ビーツを調理する方法

この記事には:オーブンで焼く電子レンジで加熱するビーツを揚げる茹でる蒸す記事のサマリー動画

ビーツは甘くてヘルシーな野菜です。糖分が多い割にカロリーが低く、ビタミンC 、カリウム、食物繊維、鉄など数多くの栄養素を含んでいます。茹でる、オーブンで焼く、蒸す、揚げる、電子レンジで調理するなど、様々な方法でビーツを調理することができます。ビーツの調理法を説明します。

材料

4~6人前

  • 中くらいの大きさのビーツ 4個
  • コーンスターチ(揚げる場合)
  • オリーブオイル(任意)
  • 好みで塩・こしょう(任意)

ステップ

下ごしらえ

  1. 1
    新鮮なビーツを選びます。硬くて傷のないビーツは新鮮でおいしいくいただけます。柔らかいビーツは、日が経っていて味もよくありません。新鮮なビーツの茎には濃い緑色の葉がありますが、古くなるとその部分は黄色く変色します。[1]
  2. 2
    ビーツの茎を切り落とします。よく切れる包丁で茎を切り落としましょう。ビーツの根元に近い部分で茎を切り落とします。ただし、茎をすべて切り落とさずに、根元に近い部分を少し残しておきましょう。手で持つ部分を残して他は切り落とします。手で持つ場所があるとビーツ切る際に便利です。
    • ビーツの葉や茎の部分を調理します。切った葉や茎を捨てないで、ビーツとは別にソテー、オーブン焼き、蒸すなどの方法で調理できます。ビーツの葉や茎の部分は、ビーツ本体より調理時間が短い(蒸し器で4分)ので、葉や茎を調理して食べるつもりでも、切り落としてからビーツとは別に調理しましょう。
  3. 3
    不要な部分を取り除きます。ビーツの先端の細長い部分を切り落とします。この部分は調理しないうえに、ついていると扱いにくいので取り除きましょう。または、調理してから切り落としても構いません。
  4. 4
    ビーツを洗います。流水にあてながら、野菜用のたわしでしっかりこすって、目に見える汚れがなくなるまで洗います。たわしを使わずに手で洗っても構いませんが、強くこすって洗いましょう。

1
オーブンで焼く

  1. 1
    オーブンを200℃で予熱します。[2]
  2. 2
    ベーキングトレーを用意します。浅いベーキングトレーが適当です。ビーツが張り付かないようにホイルを敷く必要はありませんが、焼き汁が浸み出すとトレーが汚れるので、トレーに何か敷いておくと後片付けが楽になります。
  3. 3
    ビーツをホイルで包みます。洗って水分が残った状態のままビーツを包みましょう。ビーツが乾いていたら、外側が少し濡れるように再度水ですすぎます。ビーツを1つずつホイルで緩めに包みます。ぴったりと包む必要はありませんが、ホイル同士がくっついて密封した状態になるように包みましょう。小さいビーツをまとめて包むこともできますが、個別に包むほうが均一に火が通ります。
    • ホイルで包まなくても、ビーツに油をまぶすと焦げるのを防げます。オリーブオイルや植物油をビーツにまぶします。ビーツ400gあたりオリーブオイル大さじ1杯又は植物油大さじ2杯の割合です。その後、塩・こしょうをたっぷり振って調味します。ビーツを4つ切りにすると調理時間を短縮できます。4つ切りにしたビーツの加熱時間は45分間で、丸ごとのビーツはもう少し長くかかります。
  4. 4
    オーブンで50~60分間焼きます。用意したベーキングトレーにビーツを並べ、オーブンで焼きます。
  5. 5
    ビーツが焦げ始めたら水を加えます。焼いている間、20分間に1回状態を確認します。ビーツが乾いて見えたり、底の部分に焦げ目を見つけたら、ホイルの覆いをそっと取り除き、ビーツ1個につき大さじ1杯(15ml)の水をかけます。その後ホイルの覆いを元に戻し、焼き続けます。
  6. 6
    焼け具合を確認します。フォークをビーツの中心に刺して、抵抗なく抜ければ完成です。ビーツ全体に火が通っています。この時点で、オーブンから取り出します。小さなビーツは大きなービーツより早く火が通ります。
  7. 7
    冷まします。少なくとも数分間冷まして粗熱を取るまでは、ビーツに触れないようにします。
  8. 8
    皮を剥がします。ビーツが冷めたら外側の皮をむきましょう。ビーツをペーパータオルに包んで持ち、タオルの端でそっとこすって皮を剥がします。完全に火が通ったビーツは、簡単に皮が剥がれます。包丁などを使って皮をむく必要はありません。使い捨て手袋をつけると、ビーツの汁が手に染みる心配がありません。
  9. 9
    盛り付けます。オーブンで焼いたビーツを丸のまま盛り付けます。又は、残しておいた茎の部分を持って。切ってから盛り付けることもできます。オーブンで焼いたビーツは、そのまま食べても、サラダに入れてもおいしくいただけます。

