ヒュッゲとは、シンプルな暮らしの温かさや幸福感を意味するデンマークの考え方です。心地よさと表現されることもあります。[1]  ヒュッゲは心を解放し、ささやかな物事を楽しむ価値観とも言えるでしょう。居心地がよくリラックスをすることができる空間を作り、自分の心と体に気を配ることで、誰でもヒュッゲの暮らしを実践することができます。

パート 1 の 3:
居心地の良い空間を作る

  1. 1
    部屋を片付ける 生活空間を片付けることで、その日1日の心もスッキリとした状態を維持できるようになります。まずは賢い収納法を見いだし、棚や視界に邪魔にならない収納ケースなどを活用して持ち物を片づけましょう。本当に気に入っているものだけ所持し、ただ場所をとっているだけの様に感じられるものは捨てましょう。[2]
    • 起床後にベッドを整えると、部屋全体が片付いて見えます。
    • 少なくとも週1回のペースで部屋を掃除しましょう。複数の家事に分け、曜日ごとに異なる部屋を掃除すれば、一度の負担も軽減できます。
    • 何か購入する時は、2回以上使うかどうかという点をよく考えましょう。使うことがなさそうなものは、買っても散らかる原因となるだけです。
  2. 2
    余ったスペースがあれば居心地の良いミニコーナー(ヌック)を作る ヒュッゲの考え方には家の中でくつろぐことができるスペース、ヌックを見つけるということ不可欠です。午後の一休みの時間にコーヒーやお茶を飲み、本を読むことができる窓辺の空間を設けましょう。[3]
    • ヌックに適したスペースがある人は、ブランケットやクッションを使って快適さと居心地の良さを高めましょう。
    • ヌックの近くに本を置き、お気に入りの作品をすぐ手の届く位置に準備しておきましょう。
  3. 3
    キャンドルを灯して、より自然な照明として活用する キャンドルの輝きは心を落ち着かせ、生活空間の人工的な照明を軽減します。複数のキャンドルの柔らかな明かりで、部屋の雰囲気を変えましょう。[4]
    • 松の木やシナモンといった自然な香りのキャンドルを選びましょう。その空間が一段と居心地の良いものになります。
    • 複数のキャンドルが常備されていない場合は、電気式のキャンドルライトが安全で簡単な代替案となるでしょう。
    • 天井照明に頼らず、部屋の隅にランプを設置したほうがヒュッゲらしい雰囲気になります。
  4. 4
    フワフワのブランケットを置く 大きなブランケットがあると視覚的なワンポイントになるだけでなく、心地よさも高まります。ブランケットに実際にくるまっていなくても、今まで以上に温かみが感じられるでしょう。[5]
    • 異なる素材で作られたブランケットを複数そろえ、選べるようにしておきましょう。
  5. 5
    植物や自然なインテリアグッズで部屋を飾る 室内用の植物や木を置いておくとリラックス効果が高まります。自然の中にいるような静穏を家の中で楽しむのだと考えましょう。例えば、ボウルを枝や松ぼっくりで一杯にして、装飾品として置いてみましょう。[6]
    • ファーのブランケットといった実用性の高いアイテムがあれば、様々な素材や質感をその空間に加えることができます。
    • プラスチックやガラス製のアイテムは使わないようにしましょう。その代わりに金属や鉄製のアイテムを用いて統一感を持たせましょう。
    • 外で拾った松ぼっくりや枝を乾かし、ゼロ円の装飾品として活用しましょう。
    広告

