ビキニラインのカミソリ負けを治す方法

3 方法:カミソリ負けの手当てカミソリ負けを防ぐ長期的な予防

毛を剃った後にできるカミソリ負けは見苦しいだけでなく、炎症による肌の痛みや荒れにつながることもあります。ビキニラインの肌は特に繊細なため問題になりがちです。以下の方法を試し、突起を治して炎症の無いなめらかな肌を取り戻しましょう。

1
カミソリ負けの手当て

  1. 1
    次のシェービングまで間を空け、毛を少し伸ばしましょう。カミソリ負けがある状態で毛を剃ると炎症が起き、突起に傷が付いて感染しやすい状態になってしまいます(効果的に毛を剃ることも難しいでしょう)。可能であれば数日間は毛を剃らず、自然に突起部分から毛が出てくるか様子を見ましょう。
  2. 2
    掻きたくなる衝動に負けないようにしましょう。痒みが出るかもしれませんが、爪で突起を傷つけると感染が起きたり傷跡が残ったりする可能性があります。できる限り我慢しましょう。
  3. 3
    カミソリ負けに特化した製品を使いましょう。サリチル酸、アメリカマンサク、アロエのいずれかが入っているものを探しましょう。肌に直接塗りつけられるようなボトルに入っているものや、コットンボールに付けて肌に塗るものなどがあります。
    • どの製品を購入すべきかわからないときは近くの脱毛サロンに問い合わせ、利用客に勧めている製品を尋ねてみましょう。その脱毛サロンで製品を購入するか、オンラインで見つけることもできるでしょう。
    • 1日に1回はその製品を使いましょう。汗をかく前に、シャワー直後のケアを心がけましょう。
  4. 4
    炎症の手当てには、アロエベラの後に化粧水を塗り、つやのあるなめらかな肌にしましょう。炎症を伴う埋没毛があるときには、抗生剤クリームを毎日塗りましょう。バシトラシン、ネオスポリン、ポリスポリンなどを局所的に使うとよいでしょう。
  5. 5
    傷跡にはレチンAを使いましょう。ビタミンAから抽出されるレチノイドは、肌をなめらかにする作用がありカミソリ負けによる傷や跡を薄くします。
    • 医師に相談して処方箋を出してもらう必要があるかもしれません。
    • 妊娠中または授乳期間にはレチンAの使用はやめましょう。 深刻な先天異常を引き起こす可能性があります。
    • レチンAを塗った部分は日焼けの影響を受けやすくなります。露出しないよう衣服で覆うか、SPF45の日焼け止めクリームを塗りましょう。
    • ワックス脱毛の予定がある部分にはレチンAの使用は控えましょう。レチンAによって肌が弱くなるため、ワックス脱毛中に肌が傷付く可能性があります。
  6. 6
    皮膚科専門医に相談しましょう。カミソリの使用を控えても肌の荒れが数週間も続く場合は、皮膚科専門医に診てもらいましょう。

2
カミソリ負けを防ぐ

  1. 1
    剃り味の落ちたカミソリを処分しましょう。錆びたカミソリや剃り味が落ちたものでは、毛に引っかかったり、毛包周りの肌を刺激したりするためきれいに剃ることができません。
  2. 2
    シェービングは多くても2日に1回の頻度にしましょう。毎日カミソリを当てると新しくできた突起を刺激してしまうため、毛を剃るのは2日に1回にしましょう。可能であれば3日に1回の方がさらによいでしょう。
  3. 3
    「優しく」角質除去をしましょう。角質除去をすると、古い皮膚細胞や肌の上の他の物質が取り除かれるので、剃りあがりがよりきれいになります。角質除去スクラブ、ヘチマ、ミット、スキンケアブラシなど、自分の肌に合うものを使いましょう。
    • 敏感肌の場合は、カミソリを使わない「オフ」の日に角質除去をするとよいでしょう。
    • 角質除去をしても最小限の刺激で済む肌質であれば、カミソリで毛を剃る直前に行いましょう。
  4. 4
    カミソリを使うときは肌に押し付けないようにしましょう。押し付けるように力を入れると、カミソリの刃が肌へ不均等に当たってしまいます。そのため、カミソリは軽く握ってビキニラインをすべらせるように動かしましょう。
  5. 5
    同じエリアを2回以上剃るのはやめましょう。見過ごせないほどの剃り残しがあるときは、毛の流れに逆らうのではなく、毛の向きに沿ってカミソリを動かしましょう。
    • 毛の流れに逆らって剃るというのは、毛が生える方向とは「逆向き」にカミソリを動かすことを意味します。実際、足首から膝までの毛を剃るときには、ほとんどの人が毛の流れに逆らって剃っています。
    • 毛の流れに沿って剃る方が刺激は少なくなりますが、剃り味も落ちます。すでに剃った箇所を再度剃り直すときは、できる限りこの技術を使いましょう。
  6. 6
    浴室でシェービングしましょう。シャワーの温かい湯気には2つの利点があります。毛が柔らかくなることと、肌の損傷や炎症が起きにくくなることです。
    • 普段毛を剃ってからシャワーを浴びているのであれば、その順序を見直しましょう。剃り始める前に5分間はシャワーを浴びるとよいでしょう。
    • シャワーを浴びる時間が無ければ、熱すぎない程度のお湯で濡らした布を、剃りたい部分に当てましょう。剃る前に2~3分間はそのままにしましょう。
  7. 7
    シェービングクリーム(またはそれに代わるもの)を使いましょう。シェービングクリームも毛を柔らかくするため(また剃った部分が見てわかるようになるため)除毛しやすくなります。
    • アロエや他の保湿成分が含まれているクリームを探しましょう。
    • シェービングクリームも無くピンチのときは、代わりにコンディショナーを使いましょう。何も使わないよりはましです。
  8. 8
    冷たい水で洗い流しましょう。シャワーの最後に冷たい水をひと浴びするか、剃った場所に冷たい布を当てることで毛穴を閉じ、炎症や感染が起こりにくくなります。
  9. 9
    水気を拭き取りましょう。拭き取る際はタオルで強くこすらないようにしましょう。ビキニラインは力を入れずにタオルをぽんぽんと当てて水気を取り、刺激を与えないように気を付けましょう。
  10. 10
    制汗剤を付けましょう(任意)。(脇の下の毛を剃ったときのように)ビキニラインに制汗剤を使うと炎症を抑えられるという人もいます。

