ビットコインは、P2P決済システムで使用される電子通貨の一種です。マイニング(採掘)として知られるプロセスを通して生成され、オンラインの取引所で購入できます。稼いだり、購入したビットコインは、特別なソフトウェアを使って送金したり、受け取ることができます。ビットコインを受け取りたい場合は、まずウォレットの種類を選ぶ必要があります。

パート 1 の 3:
ウォレットを選ぶ

  1. 1
    ビットコインの仕組みを知りましょう。ビットコインのウォレットを理解するために、まずウォレットには実際の貨幣が入っている訳ではないということを理解しなくてはなりません。ウォレットには2つのキーが入っています。銀行の口座番号とシリアルナンバーのようなものだと考えましょう。アドレス、またはパブリックキーと呼ばれる口座番号は、ウォレットを使用するたびに変わり、取引など、他人に自分のウォレットを教える際に使用します。紙幣のシリアルナンバーのようなものであるもうひとつのキーは、保有しているビットコイン独自のものです。シリアルナンバーを持っている人がそのビットコインの所有者であると主張できるため、誰にも明かさないようにしましょう。[1]
  2. 2
    ビットコインウォレットが必要な理由を理解しましょう。ビットコインは実体が無いものなので、厳密に言うと、ウォレットには入っていません。ウォレットの役割は、ウォレットの持ち主が保有しているビットコインにアクセスし、使用するために必要な情報を保持することです。その情報には、ウォレットに入っているビットコインの所有権に割り当てられたプライベートキーが含まれます。ウォレットは、基本的に所有者のアクセスコードを保護し、他人がビットコインにアクセスすることを防ぎます。[2]
    • オンラインのマーケットでは、ハッカーが、ビットコインを入手するためにプライベートキーを盗む可能性があります。所有者は、何の見返りも無しにビットコインを渡すよう騙される場合があり、そうなると、ビットコインの取引自体が崩壊する恐れがあります。ビットコインウォレットは、そのようなオンラインのマーケットで切望されているセキュリティーを提供します。
  3. 3
    ウォレットのリサーチをしましょう。ビットコインのウォレットは、Apple PayやPayPalのような個人の金融情報と小売業者間の仲介を行うサービスと少し似ていますが、全く同じように機能するわけではありません。違いのひとつは、ビットコインは完全に電子的なもので、セキュリティに関する問題の影響を受けやすいという点です。ウォレットには、ビットコインの一部しか入っていないようなものだということも念頭において、ビットコインを守るために一番安全なオプションを選ぶことが必要です。[3]ウォレットには、ソフトウェアウォレット、ウェブウォレット、コールド/ペーパーウォレット、そしてハードウェアウォレットという4つの基本的な選択肢があります。[4]
  4. 4
    セキュリティーを考えるのであれば、ソフトウェアウォレット、またはコールドウォレットを検討しましょう。この2種類のウォレットは、一般的に最も安全です。ソフトウェアウォレットは、お使いのパソコンにキーを安全に保存しておくウォレットです。コールド/ペーパーウォレットは、インターネットに接続されていないウォレットです。[5]
    • ソフトウェアウォレットの利点は、プライベートキーがオンラインではなくオフラインで保存されているので、ウェブウォレットよりもやや安全であるという点です。[6] しかし、自分のパソコンからでしかアクセスできないことが欠点です。[7]ソフトウェアウォレットの中には、持ち運びに便利なスマホ向けアプリもあります。
    • コールドウォレットの利点は、インターネットに接続されていないため、ハッキングされないという点です。保存先として考えられるのは、USBメモリや紙切れ、もしくは自分の頭の中です。例えば、自分の頭を使うのであれば、単純にキーコードを覚えておくだけです。安全ですが、キーコードを忘れた場合、ビットコインを取り戻すことができなくなってしまうので、そこまで良いものではありません。[8]
  5. 5
    持ち運びやすさを考えるのであれば、ウェブウォレット、またはハードウェアウォレットを検討しましょう。ウェブウォレットは、ウェブを通してアクセスするPayPalのようなものです。ハードウェアウォレットは、持ち運びが可能な端末で、通常はUSBメモリや似たようなサイズのものです。どちらも携帯性に優れています。[9]
    • ハードウェアウォレットは、情報の開示を求めた時、または情報を取り出すための端末と通信している時だけ、ウォレット内の情報を開示します。[10]
    • ウェブウォレットは、ソフトウェアウォレットほど安全ではありませんが、どこからでもアクセスできます。[11]
  6. 6
    ウォレットを選びましょう。選んだ種類のウォレットごとに、さらに選択肢があります。例えば、Bitcoin Armoryはソフトウェアウォレットの一種で、Coinbaseはウェブウォレットです。[12]ビットコインのウェブサイトには、おすすめのウォレットがいくつかあげられており、どれを選んでいいかわからない場合に参考になります。[13]
    • ビットコインのウェブサイトには、ウォレットを選ぶ際のチェックリストがあります。リストアップされたウォレットにはそれぞれ、お金のコントロールができるか、検証処理は集中型か分散型か、ウォレットがコーディングを表示するかどうか、安全な環境を提供しているかどうか、基本的なプライバシーがあるかどうか、などが表示されています。[14]
    • 例えば、お金の共有型コントロールのウォレットでは、企業も取引を承認する必要があります。分散型検証の場合は、取引がネットワーク上で直接行われるのではなく、ウォレットを通して検証されます。[15]
    • セキュリティがしっかりしていない環境のウォレットであれば、マルウェアを含んだパソコンにダウンロードされる可能性があります。つまり、ビットコインの安全性が低いということです。しかし、強力なパスワードや一部のビットコインをコールドウォレットに移すことにより、ビットコインを保護できます。[16]
    • プライバシーがある限り、毎回ビットコインアドレスを変えることで、ウォレットからビットコインを盗むことがより困難になります。また、プライバシーの項目には、第三者に情報を開示するかどうか、Tor(匿名通信システム)を使用できるかどうかも示されています。Torはビットコインへの攻撃を阻止できます。[17]
  7. 7
    自分の技術力を考慮しましょう。一部のウォレットは他のウォレットよりも使いやすさに欠けるので、ビットコインを守るには、いくつかのノウハウが必要です。しかし、ウォレットの中には、わかりやすい名前がついたBitcoin Walletなど、機能が充実したものもあります。[18]
  8. 8
    選んだウォレットをダウンロードしましょう。ビットコインのウェブサイトを使用する場合、多くのウォレットは、サイトから直接ダウンロードできます。サイトからダウンロードできない場合は、他のダウンロードサイトのリンクが用意されています。たいていは、ウォレットの公式サイトからウォレットをダウンロードします。[19]
    • コールドウォレットを使用する場合は、ソフトウェアウォレットを使用します。そして、外付けドライブを用いてインターネットから切断します。
    • ペーパーウォレットを使用するためには、ビットコインアドレスを作成するサービスを使用してビットコインを受け取らなくてはなりません。使用できるもののひとつが、Bit Address(bitaddress.org を探しましょう)です。ビットコインを受け取りたい時に、このようなサービスを使ってアドレスを生成します。[20]
    広告