2
電子レンジで加熱する

  1. 1
    電子レンジ対応の容器にビーツを入れます。容量4リットルのガラス製のボウルが適しています。ビーツを重ねることなく入れられる、大きなボウルを使いましょう。ビーツを積み重ねないように注意します。丸ごと、又は4つ切りにしてボウルに入れます。[3]
  2. 2
    水大さじ2杯(30ml)を加えます。ビーツに水をかけます。ビーツの上部から水をかけて、横や下に水が流れるようにします。水なしでビーツを電子レンジで加熱するのは控えましょう。
  3. 3
    ボウルを覆い、電子レンジで5分間加熱します。ボウルに蓋をしたり、ラップで緩く覆います。
  4. 4
    ビーツを裏返して、3~5分間再加熱します。ビーツを裏返して上下を変えると、均一に加熱できます。ビーツが柔らかくなるまで電子レンジで加熱します。柔らかさは、フォークを刺して確認しましょう。
  5. 5
    冷まします。ビーツを電子レンジに入れたまま1分間冷まします。電子レンジから取り出してさらに4分間又は、触って熱く感じないくらいに冷まします。覆ったまま冷ますと、残った蒸気でもう少し加熱できます。電子レンジで加熱しすぎるより、余熱で少し加熱しましょう。電子レンジで長く調理すると、ビーツの栄養の一部が失われることもあります。
  6. 6
    皮を剥がします。ペーパータオルで軽くこすって皮を剥がしましょう。皮が剥がれにくい場合は、皮むき器でそっと皮をむきます。皮が剥がれにくい場合は、もう少し柔らかくなるまで1分間再加熱します。
  7. 7
    盛り付けます。電子レンジで調理したビーツは、そのまま食べたり、サラダや他の料理の材料として使うことができます。丸ごと、4つ切り、薄切りなど、好みに応じた大きさで盛り付けましょう。

3
ビーツを揚げる

  1. 1
    皮をむきます。皮むき器でビーツの皮をむいてから調理します。[4]
  2. 2
    ビーツをマッチ棒くらいの大きさに切ります。長さ7㎝、厚さ1cm~2.5cmに切りましょう。幅広く切ると調理しやすくなりますが、調理時間が長くかかります。
  3. 3
    切ったビーツにコーンスターチをまぶします。コーンスターチ25gを金属製又は色の濃いボウルに入れます。生のビーツの汁が染みるので、プラスチック製のボウルを使うのは避けましょう。切ったビーツをボウルに入れフォークでそっと混ぜて、コーンスターチを薄くまぶします。
  4. 4
    深鍋で植物油を熱します。約10㎝の深さの油が必要です。スピード計測の調理用温度計を鍋に取り付けて、油の温度が170℃になるまで加熱します。
  5. 5
    熱した油にビーツを入れます。1度に揚げる量は、片手1杯分までが目安です。3~5分間揚げて、ビーツの外側が少し茶色にカリッとして、中が柔らかくなったら出来上がりです。
  6. 6
    ビーツを取り出して油をきります。耐熱性の穴あきお玉でビーツを取り出し、ペーパータオルを敷いた皿にのせて油をきりましょう。冷めてから盛り付けます。
  7. 7
    完成です。そのまま食べたり、サラダに入れたり、ウクライナの伝統料理(スープ)「ボルシチ」に使います。

