PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

6本入りのビールを髪の毛に使用するのは奇妙に聞こえるかもしれませんが、ビールは髪や肌に有益な効果があることで知られています。ビールの原料である麦芽とホップには傷んだ髪を修復するタンパク質が豊富に含まれており、髪のボリュームをよみがえらせます。また、ビールに含まれるショ糖と麦芽糖には、髪に輝きを与える効果があります。髪にツヤがなくボリューム感に欠ける場合は、ビールが1本あれば解決するかもしれません。

方法 1
方法 1 の 2:
髪にビールをつける

  1. 1
    ビールの炭酸を抜く ビール瓶またはビール缶をピッチャーやボウルに注いて一晩または終日そのまま放置します。ビールが空気に触れる面積が広いほど、短時間で酸化して炭酸が抜けるでしょう。
    • ビールから発生する二酸化炭素が排出されることでビールの炭酸が抜けます。ビールで髪の手入れをする前には二酸化炭素が抜けている状態を確認するのが重要です。二酸化炭素が水と混ざると硬水になるか、ミネラル含有量の高い水ができる恐れがあります。[1] 二酸化炭素が残っているとシャンプーの効果が損なわれるため、髪を効果的に洗うのが困難になります。また、硬水を使用すると髪1本1本のキューティクルが広がるため、髪がからまって硬い髪に見えてしまいます。 [2]
  2. 2
    シャンプーで髪を洗う 普段使用するシャンプーを使用し、コンディショナーの使用は省きます。ビールがコンディショナーとして作用します。
    • 炭酸が抜けたビールは密閉容器か瓶に入れて浴室へ持ち込むか、シャワー中に楽に手が届く場所に置きましょう。
  3. 3
    ビールで髪を1分間マッサージする ビール入りの容器または瓶からビールを髪に注ぎ、頭皮を泡立てます。
    • ビールの沈殿物やビール酵母は皮脂の生成を軽減し、脂性肌の顔や頭皮を抑制するため、ビールは肌にも非常に効果的です。
    • 最初に髪の先をビールに浸し、そのまま5分間放置してから頭全体をビールで洗い流してもよいでしょう。
  4. 4
    ビールを洗い流す より良い効果を得るには、ビールを完全に洗い流さずに髪に残しておくことが推奨されています。その後はタオルで髪を拭いて乾かしましょう。
    • 効果が目に見えて感じられるようになるには、数回ビールで洗う必要があるかもしれません。
    • 毎日ビールを使用すると髪が乾燥する恐れがあるため、ビールで髪を洗うのは週に数回のみにするとよいでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
ビールによる洗髪効果を高める

  1. 1
    ビールにエッセンシャルオイルを数滴加える ビールに含まれるアルコールにより髪が傷んで乾燥しますが、エッセンシャルオイルを数滴加えるとその影響を打ち消すことが可能です。ビールで髪を洗う際に栄養が加わるだけでなく、ビールで髪をマッサージする際の鎮静効果も加わり、その間も良い香りがずっと残ります。下記のオイルを加えてみましょう。
    • レモンオイル:髪を強くしてツヤを与え、フケを防止します。[3]
    • アーモンドオイル:頭皮に潤いを与え、落ち着かせます。
    • カモミールオイル:髪にツヤを与え、柔らかくします。
    • ホホバオイル:髪に栄養を与え、頭皮にも潤いを与えます。
    • ラベンダーオイル:髪に潤いと栄養を与える効果的なコンディショナーとして作用し、髪に抗酸化物質を加えます。[4]  
    • サンダルウッドオイル:毛先の乾燥や枝毛に効果的です。
  2. 2
    ビールにリンゴ酢を大さじ数杯加えて混ぜる 髪が荒れたり傷むのを防ぐには酢が効果的で、髪1本1本を覆っているキューティクルが滑らかになります。特にシャンプーを使用するとキューティクルが広がり、髪の滑らかさやツヤが損なわれるため、髪の状態が悪化してしまいます。
    • 市販の酢ではなく、生のリンゴ酢を使ってみましょう。生酢は蒸留、加熱、浄化されていません。生酢には髪の質感を改善するために必要な善玉菌、栄養素、酵素が豊富に含まれています。
    • ビールの代わりに250mLの水にリンゴ酢大さじ1~2杯を入れて混ぜ、髪をビールで洗う時と同じように髪の手入れをしましょう。
    • 酢で髪を洗い流すのは週に数回だけにするのがよいでしょう。毎日使用すると髪がかなり乾燥する恐れがあります。
    広告

ポイント

  • ビールを髪につけたまま5分間放置して髪をくしでとかすと、ビールが均等に行きわたります。 
広告

注意事項

  • 1.ビールにエッセンシャルオイルを加えた場合は特にですが、ビールを洗髪に使用した後は飲んではいけません。
  • 2.ニキビや酒皶(しゅさ。顔に生じる皮膚疾患のひとつ)用の皮膚の薬を使用していたり治療を受けている場合にビールを使用すると、皮膚が腫れて発疹や炎症を引き起こす可能性があるため、ビールの使用は避けましょう。
広告

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
爪が割れたときの対処
ツインのお団子ヘアを作る
ネイルグルーを落とす
お団子ヘアを楽しむ(男性)
短い髪を編み込む(男性向け)短い髪を編み込む(男性向け)
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,740回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 1,740 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告