ビーニーをかぶる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ビーニーは寒いときにかぶる典型的な帽子です。そして、ビーニーの数と同じだけ違ったかぶり方があります。ビーニーをかぶると、どんな服装でもシンプルでスタイリッシュな仕上がりになります。

パート 1 の 3:
ビーニーのかぶり方(女性編)

  1. 1
    おでこと耳を覆う、正統派な着こなしをします。[1]ビーニーの前面は眉毛にかかるくらいの位置まで下ろします。ビーニーの上部と後ろは、少しゆるめに残します。特に、髪の毛が少し脂っぽいようなときやペタッとしてしまっている場合は、前髪をビーニーの中に入れ込みます。[2]
  2. 2
    ビーニーの縁を折り返して、耳の周りを暖かく包みます。寒い中外に長時間いる場合は、この方法でスタイリッシュに防寒できます。ビーニーの大部分を引き下げて密着させ、おでこ、耳、首の後ろまで覆います。このスタイルは、ビーニーの前で前髪をゆるく出すと、特にしっくりきます。
  3. 3
    ビーニーを頭の高い位置でかぶります。普段のスタイルから少し楽しい感じに変えたいときは、おでこを出してかぶりましょう。布の余った部分は立ち上げるか(このスタイルは女性よりも男性の方がオシャレに見えます)、後ろに少し折ります。「ピーターパン」と呼ばれるこのスタイルは、ビーニーを高い位置でかぶり、首から離しますが、耳がほんの少し隠れます。前髪が中に入っていても、外に出ていても似合うスタイルです。[3]
    • 髪の色と対照的な色のビーニーを選択すると、より印象的なファッションを生み出すことができます。黒い髪の場合は明るい色のビーニー、明るい髪の場合は暗い色のビーニーを選んでみましょう。
    • ビーニーの中には、若干ゆるい感じのものもあります。この「ゆるずるスタイル」は、オシャレな休日感を出すのに最適です。ビーニーをゆるく適当に、頭の後ろのほうにかぶるだけです。
  4. 4
    前髪を少し整えます。いつもよりも少しスタイリッシュに見せたい場合は、浅くゆったりとしたスタイルで帽子をかぶり、前髪を出します。遊び心を加えるために、前髪はサイドに流します。
    • 前髪が短い場合は、眉毛の上にまっすぐ下ろすことができまが、ビーニーが前髪をつぶしてしまいます。そのため、このスタイルは前髪が長いと目にかかってしまい、あまり良くないかもしれません。また、ショートやミディアムではなく、ロングヘアーの方が似合います。
  5. 5
    髪の毛を下ろします。ビーニーをかぶるときに一番簡単なのは、そのまま髪を下ろしておくことです。髪の毛を下ろしておくと、帽子の下に不自然な膨らみが出ることがありません。また、肌寒い秋や冬の北風から首や耳を暖かく守ります。
  6. 6
    髪の毛を低めに束ねます。束ねた髪を三つ編みにしたり、そのまま下ろしたりしても良いですが、邪魔な膨らみが帽子の中にできないように、後ろで束ねるときは低めにするかサイドに持ってくるようにします。
  7. 7
    巻き髪など髪にボリュームがある場合は、ゆるめのビーニーを試してみます。ゆるめのビーニーなら、形が崩れたりデコボコしたりせずにボリュームのある髪の毛を覆うことができます。適切なビーニーを選ぶことはもちろんですが、多くのビーニースタイルはストレートにも巻き髪にも似合います。[4]
    • 巻き髪を後ろに流してビーニーをおでこまで下げると、とてもスタイリッシュです。巻き髪はビーニーの後ろから出して遊ばせます。
    • ビーニーを生え際のラインまで後ろに引っ張り、前髪で魅力的なカールを作ることもできます。
    • 巻き髪を中に入れたい場合は、バンダナなどで髪を押さえて、その上からビーニーを深くかぶればラップも髪の毛も見えません。
    広告

パート 2 の 3:
ビーニーのかぶり方(男性編)

