パン生地の発酵を早める方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

パンを焼く前にはパンを発酵させなければなりません。パンの発酵には何時間もかかる場合がありますが、時には急いでパンをオーブンに入れて焼きたい時もあるでしょう。幸いにも、パン生地を電子レンジに入れたり湿らせた布巾を被せて発酵を早める方法がいくつか存在します。熱と湿気を利用して発酵工程を促せば、長時間待つことなく出来立てのパンがおいしく食べられるでしょう。

方法 1 の 4:
湿らせた布巾を使う

  1. 1
    パンを焼く時の温度でオーブンを予熱する 一般的にパンを焼く温度は約180~260℃です。パン作りに使用するレシピを確認し、レシピに沿った温度設定をしましょう。
  2. 2
    布巾をぬるま湯で濡らす 布巾全体を濡らす必要がありますが、びしょびしょにはならないようにします。布巾から水が大量に垂れている場合はシンクの上で絞りましょう。[1]
  3. 3
    湿らせた布巾をパン生地の上に被せる パン生地全体を布巾で覆うようにします。布巾の端を伸ばし、パン生地を発酵させるボウルかトレイの縁にかけます。湿らせた布巾の湿気によりパン生地の発酵が早まります。[2]
    • パン生地の量が多ければ、湿らせた布巾を2枚重ねてパン生地に被せましょう。
  4. 4
    布巾を被せたパン生地を予熱したオーブンの中には入れず、オーブン付近に置く オーブンのすぐ近くの片付いたカウンターの上などに置くとよいでしょう。オーブンから出る熱により、発酵工程が早まります。[3]
  5. 5
    パン生地の大きさが2倍になるまで発酵させる 30分後にパン生地の発酵が終わっているかを確認しましょう。大きさが倍になっていなければ再びパン生地に湿らせた布巾を被せ、10~15分後に再確認しましょう。
    広告

方法 2 の 4:
電子レンジでパン生地を発酵させる

  1. 1
    電子レンジ対応のガラス容器に水を1カップ強入れる 電子レンジに入る程度の小さいガラス容器を使うようにしましょう。[4]
  2. 2
    電子レンジを強に設定し、水を入れたガラス容器を2分温める 2分後に電子レンジを開けてお湯になったガラス容器を端の方に移動し、パン生地のボウルが入るスペースを確保します。ガラス容器が熱い場合があるため、動かす際には鍋つかみか布巾を使いましょう。[5]
  3. 3
    焼く予定のパン生地をボウルに入れる 電子レンジに入る小さめのサイズのボウルを使いましょう。ボウルを電子レンジに入れる際にスイッチは入れないため、電子レンジ対応のボウルを使う必要はありません。
  4. 4
    パン生地のボウルを電子レンジに入れて扉を閉める お湯のガラス容器は、パン生地と一緒にそのまま電子レンジ内に置いておきます。お湯のガラス容器と電子レンジからの熱で温かく湿気のある状態になり、パン生地の発酵が早まります。この際、電子レンジをつけてはいけません。[6]
  5. 5
    パン生地を30~40分発酵させる 30分後にパン生地の発酵が終わったかどうかを確認します。大きさが倍になっていれば発酵が完了しています。パン生地の発酵が終わっていなければ、更に15分間電子レンジ内に入れたままにしておきましょう。[7]
  6. 6
    パン生地が完全に発酵していなければ、水を再加熱する 45分経ってもパン生地の大きさが倍にならなければ、パン生地のボウルを電子レンジから取り出します。電子レンジの出力を強に設定し、水の入ったガラス容器を2分間再加熱してからパン生地のボウルを電子レンジに戻します。再びパン生地を10~15分間発酵させましょう。[8]
    広告

