バイオ燃料や食用油など、ヒマワリは様々な目的で栽培されています。しかし、ヒマワリを栽培する一番の目的は何と言っても、花の観賞でしょう。夏になると、大きな黄色い花が花壇を鮮やかに彩ります。また温室やサンルームで栽培すれば、一年中楽しむことができます。この記事では、ヒマワリを鉢植えで育てる方法をご紹介します。これは、お子さんでも楽しむことができる方法です。早速ヒマワリを育てて、花を満開に咲かせましょう。

パート 1 の 5:
品種を選択する

  1. 1
    ヒマワリの種を購入しましょう。ヒマワリの種は、最寄りの園芸店や園芸センターで購入できます。品種を間違えないように、十分注意しましょう。ミニヒマワリに分類される品種だけが、鉢植えに適しています。ミニヒマワリの主な品種は、以下の通りです。地域によって名称が異なる場合があるので、購入する際にお店の人に確認しましょう。
    • パチーノ: 30cmほどの高さに育ち、鮮やかな黄色い花を咲かせます。
    • ビッグスマイル: 30cmほどの高さに育ちます。花びらは黄色、花の中心部は黒色です。
    • テディベア: 40cmほどの高さに育ちます。
    • サンスポット: ミニヒマワリですが、とても大きな花(直径25cm前後)を咲かせます。高さは60cmほどになります。
    • ミュージックボックス: 60cmほどの高さに育ち、小さな花をたくさん咲かせます。
    広告

パート 2 の 5:
植木鉢を用意する

  1. 1
    ヒマワリの栽培に適した植木鉢やプランターを用意しましょう。他で使っていたものを再利用する場合は、洗浄と殺菌を行ってから使用しましょう。水受け皿を下に置くのを忘れてはいけません。植木鉢の大きさは、育てる品種の高さによって決まります。1個の植木鉢に植える本数など、他の要素によっても変わってきますが、目安としては以下の通りです。
    • 極端に小さな植木鉢で栽培を始めた場合、かなり早い段階で移植が必要になります。寒い時期に屋内で育て始めて、暖かくなってから花壇に移植する人もいますが、ヒマワリが移植をあまり好まない植物であることを心に留めておきましょう。[1]
    • 直径30~40cmの植木鉢を用意しましょう。これぐらいの大きさがあれば、殆どのミニヒマワリが栽培可能です。
    • プランターを使用する場合は、種を一列にまきましょう。そして、間引きを早めに行う必要があります。(詳細は後述)
    • 大型、或いは超大型の品種を鉢植えで育てる場合は、18リットル以上の植木鉢が必要です。
      • ミルククレートを植木鉢として使用することもできますが、土が漏れないように布などで内側をしっかりと覆いましょう。
      • 超大型の品種を鉢植えで育てる場合は、ハーフバレルプランターを使用しましょう。広くて日当たりの良いスペースが屋内にある場合は別ですが、通常、ハーフバレルプランターは日当たりの良いベランダか庭に置くことになります。
  2. 2
    植木鉢やプランターに土を入れましょう。最初に、水捌けを良くするために鉢底石を入れましょう。鉢底石として利用できるのは、小石、砂利、植木鉢の破片、発泡スチロール片などです。次に、土と堆肥を混ぜた培養土を、植木鉢の縁から2.5cmほど下まで入れましょう。最後に、土に水をかけましょう。
    • 園芸用保水剤の使用を検討しましょう。水やりの手間が軽減され、乾燥を防ぐことができます。
    • 可能であれば、完熟堆肥を土に混ぜましょう。これは、ヒマワリにとって非常に有用な栄養源になります。
    広告

パート 3 の 5:
ヒマワリを植える

  1. 1
    用意した植木鉢に、ヒマワリの種をまきましょう。種は2個1組のペアでまきます。植木鉢やプランターの大きさにもよりますが、一つの容器に2~10個の種をまきましょう。全ての芽を残すわけではないので、すし詰め状態になるのではないかと心配する必要はありません。必要に応じて、弱そうな芽を間引きしていきます。深さ2.5cmほどの穴を掘って、そこに種を入れましょう。また、種と種の間隔は10cmほど空けましょう。
    • 長さ90cmのプランターには8本のヒマワリを植えることができます。この場合、最初に種を16個まいて、8本間引きしましょう。[2]
  2. 2
    ヒマワリは、他の植物よりも頻繁に水をやる必要があります。一度に与える水の量の目安は、種1個につき25mlです。土の湿り具合を見ながら、1日もしくは2日に1回与えましょう。芽が出るまでは、絶対に土を乾燥させてはいけません。
    広告

