パッチワーク・キルトは楽しみながら実用的に余暇を過ごすのに適しています。独創性を発揮したブランケットに仕上げて、寒い夜に使用したり子や孫に代々受け継ぐこともできます。基本的なパッチワーク・キルトを作る方法を覚えて、友人や家族に作品を披露しましょう。

パート 1 の 4:
道具をそろえる

  1. 1
    切る道具を選びます。均一で左右対称のキルトを作るには、まず布を正確に切ることが大切です。キルトに適したカッターを使用すると、仕上げりがきれいになるだけでなく、初心者にも早く簡単に切れるので作業がはかどります。普通の裁縫用ハサミを使用することもできますが、ロータリーカッターを使用すると早くて簡単です。
    • ロータリーカッターには様々なサイズがありますが、初心者には中くらいのサイズが扱いやすいでしょう。
    • 普通のハサミを使用する場合は、よく切れるものを使用し布に引っかからないように注意しましょう。
  2. 2
    カッティングマットを用意します。普段使うテーブルの上で布を切ると、テーブルを傷つけたりまっすぐに切れないことがあります。キズを自己修復する「セルフヒーリング」素材でできたカッティングマットを使用すると便利です。目盛りがついているので、布を揃えたり角を正確に切ることができます。
  3. 3
    定規を使います。キルトには長く幅広の定規が適しています。幅は10cm、長さは60cmくらいで透明な定規を用意しましょう。定規とカッティングマットで布を挟むと正確に切ることができます。小さな作品を作る場合は、幅が10cm、長さが30cm位の定規でもかまいません。
  4. 4
    基本的な裁縫道具を揃えましょう。マチ針、安全ピン、リッパーなど、裁縫に便利な道具があります。手芸品店などで取り扱っています。キルトでは、特にマチ針と安全ピンを多く使用するので用意しておきましょう。
  5. 5
    糸を選びます。糸はどれも同じだと思われがちですが、色や素材に多くの種類があります。あまり安い糸は切れやすく、洗濯するとけば立つことがあるので気を付けましょう。質の良いコットンの糸が適しています。白、黄褐色、グレーなど無彩色の糸は汎用性があり便利です。
  6. 6
    布を選びます。パッチワーク・キルトで最も重要な手順です。布には膨大な種類があるので、選ぶのは気の遠くなるような作業かもしれません。ポリエステル、ポリエステルとコットンの混紡素材なども使用できますが、コットン100%が基本のキルトに最も適した素材です。キルトトップ用に数種類、縁取り用と裏布用に1~2種類の布を選びましょう。
    • 色とサイズを考えます。組み合わせる色や柄の種類を検討します。大柄・小柄をバランスよく取り入れて、同色系の色を組み合わせましょう。
    • 想像力を発揮して布を選びます。手芸店の布だけでなく、アンティークのテーブルクロスやベッドシーツなどをリサイクルショップなどで探してみましょう。
    • キルトの裏地は、キルトトップやキルト芯よりサイズが大きくなるので、十分に足りる長さを用意する必要があります。
  7. 7
    キルト芯を用意します。キルト芯(キルト綿、バッティングと呼ばれることもあります)とは、ふっくらとした素材でキルトに暖かさを持たせるものです。キルトトップ(表)と裏地の間に挟みます。キルト芯にはコットン、ポリエステル、綿混、竹繊維、接着芯地など様々な素材で作られたものがあります。また、厚みも薄手、中厚手、厚手などがあります。
    • ポリエステルのキルト芯は伸びやすく、使用するうちに端に広がってしまい、接着芯地はしわがよることがあります。初心者にはコットン、綿混,竹繊維などが扱いやすいでしょう。
    • ベッドカバーなど大きなキルトを作る場合は厚手のキルト芯が適しています。小さめのキルトに厚みはそれほど必要ありませんが、暖かいブランケットを作るには、厚いキルト芯を使いましょう。[1]
  8. 8
    ミシンを使います。手縫いで作ることもできますが、非常に時間がかかるので初心者には大変です。直線縫いのできるシンプルなミシンで十分です。ミシンで縫うと作業がはかどります。念のため予備のミシン針を多めに用意しておきましょう。
  9. 9
    アイロンを用意します。キルト作成の過程で度々アイロンをかける必要があります。できればスチーム機能の付いたアイロンを用意しましょう。高価なアイロンは必要ないので、リサイクルショップなどで探してみましょう。[2]
  10. 10
    パターンを考えます。必ずしもパターンを使う必要はありませんが、基本的なパターンに従って作ると簡単なこともあります。インターネットには無料のキルトパターンもあり、キルトパターン集は手芸店で扱っています。自分でパターンとサイズをデザインする場合は、方眼紙と鉛筆が必要です。
    • パターンを使用しない場合でも、デザインの簡単な完成図を描いてからキルトの作成を始めましょう。
    • 四角つなぎのブランケットは、初心者に適したキルトです。各ピースを大きくすると小さいピースより簡単に作れます。
    広告

