ビーチ旅行を楽しむ方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

旅の目的地としてのビーチは楽しいだけでなく、リラックス効果も期待することができます。ただし、事前の準備が不十分な旅は大変なことになりかねません。日焼け止めを忘れた場合は文字通り痛い思いをします。ビーチは楽しい一方で、最高な経験にする為には計画性が求められます。出発の2~3日前から準備を開始しましょう。

パート 1 の 4:
荷造りをする

  1. 1
    適した衣服を詰める この旅のために選んだ水着と予備の着替えを荷物に含めましょう。予備の着替えとは、ビーチからの帰り道、濡れて砂を被った洋服を着なくても済むようにするためのものです。[1]
    • 一日中着ていても快適に感じられる洋服を選ぶようにしましょう。
    • 着替えを持っていれば、ビーチで過ごした後に別の場所を訪れることもできます。
    • 適した履物も忘れないようにしましょう。ビーチにはサンダル、水中はマリンシューズを用意しておけば、どのような状況でも対応できるでしょう。
  2. 2
    日焼け対策のアイテムを忘れない ひどい日焼けをすると、せっかくのビーチの楽しさも台無しになりかねません。また、日焼けから肌を守ることで歳を重ねても若々しい肌を維持できるようになり、皮膚がんのリスクも抑えます。[2]
    • 少なくともSPF15以上の製品を使用しましょう。また、紫外線A波、B波の両方に対応していることも重要です。唇を守るためにリップクリームも日焼け止め成分が含まれているものを選びましょう。日焼け止めは、汗をかいたり水に濡れたあとは特に、何度も塗りなおすようにしましょう。
    • 衣服を使って紫外線をブロックすることもできます。帽子やサングラスを着用していれば顔や目を紫外線から守ることができますが、長そでの洋服で肌を覆うことによって保護をすることも可能です。覆いたくない場合は、ビーチパラソル、テント、ガゼボなどを活用しましょう。
  3. 3
    何か座れるものを用意する ビーチチェアやタオルがあると良いでしょう。ただし、タオルを選んだ場合、自分の体を拭くためのタオルと別に用意しましょう。プラスチック製の椅子を用意する場合も、座面が熱くなりすぎないように余分なタオルを持参しましょう。砂をかぶっても気にならないような古いブランケットでも良いでしょう。[3]
    • 別案として、古くなったキングサイズのシーツも役に立ちます。バッグやクーラーボックスを角に配置できるので、あなたと家族のためのスペースが出来上がります。[4]
  4. 4
    応急処置のキットを忘れない もちろん、誰も怪我をしないことを願う一方で、基本的なキットを持っていれば何かがあった時に安心です。一式揃ったキットを購入しても、詰める医療品を自分で選んでも良いでしょう。[5]
    • 絆創膏、抗生物質の軟膏、鎮痛剤、体温計、整腸剤は必須アイテムです。また、抗アレルギー剤もあると良いでしょう。
    • 絆創膏は様々な種類を用意しておきましょう。小さな傷口用のものから、ロールタイプのもの、ガーゼ付きのタイプのもの、更にメディカルテープも揃えておくと安心です。その他にもアルコール綿、ヒドロコルチゾン、ノンラテックスの使い捨て手袋、伸縮性包帯なども便利です。[6]
    • 日常的に服用している市販薬も荷物に入れておきましょう。
  5. 5
    防水あるいは耐水性のバッグを持参する 水と砂から貴重品を守るための手段も必要となります。携帯電話や財布などをしまっておくために、耐水性の高いバッグ、あるいは防水加工の施されているバッグを用意しましょう。大切な持ち物は、ビーチで紛失したり損傷したりすることが無いように、全てしまっておきましょう。[7]
    • 空になった日焼け止めのボトルを洗って、その中に貴重品をしまっておくのも便利な方法です。貴重品を隠して盗難防止になるだけでなく、濡れてしまうことも防ぎます。
    • ジップロックなどのチャック式のビニール袋に電気製品を入れておくと良いでしょう。[8]
    • ビーチで使うおもちゃは、ネット状のバッグの中にしまい、そのまま砂の上に置けるようにしましょう。食べ物は全て氷を入れたクーラーボックスに保管しましょう。
    広告