パート 2 の 3:
取引を行う

  1. 1
    「受け取り」を行う場所を確認します。ウォレットには、ビットコインを受け取る場所があるはずです。タブになっていたり、他のメニューと一緒になっているかもしれません。受け取り場所を見つけることが、ビットコインを受け取る最初のステップです。[21]
    • ウォレットによって取引が行われる方法が少しずつ異なりますが、基本的な取引は同じはずです。異なるインターフェースが使われており、見た目が少し違うだけです。
  2. 2
    アドレスを選びます。ビットコインを受け取る時、ビットコインを送る側の人や会社に自分のアドレスを教える必要があります。ウォレットがアドレスを生成するので、それぞれの取引ごとにアドレスをひとつクリックするだけです。[22]
    • 通常、アドレスは、26文字の英数字を含んだ文字列で、1または3のいずれかで始まります。スキャンが可能なORコードになっている場合もあります。[23]
    • ビットコインは、各アドレスの使用は1回のみとすることを推奨しています。それは、取引を行うたびにアドレスが公開取引簿に記録される、つまり、ビットコインの保有者に関する情報の一部が公開されるためです。取引のたびに、ウォレットが新しいアドレスを生成するはずです。[24]
  3. 3
    アドレスをユーザーに送信します。アドレスは手動で送信する必要があるかもしれませんが、大抵はウォレットが自動的にその処理を行います。ウォレットによって生成されたアドレスが1つのみ送信されており、プライベートキーは送信されていないことを確認しましょう。[25]
    • 手動で送信する必要がある場合は、コードをコピーして、メッセンジャーやメールで取引相手に送信しましょう。
    • 実際に取引相手と会って、スマホに表示されるQRコードを使用する場合、普通は売り手がスマホでQRコードをスキャンするだけです。[26]
  4. 4
    ビットコインの代金を払います。取引所を使用してビットコインを入手する場合、取引所に代金を支払う必要があります。取引所は、証券取引所によく似た、ビットコインの売買が行われる場所です。評判の良い取引サイトの多くは、ユーザーが支払いを行うとすぐに、その額のビットコインを第三者に預けます。決済方法は、取引サービスによって異なります。PayPal、銀行送金、または現金、どれで支払うかは、ユーザーと取引サービスの合意によって決まります。[27]
    • 取引所にアカウントを作成する場合は、通常、アカウントに銀行口座を紐づけることができます。[28]
  5. 5
    承認を待ちます。取引が送信されると、マイニングを通してブロックチェーン上で承認が行われます。およそ10分おきに、再び取引の承認が行われます。承認とは、ネットワーク上のすべての人によって正当性が実証されたことを意味するため、承認されるたびに取引の安全性が高まります。ある特定の回数だけ承認されると、対象となっているビットコインを再び送信したり、売却したりできないことが保証されます。言い換えると、承認することで二重支払いを防いでいるのです。[29]
    • 二重支払いとは、同じビットコインが1回以上、不正に使用されることです。二重支払いの結果、使用済みのビットコインが支払いに使用され、小売業者が支払いを受け取ることができなくなる可能性があります。[30]
    • 取引所の中には、特に大きな取引であれば、6回承認されなければ取引注文の確認ができない所もあります。[31]
    • 受けるべき承認の回数は、取引の種類によります。値が張る商品の代金としてビットコインを受け取る場合、承認の回数は多めがいいでしょう。小さな取引でビットコインを受け取る場合は、おそらく数回の承認で問題ないでしょう。[32],[33]
    • ビットコインは、大きな取引に対しては6回の承認、小さな取引では1回以上の承認を推奨しています。受けるべき承認の回数は、利用するウォレットのセキュリティにもよります。例えば、安全性に優れたウォレットであれば1回の承認でも十分ですが、セキュリティの薄いウォレットでは3回程度の承認が適切でしょう。[34]
    • ウォレットのインターフェースによって表示方法は異なりますが、ウォレットには、承認の状態を確認できる何かしらの機能があるはずです。[35]
    広告

