パンケーキは人気のある朝食メニューです。基本をマスターすれば、いろいろなアレンジが楽しめます。この記事では、美味しいパンケーキの作り方を紹介しましょう。

材料

直径約25センチのパンケーキ約8枚分(必要に応じて、分量を調整しましょう。)

  • 薄力粉5カップ(約500g)
  • 卵2~3個
  • 牛乳1 3/4カップ(350ml)
  • ベーキングパウダー小さじ3杯半
  • バターあるいは植物油大さじ2
  • 砂糖大さじ5
  • バニラエッセンス小さじ1/2(好みで)
  • 塩ひとつまみ

方法 1 の 1:
パンケーキのレシピ

  1. 1
    卵をボールに割り入れ、クリーム状になるまでかき混ぜる 小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖を加えます。ただし、ここではまだ混ぜません。
  2. 2
    バターを耐熱容器に入れて電子レンジにかける 1分間ほど加熱すれば完全に溶けるでしょう。
  3. 3
    溶かしたバターと牛乳を1に加える 小麦粉がぽろぽろした小さな塊状になるまで、優しくかき混ぜます。ダマがなくなるまで完全に混ぜてしまうと、パンケーキがあまり膨らまず、薄くて硬い仕上がりになります。
  4. 4
    フライパンを中火にかける 生地がこびりつかないように、フライパンには油かバターを薄くひきます。
  5. 5
    水を数滴落として、フライパンの温度を確認する フライパンの上で水滴が躍るか音を立てて跳ね上がるようであれば適温です。
  6. 6
    パンケーキの種をフライパンに落とす 大きなスプーンやピッチャーを使って、大さじ3から1/3カップの種を流し入れましょう。パンケーキの仕上がりサイズは、このときに流し入れる種の量によって決まります。はじめは少量を入れ、様子を見ながら少しずつ追加しましょう。
  7. 7
    パンケーキが黄金色になるまで2分ほど焼く 気泡ができて端の方からはじけます。はじけた後の穴がすぐに閉じることなく、生地に残るようであれば、丁寧にパンケーキを裏返します。
  8. 8
    裏側も黄金色になるまで焼いて、フライパンからおろす 両面をさらに30秒ほど焼けば、こんがりきつね色のパンケーキになります。
  9. 9
    完成 バター、ピーナッツバター、シロップ、ゼリー、チョコレートチップ、クッキー、キャンディークランブル、果物などを添えると、楽しさが広がります。今まで味わったことがないくらいに美味しいパンケーキの完成です。
    広告

ポイント

  • すぐに食べないときは、パンケーキを皿に載せ、ペーパータオルで覆っておきます。
  • 薄くて小さなパンケーキにチーズやジャム、チョコレート、果物、キャンディーなどを挟むと、美味しいおやつになります。
  • パンケーキをフライパンから下ろす前に、シナモンシュガーを振りかけましょう。焼き上がったものを端から巻くと、「クレープもどき」の完成です。
  • 甘党の方は、シロップ、たっぷりの砂糖、チョコレートやハチミツをかけるといいでしょう。
  • 砂糖の代わりに甘味料を使っても構いません。コーヒーを加えるとさらに風味が増します。
  • パンケーキを甘く仕上げるには、生地にバニラエッセンスを少々加えます。
  • 焼き上がったパンケーキにトッピングする代わりに、生地そのものに食材を加えて焼くこともできます。次のようなアレンジを試してみましょう。
    • チョコレートチップ(ダーク、ホワイトともに可)
    • バナナ、ブルーベリー、サクランボ、イチゴなどの果物
    • カリカリベーコン、おろしたチーズ(少量)、お好みのナッツ、シナモンなどのさまざまなスパイス
  • 文化圏によって、さまざまな種類のパンケーキのレシピがあるので、いくつか紹介します。
    • ベーキングパウダーを使わない場合は、牛乳と一緒にビール(味も少し変わります)か炭酸水を入れるとよく膨らみます。
    • 液体系(牛乳、炭酸水、ビール)と粉系(小麦粉)の材料の割合で、パンケーキがクレープのように薄くなったり、アメリカンスタイルのパンケーキのように厚くなったりします。好みの厚さのパンケーキができるまで、いろいろと試してみましょう。
    • 生地のこびりつきを防止するには、ひまわり油も効果的です。ひまわり油はバターに比べて高温でも焦げつきにくいので、高温のフライパンで焼くのに適しています。
    • ふわふわのパンケーキにするには、バニラかフルーツヨーグルトを水と混ぜて生地を作ります。
  • ホイップクリームとシロップ(ストロベリー、チョコレート、メープルなど)、好みの果物を添えて、目にも舌にも嬉しいパンケーキに仕上げましょう。
  • パンケーキを裏返す前に、まだ焼けていない面にチョコレートチップをのせてもよいでしょう。
  • 想像力を働かせてレシピにひねりを加えれば、素敵なオリジナルのパンケーキができるでしょう。
  • ヌテラなどのチョコレートとナッツのスプレッドをトッピングすれば、パンケーキはさらに美味しくなります。

広告

注意事項

  • パンケーキをふんわりと仕上げるには、焼いている間にフライ返しなどで押しつけてはいけません。
  • 焼き上がったパンケーキは積み重ねません。蒸気でパンケーキが濡れてしまいます。
広告

必要なもの

  • ボウル
  • 泡立て器
  • テフロン加工のフライパン
  • フライ返し
  • 計量スプーン
  • 計量カップ

関連記事

How to

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する

How to

クリームチーズを柔らかくする

How to

生卵とゆで卵を見分ける

How to

たくさん食べる

How to

スパゲティーソースにとろみをつける

How to

ガーリックバターソースを作る

How to

パパイヤの種を食べる

How to

フライドポテトを温め直す

How to

シチューにとろみをつける

How to

電気圧力鍋でフライドチキンを作る

How to

牛乳からバターミルクを作る

How to

ロックキャンディを作る

How to

ハーブ漬けオリーブオイルを作る

How to

キンカンを食べる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む363人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,188回アクセスされました。
カテゴリ: レシピ | 朝食 | 調理法
このページは 1,188 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告