パンツの採寸方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:採寸の基本を理解するパンツを採寸する6 出典

テーラーを目指している、または単に古着のパンツを数着フリマサイトに掲載したいなど理由は様々でしょうが、パンツの採寸方法を覚えると役に立ちます。パンツは通常ウエスト、股下、ヒップという3つの主要な計測値でサイズを表します。また、「股上」を測ることもあります。自分のパンツの寸法を知っていると、体形に合うパンツを選ぶのが楽になります。さらに、何度も試着を繰り返す必要がないので時間の節約にもなるでしょう。

パート 1
採寸の基本を理解する

  1. 1
    メジャー(巻尺)を使います。一般的にテーラー、ドレスメーカー、衣料品店、衣料品メーカーなどは、仮縫いやお直しの際、顧客の寸法を正しく測るためにメジャーを使います。持ち運びできる曲げやすいメジャーは、パンツの採寸に最適です。
    • メジャーはピンと張って使いますが、無理に伸ばさないように気を付けましょう。裁縫用の柔らかい樹脂製のメジャーを無理に引っ張ると歪むことがあり正しく計測できません。
    • 工具箱のプラスチック製メジャーを使うこともできます。このタイプのメジャーは柔らかいものより扱いにくいのですが、一応曲がるので曲線を測ることができます。
  2. 2
    自分にサイズの合ったパンツを使います。自分の体に合うスタイルやサイズを知るために自分のパンツを測る場合は、すでに自分の体にピッタリ合ったパンツを測りましょう。伸びてしまったパンツや着古したパンツは避けます。パンツの長さはくるぶしあたりまで又は好みによってそれより長くてもかまいません。
    • すべてのパンツが同じ寸法とは限りません。自分の体に合った数種類のパンツを採寸しましょう。スラックス(ドレスパンツ)は、ジーンズやチノパンツなどカジュアルなパンツと寸法が少し異なります。
  3. 3
    床にパンツを平置きします。パンツを平らな面に置いて採寸するのが一番簡単です。パンツを履いたまま採寸すると、目盛りを読む際に体が動くので正しい数値を得られません。
    • 正しい実寸法を得るために、着古して伸びてしまったパンツを測るのは避けましょう。
    • パンツにしわが寄っていたらアイロンでしわを伸ばしてから測ります。
    • パンツの採寸方法は男性用、女性用でほぼ同じです。製品によってウエストサイズの㎝表示またはパンツ全体をSML表示するものがあります。[1].

パート 2
パンツを採寸する

  1. 1
    パンツのウエストを測ります。パンツのウエストサイズを正しく測るために、パンツを床に平置きします。生地の弛みを滑らかに整えますが、その際生地を伸ばさないように気を付けましょう。後ろのウエストバンドの左右を一直線に測ります。それを2倍すると実際のウエストサイズがわかります。[2]
    • パンツを表向きに床に置きます。つまり、パンツの前ポケットが天井を向いた状態です。
    • パンツを床に正しく置くと、ウエストバンドの前は後ろより少し低い位置になります。
  2. 2
    自分の実際のウエストを測ります。自分の実際のウエストサイズを測ったとしても、正しいサイズを知るためにパンツのウエストも測りましょう。体に合った下着などを身に着けたうえで自分のウエストを測ります。自然なウエストラインを測りましょう。臍と肋骨の間、体の一番細い部分が自然なウエストラインです。体を横に曲げてウエストを見つけることもできます。しわが寄る部分がウエストです。ウエストラインにメジャーを巻き、メジャーの先端が合った箇所の数値を記録します。体を曲げずに数値を読みましょう。必要に応じて鏡を使うこともできます。[3]
    • 体を採寸する際は、メジャーをきつく引っ張りすぎないように、体とメジャーの間に指1本入れて測ります。
    • お腹を引っ込めて測るのは避けましょう。正しい姿勢で普段と同じように立った状態で測ります。
    • メジャーが床と水平になるように気を付けると正しく測れます。
    • ウエストをなかなか見つけられない場合は、手を脇腹に置いて軽く押し、腰骨の上部を感じる場所まで手を下していきましょう。
    • 実際の自分のウエストとパンツのウエストをそれぞれ採寸すると、体の実際のウエストサイズとパンツのウエストサイズを知ることができます。そしてその2つのサイズは多少異なる場合があります。
  3. 3
    ヒップを測ります。ファスナーの開き止まり位置で両端の間の長さを測ります。左右の縫い目の端まで測りましょう。パンツの表を測ったら数値を2倍するとヒップ全体のサイズになります。
    • 床にパンツを平置きして採寸する際は、各縫い目の外側から測ります。
  4. 4
    股下を測ります。パンツの生地が交差する内股合わせから片方の内股の縫い目に沿ってメジャーを伸ばしパンツの裾、通常靴にあたる部分までを測ります。正しい値を得るため、実際にパンツを履き、背中を壁に付けてまっすぐ立って再度測ってみましょう。採寸を手伝ってくれる友人などがいれば、この方法で上手に測ることができます。[4]
    • 股下は通常5㎜刻みで表示します。実寸に一番近い5㎜単位の数値を出しましょう。[5]
    • 最も正しい股下の寸法を得るために、自分の体に合ったパンツを使って測りましょう。
    • 一人で採寸する場合は、メジャーの先端をかかとの内側やパンツの裾(好みに応じてどちらでもかまいません)に貼り付け、メジャーを上に引っ張って測りましょう。
    • パンツの長さが自分の好みに合っていない場合(裾を折り返しているなど)は、好みの丈に合わせて測ります。
  5. 5
    股上を測ります。パンツの股上は、股の縫い目が交差している中心からウエストバンドの上端までを測ります。股上は通常18~30㎝の範囲です。[6]
    • パンツの股上は一般にローライズ(股上浅め)、ハイライズ(股上深め)、レギュラー(普通)の3種類があります。ウエストベルトの位置が、ローライズはウエストの下、普通はウエスト、ハイライズはウエストの上になります。
    • 股上の測り方は製品によって異なります。中には、後ろウエストバンドから両脚の間の股部分を通って前方のウエストバンドまでを「股上」と表示する場合もあります。

ポイント

  • ショッピングの目安として自分のパンツサイズを採寸する場合は、お気に入りのパンツを採寸しましょう。
  • パンツを採寸する際は、自分の好みと体形に合うパンツを1~2着選びます。履いた状態ではなく床に平置きして採寸しましょう。
  • テーラーではパンツを履いた状態で採寸しますが、これはパンツの採寸だけではなく、体の正確なサイズも測っています。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 裁縫・編み物・布地

他言語版:

English: Measure Your Pants, Русский: снять мерки штанов, Português: Medir Suas Calças, 中文: 量裤子的尺寸, Italiano: Misurare i Pantaloni, Deutsch: Hosen richtig messen, Español: medir tus pantalones, Français: mesurer votre taille de pantalon, Bahasa Indonesia: Mengukur Celana Anda, Nederlands: Je broek opmeten, العربية: أخذ قياس بنطالك

このページは 181 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?