有名女優のようなくびれた砂時計体型に憧れる人は多いでしょう。きゅっと締まったウエストも重要ですが、豊かなヒップもくびれの演出には効果的です。今より大きなお尻を手に入れるためのアプローチはひとつではありません。それぞれの方法を見ていきましょう。

方法 1 の 2:
体型を変える

  1. 1
    ヒップを鍛えましょう。サイドレッグレイズ、ヒップレイズ、スクワットキックなどを取り入れ、お尻の筋トレをします。なかでも有効なエクササイズにダンベルを持って行うサイドランジがあります。下半身のトレーニングとして代表的なランジを、さらに負荷がかかるようにアレンジした強化版です。筋肉量を増やし、豊尻効果が期待できます。
    • 両足を60㎝強、肩幅の2倍ほどに開いて立ちます。つま先は軽く外に向けます。右に体重をかけて右膝を曲げながら腰を落とし、ランジの姿勢をとります。このとき軸足となる左脚は伸ばしたままにします。
    • 腿が床と平行になるところまで腰を落とします。お尻の筋肉に力を入れぎゅっと締めます。お尻の力を使って体を持ち上げ、右脚を伸ばして元の姿勢に戻ります。両足は広げた状態を保ちます。
    • 次は反対側です。膝が90度に曲がるところまで腰を落とし、お尻の力で体を元に持ち上げます。足を広げた位置のまま、両脚を伸ばした姿勢に戻ります。この姿勢に戻ることで膝に無理な負担がかかりにくく、且つ下半身の筋肉に強い負荷をかけ続けることでより強度の高いトレーニングになります。
    • ダンベルを持ちましょう。2つのダンベルを両手それぞれに1つずつ持ちます。右側にランジするとき、右手のダンベルはお尻の右横、左手のダンベルは体の正面で両脚の間に来るように持ちます。反対側も同様に、左のダンベルはお尻の左横、右のダンベルは両脚の間に来るようにします。[1]
  2. 2
    ヨガを始めてみましょう。ヨガでは股関節を開くポーズがたくさんあります。股関節を柔らかく、骨盤を開き、筋肉を鍛えて柔軟性を高めることで、ヒップを鍛える他のエクササイズにも取り組みやすくなります。カエル、鳩、トカゲ、牛の顔などのポーズはぜひ取り入れましょう。
  3. 3
    お尻をつけて座りましょう。ただ座るだけで、腰幅が増してお尻が大きくなるといわれているのです。学術雑誌「細胞生理学」(Cell Physiology)で発表された研究によれば、長時間座っていることで腰やお尻に圧力がかかると、自然と相当な量の脂肪がつくようになると結論づけられています。細胞は環境に適応します。長時間座っていることで圧縮された脂肪細胞は中性脂肪を貯めこみやすくなるのです。[2]
  4. 4
    ヒップクリームを使いましょう。ヒップをふっくらさせるとして売られているクリームがあります。失われやすいコラーゲンとエラスチンを補い、筋肉の成長を助ける効果を謳っているものなど、試してみるのもよいかもしれません。
  5. 5
    出産を経験しましょう。無論そのために妊娠するなんてことはないにしても、事実、出産のために女性の骨盤は開き、腰回りが大きくなります。産後元に戻ることもありますが、大きくなったヒップはそのまま定着することが多いでしょう。
  6. 6
    手術という手もあります。キム・カーダシアンのような体型を手に入れるためなら体にメスを入れるのもいとわないという人は検討してみましょう。体の他の部位から吸引した脂肪をお尻に移植する方法や、シリコンバッグを挿入して豊尻効果を得る方法もあります。
  7. 7
    経年にまかせましょう。年齢とともにヒップの幅は大きくなることが知られています。これは必ずしも体重増加によるものではなく、骨盤が大きくなるためと考えられています。20歳から79歳までの参加者を対象に、骨盤の幅、直径、それぞれの骨の間隔を測ったところ、いずれも年齢が上がるとともに数値が大きくなることが分かったのです。参加者のうち最も年長のグループの骨盤の幅の平均は、最も年少のグループの平均に比べて2cm以上長かったということです。[3]
    広告

