PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、光学式マウスの手入れ方法を紹介します。光学式マウスの底面には位置の変化を感知するライトが付いています。最低でも月に1度手入れをすれば、マウスの動きが遅れたり、動作の不具合やクリックができなくなるなどの問題が軽減されるでしょう。

ステップ

  1. 1
    必要な道具を揃える 光学式マウスをきれいにするには、下記のアイテムが必要になります。
    • 綿棒またはマイクロファイバークロス これはマウスの汚れを落とすのに必要です。綿棒を使用すると繊維が残る場合があるため、可能であればマイクロファイバークロスを使用しましょう。
    • イソプロピルアルコール これは汚れ落としと消毒用です。その他の洗浄剤(ガラスクリーナーなど)を使用してはいけません。イソプロピルアルコールがなければ、水を使いましょう。
    • 乾燥している清潔な布 埃を取って水気を拭き取ります。
    • つまようじ マウス周辺の隙間についている埃やその他の汚れを取り除きます。
    • ドライバー マウスの上部を開けるために使用します。マウスのマニュアルや型番をインターネットで検索し、マウスを分解する際の特定要件を確認しましょう。
    • ピンセット これは必要に応じて使用しますが、繊細な箇所(マウスの回路基板など)からゴミなどを取り除く場合に便利です。
  2. 2
    パソコンから光学式マウスを取り外す マウスを取り外しておくと、誤って電気部品に触れた場合に感電せずにすみ、マウス付近で液体をこぼしてもショートしないでしょう。
    • 電池式のマウスの場合は、作業を続ける前に電池を外しておきましょう。
  3. 3
    乾いた布でマウス全体をきれいに拭く この作業で、マウスの外側についている余分な埃や汚れを取り除きます。マウスがベタついていたり特に埃っぽい場合は、布を水で濡らしてもよいでしょう。
  4. 4
    マウス本体の隙間につまようじを入れて動かす こうすると、トラブルの原因となっている可能性のある汚れを取り出すことができるでしょう。
    • 例えばボタンの下でつまようじを動かせば、ボタンを下まで押し下げる妨げとなっている汚れを取り出せるかもしれません。
  5. 5
    マウスを裏返す 裏面には下記の部分があります。
    • マウスソール これはマウスの裏側の角または端についている小さいゴム製パッドです。
    • センサー これはプラスチックまたはガラスで覆われている赤または緑のライトです。
  6. 6
    残りの汚れを取り除く 最初に拭いた時に取り除けなかった汚れなどをつまようじで取り出しましょう。
  7. 7
    綿棒か布をイソプロピルアルコールに浸す これを使ってマウスの汚れている部分をしっかりと拭きましょう。
  8. 8
    綿棒または布についている余分なアルコールを絞る 使用する手入れ用の綿棒または布は軽く湿らせる程度にして、アルコールが垂れない状態にします。
  9. 9
    埃っぽい箇所や汚れた箇所を軽く拭く 下記の部分をきれいにしましょう。
    • マウスソール
    • マウスの側面
    • つまようじで手入れをした隙間
  10. 10
    清潔な綿棒または布のきれいな面にアルコールをつける 1箇所から別の箇所に移る度に綿棒や布の清潔な面を使用することが非常に重要です。
  11. 11
    マウスのセンサーを優しく拭く センサーは強くこすらず、綿棒の先端またはマイクロファイバークロスの角で軽くこすります。こうすると、マウスの動きを妨げている残りの汚れやゴミなどが落ちるでしょう。
  12. 12
    アルコールを乾燥させる イソプロピルアルコールは数分で蒸発するでしょう。乾くのにそれ以上時間がかかるようであれば、乾燥している綿棒かマイクロファイバークロスで余分なアルコールを拭き取りましょう。
  13. 13
    マウスの上部を取り外す マウスの製造メーカーによって取り外し方が異なります。一部のマウスは上部が簡単に取り外せるようになっていますが、他の種類のマウスは取り外す際にドライバーが必要になります。マウスのマニュアルか型番をインターネットで検索し、マウスの正しい分解方法を確認しましょう。
  14. 14
    新しい綿棒か布にアルコールをつけ、ボタンの内側をきれいに拭く マウス上部の内側には皮膚や食べかす、埃、髪の毛、その他にもいろいろなものがたまりやすいため、ボタンなどを念入りに掃除して可能な限りの汚れを落としましょう。
  15. 15
    内部から異物を全て取り除く 髪の毛や細かい埃などが見つかりそうな場所は下記のとおりです。
    • マウスのホイール
    • 回路基板の上部(この部分にはピンセットを使用しましょう)
    • マウス本体の前面の部分
  16. 16
    全てが乾燥したら元通りに組み立てる 全てをきれいに拭き、5~10分経過してからマウスを元の状態に組み立て、最終確認をします。この時点で完全にきれいになっているでしょう。
  17. 17
    マウスパッドをきれいにする マウスがどれ程きれいになってもマウスパッドが汚れていれば、マウスの動作が不安定になり、動きがおかしくなるでしょう。マウスパッドは濡らした布できれいに拭くか、エチケットブラシやローラーで髪の毛や埃を取り除きましょう。
    • エチケットローラーを使用する際は、粘着が残らないように手入れ後にマウスパッドをきれいに拭く必要があるかもしれません。
    広告

ポイント

  • 安価な光学式マウスの場合、クリックができなくなったり正しく動作しなくなった時には新品のマウスの購入を検討しましょう。
  • 高級な光学式マウス(ゲーム用に主に使用されるRazor製品など)の場合は自分でマウスを分解するよりも修理専門店に持ち込むほうがよいかもしれません。高級なマウスは、簡素な同等のマウスよりも内部の構造が複雑になっています。
広告

注意事項

  • マウス周辺でイソプロピルアルコールを含む液体類を使用する際は注意しましょう。マウスに余分な液体がかかると破損してしまいます。
広告

関連記事

キーボードのリセットキーボードのリセット
ロジクールのウェブカメラをインストールするロジクールのウェブカメラをインストールする
HP Pavilionのキーボードライトを点灯させるHP Pavilionのキーボードライトを点灯させる
キーボードからキーを外すキーボードからキーを外す
Ubuntuでキーボードレイアウトを変更するUbuntuでキーボードレイアウトを変更する
ブート可能なUSBメモリを作成するブート可能なUSBメモリを作成する
グラフィックボードのドライバーを更新するグラフィックボードのドライバーを更新する
Windowsでワイヤレスアダプターを手動でリセットするWindowsでワイヤレスアダプターを手動でリセットする
読み取り専用のUSBメモリをフォーマットする読み取り専用のUSBメモリをフォーマットする
USBフラッシュドライブをRAMとして使うUSBフラッシュドライブをRAMとして使う
マウスの感度を変えるマウスの感度を変える
ハードディスクドライブを増設するハードディスクドライブを増設する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 893 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告