パート 3 の 3:
ビットコインを入手する

  1. 1
    ビットコインのマイニングについて理解しましょう。コンピューター上でビットコインソフトウェアを使用し、非常に難しい数学の問題を解くことにより、ビットコインが生成されます。ビットコインの場合、実際はお金を稼いでいるのではなく、お金を作っているのですが、自分のコンピューターが、大変な作業を行うことでお金を稼いでくれていると考えてみましょう。問題点は、高性能なコンピューターを使って問題を解く必要があるということで、ビットコイン専用のマシンを用意するか、ほかの人のマシンと組み合わせて一緒に作業を行う必要があります。[36]
    • ビットコインの問題数が増えるにつれて、マイニングは、より複雑になり、得られる利益は少なくなってきました。マイニングを始めるには手遅れです。
    • 1台のマシンでのマイニングでは、さほど利益は出せません。専用の高性能コンピューターが必要になり、コンピューターの価格は、マイニングで稼げる額よりも高くなる可能性があります。[37]こちらも安くはありませんが、AntMiner S7、Avalon6、またはSP20 Jacksonなど専用の採掘機を購入することもできます。[38]また、Slush Poolなどのプールに参加することを検討しましょう。プールとは、他のマイナー(採掘者)と一緒に協力してビットコインを生成するチームのことです。[39]
    • さらに、マイニングにはマイナーソフトウェアも必要です。Windows向けには50Minerなどがあり、50Minerは実際のマイニングを行います。いずれも、お使いのグラフィックボードで動作します。[40]
    • しかしながら、ビットコインの量は増え続けるわけではありません。事実、ビットコインの発行上限枚数は、21,000,000枚となっています。さらに、ビットコインのシステムは、発行されるビットコインの数が時間の経過とともに減少するように設計されています。[41]
  2. 2
    ビットコインを購入しましょうビットコインを入手する別の方法は、流通している通貨によるビットコインの購入です。ビットコインの購入には、ビットコイン販売所を利用します。有名な販売所は、ドイツのBitcoin.de、カナダのVirtEx、ポーランドのBitcurex、アメリカのCampBX、中国のBTCなどです。[42]
    • このような販売所は、例えば株式市場のように規制されていないということを覚えておきましょう。資金を投資する前に、信用できる販売所であるか確かめましょう。[43]
    • このような販売所につきもののリスクは、取引が失敗しやすいこと、また、特定の国の政府が、ビットコインの規制や禁止の動きを取る可能性があることです。
  3. 3
    商品をビットコインで売りましょう。ビットコインを通貨として受け取りたい場合、アプリやソフトウェアを使ってウェブサイトにビットコインでの決済を追加できます。つまり、商品を円で売るのではなく、代金をビットコインで受け取るということです。ウェブサイトにウィジェットを追加したり、単純に請求書を使用してビットコインでの決済を要求できます。[44]
    • 1ビットコインは、100円よりはるかに価値が高いことを頭に入れておきましょう。従って、ビットコインは小数点以下の桁まで分割されます。ほとんどの商品に対して受け取るビットコインは、ほんのわずかである可能性が高いでしょう。[45]
    • ビットコインの価値は変動しやすいため、取引の度に現在の市場価格をチェックする必要があります。
  4. 4
    ビットコインファウセット(蛇口)を利用しましょう。ウェブサイトやゲームの中には、ウェブサイトを利用したり、特定のゲームをプレイすることで、少量のビットコインを無料で入手できるものがあります。ほかには、本を読ませたり、サイコロを振らせるサイトもあります。「無料」でものを提供するほかのウェブサイトのように、ファウセットでビットコインをためるには、時間がかかる場合があります。[46]
    • ほとんどのファウセットは、ビットコインを還元するための広告で溢れかえっていますが、一定の間隔で特定の額のビットコインしか払い戻しできません。[47]
    広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

