慌ただしい生活の中で、バランスの取れた食事を取ることは容易ではありません。ビタミンサプリメントを活用することで、1日の推奨摂取量を達成しやすくなります。しかし人によっては、サプリメントにより胃に不快感が生じます。この症状は、胃が弱い人や、特定のビタミンや普通以上の用量を摂取している人などに顕著に現れます。ビタミンサプリメントによる胃の不快感を防ぐには、医師と相談して、生活習慣を見直すことが重要です。

方法 1 の 3:
ビタミンサプリメントに関する情報を収集する

  1. 1
    サプリメントを摂取して胃に不快感が生じるようならば、サプリメントをとる必要性があるかどうかを医師に相談する バランスの取れた食事をとっているならば、医師はビタミンサプリメントをとる必要はないと言うかもしれません。サプリメントによる胃の不快感が続くようであれば、他の方法でビタミンを摂取できないかを医師に相談しましょう。
  2. 2
    適切な種類と量のビタミンサプリメントを把握する これにより、胃に負担をかけずに済むだけでなく、体への栄養補給もうまくできます。必ず医師に相談してからサプリメントの摂取を始めましょう。
  3. 3
    何をとるべきか、なぜそれをとるのかを理解する 代わり映えのしない食事ばかりをとっていたり、慢性疾患を抱えている場合には、体に不足しているビタミンを日常的にサプリメントから補ってもよいでしょう。
    • ベジタリアン(菜食主義者)は毎日鉄分をとりましょう。鉄分と共に、肉から摂取できない分のたんぱく質をとります。
    • 日照時間の少ない地域に住んでいたり、あまり外出しないならば、ビタミンDをとりましょう。ビタミンDは日光を浴びることで自然に体内で作られますが、体内で不足しがちな栄養素です。特にオフィスで仕事をしていたり、日照時間の少ない地域に住んでいる人はビタミンD欠乏症になるリスクがあります。
    • 免疫システムが弱っていたり、インフルエンザや風邪が蔓延する季節には、ビタミンCをとりましょう。ビタミンCは体の免疫力を高めて、病気に対する抵抗力をつけるのに役立ちます。
    広告

方法 2 の 3:
ビタミンサプリメントを正しく摂取する

  1. 1
    ビタミンサプリメントの摂取方法を試行する 液体やカプセルなどの異なる形状のサプリメントを用量を変えて試して、胃に負担をかけない摂取方法を見つけ出します。
  2. 2
    常識に従う ビタミンサプリメントによって胃に不快感が生じるのを防ぐために、ラベルに記載されている以上の量や、医師から処方された量以上のビタミン剤を摂取しないようにしましょう。
  3. 3
    特定の種類のビタミンの摂取時には、カフェインを控える 特定の薬やビタミンは、コーヒーやお茶に含まれるカフェインと相互作用をきたします。また、カフェインはビタミンの体への吸収方法も変える可能性があります。[1]
    • カフェインはカルシウム、ビタミンD、鉄、ビタミンB、その他の成分の体への吸収を妨げる恐れがあります。[2]
  4. 4
    規則正しく摂取する ビタミンサプリメントは毎日同じ時刻に規則正しく摂取しましょう。アラームを設定すれば、サプリメントをとり忘れたり、定時より遅れてとるのを防げます。食事の時間が決まっているのならば、食後すぐにサプリメントをとることで、同じ時刻に規則正しく摂取できます。[3]
    広告

方法 3 の 3:
ビタミンサプリメントによる副作用を治療する

  1. 1
    体調に合わせて食事内容を調整する 胃がビタミンサプリメントに敏感であるならば、赤身の肉、魚、果物、野菜が豊富に含まれるバランスの取れた食事をとることで、サプリメントに頼る必要性を減らすことができます。
  2. 2
    空腹時にビタミンサプリメントをとらない 胃が敏感な人やサプリメントの摂取で胃に不快感を覚える人は、必ず食後に摂取しましょう。空腹時にビタミンサプリメントをとると、胃の不快症状を悪化させかねません。
  3. 3
    刺激の少ない食品を摂取して、胃痛や胃痙攣を収める 精白パンや精白米は共に、胃に優しく、消化によい食品です。胃痛や吐き気があるときに推奨されるその他の食品は、バナナとミントです。[4]
  4. 4
    ペパーミントで胃の不快感を和らげる ペパーミントが治療に有効であるという科学的な根拠はありませんが、ペパーミントが胃の不快症状を緩和したという事例報告は多数あります。ペパーミント茶を飲むと、胃の筋肉が落ち着くかもしれません。[5]
    • 胃酸の逆流症状や胃食道逆流症(GERD)がある場合には、ペパーミントの摂取は控えましょう。
    • 胃の不快症状を緩和すると考えられているその他の自然療法には、ショウガやキャラウェイの摂取が挙げられます。
    広告

ポイント

  • 鉄や亜鉛はとくに胃を刺激するかもしれません。必ず推奨摂取量を守り、問題が続くようであれば医師に相談しましょう。

広告

注意事項

  • 医師が推奨/処方するビタミン剤の摂取を医師に相談なく中止しないようにしましょう。胃の不快感について医師に相談して、対処方法を聞きます。
  • 吐き気や嘔吐の症状があるのは、特定のビタミンを摂取しずぎたことが原因かもしれません。このような症状があれば、すぐに病院に行きましょう。
広告

関連記事

How to

ペンだこを治す

How to

重曹でニキビを治す

How to

痰を取り除く

How to

アロエの葉を保存する

How to

催眠術をかける

How to

自宅で回転性めまいを治す

How to

チャクラを開く

How to

運転中に吐き気を催した場合の対処

How to

浣腸液を作る

How to

外痔核を早く治す

How to

甲状腺障害を自然に治癒する

How to

腎臓を自然療法でデトックスする

How to

ヨガで膨満感を緩和する

How to

オートミール風呂を作る
広告

このwikiHow記事について

Chris M. Matsko, MD
共著者
家庭医(かかりつけ医)
この記事の共著者 Chris M. Matsko, MD. クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州ピッツバーグ在住の元内科医です。25年以上にわたって医学研究を続け、コーネル大学最優秀指導者賞を受賞しました。テンプル大学にて栄養科学の学士号を取得後、同大学医学部にて2007年に医学博士号を取得。2016年にha この記事は16,005回アクセスされました。
カテゴリ: 代替医療
このページは 16,005 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告