピーを行うと)、ブラウザがクラッシュする原因となる場合があります。ブラウザに表示されている大量のコンテンツを選択する場合は、これに注意しながら選択しましょう。
広告

関連記事

USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
Spotifyの再生時間を確認するSpotifyの再生時間を確認する
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
充電器なしでノートパソコンのバッテリーを充電する充電器を忘れたときに代用してノートパソコンを充電する方法4選
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
Webページの画面をコピーするWebページの画面をコピーする
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
2台のモニターを設定する2台のモニターを設定する
iPhoneでApple IDの主電話番号を変更するiPhoneでApple IDの主電話番号を変更する
パソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧するパソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧する
7 Zipでファイルを高圧縮する7 Zipでファイルを高圧縮する
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
Nintendo SwitchをDiscordに配信するNintendo SwitchをDiscordに配信する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は5,528回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 5,528 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告