パート 2 の 4:
キルトを作る

  1. 1
    布を洗います。この作業を省く人が多くいますが、布の中には洗うと縮んだり色が染みる素材もあるので、完成してから初めて洗うとキルトが台無しなる恐れがあります。高品質の布は縮みや色染みが少ないかもしれませんが、品質に関わらず作業前に布を洗うと安心です。また、洗うと布についたほこりや汚れを落とせます。
  2. 2
    アイロンをかけます。しわがあると切りづらいので、生地にアイロンをかけておきましょう。スチーム機能が付いていれば使用します。キルト芯にアイロンをかける必要はありません。キルトの表に使用する布と裏地にアイロンをかけます。
  3. 3
    寸法を測ります。完成品のサイズから逆算して、各ピースのサイズを決めましょう。それぞれのピースをつなぎ合わせるのに7㎜の「縫いしろ」が必要になるので注意が必要です。各ピースの周囲に7㎜の縫いしろをつけます。10cm角のピースを作るには、各ピースを11.4cm×11.4cmに裁断します。追加した1.4cm分が縫いしろになります。
    • 特定のパターンに従って作る場合を除き、基本的にキルトや各ピースのサイズは自由です。自分のレベルに合った大きさで各ピースを作りましょう。
    • 必要に応じて、ピースを切る前に裁縫用の消えるペンなどで印付けをしましょう。
  4. 4
    ピースを裁断します。まず、キルトトップの各ピースを裁断します。カッティングマットの上に布を広げ、透明な定規で押さえます。ロータリカッターでカッティングマットのライン上を正確に切りましょう。「2回測って、切るのは1度きり」(念には念を入れて)ということわざのとおり、切る時に間違えないように気を付けましょう。
  5. 5
    各ピースを広げます。ピースの並べ方を考えてキルトをデザインする楽しい手順です。切ったピースを並べましょう。広いスペースが必要になるので、床に広げて作業しましょう。思い通りのパターンになるように各ピースを並べます。何度でも並べ直して、好みのデザインを決めましょう。
    • 必要に応じて柄や色を変更できます。切った四角のピースを新しい柄や色のピースに差し替えましょう。
    • 並び順を忘れないように、付箋やチャコペンなどで各ピースに印をつけます。
  6. 6
    各列のピースを重ねます。大きなキルトのピースを床に広げたままだと不便なので、各列のピースを順に重ねましょう。列の左から右に順番になるように重ねます。各列の一番上のピースに付箋などで列の順番を記しておきましょう。
    広告

パート 3 の 4:
縫い合わせる

  1. 1
    列を縫います。まず各列のピースを縫い合わせます。列の一番端のピースとその次のピースを縫い合わせます。2つの四角いピースを中表に合わせます。ミシンの直線縫いで0.7mmの縫いしろを取りながら縫います。同様に、次のピースを2番目のピースに縫いつけます。各列のピースを縫い合わせ、細長い帯状の列を作ります。
    • ピースを待ち針でとめると、縫うときにずれません。
    • 縫いしろの幅を揃えると完成した時にピースがずれることなく、きれいに仕上がります。各ピースの縫いしろが正確に0.7mmになるように縫いましょう。
  2. 2
    列にアイロンをかけます。ピースを縫い合わせた裏側は、縫いしろが2重になっています。完成したキルトが平らになるように、縫いしろにアイロンをかけます。縫いしろが逆方向へ倒れるようにアイロンをかけます。例えば1列目は右側に縫いしろを倒したら、2列目は左側に、3列目は右側に倒しましょう。
  3. 3
    列を縫い合わせます。四角いピースを縫い合わせたのと同じ要領で、列を縫います。隣同志の列を中表に合わせます。0.7mm の縫いしろをとって縫い合わせます。同じ要領で列を縫い合わせていき、キルトトップを完成させます。
    • 列ごとのピースが少しずれてしまってもかまいません。多少の間違いがあっても素敵に仕上がるでしょう。
  4. 4
    キルトトップにアイロンをかけます。キルトトップを裏返します。列にアイロンをかけたのと同じ要領で、縫いしろを倒しながら全体にアイロンをかけます。縫いしろを列ごとに逆向きに倒します。1列目は左へ、2列目は右へ、3列目は左へ倒して平らになるようにアイロンをかけましょう。丁寧にアイロンをかけるとキルトを縫い合わせるのが簡単です。[3]
    広告