パート 2 の 4:
アクティビティを計画する

  1. 1
    複数で楽しめるものを計画する もし団体で旅行するのであれば、全員が参加できるアクティビティを用意しておくと良いでしょう。防水のトランプが一式あれば、強風でない限りビーチでも楽しむことができます。付属品が少なめのボードゲームも便利です。その中でもツイスターというゲームはビーチに最適です。[9]
    • 小さな子供が楽しめることも忘れずに考えましょう。バケツ、シャベル、安価なおもちゃなど単純な玩具でも子供たちは十分に楽しんでくれます。砂と水で大いにはしゃぐ姿を見ることができるでしょう。 [10]
  2. 2
    音楽を欠かさない 音楽があれば複数の人を一度に楽しませることができます。シャワーラジオのような防水の乾電池式ラジオがあれば最も簡単です。防水性のBluetoothスピーカーがあれば、スマートフォンから音楽を再生することも可能です。[11]
  3. 3
    個人向けのアクティビティも計画する 少しの間ただのんびりと過ごすのもよいですが、何か一人で楽しめるものが欲しいと思うかもしれません。このような時は、これまで読む時間を作ることができなかった軽めの本などがあると良いでしょう。ビーチで過ごす時間は読書に最適です。[12]
    • 電子書籍を持っていくのであれば、直射日光の下でも反射しないもの、また携帯用の充電器も必要に応じて持参しましょう。携帯電話にも持ち運び充電器があると良いでしょう。電子書籍はジップロック式の密閉できる袋にしまっておきましょう。
    • クロスワードパズル、数独といった本も楽しめます。
  4. 4
    おやつを忘れない 数時間ビーチで過ごす予定であれば、おやつや飲み物があったほうが良いでしょう。シンプルなもので充分です。[13]
    • フルーツ、グラノーラバー、野菜スティック、水の入ったボトルが便利です。ジュース類では水分を十分に補給できないので持っていくのはやめましょう。
    • 一日中ビーチに居る予定であれば、ランチを持参しましょう。飲み物にはクーラーボックスがあると快適ですが、食べものはピーナッツバターとジャムのサンドイッチのように傷みにくいメニューが良いでしょう。
    • ごみを集めるための小さな袋も忘れないようにしましょう。ビーチでは、なかなかゴミ箱が見つからないこともあります。
    • ウェットティッシュも付け加えましょう。食前、食後に手を清潔な状態に保つことができます。
  5. 5
    場所を確保する ビーチに到着したら場所を確保する必要があります。早い時間であれば比較的空いてます。良い場所を確保しやすいでしょう。[14]
    • 水の近くに場所を確保すべきですが、近すぎると波が到達してしまうので気をつけましょう。
    • ビーチで椅子やパラソルをレンタルできる場合、準備が楽になるのでサービスの利用を検討しましょう。
    • 好みの似た人の集まるビーチを選びましょう。例えば、浜辺で友人たちとパーティーをして楽しみたいと考えているのであれば、にぎやかで音楽が聞こえてくるような場所を選ぶようにしましょう。静かなビーチで読書をしたいと考えているのであれば、あまり人気のない場所を探すようにしましょう。家族と一緒にビーチに行く場合は、周りにも家族連れが多く見受けられる場所を選ぶことで、子供たち同士が一緒に遊ぶことができます。
    広告

