PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

短パン、ワンピース、かばん、パーカーなどに引きひも(サイズを調節するためのひも)がついていると便利ですが、ひも通し口の穴から引きひもが外れてしまう場合が頻繁にあります。そのひもを処分しないで、安全ピンを使って素早く簡単にひも通し口に通すことができます。安全ピンが手元になければストロー、ハンガー、クリップ付きペンでも使用できます。

方法 1
方法 1 の 2:
安全ピンを使って引きひもを挿入する

  1. 1
    引きひもの端がひも通し口の途中にある場合は完全にひもを引き出す 引きひもが外れかけていてひも通し口の中で詰まっている場合は、ひもを引っ張って完全に外してしまいましょう。道具を使わずにひも通し口の中に引きひもを通して出そうとするよりも、外して入れ直すほうが簡単です。[1]
  2. 2
    引きひもの片方の端に安全ピンを固定する 大きめの安全ピンを使用して、ひも通し口に通しやすくします。ひも通し口に安全ピンが通ることを確認し、引きひもの端から約1cmのところに固定します。[2]
    • 新たに安全ピンを購入する場合は、一般的な安全ピンよりも大きく丈夫なスカートピン(巻きスカートなどのピン)を探してみましょう。

    その他の方法:安全ピンがなければペーパークリップを使いましょう!引きひもの端をペーパークリップに通し、ぴったりと収まるようにしましょう。

  3. 3
    ひも通し口の穴に安全ピンを挿入する 引きひもが出るところの丸い穴の位置を確認します。安全ピンを片方の穴に入れて生地に通し、反対側の穴まで引っ張りましょう。[3]
  4. 4
    ひも通し口の筒を安全ピンに向けて動かし、引きひもが生地の中を通り抜けるようにする 片手で安全ピンを固定し、もう片方の手で安全ピンのほうに向けてひも通し口の生地にシワを寄せ、生地をまとめます。次に、生地を寄せたほうの手で安全ピンを固定し、反対の手でまとまっている状態の生地を伸ばします。[4]
    • 安全ピンをひも通し口の中で失わないようにするため、安全ピンをしっかりと掴んでおくことが大事です。
  5. 5
    安全ピンがひも通し口の端にくるまで、生地にシワを寄せて引っ張る作業を続ける ひも通し口の生地を安全ピンのところまで寄せ集め、安全ピンがひも通し口の中を通り抜けるように生地を伸ばす作業を続けます。安全ピンがひも通し口の反対側の端にくるまでこの作業を繰り返しましょう。[5]
  6. 6
    安全ピンを外し、引きひもの端に結び目を作る 引きひもを引っ張り、両方の端が同じ長さになるようにします。次に安全ピンを外します。ひも通し口に引きひもが再び入り込むのを防ぐには、引きひもの両端に大きめの結び目を作りましょう。[6]
    • ひも通し口の穴よりも大きい結び目を作ると、引きひもがひも通し口の中に入り込みません。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
その他の道具で試す

  1. 1
    市販のひも通しを購入して時間と手間を省く 市販のひも通しは、先端が尖っていない裁縫針の端に大きな穴が開いているような形の小さな道具です。ひも通しの穴に引きひもを10cm程度通してから、衣服などのひも通し口に挿入します。ひも通しの端に大きい穴ではなく留め具が付いている場合は、留め具を開けて引きひもの端を置いてから、留め具を閉めて固定しましょう。[7]
    • ひも通しは手芸品店やホビーショップなどで購入できます。
  2. 2
    ひも通し口に安全ピンを通すのが困難な場合はストローを使用する 引きひもを幅広のひも通し口やパーカーなどの厚手の生地に挿入する場合は、生地の上から安全ピンを見つけるのが難しい場合があります。この作業を楽にするには、引きひもの端を最低2cmほどストローの中に入れ込み、ストローをホッチキス止めしてひも通し口の穴に入るようにします。次に何も入っていない側のストローの端をひも通し口の穴に差し込みます。ひも通し口の中でストローを引っ張り続け、反対側に引きひもが出るようにします。[8]
    • ストローは安全ピンよりも大きいため、厚手の生地の上からでもどこにあるかわかりやすいでしょう。また、縫いしろに引っかかることもありません。
    • ホッチキスを外す際は、ホッチキスリムーバーで外しましょう。丈夫な引きひもであれば問題ありませんが、繊細な生地の場合はホッチキスを外す際に傷つく恐れがあるので注意しましょう。
  3. 3
    針金ハンガーを曲げて引きひもを引っ張るためのフックを作る 繰り返し使用可能な丈夫な道具を作りたければ、クリーニングなどの針金ハンガーを用意しましょう。ねじれているフックの部分を外し、ワイヤーをまっすぐにして長い状態にします。次に、まっすぐにしたワイヤーの端を折り曲げて小さなフックを作り、引きひもをフックに通します。ワイヤーのフックの端をひも通し口の穴に通して差し込み、引きひもが反対側から出てくるまでワイヤーを押し込み続けましょう。[9]
    • 引きひもがフックから何度も外れてしまう場合は、ワイヤーを引きひもの上で折り曲げて固定しましょう。
    • パーカーの曲線部分に引きひもを通す時など、ひも通し口の中にワイヤーを通す際はワイヤーを自由に折り曲げましょう。

    ポイント:生地にワイヤーを通して押し込む際に生地を引き裂いたりしないように注意しましょう。

  4. 4
    他の道具が見つからなければ、ポケットクリップ付きのペンに引きひもを巻きつける 安全ピン、ストロー、ハンガーが無ければ、ポケット用のクリップが付いているペンを探して、クリップの周りに引きひもを巻きつけます。次に、ペンの反対側の端をひも通し口に通します。ペンが生地の中を通っているのを確認し、ペンと引きひもが反対の端から出てくるまでペンをひも通し口の中で引っ張りましょう。[10]
    • 誤って裸のペン先で生地を突き通さないために、クリップ付きペンを使用しましょう。
    広告

ポイント

  • 引きひもが移動したり、穴から抜けないようにするには、ひも通し口の筒の中央で引きひもを縫い付けて固定しましょう。
広告

必要なもの

安全ピンで引きひもを挿入する場合

  • ひも通し口が付いている衣服など
  • 引きひも
  • 安全ピン

その他の道具を使用する場合

  • 引きひも
  • 市販のひも通し
  • ストロー
  • ホッチキス
  • 針金ハンガー
  • ポケット用のクリップ付きペン

関連記事

服に開いた穴を補修する
リボンのほつれを防ぐ最高の方法
手縫いでワンピースの裾上げをする手縫いでワンピースの裾上げをする
(初心者用)かぎ針編みで帽子を編む
シャツのサイズを小さくするシャツのサイズを小さくする
トレーナーをカットするトレーナーをカットする
合成皮革に色を塗る合成皮革に色を塗る
手作りの服用のウエストゴムの長さを測る手作りの服用のウエストゴムの長さを測る
Tシャツでタンクトップを作る
パンツのサイズを直すパンツのサイズを直す
シャツにあいた穴を補修するシャツにあいた穴を補修する
ジーンズの太もも部分にあいた穴をふさぐジーンズの太もも部分にあいた穴をふさぐ
縫い目の終わりを処理する
ジーンズのウエストを詰めるジーンズのウエストを詰める
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,965回アクセスされました。
このページは 2,965 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告