パート 4 の 4:
キルトをまとめる

  1. 1
    残りの布を裁断します。キルトトップが仕上がったら裏地とキルト芯を切りましょう。縫い合わせるときに多少ずれることがあるので、裏地とキルト芯は余裕をもたせてキルトトップより少し大きめに裁断します。キルト芯と裏地がキルトトップより5~8cmくらい大きくなるように切りましょう。
  2. 2
    キルトをしつけます。縫う前にキルト全体をまとめて針でしつけましょう。しつけには2つの方法があります。安全ピンでキルトトップ、キルト芯、裏地をとめて固定する方法と、スプレー糊で固定する方法です。完成形のとおりに重ねます。裏地は表が下になるように置き、その上にキルト芯、キルトトップは表が上を向くように重ねましょう。端を揃え、しわをのばして重ねます。中央から外側に向かってしわを伸ばしましょう。
    • スプレー糊を使用する場合は、1層ずつ軽くスプレーして重ねます。各層が接着してから布を整えましょう。
    • 安全ピンで固定する場合は、まず生地の中心をとめ、中央から外側に向かってとめていきます。
    • 必要に応じて、安全ピンとスプレー糊両方を使います。スプレー糊で固定した後に安全ピンでとめるとずれにくくなるでしょう。
  3. 3
    全体を縫い合わせます。キルトの中心から外側に縫うと、余分な布を外側へ押しながら整えることができ、中央部分で布がもたつきません。キルトの層を縫い合わせるには、ピースの際を縫う方法、各ピースに作った縫いしろの内側や近くを縫う方法があります。ミシンで各ピースを斜めに縫ったり、自由な縫い目でキルティングすることもできます。[4]
    • 必要に応じて裁縫用の消えるペンなどでしるしをつけると、キルトラインを正確に縫うことができます。
    • キルト全体に縫い目が多いほど仕上がりがしっかりします。縫い目が多いと、キルト芯が動いて特定の個所にたまるのを防げます。
    • キルト全体を縫い合わせた後に、囲むように端を縫うとキルトがしっかりします。
  4. 4
    バインディング用の布を裁断します。キルトの端をくるんで始末すると、ほつれることなくきれいに仕上がります。布を縦や横に切って使用することもできますが、斜めに切ると伸縮性が出ます。7.5cm幅でキルト全体を1周囲めるくらいの長さ(布を継ぎ足す必要もあります)になるように帯状に切ります。必要に応じて帯を縫い合わせ、キルトの四方と同じ長さの帯を4本作ります。
  5. 5
    バインディング布にアイロンをかけます。継ぎ足して十分な長さの帯を作ったら、縫いしろにアイロンをかけて平らにします。その後、帯の幅を半分に折りアイロンをかけます。帯の幅の真ん中に折り目が付きます。
  6. 6
    バインディング布をピンでとめます。キルトトップの左右(または上下)にバインディング布をピンでとめます。端をキルトトップの端に揃えて、中表に(バイアス布の裏側が上を向くように)とめます。ピンを多く使って、しっかりとめましょう。
  7. 7
    バインディングをキルトの表に縫いつけます。キルトとバインディング布を2.5cmの縫いしろで縫い合わせていきます。キルトトップの左右(または上下)同様に縫い、2辺にバインディングが裏を上についた状態にします。その後、バインディング布をキルトの外側に倒してバインディング布の表が見える状態にします。
  8. 8
    残りのバインディング布を縫います。残りの2枚をキルトトップに縫い付けます。左右(または上下)に縫い付けたのと同じ要領で縫いしろ2.5cmをとって縫います。バインディング布を外側に折り曲げ、表が見える状態にします。
  9. 9
    バインディング布でキルトの端をつつみます。キルトを裏返しましょう。バインディング布の端がキルトの4辺からきちんと出ていることを確認します。まず、1辺から始めます。バインディング布を折って端とキルトの端を合わせます。バインディング布の残りの部分でキルトの端を覆うようにつつみます。バインディング布にアイロンをかけ、まち針などでしっかりととめます。残りの3辺も同じ要領で行います。
  10. 10
    バインディングを仕上げます。バインディング布をキルトの裏に縫い付けると、表に縫い目が出てしまいます。縫い目が目立たないようにつけるには2つの方法があります。透明糸で縫う方法と、かがり縫いやはしごかがり縫いなど手縫いでキルトの3層を貫通しないように気を付けながら縫い付ける方法があります。バインディング布をキルトに縫いつける際は、角がつくように、縫い目が均一になるように気を付けます。[5]
  11. 11
    仕上げます。バインディングが終わったらキルトの完成です。完成したキルトを洗うと、柔らかくなりビンテージ感が出ます。洗わずにそのまま使用することもできます。
    広告