画像のURLを取得する

How to

2台のルーターを接続する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

閲覧履歴を確認する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する
広告
  1. http://cointelegraph.com/news/the-many-types-and-functions-of-bitcoin-wallets
  2. http://cointelegraph.com/news/the-many-types-and-functions-of-bitcoin-wallets
  3. http://cointelegraph.com/news/the-many-types-and-functions-of-bitcoin-wallets
  4. https://bitcoin.org/en/choose-your-wallet
  5. https://bitcoin.org/en/choose-your-wallet
  6. https://bitcoin.org/en/choose-your-wallet
  7. https://bitcoin.org/en/choose-your-wallet
  8. https://bitcoin.org/en/choose-your-wallet
  9. https://bitcoin.org/en/choose-your-wallet
  10. https://bitcoin.org/en/choose-your-wallet
  11. http://www.coindesk.com/information/paper-wallet-tutorial/
  12. http://bitzuma.com/posts/a-beginners-guide-to-the-electrum-bitcoin-wallet/
  13. https://www.buybitcoinworldwide.com/kb/how-to-use-bitcoin/
  14. https://www.buybitcoinworldwide.com/kb/how-to-use-bitcoin/
  15. https://bitcoin.org/en/you-need-to-know
  16. https://www.buybitcoinworldwide.com/kb/how-to-use-bitcoin/
  17. http://www.coindesk.com/information/how-can-i-buy-bitcoins/
  18. http://www.coindesk.com/information/how-can-i-buy-bitcoins/
  19. http://www.coindesk.com/information/how-can-i-buy-bitcoins/
  20. https://www.buybitcoinworldwide.com/kb/how-to-use-bitcoin/
  21. https://en.bitcoin.it/wiki/Double-spending
  22. https://www.buybitcoinworldwide.com/kb/how-to-use-bitcoin/
  23. http://bitcoinsimplified.org/learn-more/confirmations/
  24. https://bitcoin.org/en/you-need-to-know
  25. https://bitcoin.org/en/you-need-to-know
  26. http://bitzuma.com/posts/a-beginners-guide-to-the-electrum-bitcoin-wallet/
  27. http://venturebeat.com/2014/02/17/bitcoin-for-idiots-an-introductory-guide/
  28. http://techcrunch.com/2013/04/08/how-to-mine-bitcoins/
  29. https://www.bitcoinmining.com/
  30. http://techcrunch.com/2013/04/08/how-to-mine-bitcoins/
  31. http://techcrunch.com/2013/04/08/how-to-mine-bitcoins/
  32. http://venturebeat.com/2014/02/17/bitcoin-for-idiots-an-introductory-guide/
  33. http://venturebeat.com/2014/02/17/bitcoin-for-idiots-an-introductory-guide/
  34. http://venturebeat.com/2014/02/17/bitcoin-for-idiots-an-introductory-guide/
  35. https://developers.coinbase.com/docs/merchants
  36. http://venturebeat.com/2014/02/17/bitcoin-for-idiots-an-introductory-guide/
  37. https://www.cryptocoinsnews.com/5-ways-get-free-bitcoins/
  38. https://www.cryptocoinsnews.com/5-ways-get-free-bitcoins/

このwikiHow記事について

Vinny Lingam
共著者 by
Bitcoinスペシャリスト
この記事の共著者 by Vinny Lingam. ヴィニー・リンガムは、ブロックチェーン技術を導入した個人情報保護および新規事業のマネジメント会社「 Civic Technologies」の最高経営責任者を務めています。2006年に最優秀アフリカ若手IT起業家賞を受賞、2009年には若手グローバルリーダー世界経済フォーラムに参加、2015年には世界のトップ500CEOに選出されるなど活躍しています。南アフリカ大学にて電子商取引の学士号を取得。 この記事は1,425回アクセスされました。
このページは 1,425 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告