ヒヤシンスの水栽培は促成栽培とも呼ばれ、美しい色合いと香りを楽しむことのできる栽培方法です。ある程度の時間を要する方法ではあるものの、球根から水栽培を行うことで、一度咲いた花は何週間も持つでしょう。ヒヤシンスの球根が育つと、香りの素晴らしい花を咲かせます。その色はピンクから濃い紫まで様々です。ヒヤシンス用のガラスポット、水栽培用の花瓶などを用意し、水の上に球根を配置しましょう。根がポット(あるいは瓶)の中で伸びていき、成長に必要な水を吸収して育ちます。

パート 1 の 3:
球根を冷やす

  1. 1
    花屋や園芸店でヒヤシンスの球根を購入する ヒヤシンスの球根はは3個1組といったセットで販売されていることが多く、まとめ買いするとお得になることも多々あります。個数やセット内容にもよりますが(ガラスポットを含む栽培セットもあります)、数百円から数千円で購入可能です。冷蔵球根として販売されていることもあるので探してみましょう。
  2. 2
    ヒヤシンスの球根を冷やす ヒヤシンスの球根は、十分に根を成長させるために12~14週間、冷蔵保存をする必要があります。この手順を飛ばすと適切に育たなくなります。冷蔵球根が手に入らなかった場合は、下記の手順を必ず行いましょう。
    • 2度~7度前後の暗い場所で球根を保存しましょう。冷蔵庫、屋外の日陰、ガレージ、あるいは植木鉢の湿った砂の中などが理想的です。
    • 冷蔵庫で保存する際は注意が必要です。果物の中にはエチレンガスを放出するものもあり、このガスによって球根が腐ったり、花が咲かなくなる恐れがあります。冷蔵庫で冷やすのであれば、その期間は果物を保存しないようにしましょう。[1]
    • 氷点下の気温に球根をさらさないようにしましょう。球根が弱ってしまいます。
    • 球根に触れる際は手袋を着用し肌荒れを防ぎましょう。[2]
  3. 3
    冷蔵球根を購入して手間を省く 花屋や園芸店の多くは冷蔵保存済みの球根も販売しているので、問い合わせてみましょう。冷蔵球根を購入すると、栽培期間が8~12週間ほど短縮されます。[3]
    • 冷蔵球根は、通常の球根よりも値段が高く設定されていることもありますが、栽培に要する期間が短縮されることを考慮すると、結果的に賢明な選択かもしれません。
    広告

パート 2 の 3:
ヒヤシンス用ガラスポットに球根を入れる

  1. 1
    適した容器を用意する ヒヤシンスの水栽培用のガラスポット、あるいは促成栽培用の花瓶等を用意しましょう。球根が水に浸かってしまわないよう筒の部分が狭く作られています。伸びた根のみが水に触れるような仕組みになっています。底の部分は広く作られているので、大きな花が咲いても、重みで倒れることがありません。[4]
  2. 2
    容器に水を注ぐ 球根に水が触れない範囲で容器を水で満たしましょう。水に浸かった球根は腐りやすくなるので、水面と球根の下の部分の間に5~6ミリの隙間を確保しましょう。促成栽培用の花瓶は中間部分がくびれたような形状になっているので、球根が配置しやすく便利です。[5]
    • 大さじ1の水槽用備長炭を加えると、清潔で透き通った水を維持することができます。
  3. 3
    容器の中に球根を入れる くびれた部分のすぐ上に球根を置き、根を下に垂らします。球根自体は水面の真上にあっても、実際に水に触れていないことを確認しましょう。根が容器の底に向かってゆっくりと伸びていき、時間をかけて成長し花が咲くでしょう。[6]
    • 球根から育て次の年も栽培したいと考えているのであれば、水ではなく園芸土に植えましょう。促成栽培された球根から翌年も花が咲くことはありません。土に植えられた球根であれば、再び花が咲く可能性はあります。
    広告

パート 3 の 3:
花を咲かせる

  1. 1
    冷暗所に花瓶を置く 花瓶に入れた球根は冷暗所(4~13度前後)に置きましょう。ガレージや冷蔵庫が適しています。このように冷やした状態で4週間、あるいは根が水の中で育ち始め、芽が出てくるまで保存します。
    • 既に説明されているように、ヒヤシンスを果物と一緒に冷蔵庫で保存しないよう注意しましょう。果物から発せられる有害なガスがヒヤシンスの成長を妨げます。[7]
    • 1週間に2回、花瓶の水を取り替えます。新鮮な水で育てることで、より大きく、美しい花が咲くでしょう。[8]
  2. 2
    花が咲いた段階で暖かく、明るい場所に移す 適切なタイミングで、やや明るく、より暖かい場所(10~16度前後)に移す必要があります。葉が5センチ程まで成長し、根が花瓶の底に達するまで成長していれば移し時です。1週間、あるいは芽が緑色になるまで、この新たな場所に置いて育てましょう。[9]
  3. 3
    さらに明るい場所に置き開花を促す 花瓶を暖かな場所(18度前後)に移し、開花を促しましょう。ヒヤシンスは太陽に向かって伸びようとするので、一方に傾いた状態で成長してしまわないよう、花瓶の向きを毎日変えましょう。2週間ほど経過すると花が咲き良い香りが漂います。この状態が2週間ほど続き、徐々にしおれていくでしょう。[10]
    • 明るい場所に移す必要はありますが、直射日光は避けましょう。
    • 花の持ちを良くするためにも、夜間は冷蔵庫で保管しましょう。
    • 花の香りを楽しみましょう。開花すると、素晴らしい香りが漂います。
    • 枯れた後は、球根ごと捨てます。水を用いた促成栽培は球根から活力を奪うので、再び開花する元気は残っていません。より多くの花を咲かせたいのであれば球根の数を増やす必要があります。[11]
    広告

必要なもの

  • 促成栽培用の花瓶やヒヤシンス用のガラスポットといった容器
  • ヒヤシンスの球根
  • 水槽用備長炭(必要に応じて)

関連記事

How to

レモンの種を植えて育てる

How to

枯れそうなアロエベラを復活させる

How to

木の根を枯らす

How to

ポインセチアを復活させる

How to

レモンの木を室内で育てる

How to

切り花のチューリップを長持ちさせる

How to

庭にミツバチを呼び寄せる

How to

バラを種から育てる

How to

マンゴーを熟成させる

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

デーツの種を発芽させる

How to

ヤシの木を植える

How to

観葉植物の変色した葉先を切り取る

How to

切り株を処理する
広告

このwikiHow記事について

Andrew Carberry, MPH
共著者 ::
フードシステム専門家
この記事の共著者 : Andrew Carberry, MPH. アンドリュー・カーベリーは2008年よりフードシステム(食物の生産から消費に至る過程)関連の仕事をしています。テネシー大学ノックスビル校にて公衆健康栄養と公衆健康計画・管理の修士号を取得しています。
このページは 615 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告