ヒトジラミに対処する方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

この記事には:ヒトジラミを取り除くことヒトジラミを確認すること8 出典

ヒトジラミ(コロモジラミとアタマジラミの総称)は人の皮膚表面に生息する小型の寄生虫で、人の血液を栄養源としています。このヒトジラミは皮膚に激しい痒みと赤い湿疹をもたらします。対処法は極めて簡単であり、ほとんどが衛生観念の向上と衣服及び寝具類の徹底した洗浄で解決できます。今日にも行動を起こして、悩みの種であるヒトジラミを暮らしから一掃しましょう。

パート 1
ヒトジラミを取り除くこと

  1. 1
    使用した寝具類とタオルを洗濯します。ヒトジラミは宿主が使用した寝具やタオルに隠れて繁殖します。タオルと寝具類を清潔にして、ヒトジラミを住処から追い出すと共に駆除します。[1]
    • 寝具類の洗濯にはお湯を使用します。お湯の温度は55℃以上が必要です。
    • 洗濯する寝具類やタオルは他の寝具類や衣服と一緒にしないようにします。そうしないとヒトジラミが広がってしまいます。
    • 週に一度は寝具類とタオルを洗いましょう。
  2. 2
    衣服は定期的に替えて洗濯します。ヒトジラミは通常、衛生観念の低下で広まります。汚れた衣服をまめに着替えてヒトジラミを取り除き、以後の感染を防ぎましょう。清潔な衣服の着用と入浴を心掛ければ、ヒトジラミを退治してさらにその後の問題も起きません。[2]
    • 少なくとも週に一度、できればもっと頻繁に清潔な衣服に着替えましょう。
    • ヒトジラミのたかった衣料は必ず高温で洗って乾燥させましょう。温度は55℃以上を心掛けます。
  3. 3
    衛生状態を適切に保ちましょう。ヒトジラミの感染を防ぐ簡単な方法は、定期的に入浴し清潔を保つことです。清潔さがヒトジラミにとって住み辛い環境となり、体に付くこともなく以後のトラブルを避けられます。[3]
    • 毎日一度はシャワーを浴びるか入浴するようにしましょう。
    • 週に一度は髪を洗って清潔にします。
    • 体の隅々まで石鹸で洗って汚れを洗い流します。
  4. 4
    ヒトジラミがたかってひどい時は医師に相談しましょう。シラミ症が重い時は医師からシラミ駆除薬(スミスリン)を処方してもらう場合もあります。シラミ駆除薬を使って皮膚表面に生息するヒトジラミを死滅させます。[4]
    • 医師にはシラミ駆除薬の処方が可能です。(スミスリンは第二類医薬品として薬店でも手に入ります)
    • シラミ駆除薬使用の際は用法を守りましょう。
    • 駆除薬の使用と併せて、ヒトジラミのたかった可能性のある衣料、タオル、寝具類を徹底して洗い、清潔にする必要があります。

パート 2
ヒトジラミを確認すること

  1. 1
    皮膚の痒みや湿疹に注目しましょう。ヒトジラミが寄生していれば、刺されて起こる皮膚の痒みや湿疹が発生するおそれがあります。搔きむしるほどの痒みや赤く腫れた湿疹が出る場合はヒトジラミが寄生しています。[5]
    • 痒みはウエスト周りや衣服が肌に触れる箇所に集中して起こります。
    • 赤い湿疹はかさぶたになって痒みが出ます。
  2. 2
    衣服を調べてみましょう。ヒトジラミは宿主からの吸血で生き永らえますが、実は衣服の縫い目に生息しています。身体や皮膚上でヒトジラミを見つけるのは難しいでしょう。衣服を探ればそこでヒトジラミを見つける可能性が高まります。[6]
    • ルーペを使うと見つけやすくなります。
    • 肌に触れる衣服、例えば下着を調べてみます。
  3. 3
    ヒトジラミを確認します。ヒトジラミの視認が難しいのは、本体が極めて小さく、体中を難なく動き回るためです。身を隠して衣服の中に住む性質は発見されにくいためでもあります。それでも成虫と卵を見つけるのは可能であり、詳細に調べればその存在が明らかになります。[7][8]
    • シラミの成虫は全長約3~4mmです。
    • シラミは6本足です。
    • ヒトジラミは褐色または灰色です。
    • 卵は小さく、楕円で黄色がかっています。

ポイント

  • シラミの付いた衣服と寝具類は徹底して洗います。
  • 一週間以上同じ衣服を着続けたり、入浴しないままの状態を避けましょう。
  • 衣服でヒトジラミを見つけるのは皮膚上よりも簡単です。
  • ヒトジラミは人体から離れると5日から7日で死んでしまいます。

注意事項

  • ヒトジラミは感染症の病原体を媒介することがあります。寄生されたら速やかに対処しましょう。
  • .ヒトジラミは人から人への接触で広がることがあります。


Related wikiHows

記事の情報

この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州ピッツバーグ在住の元内科医です。2007年にテンプル大学医学部かにて医学博士号を取得し、コーネル大学最優秀指導者賞を受賞しました。

カテゴリ: 家族

他言語版:

English: Treat Body Lice, Español: deshacerte de los piojos del cuerpo, Русский: избавиться от вшей, Italiano: Eliminare i Pidocchi del Corpo, ไทย: กำจัดเหาตัว, Tiếng Việt: Trị Chấy, العربية: التخلص من قمل الجسم, Nederlands: Kleerluizen behandelen, Français: traiter les poux de corps, Deutsch: Körperläuse loswerden, 中文: 治疗体虱, Bahasa Indonesia: Mengatasi Kutu Badan, 한국어: 몸에 생긴 이 없애는 방법, Čeština: Jak se zbavit tělesných vší

このページは 1,093 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?