方法 2 の 2:
錯覚を利用する

  1. 1
    パッドを利用しましょう。実際に大きくなくても、豊かでフェミニンなヒップに見せかけることはできます。
    • 豊尻ショーツは、お尻をふっくらと見せる下着です。取り外し可能なやわらかいパッドが入っています。
    • シリコンの豊尻パッドもあります。お尻に接着したり、編み目のきついマイクロファイバー製の下着やストッキング、タイツなどの中に入れて固定して使います。
      • パッドでお尻を大きくすると、手持ちのジーンズを今まで通り履くのは難しく、新しく用意する必要があるかもしれません。
  2. 2
    服装を工夫しましょう。着るものによって、ヒップが大きく豊かであるような印象を与えることができます。
    • ウエストを強調した服装をしましょう。ベルトや飾り帯でウエストをマークすると、くびれた体型を演出できます。
    • 服の形や色を意識しましょう。淡い色のジーンズや、色の薄いパンツはヒップを目立たせます。ジーンズはウエストを強調する形のものや、ストレートシルエットのものを選びましょう。ポケットは前が大きめで、後ろのポケットの方が小さいものが良いでしょう。
    • 腰回りにボリュームを出すため、ヒダやギャザーのあるスカートや、布地の多いレイヤースカートを選びましょう。
  3. 3
    S字の姿勢を意識しましょう。背筋を伸ばし、肩甲骨を寄せた状態で肩を落とし、片足に体重をかけてヒップを突き出して立ち、体がS字型の曲線を描くようにします。さらにヒップを目立たせるために腰に手をあてましょう。親指が体の前、他の指が後ろを向くようにします。
    • 座っているときでも、お尻の片側に体重をかけたり、脚を組んだりしてS字の曲線を魅せることができます。
  4. 4
    ヒップを揺らして歩くと、そこが色っぽく強調される効果があります。自然と男性の視線を集めるでしょう。背筋を伸ばし、肩甲骨を寄せて肩を下げます。体の力は抜いて腕は自然に振り、直線の上を歩くように一歩一歩足を正面に出します。腰の振りを少し大げさにしても魅力的ですが、やりすぎると滑稽に見えます。ほどほどに抑えましょう。
    • ハイヒールを履くとより効果的です。意識せずともヒップを揺らす歩き方になるでしょう。
    広告

ポイント

  • タンパク質を充分摂り、また、豆腐などの大豆製品や亜麻仁から植物性エストロゲンも豊富に摂取しましょう。エストロゲンにはウエストとヒップの比率を下げてくびれを作り、バストサイズを上げる働きがあります。
  • ヒップを鍛えるエクササイズは他にも種類があります。異なる動きを取り入れて飽きない工夫をしましょう。
  • トレーニングの質を高く保ちましょう。
  • 効率よく筋肉量を増やすため、トレーニングにウエイトを使います。女性の場合5kg前後のウエイトでよいでしょう。
  • スクワットは特に積極的に行い、ヒップを締め付けるようなパンツの着用は避けましょう。
  • お尻を覆わない丈が短めのトップスにレギンスを合わせるスタイルはヒップが際立って見えます。
  • トレーニングの結果がすぐに目に見えなくても落胆しないように。辛抱強く続ければ変化は現れます。

広告

関連記事

How to

翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける

How to

ブラジャーを外す

How to

Tバックショーツを履く

How to

バンダナを巻く

How to

香水を旅行用ボトルに詰め替える

How to

布がほつれないようにする

How to

重曹とアルミ箔でシルバーを磨く

How to

時計のベルトのコマを外す

How to

画像から服を探す

How to

Ray Banの偽物を見分ける

How to

テープを使って胸を大きく見せる

How to

絡まったネックレスをほどく

How to

男子を女装させる

How to

リンゴ体型をカバーする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む68人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,375回アクセスされました。
このページは 4,375 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告