3
長期的な予防

  1. 1
    ワックス脱毛を考えましょう。ワックス脱毛の後にも埋没毛が見られることがありますが、先端が剃り落とされただけの粗い毛ではなく、より細い先端の新しい毛です。
    • ワックス脱毛をすると決めたら、初めのうちは6~8週間おきに予約を取るようにしましょう。将来的にはより長い期間を空けて施術を受けられるようになるでしょう。
    • 評判の良いワックス脱毛サロンを選びましょう。人に聞いたり、オンラインのレビューをチェックしたりしてみましょう。
    • 予備知識を持ちましょう。サロンを出るときに赤みや炎症が見られることがありますが、開いた傷や広い範囲のあざは通常できません。もし施術を受けてから1~2日間続けて感染が見られる場合は、抗生剤クリームを使い、すぐにサロンに連絡をしましょう。
  2. 2
    レーザー脱毛を考えましょう。一般的な認識とは異なり、実際にはレーザー脱毛によって「完全な」永久脱毛はできません。しかし、著しく成長を抑えることができます。
    • レーザー脱毛は、明るい色の肌に濃い色の毛があると最も効果的です。肌と毛の色が近すぎると(薄すぎても濃すぎても)施術には適さないことがあります。
    • レーザー脱毛は高額で、最低でも4~6回の施術を受ける必要があります。費用を見積もり、値引きキャンペーンなどを待つとよいでしょう。

ポイント

  • アロエベラは魔法のように効きます。荒れが治まるまで1日2回は使いましょう。カミソリ負けがすぐに治まるでしょう。
  • あまり頻繁にカミソリで毛を剃らないようにしましょう。ビキニラインは非常に繊細で刺激に弱いため、毛を剃ると目に見えないほどの小さな傷ができ、カミソリ負けを引き起こす原因となります。
  • 入浴の際に抗生物質を含むボディウォッシュでヘチマを使って体を洗い、身体を拭いたらコットンボールでハシバミを付けて、埋没毛にヒドロコルチゾンを塗るとよいでしょう。よく効く方法です。
  • タルクを含む製品の使用は強力なため肌をさらに刺激してしまう可能性があります。
  • シェービング後の手入れに使用するとカミソリ負け防止効果があるとうたう製品もあります。しかし、異なる用途目的で売られているものや、効果が無いため購入はお金の無駄だと考える人もいます。使いたい場合は、敏感肌に対応しているもの(成分は少なければ少ない方がよい)で、できれば患部の炎症を抑える効果のあるリドカインを含むものがよいでしょう。エンバクを含むものもよいでしょう。
  • 1日中保湿(できれば肌に優しい無香料の化粧水)をし続けましょう。陰毛が無いと乾燥しやすく、細菌にさらされるようになります。保湿することによって摩擦を防ぎ、かゆみを緩和または防止し、薄い膜で保護します。
  • シェービングの後は、ナイロンやスパンデックス製ではなく、綿の下着を身に着けましょう。
  • 乾いた状態でシェービングをしないようにしましょう。浴室で温かいまたは熱いお湯を使って行いましょう。毛包が開き肌が柔らかくなると、乾いた状態よりも肌が傷みにくくなります。冷たい水を使うと毛包は閉じたままになるため、シェービングが終わるまでは使わないようにしましょう。また、アロエベラを使いましょう。肌に良く(乾燥や炎症)、爽やかな使い心地です。

注意事項

  • 埋没毛をピンセットで引き抜くのはやめましょう。感染や傷跡につながる可能性があります。
  • 針を使って埋没毛を引き抜こうとする前に、医師に相談しましょう。消毒したものであれ、知識なしに肌に針を刺すのは危険が伴います。もし消毒がうまくできていなければ感染を広げてしまうかもしれません。

出典と引用

記事の情報

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Get Rid of Razor Bumps in the Bikini Area, Español: evitar las irritaciones por cuchilla de afeitar en el área del bikini, Français: prévenir et traiter les petits boutons qui apparaissent après vous être rasé le maillot, Português: Tratar Pelos Encravados na Virilha Após Depilação com Lâmina de Barbear, Nederlands: Van scheerbultjes op de bikinilijn af komen, Italiano: Liberarsi delle Irritazioni da Rasatura nella Zona Bikini, Русский: избавиться от раздражения после бритья в зоне бикини, 中文: 处理比基尼部位的剃刀肿块, Deutsch: Rasurbrand in der Bikinizone loswerden, Bahasa Indonesia: Menghilangkan Benjolan Bekas Pencukuran pada Area Bikini, Čeština: Jak se zbavit pupínků po holení v oblasti bikin, ไทย: กำจัดรูขุมขนอักเสบบริเวณบิกินี่, Tiếng Việt: Loại bỏ mẩn đỏ sau khi cạo lông vùng kín, العربية: التخلص من حبوب شفرة الحلاقة في منطقة البيكيني, 한국어: 비키니 라인 제모 후 레이저범프(Razor Bumps) 없애는 방법, Türkçe: Bikini Bölgesindeki Kıl Dönmesi ile Nasıl Baş Edilir

このページは 138 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?