パート 3 の 4:
水着を購入する

  1. 1
    体にぴったりと合った下着を着ていく 水着の試着は下着を着たまままで行います。それでも水着が体に合っていることを確かめなければなりません。そこで、下着はたるんだり余ったりしていない細身のタイプのものを選びましょう。[15]
  2. 2
    着心地の良い水着を選ぶ 様々なウェブサイトで自分の体型に合った水着を選ぶように助言していますが、実際は、どのようなスタイルでも自分の体型に合った水着が見つかるものです。重要なのは選んだ水着の着心地が良く、本人が気に入っているということです。[16]
    • ふくよかな体型のためツーピースタイプの水着は自分には合わないと考えているかもしれません。あまり肌を見せたく無いのであればタンキニという、タンクトップ型のトップスとビキニスタイルのボトムスを組み合わせた水着、ハイウェストビキニといったスタイルを選んでみると良いでしょう。さらに、楽しげな柄を選択して着こなしましょう。
    • 男性も、どれくらい肌を見せたいのかといった点を水着を購入する際に検討する必要があります。フルの長さのトランクショーツからブリーフタイプのものまで選択肢があります。
  3. 3
    動き回る 飛んだり跳ねたりする必要はありませんが、水着を着た状態で出来る限り動き回るようにしましょう。水中では確実に動き回ることになるので、動いても水着がずれないことを確認する必要があります。[17]
    • 試着室の外を行ったり来たりしてみたり、ジャンピングジャックといった筋トレの動きをしてみて、水着がどうなるのか確かめましょう。水着がずれたり動いたりしないことを確認しましょう。
  4. 4
    体を覆うアイテムも忘れない これは泳いでいない時に、ビーチから車まで移動したり、ビーチでくつろぐ際、水着の上からさっと羽織ったりすることのできるアイテムを意味しています。男性はTシャツで最低限の用途を満たすでしょう。女性は、ショーツ、ゆったりしたコットンのドレス、サロングなどが便利です。[18]
    広告

パート 4 の 4:
ビーチボディを目指す

  1. 1
    時間をかけてシェービングを行う 露出度の高い水着を着用するけれども、ボディワックスは気が進まない、という場合、ビーチに向かう前に入念にシェービングを行う必要があります。脚の他にも、ビキニラインや脇下等、シェービングが必要と思われる部位をしっかり処理しましょう。[19]
    • 自分でシェービングやワックスを行うことに不安を感じるのであれば、専門店で施術を受けましょう。予約をしてビキニワックスを済ませておきましょう。
    • 男性であれば、背中をシェービングしておいても良いかもしれません。誰かに頼んでも良いでしょう。
    • 日光の下で剃り忘れや剃り残しがないか確認しましょう。自然光のほうが屋内よりも見つけやすいでしょう。
  2. 2
    肌の角質を除去する 肌の輝きを高めるために、角質を除去しておきましょう。角質除去とは、暗くなってしまった肌のトーンや、ごわついた感触を改善するために死んでしまった細胞を除去することを意味しています。ケミカルピーリングあるいはスクラブといった方法があります。[20]
    • ケミカルピーリングは、主に酸を含んだ化学薬品を用いて、死んだ皮膚を取り除く方法です。
    • スクラブとは、小さな粒や砕いた極小粒の種子や樹脂を混ぜ合わせたペーストを用いて死んだ皮膚をこすり落とす方法です。スクラブ用グローブといった製品もあります。洗顔クロスの使用もスクラブの一種です。
    • スクラブを行う場合は、まずシャワーを浴びて肌を濡らしましょう。スクラブ剤をつけた手やグローブ、あるいは洗顔クロスを用いて、弧を描くように肌を優しくこすります。完了したらスクラブ剤を洗い流しましょう。スクラブ用グローブや洗顔クロスを使っているのであれば、通常のボディウォッシュを布につけて、弧を描くように優しく肌をこすりましょう。
    • 膝、肘、足といった角質のたまりやすい部位に特に注意しましょう。
    • スクラブの後は、良質な保湿剤を肌に塗りましょう。
  3. 3
    体が膨れ易くなる食べ物を避ける ぺったんこのお腹を目指しているのであれば、ビーチに行く2~3日前から、体を膨れさせる食べ物を避けるようにしましょう。こうすることで、水着を着た時に膨張感からぽっこりお腹に見えてしまうことを防ぐことができます。[21]
    • ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、カリフラワーといったアブラナ科の野菜を避けるようにしましょう。加工食品や炭酸飲料も控えましょう。
    • その代わりにアボカド、卵、ナッツ系バター、サーモン、バナナ、グリークヨーグルト、レモンといった健康的な食品を摂取しましょう。
    広告

ポイント

  • 海水に入るのであれば、監視中のライフガードがいる場所で泳ぎましょう。
  • 気分が悪くなってしまったら、医療措置を求めましょう。太陽の下に居ると、あっという間に熱中症になることもあります。
  • きちんと水分補給を行いましょう。常に手元に水を用意しておきましょう。脱水症は誰にでも起こり得ることで、気づかないうちに症状が悪化していることもあります。
  • 日焼け止めを必ず持参し、日陰で過ごしましょう。

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 旅行 | アウトドア
このページは 507 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告