パート 2 の 3:
ヒュッゲの暮らしをする

  1. 1
    お気に入りのマグで温かい飲み物を楽しむ お茶やココアといった温かい飲み物で体の内側から落ち着いた気分になります。ゆっくりと飲んで味わい、その時間を最大限に楽しみましょう。[7]
    • 一日の忙しい合間でもお茶やコーヒーをいれましょう。居心地を良くするための毎日の習慣だと考えましょう。[8]
  2. 2
    座り心地の良い椅子で読書を楽しむ ヌックに座り心地の良い椅子や、お気に入りの本を揃えておきましょう。窓辺や暖炉の前に腰かけ緊張をほぐしましょう。脚を伸ばせる場所を作り毛布にくるまりましょう。[9]
    • 頭上のランプよりも自然光の方が読みやすく感じる人は、窓辺やキャンドルの明かりの近くで読書を行いましょう。
    • 読書派ではないという人は、椅子にゆったりと腰かけ、お気に入りの映画やテレビ番組を楽しみましょう。
  3. 3
    新しい趣味を見つけたり、以前の趣味を再開する 手工芸に取り組むことで、生活のペースを落とし自分で作ったものを感謝する余裕が生まれます。ヌックで手工芸品づくりを楽しめば、くつろぎながら新しいことを学べるでしょう。[10]
    • 編み物は、ゆっくりでありながら一定のリズムを要する作業なので、ヒュッゲを実践する際の優れたアクティビティと言えるでしょう。
    • その他にも、絵画、キルト作り、スクラップブック用のコラージュ作りも良いでしょう。大切なのは、気持ちが穏やかになり落ち着ける手作業を見つけるということです。
  4. 4
    体に優しくほっとする食事を心がける 胃袋が幸せであれば心も幸せです。スイーツや腹持ちの良い料理を楽しみましょう。子供の頃の思い出のレシピ等の家庭の味を自分で作ってみましょう。[11]
    • 生の食材を使い一から手作りしましょう。おいしい食べ物で胃が温まるだけでなく、自分が作ったという満足感で心も温まるでしょう。
  5. 5
    家事を楽しむ やらねばならない家事を後回しにしても不安が高まる一方です。すぐに片付けて、その後くつろげるようにしましょう。一つの家事でも集中して、喜びを感じられるような要素を見つけましょう。例えば、食器を洗う際、洗剤の泡を見ていると心が安らぐこともあるかもしれません。[12]
    • 家事をゲーム感覚で行い、完了したら自分へのご褒美として、美味しいコーヒーやお茶をスイーツと一緒に楽しむと良いでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
自分を労わる

  1. 1
    自分をケアするための「応急セット」を用意しておく 「応急セット」の箱の中にはキャンドル、お気に入りの飲み物、本、さらに大き目のブランケットなどを入れておきましょう。例えば仕事で落ち込んだ日は、帰宅してから箱を開け、肩の力を抜いて落ち着きましょう。[13]
    • リラックス効果のあるアイテムであれば何でも箱に入れておきましょう。何かを手作りすることで心が落ち着くのであれば、手工芸の素材をそろえておいても良いでしょう。パズルやゲームを楽しむことで落ち着きを取り戻す人もいます。
  2. 2
    バスタイムを楽しむ 長い一日の後は、熱い湯につかるのが最適なこともあるでしょう。照明を落とし、キャンドルを2~3本灯し、雰囲気を変えましょう。深部から落ち着きが感じられれるようになるまで、ゆっくりとつかりましょう。[14]
    • 入浴しながら本を読むと更に効果が高まることもあります。
    • エプソム塩があると、アロマセラピーだけでなく痛みを和らげる効果が期待できるでしょう。ユーカリやラベンダーの香りが配合されたエプソム塩を湯に加え、リラックスしましょう。
  3. 3
    スウェットや大き目のシャツといった楽な服を着る 温かく心地よい、という感覚がヒュッゲには大切です。大き目の服、熱を逃がさない服、さらに歩き心地の良い厚手のウールの靴下などを着用しましょう。[15]
    • 厚着をしたりブランケットにくるまるには気温が高すぎる場合は、締め付け感のないゆったりとした服を着ることで、リラックスできるようにしましょう。
  4. 4
    焦ったり急いだりしない 時間をかけて、これから何が起こるのかに頭を悩ませるののではなく「今」に気持ちを集中することも重要です。リラックスする時間を10分延長することができれば、その瞬間を心から楽しみ、ストレスが消えていくでしょう。[16]
    • 例えば、少し早く起きて、ヌックでコーヒーやクロスワードを楽しむ時間を設けましょう。
    • 食べる速度を落として、料理を味わい、食事にかける時間を増やしましょう。
    広告

ポイント

  • ヒュッゲとは生活の物理的な空間であると同時に考え方でもあります。生活の速度を落として、一つ一つの瞬間をあっという間に走り抜けるのではなく楽めるようになりましょう。

広告

関連記事

How to

空腹感をすぐに抑える

How to

声を枯らす

How to

乳首の色を薄くする

How to

火山噴火に備える

How to

自分の死を偽装する

How to

仮病をつかう

How to

検査なしで妊娠がわかる

How to

家で一人の時間を楽しむ

How to

お金を使わずに暮らす

How to

心拍数を自然に下げる

How to

最高の人生を送る

How to

人生をコントロールする

How to

ヨーロッパ人の生き方を真似る

How to

中性脂肪値を下げる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 546 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告