ビーフジャーキーを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 19 出典

この記事には:肉の準備と味付け肉を乾燥させるビーフジャーキーのアレンジレシピと保存方法

ビーフジャーキーは、風味豊かな赤身肉を乾燥させた美味しいスナックです。フランクステーキ、サーロイン、フィレミニョンなど、あらゆる部位を使ってビーフジャーキーを作ることができます。シーズニングやマリネ液で味付けをし、乾燥には食品乾燥機、または効率的なオーブンを使います。肉を低温で3時間以上乾燥させるだけで、高タンパク質のスナックを楽しむことができます。

材料

  • 肉 1.5kg
  • マリネ液 1~1½カップ
  • シーズニング 大さじ1~4杯

12食分

パート 1
肉の準備と味付け

  1. 1
    赤身肉を選ぶ 赤身肉であれば、ほとんどの部位を使ってビーフジャーキーを作ることができます。脂肪はすぐに傷んでしまい、長期の保存ができなくなるため、最も赤身が多い肉を選びましょう。[1]
    • 例えば、フランクステーキ、外モモ、シンタマ、内モモ、シキンボなどが適しています。
    • 牛ひき肉も使えますが、ステーキから作ったジャーキーとは食感が大きく異なります。
  2. 2
    目に見える脂肪を取り除く ジャーキーを長期間保存できるように、鋭利なステーキナイフを使って余分な脂肪を取り除きます。この際、脂肪だけを切り落とし、赤身部分はできるだけ残しましょう。[2]
    • 脂肪を除くことでヘルシーなジャーキーになり、新鮮さも持続します。
  3. 3
    肉を1~2時間冷凍して切りやすくする 脂肪を切り落としたら、肉を天板に載せて冷凍庫に1~2時間入れます。肉は完全に冷凍せず、触ると硬く感じる程度まで凍らせます。[3]
    • この作業は省いても構いませんが、肉を短時間冷凍すると薄く均一にスライスできます。
  4. 4
    肉を3~6mmの厚さの短冊に切る 鋭利なナイフで肉の塊を短冊形に切り分けます。噛みごたえのあるジャーキーがお好みであれば、筋に沿って切ります。柔らかめのジャーキーを作るには、筋に対して垂直に切りましょう。[4]
    • ミートスライサーを使うと、肉を均一な厚さに切ることができます。一度にたくさんのジャーキーを作る場合に便利です。
  5. 5
    マリネ液に浸けて肉に風味を加える ケイジャン、テリヤキ、スモーキーフレーバーなどのマリネ液に浸け、ビーフジャーキーを作ってみましょう。密閉できる大きめのポリ袋に肉を入れ、お好みのマリネ液1~1½カップを加えます。[5]
    • ケイジャンフレーバーのマリネ液を作るには、オリーブオイルカップ1/2杯、酢カップ1/4杯、ウスターソースカップ1/3杯を混ぜ合わせます。
    • テリヤキフレーバーには、しょうゆカップ1杯、ハチミツ大さじ2杯、米酢大さじ2杯を混ぜ合わせます。
    • シンプルで美味しいマリネ液は、ウスターソースカップ1/2杯、オリーブオイルカップ1/2杯で作ります。
  6. 6
    マリネ液にシーズニングを加え、さらに味付けする お好みのシーズニングをポリ袋に加えます。種類によって、大さじ1~4杯のシーズニングが必要です。ガーリックパウダー大さじ1杯、コショウ大さじ1杯、生ショウガ小さじ1杯などを試してみましょう。[6]
    • 肉に塩、コショウ、シナモン、チポトレペッパーを少々振りかけてもよいでしょう。
    • コリアンダー、クミン、クローブ、ナツメグなどもジャーキーに合うシーズニングです。
    • ハチミツ、唐辛子フレーク、黒コショウで、ほどよい辛さでほんのり甘いジャーキーが作れます。
    • 砕いたオレガノ、チリパウダー、ガーリックパウダー、パプリカパウダーも試してみましょう。
  7. 7
    肉を6~24時間冷蔵庫で寝かせ、味を染み込ませる マリネ液とシーズニングを加えたら、肉をかき混ぜて液に完全に浸します。ポリ袋を閉じ、最低6時間冷蔵庫で寝かせます。24時間浸けると、肉にしっかりと味が付きます。[7]
    • 漬け込む時間が長いほど、風味豊かなジャーキーに仕上がります。
  8. 8
    肉から余分なマリネ液を拭き取る 肉をマリネ液にしばらく漬け込んだ後、冷蔵庫から取り出し、清潔なペーパータオルで一枚ずつ軽くたたいて水気を拭き取ります。こうすると、肉が早く乾燥します。[8]
    • 水気を取った肉を天板またはお皿に載せます。

