PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

パンプキンスパイスラテはコーヒー好きの人の中にもファンがたくさんいます。カフェでは秋にしか取り扱っていませんが、手作りすることが出来れば1年中楽しめます。ガスコンロ、電子レンジ、あるいはスロークッカーを用いて作ることができます。最も作りやすい方法を選び、手軽においしいラテを作りましょう。

材料

シンプルなパンプキンスパイスラテ[1]

  • 牛乳480ミリリットル
  • かぼちゃのピューレ大さじ2
  • グラニュー糖大さじ1~3
  • パンプキンパイスパイス小さじ半分
  • バニラエクストラクト大さじ1
  • 強めに淹れたコーヒー
  • ホイップクリーム(お好みで、トッピング用)

2人前です。

グルメパンプキンスパイスラテ[2]

  • かぼちゃピューレ大さじ2
  • パンプキンパイスパイス小さじ半分
  • ひきたての黒コショウ(お好みで)
  • グラニュー糖大さじ2
  • バニラエクストラクト大さじ2
  • 牛乳480ミリリットル
  • エスプレッソ60ミリリットル
  • 高脂肪分の生クリーム60ミリリットル

2人前です。

電子レンジで作るパンプキンスパイスラテ[3]

  • 牛乳240ミリリットル
  • かぼちゃのピューレ大さじ2
  • グラニュー糖大さじ1
  • パンプキンパイスパイス小さじ4分の1
  • バニラエクストラクト小さじ4分の1
  • エスプレッソ30~60ミリリットル
  • ホイップクリーム(お好みで、トッピング用)

1人前です。

スロークッカーで作るパンプキンスパイスラテ[4]

  • 強めに淹れたコーヒー1.2リットル
  • 牛乳950ミリリットル
  • 高脂肪分の生クリーム120ミリリットル
  • かぼちゃのピューレ60ミリリットル分
  • グラニュー糖80ミリリットル分
  • バニラエクストラクト小さじ1
  • パンプキンパイスパイス小さじ1
  • ホイップクリーム(お好みで、トッピング用)

10人前です。

方法 1 の 4:
シンプルなパンプキンパイスラテを作る

  1. 1
    牛乳、かぼちゃのピューレ、砂糖を混ぜ合わせる 牛乳を2リットル容量の鍋に注ぎます。ピューレと砂糖をかき混ぜます。ピューレが完全に混ぜ合わさるまで、かき混ぜ続けましょう。
    • かぼちゃのピューレはパンプキンパイ用の味付けがされているものがありますが(米国などでは缶詰のものなどが販売されています)、味のついていない、かぼちゃのみのピューレを使いましょう。パンプキンパイ風味になっているピューレには、ラテには向かない材料が含まれています。
  2. 2
    中火で鍋を加熱する 鍋をガスコンロに置き、中火にかけましょう。湯気がでてくるまで温めます。沸騰しないよう注意しながら、頻繁にかき混ぜます。
  3. 3
    パンプキンパイスパイス、バニラエクストラクト、コーヒーを加える コーヒーは必ず強く淹れましょう。そうでないものを用いると、牛乳に味が負けてしまいます。コーヒーメーカーを使って淹れたてのコーヒーを使うことも、インスタントコーヒーを使うこともできます。より伝統的なパンプキンスパイスラテを目指すのであれば、1~2杯のエスプレッソ(30~60ミリリットル程)も加えましょう。[5]
  4. 4
    もう一度すべてよく混ぜる お好みでブレンダーにかけると、ミルクがふんわりとします。
  5. 5
    2杯に分ける マグカップを2個用意し、鍋の中身を注ぎ、その上にホイップクリーム、そしてパンプキンパイスパイスをふりかけましょう。シナモンやナツメグを代わりに使うこともできます。
    広告

