パンダは熊に似ていて、色は白と黒です。漫画の中ではとても可愛らしく、実物も本当に愉快で、抱きしめたいほど愛らしい動物です。しかし、怯えたり、驚いたり、イライラしたときには非常に攻撃的になることもあるため、パンダを見ても、駆け寄って抱きしめてはいけません。文字どおり「骨抜き」にされるかもしれません。では、始めましょう。

方法 1 の 2:
漫画調のパンダ

  1. 1
    最初に輪郭を鉛筆で下描きします。楕円形を2個重ねます。数字の8のようなかんじです。
  2. 2
    顔の中に十字を薄く描きます。
  3. 3
    耳のカーブを描きます。
  4. 4
    前足のカーブを描き、後足は楕円形を描きます。漫画なので細かく描く必要はありません。
  5. 5
    顔と体の下描きをペンでなぞります。
  6. 6
    顔のパーツを描き入れます。目に丸を、鼻と口にカーブを描き、余分な鉛筆の下描きを全部消しましょう。
  7. 7
    色を塗ります。
  8. 8
    顔、体、背景に影をつけます。
    広告

方法 2 の 2:
リアルなパンダ

  1. 1
    最初に顔の輪郭を鉛筆で下描きします。楕円形を描きます。
  2. 2
    縦長の楕円形を加えます。これは体の上半分の輪郭です。
  3. 3
    体の下半分とお尻の輪郭として楕円形を描きます。
  4. 4
    前足と後足の輪郭を加えます。
  5. 5
    目の位置を決めるのに顔に縦線3本と横線1本を引きます。この線を頼りに目をバランスよく描き入れましょう。
  6. 6
    鼻と口の下描きを加えます。
  7. 7
    耳の輪郭を描きます。
  8. 8
    下描きをペンでなぞります。
  9. 9
    オイルパステルやクレヨンでパンダに色を塗りましょう(色鉛筆、色マーカー、水彩絵の具も可)。
    • 写実的な絵を描くときは、できるだけディテールを加えましょう。毛皮を加え、色や形を正確にして、余分な下描きを消します。線はなるべく細くしましょう。
  10. 10
    背景を加えます。
    広告

必要なもの

  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • 色鉛筆(任意:オイルパステル、クレヨン、色マーカー、水彩絵の具)

関連記事

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む63人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,993回アクセスされました。
カテゴリ: 絵画・描画
このページは 1,993 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告