パート 2
肉を乾燥させる

  1. 1
    簡単で効果的な食品乾燥機を使う 食品乾燥機は、食品を長時間かけて低温で乾燥する調理器具です。食品に含まれる酵素を殺さずに、水分を取り除きます。食品乾燥機を使う場合は、ジャーキーを70℃で乾燥します。[9]
    • この方法で、手間がかからず簡単にビーフジャーキーを作れます。
    • 食品乾燥機を使う際は、取扱説明書に従いましょう。
  2. 2
    食品乾燥機がない場合は、オーブンで乾燥させる 食品乾燥機がなくても、ビーフジャーキーはオーブンで簡単に作れます。オーブンを80℃に予熱します。[10]
  3. 3
    間隔をあけて肉を置く 食品乾燥機を使う場合は、ラックの上に肉を直接載せます。オーブンを使う場合は、天板にアルミホイルを敷き、中央にオーブン用の金網を載せます。肉が均一に乾燥するように、2mm以上の間隔をあけましょう。[11]
    • 肉が重なり合うと、均一に乾燥しない場合があります。
  4. 4
    肉を3~8時間乾燥させる ビーフジャーキーの平均的な乾燥時間は4~6時間ですが、実際の時間は異なるかもしれません。乾燥時間は、食品乾燥機、オーブン、マリネ液の種類、肉の部位などの条件に左右されます。1.5~2時間おきに肉をチェックし、肉が乾燥しすぎないように注意しましょう。ジャーキーの乾燥具合を調べるには、肉を一切れ取り出し、冷ましてから試食してみましょう。お好みの硬さになっていたら、オーブンから取り出します。柔らかすぎたり、半生の状態であれば、さらに1~2時間乾燥させます。[12]
    • ジャーキーは乾きすぎると、硬くて食べられなくなることがあります。
  5. 5
    食品乾燥機またはオーブンからジャーキーを取り出して冷ます ジャーキーを食べたり、保存する前に、室温まで冷ましましょう。食品乾燥機を使った場合は、フォークを使って一切れずつお皿に移します。オーブンの場合は、鍋つかみで天板を取り出してコンロの上に置きましょう。[13]
    • ジャーキーは1~3時間ほどで冷めます。

パート 3
ビーフジャーキーのアレンジレシピと保存方法

  1. 1
    できたてのジャーキーを試す ビーフジャーキーが冷めたら、さっそく試してみましょう。お好きな時にいつでも、健康的で美味しいおやつを楽しめます。そのまま食べても良いですが、他の料理にさらに一味加えることもできます。[14]
    • 砕いたビーフジャーキーをフレッシュサラダに振りかけると、美味しいトッピングとして使えます。[15]
    • 蒸した芽キャベツに細かくしたビーフジャーキーを載せ、一味加えましょう。
    • ビーフジャーキーのみじん切りをチーズオムレツに入れると、風味が増します。
  2. 2
    ビーフジャーキーの乾燥が足りない場合は、紙袋に1~2日入れる ビーフジャーキーが冷めた後、まだ乾燥が足りないようであれば、紙袋に入れてさらに数日間おきます。乾燥具合を毎日調べ、十分に乾燥していたら密閉容器に移します。[16]
    • 紙袋はジャーキーから余分な水分を取り除きます。
  3. 3
    短期間の保存には、ジッパー付きポリ袋またはガラスジャーを使う ジャーキーは乾燥しているため長期間日持ちしますが、数か月すると風味は落ちてしまいます。最適な状態で保存できる期間は、室温で2週間、冷蔵庫で3~6カ月、冷凍庫で1年ほどです。ビーフジャーキーは冷暗所で保存しましょう。[17]
    • 袋や容器を開けるだけで、いつでも美味しいジャーキーを楽しめます。
    • 時間が経って空気に触れるうちに、ジャーキーは新鮮さを失っていきます。
  4. 4
    長期的な保存には、バキュームシーラーを使う バキュームシーラー(真空パック)は袋の中を真空状態に保つため、ビーフジャーキーを長期間保存できます。空気に触れると、徐々にジャーキーの新鮮さは失われます。シーラーバッグにジャーキーを入れて端を折りたたみ、バッグの端をシーラーにセットします。ボタンを押すと空気がバッグから吸引されます。[18]
    • 真空パックされたジャーキーは、冷凍庫で1年以上新鮮さを保ちます。
    • バッグ内の空気がすべて吸引されたら、スイッチをオフにします。

必要なもの

  • 食品乾燥機
  • オーブン
  • 鋭利なナイフ
  • 金網または天板
  • 密閉容器
  • ジッパー付きポリ袋(任意)

ポイント

  • ベジタリアンレシピには、牛肉の代わりにセイタン(グルテンミート)またはマリネした豆腐を使いましょう。
  • ジャーキーを作った日にちを油性ペンで袋や容器に記入し、保存期間を把握しましょう。

注意事項

  • ジャーキーにカビが生えていないかを数週間おきに調べましょう。[19]

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 食・おもてなし | レシピ

他言語版:

English: Make Beef Jerky, Italiano: Preparare la Carne Essiccata, Español: preparar carne deshidratada, Português: Fazer Carne Seca ao Estilo Americano, Français: faire de la viande de bœuf séchée, Deutsch: Beef Jerky zubereiten, 中文: 制作牛肉干, Čeština: Jak si vyrobit sušené hovězí (jerky), Nederlands: Beef jerky maken, Bahasa Indonesia: Membuat Dendeng Daging Sapi, العربية: صنع اللحم المقدد, Tiếng Việt: Làm khô bò, ไทย: ทำเนื้อแดดเดียว, 한국어: 육포 만드는 방법, Русский: сделать вяленое мясо

このページは 18,806 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?