ポイント

  • バインディングを簡単にするには、裏布をキルトトップより5cm大きく裁断します。裏地をキルトトップにかぶせるように折り、端2.5cmを中に折り込み3つ折りにしてピンでとめます。キルトの長い辺を先に行いましょう。上から飾り縫いで縫い付けていきます。他の2辺も同様に、角は額縁縫いにします。
  • 古いTシャツなど伸縮性のある素材を使用する際は、伸縮を抑える製品をアイロンで取り付けてから使用します。伸縮性のある素材はキルトに適しません。
  • キルトや素材を洗濯する際、色移り防止シートを使用すると色移りの心配がありません。
  • 大きなキルトを作る前に練習用に小さい作品を作りましょう。
  • 綿モスリンはキルトの裏地に適した素材です。布幅が広いので継ぎはぐ必要がなく、コットン素材なので、キルトトップの色に合わせて染めることもできます。
  • ミシンの押さえに、布の送り機能が付いたアタッチメントを使用すると便利です。ガイド定規がついているので縫いしろを正確に縫うことができ、布送りがスムーズでミシン針を折る心配もありません。
  • 手縫いでキルトを作成する場合、玉止めをキルト芯に隠す方法があります。糸の終わりかけやキルトの終わりの部分で、布の表面近くで玉止めをします。針をキルトにもう一度通してきつく引っ張ると玉止め部分がキルトの内側に隠れます。その後、糸を表面近くで切るとほつれることもなく、きれいに玉止めを隠すことができます。
  • キルトの作成にキルトフレームを使用すると便利です。大きな刺繍枠のような製品でスタンドがついています。布をピンと張った状態で縫うことができるので、しわがよる心配がなく、スタンドがついているのでひざの高さで固定できます。数時間作業を続けると、キルトが重く感じるくらい疲れるので、このような道具を使うと楽に作業できるでしょう。

広告

注意事項

  • 裁縫中、特に手縫いでキルトを制作する場合は時々休憩しましょう。適宜休憩して、腰痛や誤って針で指をさしたりする事故を防ぎます。
  • 裁縫用のチョークでキルトトップに印付けをする際は、前もってあまり布などで試しましょう。素材によっては染みることがあります。
  • レーヨンやポリエステルなど人工的な素材は、しわの心配をせずにキルトを作れますが、通気性の悪い素材(かけて寝ると汗をかいたり窒息しそうになるような素材)です。実用的なキルトにはコットンなど天然の素材を使用するのが最適で、人工的な素材はアップリケなど装飾として部分的に使用するか、装飾用のキルトに使用するのが適当です。
  • 手縫いでキルトを作成すると完成までに長い時間が必要です。自分で最後まで仕上げる代わりに、仕上げを外注する方法もあります。ピースをつなぎ合わせたキルトトップを渡すと、仕上げてくれる専門業者がいます。
広告

関連記事

How to

服に開いた穴を補修する

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

漂白剤でタイダイ染めする

How to

ミイラのコスチュームを作る

How to

Tシャツでタンクトップを作る

How to

ジーンズの裾上げをする

How to

編み目を止める

How to

マフラーを編む

How to

ウエストの測定

How to

素早く簡単にシャツをタイダイ染めする

How to

古いジーンズからデニムスカートを作る

How to

体のサイズを測る

How to

伸びたセーターを元に戻す

How to

パンツの採寸
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む50人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,111回アクセスされました。
このページは 2,111 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告