4
茹でる

  1. 1
    ビーツを大きい鍋に入れます。茹でると、野菜全体に早く火を通すことができます。ただし、蒸すなどの他の調理法で加熱するのに比べて、茹でると風味が落ちるのが欠点です。
  2. 2
    ビーツが浸る量の水を入れます。
  3. 3
    必要に応じて砂糖と塩を加えます。水2リットルにつき砂糖大さじ1杯、塩大さじ1杯の割合で加えます。
  4. 4
    強火で沸騰させます。
  5. 5
    沸騰したら中火にして加熱します。湯がぐつぐつ煮えるくらいが適当です。
  6. 6
    45~60分間煮ます。若くて新鮮なビーツは茹で時間が短く、45分間くらいで火が通ります。日の経ったビーツは、全体に火が通るまで1時間以上かかることもあります。あらかじめ皮をむいて4つ切りにすると、調理時間を半分に短縮できます。
  7. 7
    火からおろします。ビーツが茹で上がったら湯を捨て、すぐに冷水に浸します。先端の細長い部分を切り落とし、ペーパータオルや布巾で皮を剥がします。
  8. 8
    盛り付けます。切ったり潰してそのまま盛り付けたり、オリーブオイルや塩・こしょうで味付けします。

5
蒸す

  1. 1
    蒸し器に水を5㎝入れます。蒸すとビーツの風味を失うことなく調理できます。[5]
  2. 2
    水を沸騰させます。
  3. 3
    ビーツを蒸し器に並べます。均一に火が通るように、重ねず並べましょう。ビーツを入れたら鍋に蓋をします。
  4. 4
    45分間又は柔らかくなるまで蒸します。あらかじめビーツの皮をむいて4つ切りにすると、調理時間を半分に短縮できます。
  5. 5
    火からおろします。すぐに冷水に浸し、ペーパータオルや布巾で皮を剥がします。
  6. 6
    盛り付けます。そのまま、または薄切り、4つ切りにして盛り付け、オリーブオイルと塩・こしょうで味付けすると風味が増します。

ウィキハウ動画: ビーツを調理する方法

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

ビーツを電子レンジで調理するには、まずビーツを4つか5つ、流水で洗います。次に、上部に近い葉を切り取り、細長い端の部分も切り落とします。そして、電子レンジ対応のボウルにビーツが重ならないようにして入れ、水を大さじ2杯加えます。蓋をして電子レンジで5分間加熱してからひっくり返し、さらに3分~5分間加熱します。フォークを刺してみて柔らかくなっていれば、完成です。冷まして皮を剥き、盛り付けましょう!また、オーブンでビーツを調理するには、まずオーブンを200℃強で予熱します。次に、ビーツをアルミホイルでひとつずつ包みます。これを天板にのせ、オーブンで50分~1時間加熱します。20分おきに様子を確認しましょう。乾燥しかかったり、底面が焦げかけていたら、軽くアルミホイルを開き、ビーツ1つにつき大さじ1杯の水をかけます。フォークで刺した時に柔らかければ、完成です。冷まして皮を剥き、盛り付けましょう! ビーツを蒸す方法などのコツを知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

ポイント

  • ビーツを生で食べることもできます。生のビーツを薄く切って食べたり、サラダやサンドイッチに入れる方法もあります。

必要なもの

  • よく切れる包丁
  • 皮むき器
  • 野菜用のたわし
  • ベーキングトレー
  • アルミホイル
  • 電子レンジ対応のボウル
  • ラップ
  • ペーパータオル
  • 大きなボウル
  • 中くらいの深鍋
  • 調理用温度計
  • 穴あきお玉

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 野菜と果物

他言語版:

English: Cook Beets, Italiano: Cuocere le Barbabietole, Español: cocinar remolachas, Deutsch: Rote Beete garen, Português: Cozinhar Beterraba de Diferentes Métodos, Русский: приготовить свеклу разными способами, Français: préparer des betteraves, Bahasa Indonesia: Memasak Bit

このページは 137 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?