方法 2 の 4:
グルメパンプキンスパイスラテを作る

  1. 1
    かぼちゃのピューレとパンプキンパイスパイスを小鍋で温める ピューレとパンプキンパイスパイスを小鍋に加えます。かき混ぜながら、2分間中火にかけます。香りがでてくればOKです。
    • より風味を加えたいのであれば、ひきたての黒コショウを加えてみましょう。
    • パンプキンパイ風味ではなく、何も味のついていないかぼちゃピューレを必ず使いましょう。
  2. 2
    砂糖を加える 中身がもったりとし始め、シロップのような質感になるまでかき混ぜつづけましょう。甘みを抑えたい場合は砂糖の量を減らします。
  3. 3
    牛乳とバニラエクストラクトを加える f再び鍋に加熱します。ただし、沸騰させないように注意しましょう。
    • カフェで頼むんだ時のような甘さになります。甘さを控えたいのであれば、バニラエクストラクトの量を大さじ1に減らしましょう。
    • 牛乳が沸騰してしまわないよう材料を断続的にかき混ぜます。
    • 牛乳の種類はお好みで決めましょう。脂肪分の高い牛乳を用いると、濃厚な味になり、泡もよく立ちます。無脂肪乳を使っても十分にふんわりとした泡は立ちます。少し健康的になるでしょう。
  4. 4
    ハンドミキサーでかき混ぜる 全体がふんわりとしてくるまでかき混ぜます。15~30秒程かかるでしょう。通常のブレンダーやフードプロセッサーを使うこともできますが、フタをしっかりと押さえ、タオルを巻きましょう。この手間を省くと、中身が漏れ出す可能性があります。
    • ブレンダー系の道具が何もない場合は、泡だて器を使いましょう。ただし、ブレンダーを使った時ほど滑らかには仕上がりません。また、飲んだ時にピューレが少し残っているかもしれません。
    • ふんわりと泡立っているはずです。脂肪分の高い牛乳を使うとより泡立ち、低脂肪乳あるいや無脂肪乳を使うと泡が減ります。
  5. 5
    エスプレッソを2個のマグカップに分けて注ぐ エスプレッソマシーンがない場合は、インスタントのエスプレッソを用いましょう。あるいは、強いブラックコーヒーを120ミリリットル淹れて代用することもできます。[6]
    • コーヒーを使う場合は、必ず強く淹れましょう。強さが足りないと牛乳に味が負けてしまいます。
  6. 6
    鍋の中身をマグカップに注ぐ エスプレッソと牛乳(小鍋で温めたもの)は勝手に混ぜ合わさるはずですが、混ぜ合わさらなかった場合は、さっとかき混ぜましょう。ピューレの粒がたくさん残っている場合は、目の細かいざるでこしながら注ぐと良いかもしれません。
  7. 7
    ホイップクリームを用意する 60ミリリットルの生クリーム(脂肪分が高いもの)をミキサーあるいはフードプロセッサー(泡立てに適しているもの)に注ぎます。角が立つまでよくかき混ぜましょう。
    • 自分でかき混ぜずにすでにホイップ状になっているクリームを買っても良いでしょう。
  8. 8
    出来上がったラテにクリームを加える 幅広のスプーンあるいはゴムベラでホイップクリームを注意深くすくい、ラテのてっぺんに乗せましょう。さらにシナモン、ナツメグ、あるいは追加のパンプキンパイスパイスをぱらぱらと振りかけても良いでしょう。
    広告

方法 3 の 4:
電子レンジで作る

  1. 1
    コーヒーとクリーム以外の材料をすべて混ぜ合わせる 牛乳を電子レンジ可のボウルに注ぎます。かぼちゃピューレ、砂糖、パンプキンパイスパイス、バニラエクストラクトを加えて混ぜ合わせます。
    • よりほのかなパンプキン風味にしたいのであれば、ピューレの量を大さじ1に減らしましょう。
    • 味のついていないピューレを必ず使いましょう。パンプキンパイ風味になっているものを用いると、不要な味が加わってしまいます。
  2. 2
    ラップでボウルにフタをする 通気用の穴をフォークあるいは串で中心に開けましょう。この穴から蒸気を逃がすことができます。
  3. 3
    ボウルごとレンジにかける 加熱時間は電子レンジの出力によって変わりますが、ほとんどの場合、1~2分で完了するでしょう。
  4. 4
    ふんわりとするまで泡だて器でかき混ぜる ハンドミキサーあるいは通常の泡だて器を使うことができます。30秒ほどで完了するでしょう。
  5. 5
    コーヒーを淹れ大きめのマグカップに注ぐ 淹れたてのコーヒーを使っても、インスタントコーヒーを使っても良いでしょう。いずれの場合も、濃いコーヒーであることが大切です。通常のコーヒーを用いると牛乳に味が負けてしまいます。あるいは、1~2杯のエスプレッソを使っても良いでしょう。[7]
  6. 6
    ボウルの中身をマグカップに注ぐ 必要に応じてスプーンでさっとかき混ぜましょう。
  7. 7
    ホイップクリームを乗せる さらに風味を加えたいのであれば、パンプキンパイスパイスをぱらぱらと散らしましょう。ナツメグあるいはシナモンでも良いでしょう。
    広告