  1. 1
    シンプルなビーニーを選びます。男性のファッションは、控えめになる傾向があります。スパンコール、ビーズ加工、装飾的な刺繍などは、男性が人目を気にせず身に着けるには少し難しいかもしれません。ニットの柄は大丈夫ですが、色は柄の複雑さに反比例します。柄が複雑なものほど、色味は控えめになります。[5]
    • ウィンタースポーツなど非常に目立つ必要がある冬のアクティビティに参加する場合は、ネオンカラーを選びます。カフェでぶらぶらしたり、デートをしたりするときは、ネオンカラーのビーニーを家に置いておきましょう。ネオンカラーは、一般的にファッション目的よりも実用的な目的に適しています。
  2. 2
    帽子を髪の毛に合わせます。ヘアスタイルによって、特定のかぶり方をするのが好ましいでしょう。髪を立たせるスタイルの場合は、ビーニーから前髪を出します。[6]
    • 髪のセットに時間をかけるなら、見えるようにしましょう。普段何も付けないで髪をセットする場合、ビーニーによって髪形が乱れる可能性があります。そのため、ビーニーで髪の毛をすべて隠してしまうのも良いでしょう。
  3. 3
    頭にぴったりとかぶります。ビーニーの縁を折り返さないでかぶるのがトレンドになっています。通常、この方法でビーニーをかぶる場合はおでこの一部または全部が隠れるように深くかぶります。
  4. 4
    縁を一回折り返します。ビーニーをかぶる一般的なスタイルです。縁を5~8センチメートルほどで一回折り返します。厚手のニット帽でよく見られるかぶり方ですが、ゆるくフィットする薄手のビーニーでも可能です。このスタイルはビーニーのサイズを小さくするので、髪の毛を帽子の外に出して見せることができます。
  5. 5
    縁を2回折り返します。このスタイルは折り返しを厚くして、より多くの髪の毛を見せることができます。通常、帽子を後ろの方にかぶり、髪の毛をより目立たせます。
  6. 6
    ビーニーを立ててかぶり、ヒップスター風を試しましょう。男性にとって簡単にできるスタイルで、とても印象的になります。帽子の大部分が頭の上に立っているスタイルです。とても楽しく若々しい見た目ですが、真剣さを表したいときや立派にみせたいときには合わないスタイルです。
  7. 7
    髪が落ち着かないときは大きめのビーニーを試します。くせ毛やこしのある髪質の場合は、大きめのビーニーをかぶることで、髪の毛をぺったりとさせたり元気のない見た目にしたりすることなく帽子の中に入れ込むことができます。
  8. 8
    ルールは無視しましょう。他のファッションのアドバイスと同様で、ルールは簡単に破ってよいのです。目的だけ忘れないようにします。面接やデートのためなら、一般的なかぶり方の方が良いでしょう(もちろん、どんなデートをするのかにもよります)。
    広告

パート 3 の 3:
ビーニーを選ぶ

  1. 1
    中間色を検討します。[7]派手な色とプリントはやや子供っぽく見える傾向にあり、上品さは少なくなります。黒、白、グレー、茶色や渋い色が最適で、ナチュラルカラーはどんな場面にも合います。色が欲しいときは赤や青の伝統的な色にして、蛍光色ではない宝石のような色や大胆な色を選びましょう。
  2. 2
    飾らずそのままにします。ポンポン、ビーズの装飾、ファスナーの付いたスタイルは避けます。シンプルなニット帽は伝統的でスタイリッシュですが、装飾を施したものはやや洗練されていないように見えます。飾りをつけたい場合は、茶色の飾りボタンなどの目立たないものを選びます。
  3. 3
    ルーズフィットスタイルが魅力的です。伸縮性のあるビーニーはおでこの辺りがきつくなりがちです。不快であったり、肌に赤い線を残したりすることをさておいても、ピッタリめのビーニーはややファッション性に欠ける傾向があります。[8]
  4. 4
    場合によっては、ルールを破ってよいと覚えておきましょう。野外でのサッカーの試合など、とてもカジュアルなイベントでは、チャラチャラした装飾も見た目を楽しくします。重要なのは、自分の外見が心地良く、幸せな気分になるかどうかです。
    広告

ポイント

  • 髪の毛が乾燥している場合は、ヘアトリートメントやヘアスプレーをつけます。乾いた髪だとビーニーを脱ぐときに静電気が起きやすくなります。良質なヘアスプレーで基本的な問題に対処できますが、扱いにくい髪質の場合はヘアトリートメントを使うと良いでしょう。
  • ビーニーを着用すると決めたら、髪の毛を下から上に向かって乾かしましょう。そうすることによって根元を立ち上げ、帽子をかぶったときに髪がペッタリしすぎたり、脂っぽくなったりするのを防ぎます。

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ファッション
このページは 52 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告