PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

アイルランド人であってもなくても、聖パトリックスデー(アイルランドの祝日)には緑色のビールを飲んで敬意を表しましょう。ちょっとした方法を用いれば、いつもの味や泡立ちを保ったまま、ビールをきれいな緑色に着色することができます。コツさえ掴めば、すぐに緑のビールで周りの人と乾杯をしていることでしょう。

方法 1
方法 1 の 2:
着色料を使う

  1. 1
    色が薄いビールを選びましょう。ピルスナーやインディアペールエール、またはライトビールなどがよいでしょう。色が濃いビールも緑にすることはできますが、着色料をたくさん使うことになるので、飲んでいる間に歯も緑色になってしまいます。
  2. 2
    緑の液体着色料を4-6滴ビールグラスに入れてください。濃い色のビールの場合はもう少し多めに入れてください。
    • ジェル状ではなく、液体状の着色料を使いましょう。より簡単にビールと混ざります。
    • 青の着色料は使わないでください。ビールの色が黄色っぽいので、青色と混ざって緑になる、と思いがちですが、自然の着色料ではないので、ターコイズ色に近い青と緑の中間色になってしまいます。
  3. 3
    マグにビールを注ぎましょう。ビールを注ぐと自然に着色料が混ざって、きれいな緑色のビールが出来上がります。かき混ぜないようにしてください。ビールの炭酸が抜けてしまいます。
  4. 4
    緑色ビールの出来上がり。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
ビアジクル(ビール用の保冷剤)を使う

  1. 1
    透明なボトルのビールを買いましょう。
  2. 2
    緑色のビアジクルを用意します。 オンラインショップまたはアルコール関係の商品を売っているお店で購入することができます。
  3. 3
    お好みでビアジクルを凍らせておけば、氷代わりになってビールを冷やします。
  4. 4
    ビアジクルをビールのボトルに差します。これであなたのビールも緑色。聖パトリックスデーのパーティで注目の的になる準備が出来ました!
    広告

ポイント

  • ビールを樽ごと全て緑色にしたい場合は、専用の着色セットが必要になります。お店の人に頼んで緑色にしてもらいましょう。
  • 緑色のビールはグリーンビアデーの主役でもあります。[1]
広告

注意事項

  • マナーを守ってお酒を飲みましょう。また、飲酒運転はしないでください。無責任な判断による飲酒運転で、自分だけでなく、他の人の命を危険な目にあわせることのないようにしてください。
広告

必要なもの

  • ビール
  • 着色料

関連記事

牛乳からクリームを作る
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
チーズを溶かすチーズを溶かす
パンをおいしく温め直す
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビンのラベルをはがす
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
料理で重曹を代用する料理で重曹を代用する
ソーセージを調理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む37人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は5,624回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 5,624 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告