パート 4 の 5:
ヒマワリの世話をする

  1. 1
    発芽するまで待ちましょう。まいてから3~8日後に発芽するはずです。8日経っても発芽しない場合は、もう少しだけ待ってみましょう。ただし、13日経っても発芽しない場合、その種は発芽しないとみて間違いありません。
  2. 2
    発芽したら、間引きをしましょう。ペアで植えた芽の内、弱い方の芽を間引きします。病気や奇形の芽も、間引きの対象です。間引きしてもスペースに余裕が無い場合、別の植木鉢に移植しましょう。ただし、ヒマワリが移植を嫌う植物であることを忘れてはいけません。
    • 30cm前後の高さに育つまでは、水やりを欠かしてはいけません。30cm前後になったら、一度に与える水の量を2倍に増やしましょう。
  3. 3
    植木鉢は庭やベランダなど、日当たりの良い場所に置きましょう。一日中、或いはほぼ一日中、直射日光が当たる場所に置きましょう。長時間日陰になる場所に置いてはいけません。ヒマワリを屋内で育てている場合は、日当たりの良い部屋に置きましょう。ただし、窓に近づけ過ぎてはいけません。窓の近くは、室温と比べて極端に気温が高い、もしくは低い場合があるため、植物にとって好ましくありません。[3] また、激しい雨には当てないように注意しましょう。
  4. 4
    世話を続けましょう。水やりなど、一般的な植物と同じような世話を行います。二週間後には、かなりの大きさに育っているはずです。
  5. 5
    一度に与える水の量を75mlに増やしましょう。間もなく、蕾が現れます。
  6. 6
    必要に応じて、肥料を与えましょう。必須ではありませんが、肥料を与えることで花の生長が促進されます。一般的な既製品の肥料(袋に書かれた使用方法を守りましょう)、或いはミミズコンポストや生ゴミ肥料のようなオーガニック肥料を使用しましょう。
  7. 7
    一か月ほど栽培を続けましょう。蕾の生長には二週間ほどかかります。一度に与える水の量を100mlに増やしましょう。花が咲くまで、あと少しです。
  8. 8
    家の中や、その他お好みの場所にヒマワリを置いて、花を観賞しましょう。ヒマワリの花は重いため、茎が傾いてしまうことがあります。傾いてしまった場合、竹などの支柱と園芸用結束バンドを使ってヒマワリを固定しましょう。支柱を立てると植木鉢が倒れるリスクが高まるため、植木鉢の外にある物に支柱を結びつけておいた方が安全です。[4]屋内の場合は柱や家具など、屋外の場合は雨どいやフェンスなどに支柱を結びつけましょう。支柱は必ず必要というわけではありません。ヒマワリが自力で立ち続けるのが難しいと判断した場合のみ、支柱を使いましょう。
    広告

パート 5 の 5:
収穫する

  1. 1
    ヒマワリの花びらを収穫して、サラダに入れてみましょう。花びら以外にも、種や蕾も食べることができます。
    • 種を収穫したい場合は、花が自然に枯れるのを待ちましょう。花が乾燥するにつれて種が成熟し、乾燥していきます。枯れていく花はあまり綺麗ではありませんが、屋内に入れて乾燥させると、種を鳥に食べられる心配が無くなります。
    • 蕾を食べる際は、最初に軽く湯通しして苦みを抜きましょう。その後、3分ほど蒸す、もしくは茹でましょう。ヒマワリの蕾には、ガーリックバターが非常によく合います。
    広告

ポイント

  • 植木鉢が大きければ大きいほど、大きな品種を育てることができます。特に、ミニヒマワリではない品種を育てる場合は大きな植木鉢を使いましょう。
  • 種が発芽したら、できるだけたくさん日光を当てましょう。ヒマワリが育つにつれて、必要な水の量も増えていきます。
  • ヒマワリは大きく育つと、自力で真っすぐ立つのが難しくなります。支柱に結びつけて支えましょう。
  • ヒマワリを地植えで育てる場合は、種をまくのが早ければ早いほど、早く花が咲きます。種は春の終わり頃にまきましょう。鉢植えで育てる場合は、日当たりの良い場所さえあれば一年中育てることができます。
  • 種が欲しい場合は、花が自然に枯れるのを待ちましょう。堅い種は茹でると柔らかくなります。
  • ヒマワリは北アメリカ原産の、背の高い一年生の植物です。
  • 花には定期的に、霧吹きで水を吹きかけましょう。

広告

注意事項

  • 土を乾燥させないように注意しましょう。ただし、水浸しにしてはいけません。根が腐ってしまいます。
  • 植木鉢に排水用の穴が開いていることを確認しましょう。穴が無い場合、種が腐ってしまいます。
  • 超大型の品種(高さ180cm以上に育つ品種)は、鉢植えには不向きです。どうしても鉢植えにしたい場合は、ハーフバレルプランターのような大きな容器を使いましょう。小さな容器で無理やり育てても、うまく育ちません。ヒマワリの発育障害の観察になってしまいます。せっかく立派な花が咲く品種を育てたのに、本来の姿を見られないまま終わるのは非常に残念なことです。
広告

必要なもの

  • ヒマワリの種 - 注意事項: パッケージに品種名が明記されているものを園芸店で購入しましょう。食用として売られている種を使用してはいけません。品種が分からないだけでなく、そもそもうまく育たない可能性があります。殻が付いていない種の使用も避けましょう。種の中身が外気や光に曝されており、うまく育ちません。また、焼いたり塩味を付けたりした種は絶対に発芽しません。
  • 素焼きの植木鉢、或いは同様の丸い容器(最低でも直径30cm、一個の植木鉢に複数植える場合は更に大きなものを使用する); もしくはプランター、ミルククレート、ハーフバレルプランターなど(いずれも、幅が広いものが望ましい)
  • 完熟堆肥
  • 水捌けを良くするため、植木鉢の底に入れる石

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

カタツムリを駆除する

How to

台所のアリを駆除する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ツタを取り除く

How to

コーラでトイレを掃除する

How to

ヒューズをチェックする

How to

池の藻を除去する

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

切り株を除去する
広告

出典

  1. http://www.gardeningblog.net/how-to-grow/sunflowers/
  2. http://oldfashionedliving.com/sunflowers.html
  3. BC Wolverton, Eco-Friendly House Plants, p. 30, (1996), ISBN 0-75380-046-2
  4. http://www.gardeningblog.net/how-to-grow/sunflowers/
  5. Kathy Brown, The Edible Flower Garden, pp. 118-119, (2001), ISBN 1-85967-879-3 - research source
  6. Jekka McVicar, Cooking with Flowers, p. 64, (2003), ISBN 1-85626-483-1 - research source
  7. http://www.gardeningblog.net/how-to-grow/sunflowers/ - research source
  8. http://oldfashionedliving.com/sunflowers.html - research source

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む32人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は24,022回アクセスされました。
このページは 24,022 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告