方法 3 の 4:
オーブンでパン生地を発酵させる

  1. 1
    オーブンを最低温度設定で2分間予熱する 時間を忘れてしまわないようにタイマーを設定するとよいでしょう。オーブンを予熱している間に、鍋に水を入れてコンロで沸騰させておきます。2分経過したらオーブンを切ります。[9]
  2. 2
    オーブン対応のガラスのボウルに熱湯を入れる 中くらいから大きめのボウルを使いましょう。ボウルの縁から約2.5~5cm下のところまでお湯を入れます。[10]
  3. 3
    熱湯を入れたボウルをオーブンに入れて扉を閉める パン生地を準備する間に熱湯を入れたボウルをオーブンに入れ、そのままにしておきます。オーブンと熱湯入りのボウルからの熱により、パン生地の発酵に最適な温かく湿度の高い状態になります。[11]
  4. 4
    オーブン対応容器に入れたパン生地をオーブンに入れる その後、オーブンの扉を閉めましょう。
  5. 5
    パン生地が倍の大きさになるまでオーブンに置いておく 15分後にパン生地の発酵が完了したかどうかを確認します。まだ終わっていなければオーブン内で発酵を続け、15分後に再確認しましょう。[12]
    広告

方法 4 の 4:
予備発酵不要のインスタントドライイーストを使う

  1. 1
    予備発酵不要のインスタントドライイーストを用意する インスタントドライイーストは細かい顆粒になっており、素早く活性化します。イーストが素早く活性化するとパンが早く発酵して膨らみます。地元のスーパーなどでインスタントドライイーストを購入しましょう。「インスタントイースト」または「ドライイースト」という名称で売られています。[13]
  2. 2
    インスタントドライイースト1袋をまだ水気の無いパン生地の材料に入れて混ぜる インスタントドライイーストは、通常のイーストのように水に溶かす必要はありません。パン生地に使用する小麦粉とその他の材料に入れて混ぜるだけです。レシピを見てイーストが何袋必要かを確認しましょう。
  3. 3
    パン生地をこねた後は一次発酵を飛ばして成形する 使用するレシピに発酵が2回必要と記載されていても、二次発酵のみ行いましょう。インスタントドライイーストを使用する場合、パン生地の発酵は1回だけで済みます。一次発酵を飛ばすと合計の発酵時間が半分になります。[14]
  4. 4
    パンを焼く前に生地を1回発酵させる パン生地を温かく湿度の高い場所に置くと発酵が早まります。乳製品、卵、塩、油脂が含まれているパン生地よりも、主に水と小麦粉で作られる脂肪分の少ない生地の方が早く発酵することを覚えておきましょう。[15]
    広告

ポイント

  • 温かく湿度の高い環境ではパン生地の発酵工程が促され、パン生地が早く膨らみます。
  • 小さめのボウルかガラス容器を用意しましょう。イーストと砂糖を加えて熱すぎないぬるま湯を注ぎ、砂糖が完全に溶けるまで混ぜ合わせます。そして最低15分間活性化させます。混ぜ合わせたものを小麦粉に入れ、必要に応じて水を加えてパン生地が柔らかくなるまでこねます。この工程に沿って進めれば、パン生地が早く発酵するでしょう。

広告

注意事項

  • パン生地を発酵させる際に温度が約50℃以上にならないようにしましょう。これ以上の温度になるとイーストが死滅します。
広告

必要なもの

湿らせた布巾を使う場合

  • オーブン
  • 台所用布巾

電子レンジでパン生地を発酵させる場合

  • 電子レンジ対応のガラス容器
  • 電子レンジ
  • ボウル

オーブンでパン生地を発酵させる場合

  • オーブン
  • オーブン対応のガラスのボウル 
  • オーブン対応の受け皿か容器

予備発酵不要のイーストを使う場合

  • 予備発酵不要のインスタントドライイースト

出典

  1. This video is no longer available because the YouTube account associated with this video has been terminated. Sorry about that.
  2. This video is no longer available because the YouTube account associated with this video has been terminated. Sorry about that.
  3. This video is no longer available because the YouTube account associated with this video has been terminated. Sorry about that.
  4. http://www.thekitchn.com/proof-your-bread-dough-in-the-microwave-35685
  5. http://www.thekitchn.com/proof-your-bread-dough-in-the-microwave-35685
  6. http://www.thekitchn.com/proof-your-bread-dough-in-the-microwave-35685
  7. http://www.thekitchn.com/proof-your-bread-dough-in-the-microwave-35685
  8. http://www.thekitchn.com/proof-your-bread-dough-in-the-microwave-35685
  9. https://www.youtube.com/watch?v=U3EsuaUa0OU&feature=youtu.be&t=31

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
このページは 965 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告