方法 4 の 4:
スロークッカーで作る

  1. 1
    強めに淹れたコーヒーを大きなスロークッカーに注ぐ スロークッカーは2.4リットル容量の大きなものが必要です。また、コーヒーもかなり強く、濃く淹れましょう。通常の強さでは牛乳に味が負けてしまいます。
  2. 2
    牛乳と生クリーム(高脂肪分のもの)を加える 脂肪分の高い牛乳が好ましいですが、低脂肪乳あるいはスキムミルクを使うこともできます。より濃厚な風味に仕上げたいのであれば、120ミリリットルの生クリーム(高脂肪分のもの)も加えましょう。あっさりとした風味に仕上げたいのであれば、牛乳(すでに使っているものと同じもの)をさらに120ミリリトル足しましょう。
  3. 3
    かぼちゃピューレ、砂糖、パンプキンパイスパイスを混ぜ入れる 色や質感が全体的に均一になり、ピューレが溶けるまでかき混ぜます。ピューレは、味付けがされていないものを必ず使いましょう。パンプキンパイ風味のピューレには、ラテの味が変わってしまう材料が多々含まれているので不向きです。
  4. 4
    高温に設定して2時間加熱する スロークッカーにはフタをしておきましょう。1時間が経過した時点で、泡だて器で中身をさっとかき混ぜます。
  5. 5
    大きめのマグカップにラテを注ぐ ホイップクリームとパンプキンパイスパイスをトッピングして出来上がりです。
    広告

ポイント

  • アイスラテにする際は、熱いラテを室温に覚まし、氷の入った背の高いグラスに注ぎましょう。[8]
  • パンプキンパイスパイスがない場合は、シナモン大さじ1、ショウガ小さじ2、さらに、ナツメグ小さじ半分をを混ぜたもので代用しましょう。[9]
  • 牛乳の代わりにアーモンドミルク、ココナッツミルク、豆乳などを用いることもできます。[10]
  • 「スキニーラテ(無脂肪のラテ)」を作りたい場合は牛乳の代わりにスキムミルクを使いましょう。[11]
  • この記事のレシピに記載されている通りの分量を用いる必要はありません。牛乳、コーヒー、砂糖、ピューレ、パンプキンパイスパイスの量はお好みで調整しましょう。
  • 無脂肪乳を使い、より濃厚な風味に仕上げたい場合は、入手できるのであればハーフアンドハーフクリーム(米国での呼び方)もさらに少量加えてかき混ぜてみましょう。
  • よりかぼちゃの風味を強めたい場合は、ピューレの量を増やしましょう。[12]
  • 牛乳の種類もお好みで選びましょう。脂肪分の高い牛乳が好ましいですが、低脂肪乳やスキムミルクも使うことができます。[13]
  • 缶詰のかぼちゃピューレの代わりにパンプキンスパイスシロップ大さじ1を使っても良いでしょう。[14]
  • 砂糖がない場合、あるいは砂糖を控えている場合は、砂糖の代用品を用いましょう。[15]
広告

注意事項

  • 普段の強さ、濃さのコーヒーは使わないようにしましょう。かなり強く、濃く淹れる必要があります。味が足りない場合、牛乳に負けてしまいます。
  • 缶詰のパンプキンパイ用ピューレは使わないようにしましょう。ラテに合わない材料が多々含まれています。
広告

必要なもの

シンプルなパンプキンスパイスラテ

  • ソースパン
  • 泡だて器
  • マグカップ

グルメパンプキンスパイスラテ

  • ソースパン
  • 泡だて器
  • ハンドミキサー
  • マグカップ

電子レンジで作る

  • 電子レンジ可のボウル
  • ラップ
  • 泡だて器、あるいはハンドミキサー
  • マグカップ

スロークッカーで作る

  • 大きめのスロークッカー
  • 泡だて器
  • マグカップ

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
クリームチーズを柔らかくする
たくさん食べるたくさん食べる
生卵とゆで卵を見分ける
生アーモンドをローストする
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
スパゲティーソースにとろみをつける
シチューにとろみをつける
パパイヤの種を食べるパパイヤの種を食べる
牛乳からバターミルクを作る
ロックキャンディを作る
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
アップルサイダービネガーを作る
ヤギ肉を調理する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: レシピ | 調理法
このページは 572 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告