ビアポンをする方法

ビアポンほど広く親しまれ愛されているパーティー用の遊びはあまりありません。厳密にはいわゆる酒合戦である一方で、ビアポン運よりも技が求められ、飲酒が認められている年齢の人であれば誰でも楽しむことができます。この記事では、ビアポンの基本のルールといくつかのバリエーションを紹介します。

パート 1 の 3:
ビアポンの準備をするs

  1. 1
    1対1あるいは2対2で遊ぶ ペアで対戦する時は、番が回ってくるごとに交代します。
  2. 2
    450~500ミリリットル容量のプラスチックカップを20個用意し、半分までビールを注ぐ[1] 飲み過ぎを避けたいのであれば、カップの4分の1まで注ぐようにしましょう。全てのカップに同量のビールが入っているようにしましょう。
  3. 3
    バケツに清潔な水を入れる これは後でボールをすすぐために使用します。ビアポンの衛生管理を完璧にするのは困難である一方で、汚れたビールを飲む羽目にならないようできる限り注意を払いましょう。清潔な水を用意して、ボールを投げる前にさっとすすげるようにしておきましょう。また、こぼれた水やビールをすぐに拭くことができるようペーパータオルも用意しておきましょう。
  4. 4
    10個のカップをテーブルに並べて三角形を作る 三角形の頂点が対戦相手に向いているようにしましょう。1列目にカップが1個、2列目に2個、3列目に3個、そして底辺となる4列目に4個並びます。カップが傾かないよう注意しましょう。[2]
    • カップ6個で三角形に並べても良いでしょう。
    • カップの数が増えるほど、ゲームも長引きます。
  5. 5
    誰から始めるのかを決める 最も一般的な方法が、じゃんけんです。その他にも目を見合って決めるという方法もあります。これは、対戦相手と目を見合わせながらボールを投げてカップに入れることを試みるという方法で、最初に成功した人(ペア)から開始となります。その他にコイントスで決めることも可能です。
    広告

パート 2 の 3:
ビアポンを遊ぶ

  1. 1
    交互に挑戦する どちらのチームも番が回ってくるごとに1回、ボールをカップめがけて投げることができます。相手側のカップの中にボールをいれることが目標です。直接投げ入れても、1度テーブルの上で弾ませてからカップに入れても有効です。[3]
    • 弧を描くようにして投げてみましょう。カップに入りやすくなります。
    • 三角形の端でなく、カップが多い中央付近を狙いましょう。
    • オーバーハンドとアンダーハンドの両方を試し、どちらが投げやすいか把握しましょう。
  2. 2
    ボールが入ったカップのビールを飲み干す 相手チームにボールを入れらたら、その都度交互でビールを飲み干しましょう。つまり、あなたが1杯目を飲んだ場合、パートナーが2杯目を飲むようにします。飲み終えたカップは脇に寄せておきましょう。
  3. 3
    残りのカップが4つになったらダイヤ型に並び変える 6杯を飲み干し、残りのカップが4個になった時、カップをダイヤ型に並べ直しましょう。こうすることでボールが投げやすくなります。
  4. 4
    残り2つになったら1列に並べる 8杯飲み干し、残りのカップが2個になったら、1列に並べましょう。
  5. 5
    どちらかのチームのカップがなくなるまで続ける 先にカップが全てなくなったチームが負けです。[4] つまり相手のカップをゼロにしたチームが勝ちとなります。
    広告

パート 3 の 3:
その他のルールで遊ぶ

  1. 1
    1度に2回ボールを投げる ビアポンのルールには多くのバリエーションがあります。例えば、順番が回ってくるごとにどちらのチームもミスがない限り2回ボールを投げるという方法があります。一方のチームの番が完了したら、もう一方のチームの番に移り、相手チームのカップにボールを投げます。これを続けます。
  2. 2
    投げる前にどのカップを狙うのか宣言する これも頻繁に用いられているルールです。宣言したカップにボールを入れることができたら、相手チームがそのカップのビールを飲み干します。ボールを外した場合、ミスとなり、カップはそのまま残ります。[5]
  3. 3
    一方のチームが勝利した後、敗者チームに最後のチャンスを与える 一方が勝った後、敗者チームは最後にもう一度チャンスを与えられます。いわば反撃の機会となります。ミスをするまでボールを投げて、ミスをしたらゲームは終了です。この最後のチャンスにおいて、負けていたチームが相手チームの残りのカップ全てにボールを入れることができた場合、カップ3個で決勝戦が行われます。サドンデス方式で、最初に得点を入れた方が最終的な勝者となります。
  4. 4
    1バウンドでカップにボールを投げ入れた場合はカップ2個分の得点になる このバリエーションでは、1バウンドさせてボールを投げ入れることができた場合カップ2個分の得点となります。これを達成したプレーヤーはその場でもう1個カップを指定することが許されます。
    広告

ポイント

  • 単にボールを投げつけるのではなく、投げたボールを追うような要領で手を使いましょう。
  • 年齢に関わらず、お酒の飲みすぎは危険です。飲みすぎないようビールをノンアルコールの飲料に置き換えましょう。アップルサイダーなどはワインと味が少し似ていることもあり、代替として適しているでしょう。
  • 投げる時は、常に特定のカップを1個狙いましょう。
  • 独自のルールが適用されていることもあります。参加する際は、まずルールを確認しましょう。

広告

注意事項

  • 運転をする予定がある場合は、飲酒は絶対にやめましょう。
  • 不衛生なビールによる細菌感染を防ぐために、ゲーム用のカップには水を入れ、カップにボールが入った時は別に用意されているビールを都度飲むという方法を取ると良いでしょう。
  • お酒の飲み過ぎに注意しましょう。


広告

必要なもの

  • 450~500ミリリットル程のプラスチックカップ
  • ビール(少なくとも1ダース)
  • 卓球用ボール
  • 長めのテーブル

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む105人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ボードゲーム
このページは 246 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告